ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2010年4月

皆さんとディスカッション(続x803)

太田述正コラム#3947(2010.4.14) <皆さんとディスカッション(続x803)> <きよきよ>  「カチンの森に墜落したポーランド機」  (単なる事故であるという前提で)一国の「政府専用機」の操縦士が管制官とそ […]

国際連合の生誕(その2)

太田述正コラム#3700(2009.12.11) <国際連合の生誕(その2)>(2010.4.14公開)  「・・・英連邦は、彼等なりのナショナリズムと国際主義(internationalism)を結合しようという試みだ […]

皆さんとディスカッション(続x802)

太田述正コラム#3945(2010.4.13) <皆さんとディスカッション(続x802)> <けいc。>  アメリカ陸軍の航空医学軍医がオバマの出生証明書を見ない限りは、アフガンには行かないと出頭命令を拒否したニュース。 […]

国際連合の生誕(その1)

太田述正コラム#3698(2009.12.10) <国際連合の生誕(その1)>(2010.4.13公開) 1 始めに  太田コラムで既に何度か登場したマゾワー(Mark Mazower<。1958年~>)が、今度は &# […]

皆さんとディスカッション(続x801)

太田述正コラム#3943(2010.4.12) <皆さんとディスカッション(続x801)> <殺人鬼>  ・・・<コラム#3939で>私に、「典拠は?」とおっしゃいますが、貴方の得意技である典拠、、、、『「特殊である」と […]

米国の世紀末前後(続々)

太田述正コラム#3692(2009.12.7) <米国の世紀末前後(続々)>(2010.4.12公開) 1 始めに  コラム#3658と3660で、ジェームス・ブラッドレー(JAMES BRADLEY)の新著のご紹介をし […]

皆さんとディスカッション(続x800)

太田述正コラム#3941(2010.4.11) <皆さんとディスカッション(続x800)> <唯我独尊> ≫だけど、他の宗派に比べてカトリック教会関係者に特に性犯罪者が多いってことはないってさ。≪(コラム#3939。太田 […]

政治的宗教について(その4)

太田述正コラム#3684(2009.12.3) <政治的宗教について(その4)>(2010.4.11公開)  「共産主義体制が押しつけられた諸国の間の明らかな様々な類似性は、これら諸国が共有した運命に由来するのであって、 […]

皆さんとディスカッション(続x799)

太田述正コラム#3939(2010.4.10) <皆さんとディスカッション(続x799)> <σΒσΒ>(「たった一人の反乱」より)  今回、死刑にされた日本人に関する記事が週刊文春に出てたけど、30人の中国人を手下にし […]

政治的宗教について(その3)

太田述正コラム#3682(2009.12.2) <政治的宗教について(その3)>(2010.4.10公開)  「道徳的進歩という信条は、常にキリスト教の一部をなしていたが、宗教改革までは眠り続けていた。」(PP22)   […]

皆さんとディスカッション(続x798)

太田述正コラム#3937(2010.4.9) <皆さんとディスカッション(続x798)> <KT> ≫ご覧になった読者の方々、感想をお聞かせ下さい。≪(コラム#3933。太田)  昔、「17歳」という言葉が流行ったときに […]

政治的宗教について(その2)

太田述正コラム#3678(2009.11.30) <政治的宗教について(その2)>(2010.4.9公開)  「<ゾロアスター教(Zoroastrianism)の>二元論的世界観(注1)は、マニ教によって継承された。   […]

皆さんとディスカッション(続x797)

太田述正コラム#3935(2010.4.8) <皆さんとディスカッション(続x797)> <けいc。>  <コラム#3932での私の投稿に対する太田さんのコメントを読みました。> 1の理由は、死刑に限っていえば中国に対し […]

日進月歩の人間科学(続X12)(その2)

太田述正コラム#3874(2010.3.8) <日進月歩の人間科学(続X12)(その2)>(2010.4.8公開)  「その1」から時間が経ってしまいましたが、以下をお読みになれば、どうして私が上梓を躊躇したかお分かりい […]

皆さんとディスカッション(続x796)

太田述正コラム#3933(2010.4.7) <皆さんとディスカッション(続x796)> <けいc。>  外国人による麻薬密輸での日英トップの発言の差  どんだけ間抜けでアホな麻薬の運び屋でも、自国民が他国政府に殺害され […]

中共のネチズン恐るべし(その2)

太田述正コラム#3872(2010.3.7) <中共のネチズン恐るべし(その2)>(2010.4.7公開)  中共のインターネットについて、欧米でもっぱら話題になっているのは、検閲のことだ。・・・  <しかし、>中共で人 […]

中共のネチズン政策(その1)

太田述正コラム#3870(2010.3.6) <中共のネチズン政策(その1)>(2010.4.6公開) 1 始めに  中共のネチズンを取り上げた記事がフォーリン・ポリシー誌とニューヨークタイムスに載っていたので、それぞれ […]

日進月歩の人間科学(続X15)

太田述正コラム#3868(2010.3.5) <日進月歩の人間科学(続X15)>(2010.4.5公開) 1 暗闇と人間  「いかがわしい行い(Shady Deeds)が暗いところで起こりがちなのはどうしてだろうか・・・ […]

皆さんとディスカッション(続x792)

太田述正コラム#3925(2010.4.3) <皆さんとディスカッション(続x792)> <MS>  遠江人さんへ。  オフ会幹事団のMSです。  遠江人さんとは、過去に(数年前に)何度か掲示板でやりとりをさせていただい […]

日進月歩の人間科学(続X13)

太田述正コラム#3864(2010.3.3) <日進月歩の人間科学(続X13)>(2010.4.3公開) 1 始めに  鬱の効用については、コラム#3638で一度取り上げたことがありますが、ニューヨークタイムスに本件につ […]

皆さんとディスカッション(続x791)

太田述正コラム#3923(2010.4.2) <皆さんとディスカッション(続x791)> <太田>  遠江人さん、太田述正掲示板の投稿#701、「整理したうえでの再考」、まことにありがとうございます。  Ueyamaさん […]

米国での軍事論争2題(その3)

太田述正コラム#3858(2010.2.28) <米国での軍事論争2題(その3)>(2010.4.2公開)  本日は、2日分の記事を元にディスカッション・シリーズを書き上げるだけでタイムアウト気味です。  ホンチャンのコ […]

皆さんとディスカッション(続x790)

太田述正コラム#3921(2010.4.1) <皆さんとディスカッション(続x790)> <こくぴと>  日本はアメリカの保護国。でも小沢は礼賛しているようです。 日本政治再生を巡る権力闘争の謎(その1)=カレル・ヴァン […]

東京オフ会(2010.2.27)次第

太田述正コラム#3856(2010.2.27) <東京オフ会(2010.2.27)次第>(2010.4.1公開) 1 始めに  ヨドバシカメラで修理が終わった携帯パソコンを受け取り、ポイントカードにクレジットカードが付い […]