ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2010年6月

皆さんとディスカッション(続x863)

太田述正コラム#4069(2010.6.14) <皆さんとディスカッション(続x863)> <太田>(ツイッターより)  エロサイト、英文解釈講座サイト、軍事サイト、映画サイト、クラシック・サイト、等々と盛りだくさんな太 […]

テンプル騎士団(その1)

太田述正コラム#3812(2010.2.5) <テンプル騎士団(その1)>(2010.6.14公開) 1 始めに  ずっと以前(コラム#614で)テンプル騎士団を(聖ヨハネ騎士団とともに)取り上げたことがあります。  こ […]

皆さんとディスカッション(続x862)

太田述正コラム#4067(2010.6.13) <皆さんとディスカッション(続x862)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#4000に関し、)戦前・戦中の日本は、ただ単に大英帝国を崩壊させただけでなく、米国の帝国 […]

中共の「資本主義」(その4)

太田述正コラム#4000(2010.5.10) <中共の「資本主義」(その4)>(2010.6.13公開)  (3)結論  「・・・上海について、要約的に、黄は、「上海は<中共当局が採用した>ラテンアメリカ路線の政治的勝 […]

皆さんとディスカッション(続x861)

太田述正コラム#4065(2010.6.12) <皆さんとディスカッション(続x861)> <ψΒψΒ>(「たった一人の反乱」より)  そもそも大陸文化<(コラム#4063)>なんて括りが雑ではあるが。  ドイツを引き合 […]

中共の「資本主義」(その3)

太田述正コラム#3998(2010.5.9) <中共の「資本主義」(その3)>(2010.6.12公開)  「・・・1989年<の天安門事件>後の指導部の変容は、田舎地域で経験を積んだ実際的で忍耐強い改革者達が、上海のテ […]

皆さんとディスカッション(続x860)

太田述正コラム#4063(2010.6.11) <皆さんとディスカッション(続x860)> <文十郎>  早速のお答えありがとうございます。  私から少し言い訳を。  日米安保条約は、日本語も正文なので離島に侵略がある場 […]

中共の「資本主義」(その2)

太田述正コラム#3996(2010.5.8) <中共の「資本主義」(その2)>(2010.6.11公開)  (2)中共の「資本主義」第一期  「・・・貧しい安徽(Anhui)省<の蕪湖(Wuhu)>出身の農民、年広久(N […]

皆さんとディスカッション(続x859)

太田述正コラム#4061(2010.6.10) <皆さんとディスカッション(続x859)> <文十郎>  素人の素朴な疑問その2です。  (リンク先は<前回の>発言と同じですので省略しました)  日米安保条約の第五条を見 […]

中共の「資本主義」(その1)

太田述正コラム#3994(2010.5.7) <中共の「資本主義」(その1)>(2010.6.10公開) 1 始めに  このシリーズでは、極めて刺激的な本であるところの、黄亜生(Yasheng Huang)による  […]

皆さんとディスカッション(続x858)

太田述正コラム#4059(2010.6.9) <皆さんとディスカッション(続x858)> <ΒΒΨΨ>(「たった一人の反乱」より) ≫確認ですが、最後のご自身の言葉以外は、すべてマイケル・シャラー著 『アジアにおける冷戦 […]

人間主義を訴える英国女性(その2)

太田述正コラム#3992(2010.5.6) <人間主義を訴える英国女性(その2)>(2010.6.9公開)  (3)書評から  「・・・我々は、自己中心的で、利己的で、自分のことばかりに熱中し、自らを恃む、というコスト […]

皆さんとディスカッション(続x857)

太田述正コラム#4057(2010.6.8) <皆さんとディスカッション(続x857)> <MM>  太田述正さんの論理の鋭さ、知識の豊かさには感服しております。  受領するメールの1/4も読み切れていない状態の無料会員 […]

皆さんとディスカッション(続x856)

太田述正コラム#4055(2010.6.7) <皆さんとディスカッション(続x856)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#3796に関し、)マッカーシーらのやった赤狩りは、「12歳の少年のよう」(マッカーサー)で […]

皆さんとディスカッション(続x855)

太田述正コラム#4053(2010.6.6) <皆さんとディスカッション(続x855)> <太田>  記事が2日分たまってまだ昨日分も読み切れていないので、本日は、文字通りのディスカッションだけにさせていただきました。 […]

選択の自由という重荷(その4)

太田述正コラム#3988(2010.5.4) <選択の自由という重荷(その4)>(2010.6.5公開) 4 イエンガーの位置づけ  「・・・20世紀半ばに認知革命が起こり、学者達、とりわけ心理学者達が脳とその限界の研究 […]

皆さんとディスカッション(続x854)

太田述正コラム#4049(2010.6.4) <皆さんとディスカッション(続x854)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#3037に関し、)鳩山由紀夫の功績は、自民党に代わる受け皿を(親がかりの)私財を投じてつく […]

選択の自由という重荷(その3)

太田述正コラム#3986(2010.5.3) <選択の自由という重荷(その3)>(2010.6.4公開)  (5)研究5  「・・・彼女が、次に行ったいくつかの実験の一つが「ジャム研究」として知られているものだが、これは […]

皆さんとディスカッション(続x853)

太田述正コラム#4047(2010.6.3) <皆さんとディスカッション(続x853)> <ΧΧΒΒ>(「たった一人の反乱」より)  <属国論については、>もちろん「属国の防衛革命」の冒頭太田さんのパートで過不足なく語ら […]

選択の自由という重荷(その2)

太田述正コラム#3984(2010.5.2) <選択の自由という重荷(その2)>(2010.6.3公開) →選択の余地が少ない、つまりは不自由である方が人間は幸せである、という逆説を明らかにした、面白い研究結果です。(太 […]

皆さんとディスカッション(続x852)

太田述正コラム#4045(2010.6.2) <皆さんとディスカッション(続x852)> <けいc。> ≫彼等は、(それまでの年に編集されたものと同じく、)2000年編集のミリタリーバランスがガゼルを対戦車ヘリの範疇に入 […]

皆さんとディスカッション(続x851)

太田述正コラム#4043(2010.6.1) <皆さんとディスカッション(続x851)> <太田>  本日は所用があるので、早めに配信します。 <けいc。>  太田さんはLt. General<(中将)>相当だったんです […]