アジア主義の系譜(追補)/江戸時代の選良教育?その負の遺産(その1)

第0部 始める前に

第1部 アジア主義の系譜(追補)

1 始めに

2 人物篇

 (1)帝国陸軍

〇山縣有朋
〇高島鞆之助
〇福島安正
〇宇都宮太郎
[宇垣一成の位置付け]
〇武藤信義
〇渡辺錠太郎
〇真崎甚三郎
[林銑十郎の位置付け]
〇荒木貞夫
〇小畑敏四郎
〇今村均
〇武藤章

 (2)一般

●北一輝
●近衛文麿

3 事項篇

[軍部大臣現役武官制]
[二個師団増設問題]
[国本社]
[バーデン=バーデンの密約]
[木曜会/一夕会]
[陸軍省人事局補任課]
[統制派と皇道派]
[永田鉄山の事績を通して皇道派統制派抗争説を切る]
[対支一撃論]

4 歴史篇

[排日移民法]
[濱口首相遭難事件]
[三月事件]
[満州事変]
[十月事件]
[血盟団事件/五・一五事件/相沢事件、から、二・二六事件へ]
[日支戦争]
[通州事件]
[対英のみ開戦論]
[関東軍特種演習(関特演)]
[大東亜戦争]

5 エピローグ

[日本の1939年末~45年8月の事実上の最高権力者が杉山元である所以]
[島津斉彬コンセンサス信奉者達の堕天使達 ◎柳川平助◎山下奉文]
[テロ・クーデタについて]
[先の大戦時の非陸軍選良達の安保音痴ぶり]
[現在の最大公約数的帝国陸軍観]

6 終わりの終わりに

第2部 江戸時代の選良教育?その負の遺産(その1)

1 幕末公教育の転換

 (1)始めに
 (2)蘭学
 (3)西洋医学所
 (4)洋学所
[和学講談所]
[大村益次郎暗殺]
 (5)参考:講武所
[幕末の西洋兵学受容]