太田述正コラム#9752(2018.4.9)
<皆さんとディスカッション(続x3672)>

<太田>(ツイッターより)

 ロシア政府は件の暗殺未遂事件で英政府の自作自演であるといったことを言って世界を笑わせてくれているが、それに対しては怒りで答えなければならない、とさ。
https://edition.cnn.com/2018/04/06/opinions/why-russia-laugh-world-giles-opinion-intl/index.html
 私は、暗殺に失敗する程落ちぶれたロシアを笑っているわけだが、そんなロシアにした日本を改めて褒めてあげたいね。

<太田>

 イギリス人による関連記事だ。↓
https://mainichi.jp/articles/20180408/ddm/002/070/133000c

<太田>(ツイッターより)

 「…最近起きた米中貿易戦争は「中国の夢」に対する米国の本格的な反撃だ。貿易戦争の結果により、経済の主導権のみならず、国際秩序、イデオロギーの地図も塗り替わるかもしれない。」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/09/2018040900718.html
 中国の夢→日本の夢。
 米国の本格的な→米国の本格的にして最後の。
 全く分かってないねえ。

<豊丘時竹>(2018.4.8)http://d.hatena.ne.jp/toyotoki11/20180408

 –自民党は自衛隊を嫌ってる–

 ・・・太田さんは、自民党が自衛隊を嫌っていると、小泉総理や稲田防衛相の行動などから判断した。
 私も、軍機一機でいくらいくらで、それがなければどうのこうのといった授業を中学で受けた記憶がある。
 反自衛隊教育が行われていた真っ盛りのころだったのではないか。小泉総理は私の一期上だが、たぶん似たような授業だったのだろう。
 太田さんのコラムは当然読んではいないでしょう。
 中学生のまま止まってしまったのかもしれない。
URL;https://www.ohtan.net/blog/archives/10266

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 首相・財務相レベルに財務官僚達も劣化しつつあるってこと。↓

 「財務省、口裏合わせ認める 間違った対応と謝罪 ごみ撤去作業・・・」
http://www.sankei.com/politics/news/180409/plt1804090003-n1.html
 「官僚のせい? 政権守りの姿勢 午前振り返り・・・」
https://www.asahi.com/articles/ASL46632QL46UEHF018.html?iref=comtop_8_02

 そして、日本政府全体が、レスリング協会、相撲協会のレベルに劣化しつつある。↓

 「伊調パワハラ認定に谷岡・至学館学長がテレビ朝日の直撃に「5連覇の阻止はなかったですよね」・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/14552450/
 「・・・栄氏は「私が伊調氏の五輪5連覇を阻止するというようなパワハラ行為は認められなかったことは安堵(あんど)している」とした。
 日本協会の強化本部長を辞任した栄氏は「今後も可能な範囲でレスリング界の発展を願い、鋭意努力していきたく思っております」と結んでいる。」
http://news.livedoor.com/article/detail/14552962/

 でも、商社が一番手が一番手、銀行が二番手なんだから、(私の言う)日本型経済体制の二重司令塔が依然健在っちゅう見方もできるわな。↓

 「就職人気企業ランキング2018【文系男子】ベスト200–商社が軒並み上位、銀行は26年ぶりトップ10脱落・・・」
http://diamond.jp/articles/-/166390?utm_source=daily&utm_medium=email&utm_campaign=doleditor

 韓国も引き続き沸いとるね。↓

 「【MLB】大谷翔平、韓国紙が衝撃の3連発を続々報道 「漫画のような挑戦続く」「人間なのか」・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/14549495/
 <これにも熱烈反応するだろな。↓>
 「大谷翔平がメジャーに洗礼 「衝撃の91球」にMLB公式「驚愕のパフォーマンス」・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/14552039/

 こんなんが世界的ニュースなんかい?
 BBCも日本が好きねー。↓

 Japanese father arrested for allegedly caging son for over 20 years・・・
http://www.bbc.com/news/world-asia-43685094

  体制の確実な保証は米国から、全面的な補償は米属国の日本から得られるだろ。↓

 「・・・正恩氏は習氏に、「米国が我々の体制を確実に保証し、核放棄に伴う全面的な補償を受けることができるならば、核を完全に放棄することができる」と述べた。また、米国と国交を正常化し、平壌(ピョンヤン)への大使館開設をトランプ大統領に求める考えも示した。・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180408-OYT1T50059.html?from=ytop_main3

 朝日の特ダネだったのね。↓

 S.Korean Envoy Advised Kim Jong-un to Quit Smoking・・・
http://english.chosun.com/site/data/html_dir/2018/04/09/2018040900894.html

 トランプのやることの私の予想:アサドの全空軍力の破砕。↓

 Syria will see US price for chemical attack as worth paying–Whether Trump opts for single retaliatory act or wider response, Assad will think he is winning・・・
https://www.theguardian.com/world/2018/apr/08/syria-will-see-us-trump-retribution-for-chemical-attack-as-price-worth-paying

 いやなに、早晩、全EU加盟国が後を追うだろて。↓

 Viktor Orbán: re-election of Hungary’s anti-immigrant leader is major challenge for EU・・・
https://www.theguardian.com/world/2018/apr/09/viktor-orban-re-election-hungarys-anti-immigrant-leader-major-challenge-for-eu

 どっちもどっち。↓

 Daily Mail’s Quentin Letts accused of ‘racist attitude’ in theatre review・・・
https://www.theguardian.com/stage/2018/apr/08/daily-mail-quentin-letts-accused-of-racist-attitude-in-theatre-review

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <とかなんとか言っちゃってー。20年は早いわ。↓>
 「・・・今日頭条はこのほど、中国の国内総生産(GDP)が日本を超え、中国の1人あたりGDPが増加し続けるにつれ、中国人は海外旅行を楽しむようになっており、日本も人気の渡航先となっていることを指摘する一方、日本では中国人が消費によって大きな貢献をしているというのに、中国人は必ずしも歓迎される存在とはなっていないことを伝えている。
 記事は、中国にとって日本はもっとも近くにある先進国であるうえ、近年は中国で日本旅行ブームが起きていることから、中国で大型連休を迎えるたびに大量の中国人が日本を訪れるようになったと紹介。そして、中国人は日本に到着するなり、店舗の商品がなくなってしまうほど大量の買い物を楽しむと指摘した。
 続けて、中国人が大量に買い物をするということは、それだけ利益をもたらしているにも関わらず、日本人たちは決して喜んでいるようには見えないと指摘。その理由は、中国人旅行客の日本滞在中のマナーの悪さにあるのかもしれないとし、日本人は面と向かって文句を言わないうえ、感情を表に出さないため分かりづらいが、消費で大きな恩恵をもたらしているのに、それに見合った態度を示さない日本人もいると主張。
 記事は、中国人のマナーについては「確かに反省すべき点もある」としながらも、同時に諸手を挙げて中国人を歓迎してくれない日本をこのまま訪れ続けることが望ましいことかも再考すべき点であると論じた。」
http://news.searchina.net/id/1656828?page=1
 <決着がつくまでは定番?↓>
 「シンガポールーマレーシア高速鉄道、やはり日本は中国にとって手ごわいライバルだ・・・」
http://news.searchina.net/id/1656834?page=1
 <「師」が訪問してくれないのに拗ねること拗ねること・・。↓>
 「・・・今日頭条はこのほど、日本人の間で台湾旅行が人気となっていることを強調し、なぜ中国ではなく、台湾旅行を好むのかと疑問を投げかける記事を掲載した。
 中国人からすれば台湾と中国は「1つの国」であるため、日本人が台湾ばかり訪れて、中国への旅行の人気が高まらないのが不思議でたまらないようだ。記事は、「日本人にとって台湾は非常に快適で心地よい渡航先らしい」と指摘し、その理由は「台湾人が日本人に対して友好的で、台湾滞在中に不愉快な思いをしないで済むため」だと論じた。
 続けて、韓国旅行も人気はあるものの、「日本人にとって韓国も中国も非友好的なことが起きかねない国」だと主張し、だから、中国や韓国に比べて日本人は台湾を好むのだと主張。また、台湾には特色ある食べ物が豊富で、伝統が色濃く残る場所も少なくないうえ、日本と台湾は歴史的要因から風習や文化、習慣も近いものがあると指摘しつつも、日本で中国ではなく、台湾の人気ばかりが高まっていることに不満を示した。」
http://news.searchina.net/id/1656868?page=1
 <珍しく、タチの悪いガス抜き。↓>
 「・・・今日頭条は・・・記事の中国人筆者は、これまでずっと日本に対して恐ろしいという感情を持ってきたという。これは教育に負うところが大きいだろう。戦時中に中国人が見た日本は、「国全体が機械になったかのように団結して洗脳され、戦争に狂った国だった」とした。しかし、本当の日本の恐ろしさは別のところにあるという。記事によると、それは日本が「永遠に強者だけを崇拝する」民族で、そのためには恩を仇で返すこともあるからだという。
 記事は次いで、今日本が本当に尊敬している強者はロシアであり、中国ではないと分析。その理由について、ソ連が第二次大戦時に日ソ中立条約を破り日本軍を攻めたうえ、捕虜をシベリアへ抑留して残酷に扱ったからだと紹介した。
 一方、中国は逆に、自分たちにひどい仕打ちをした日本軍の捕虜に対して「世界で最高の手厚い扱い」をしたと主張。貴重な食べ物や薬を与え、もてなしたのだという。しかし、日本はそれに対して感謝するどころか中国を痛めつけ、逆に残酷な扱いをしたロシアを崇拝するという矛盾を見せたと非難した。
 記事は、これはすべて強者を崇拝し、報復のできない弱者には恩を仇で返してもいいという日本の考えから来ていると主張、恐ろしいことだとした。しかし、「中国は永遠に征服されることはない」と強者になる決意を示して結んだ。」
http://news.searchina.net/id/1656831?page=1
 <ここからは、今日頭条記事以外の引用。
 目の付け所がいーねー。↓>
 「中国の自動車メディア・易車はこのほど、日本の桜が美しいのは、道路や自動車をはじめとする日本の環境が清潔だからこそであるとする記事を掲載した。
 記事は、「春がやってきて、日本では至る場所でピンク色のロマンあふれるムードで満たされた。満開の桜が各地の観光客を引き寄せるのだ。では、どうして日本の桜はこれほどまでに有名になったのか。単に桜がきれいだからなのか」とした。
 そのうえで「そうではない。最大の理由は、日本が非常に清潔だからだ。チリがないからこそ、桜の花びらも格別に美しいのである」と説明。日本の清潔さを示す重要な指標の1つとして、自動車の清潔度を挙げた。「われわれは普段、洗車後に雨が降るとせっかく車を洗ったのがムダになると感じる。汚染物混じりの雨でドロドロになるからだ。しかし、日本では雨上がりでも車はとてもきれい。タクシーにも明らかな汚れが見られないのだ」と伝えている。
 また、「日本は米国、中国に次ぐ自動車消費大国だが、一方で自動車の排気ガスに関する厳しい法規がある。日本は初めて大型車両に対して厳しい燃料規定を設けた国なのだ。そして、温帯の海洋性気候ということで、頻繁に降る雨によって道路のチリや汚れが洗い流され、路面も空気もきれいになるのである」と紹介した。
 記事はさらに、日本では公衆衛生を重んじるよう小さい頃から教える伝統や習慣があり、小学生は学校で自ら清掃を行うと説明。「外国を崇拝するということではなく、本当にわれわれは日本のようなレベルに到達していないのだ。依然として、参考にしたり学んだりすべき点はあるのだ」と結んでいる。」
http://news.searchina.net/id/1656891?page=1
 <よー気ーついたな。そうなんだよ。↓>
 「・・・中国メディア・東方網は・・・「どうして日本人は洗濯機を地面に直接置かないのか」とする記事を掲載した。日本人の「ちょっとした工夫」に感銘を覚えたようだ。
 記事は、「洗濯機は今や各家庭に欠かせない家電製品の1つになった。日常生活で使用する際、多くの人が洗濯機を直接床や地面の上位置いている人は多いだろう。しかし、日本では洗濯機を設置するさいに台座を必要とする。そこには、知らないと後悔する3つの大きなメリットがあるのだ」とした。
 まず1点めとして、振動がカットできる点を挙げた。「洗濯機を直接地面に置けば、本体の振動が地面にダイレクトに伝わり、騒音が大きくなる。自宅で洗濯機を稼働させる時に音が大きいなと感じた人は、台座を置くことで洗濯機の振動と騒音を軽減させることができるのだ」と伝えている。
 2点めは、水漏れ防止のメリットを挙げている。「一部の洗濯機では長く使用していると底部から水漏れが発生する可能性がある。この時、台座があれば洗濯機が地面から一定の距離ができるため、たとえ漏水が発生しても水がちゃんと排出され、ショートを起こす心配もない」とした。
 そして最後に挙げたのは、清潔を保てる点だ。「洗濯機の下に残ったカスや異物をしっかりと掃除することができる。また、高さが増すことで衣服を取りやすくなるというメリットもある」と紹介した。」
http://news.searchina.net/id/1656833?page=1
 <和服の部分は定番。↓>
 「中国メディア・網易・・・記事は、「近年、日本は多くの中国人観光客を呼び込んでいる。アジアの中で日本は非常に発達しており、しかも、伝統的な風俗を多く残している。人びとは現地の風情を楽しみたいと思って日本に行くのだ」とした。
 そのうえで「日本の大小さまざまな街を歩いていると、総じて和服を来た日本人女性に遭遇する。彼女たちは平日から友人と一緒に買い物をするのが大好きで、外国人と交流するのも好きだ。多くの観光客にとってみれば、このような和服女性を見たら心は瞬間的に興奮しっぱなしになる」と伝えている。
 また、「日本の民族的風習は中国と大きく異なる部分がある。日本の女性は伝統的な服装である和服を着て外に出ることに慣れているが、中国ではこのような現象はほとんど見られない。中国の女性は国内でも国外でもチャイナドレスを着ることは少ないのだ」と説明した。」
http://news.searchina.net/id/1656877?page=1
 <定番。↓>
 「新幹線と中国高速鉄道、「弁当」を比べてみると「中国は完全に敗北」・・・中国メディアの快資訊・・・」
http://news.searchina.net/id/1656880?page=1
———————————————————————-

太田述正コラム#9753(2018.4.9)
<眞壁仁『徳川後期の学問と政治』を読む(その32)>

→非公開

政治ブログランキング政治ブログ村ランキングコメント→防衛省OB掲示板