ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2006年12月

ベレゾフスキー対プーチン(その2)

太田述正コラム#1567(2006.12.14)<ベレゾフスキー対プーチン(その2)>  (更に2件、有料講読の新規申し込みがありました。これで7名です。引き続き、継続会費の支払いと新規申し込みをお待ちしております。継続 […]

読者の声

太田述正コラム#1566(2006.12.14)<読者の声>――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――<某読者> 私は現在、先物のデイトレをして生計を立てています。 主に先物ガソリン […]

ベレゾフスキー対プーチン(その1)

太田述正コラム#1565(2006.12.13)<ベレゾフスキー対プーチン(その1)> 1 始めに  ポロニウム殺人事件で浮き彫りになったのは、ベレゾフスキー一派とプーチン政権とのおどろおどろしい確執であり、ソ連崩壊後の […]

意気消沈の朝

太田述正コラム#1564(2006.12.13)<意気消沈の朝>  (有料講読の新規申し込みが3件で止まったまま増えません。また、コラムを書く等の助っ人ボランティアの方も現れません。赤信号が点滅しています。申し込みは、o […]

ポロニウム殺人事件の実行犯ほぼ判明

太田述正コラム#1563(2006.12.12)<ポロニウム殺人事件の実行犯ほぼ判明> 1 始めに  「ポロニウム210が簡単に手に入る(注1)<以上>、ポロニウム殺人事件は、たとえ捜査にロシア当局の全面的な協力が得られ […]

支那は民主化できるか(補遺)

太田述正コラム#1562(2006.12.12)<支那は民主化できるか(補遺)> ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――  本日1400??1500の時点で、来年前期の会費を納入済みの […]

支那は民主化できるか(その2)

太田述正コラム#1561(2006.12.11)<支那は民主化できるか(その2)> ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――   有料講読を継続される方は会費のお支払いを、また新規に […]

支那は民主化できるか(その1)

太田述正コラム#1560(2006.12.11)<支那は民主化できるか(その1)>  (有料読者の来年前半の会費納入状況は、みずほと三井住友が1500現在、三菱東京UFJが1200現在、計22名であり、目標の129名まで […]

「西側」文明の虚構(その2)

太田述正コラム#1559(2006.12.10)<「西側」文明の虚構(その2)>  (有料購読の新規申込みは3件にとどまっています。コラム#1540の後半を参照され、ぜひお申し込みください。コラムの配信開始と(希望者に対 […]

「西側」文明の虚構(その1)

太田述正コラム#1558(2006.12.10)<「西側」文明の虚構(その1)>  (有料購読の新規申込みは3件にとどまっています。コラム#1540の後半を参照され、ぜひお申し込みください。コラムの配信開始と(希望者に対 […]

イラク報告書批判(続)

太田述正コラム#1557(2006.12.9)<イラク報告書批判(続)>(有料) 1 始めに  イラク報告書に対する批判はまだまだ続いています。 今回は、クルド人からの批判と、米国内からの批判をご紹介した上で、そもそもこ […]

地方の官制談合に思う

太田述正コラム#1556(2006.12.9)<地方の官制談合に思う>  当方、公私含めてネット空間ではほとんど情報発信をしていないのですが、読者が増えないと太田さんのコラムが読めなくなるようでは、ブログ開設などを少し考 […]

FACTAと貸金業規制法改正

太田述正コラム#1555(2006.12.5)<FACTAと貸金業規制法改正> 1 始めに  本日は12月9日ですが、12月5日に1扁しか上梓しなかったことで、ホームページの時事コラム欄に空きがあるので、それを埋めがてら […]

イラク報告書批判(その2)

太田述正コラム#1554(2006.12.8)<イラク報告書批判(その2)> ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  元警察官の千葉英司氏から私が訴えられており、その判決が12月2 […]

イラク報告書批判(その1)

太田述正コラム#1553(2006.12.8)<イラク報告書批判(その1)>(有料)  (全文を読めるのは有料読者だけです。コラム有料講読の新規申し込みは、依然2件にとどまっています。本コラムの公共空間からの撤退の可能性 […]

イラン・アラブ・ホロコースト

太田述正コラム#1552(2006.12.7)<イラン・アラブ・ホロコースト> 1 イランでホロコースト国際会議開催  (1)始めに 12月11、12日の両日、イランの首都テヘランでホロコーストに関する国際会議が開催され […]

米国のヒスパニック差別(その2)

太田述正コラム#1551(2006.12.7)<米国のヒスパニック差別(その2)>  (まだ、新規の有料講読の申し込みは2件しかありません。 コラム#1540の後半を参照されて、どしどし ohta@ohtan.netにお […]

米国のヒスパニック差別(その1)

太田述正コラム#1550(2006.12.6)<米国のヒスパニック差別(その1)>  (まだ、新規の有料講読の申し込みは2件しかありません。コラム#1540の後半を参照されて、どしどし ohta@ohtan.netにお申 […]

中東の分断最前線のレバノン(続)

太田述正コラム#1549(2006.12.6)<中東の分断最前線のレバノン(続)>(有料) ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――<コラム1548の補足> ブレア首相はまた、米国 […]

英核戦力更新論議

太田述正コラム#1548(2006.12.5)<英核戦力更新論議>  (本日、新規の有料講読の申し込みが2件あり、ほっとしています。しかし、これまでの有料読者である129名中、メール受信キャパシティーを超えて配信コラムが […]

ポロニウム210をめぐって

太田述正コラム#1547(2006.12.4)<ポロニウム210をめぐって>  (新規有料読者の申し込みがいまだにゼロです。 他方、現在の有料読者の中には、長期にわたって配信コラムが宛先不明で戻ってきたり、私のミスでコラ […]

韓国の対日コンプレックス

太田述正コラム#1546(2006.12.4)<韓国の対日コンプレックス> 1 始めに  朝鮮日報を読んでいると、韓国人が、旧宗主国たる隣人日本に対するコンプレックスの固まりであることがよく分かります。 同紙の最近の記事 […]

中東の分断最前線のレバノン

太田述正コラム#1545(2006.12.3)<中東の分断最前線のレバノン>(有料)  (現在、来年1??6月の新規有料読者を募集中です(コラム#1540の後半参照)。この半年分の会費は5,000円です。会費を納入された […]

日本・米国・戦争(その3)

太田述正コラム#1544(2006.12.3)<日本・米国・戦争(その3)>  (現在、来年1??6月の新規有料読者を募集中です(コラム#1540の後半参照)。この半年分の会費は5,000円です。会費を納入された方でご希 […]

米国、対北朝鮮政策転換?

太田述正コラム#1543(2006.12.2)<米国、対北朝鮮政策転換?>(有料)  (全文を読むことができるのは有料読者だけです。現在、来年1??6月の新規有料読者を募集中です(コラム#1540の後半参照)。この半年分 […]

米英の特殊な関係の形骸化?

太田述正コラム#1542(2006.12.2)<米英の特殊な関係の形骸化?>  (現在、来年1??6月の新規有料読者を募集中です(コラム#1540の後半参照)。この半年分の会費は5,000円です。会費を納入された方でご希 […]

イラクの現状は内戦か(続)

太田述正コラム#1541(2006.12.1)<イラクの現状は内戦か(続)>(有料→2007.4.24公開) (現在、来年1??6月の新規有料読者を募集中です(コラム#1540の後半参照)。この半年分の会費は5,000円 […]