太田述正コラム#9718(2018.3.23)
<皆さんとディスカッション(続x3655)>

<NY>(フェイスブックより)

≫東大卒理系学者達が京大卒とノーベル賞の数を「競い合い」≪(コラム#9712。太田)

 文系、とりわけ人文系は学者と称したがりますが、理系は基本「研究者」としか言わないでしょう。

≫とことん、東大は天才達の墓場らしい。≪(コラム#9716。太田)

 東大理系には十倉好紀先生がいますよ。h-indexが135というのは十倉先生くらいでしょう。
 ちなみに、物理系では米国の有名大学の教授ポストはh-indexが>20、米国物理学会フェローはh-indexが>30だそうです。

<太田>

 関連記事です。
 下掲の諸問題点のルーツを、今、私は追及中なワケ。↓

 「・・・東大教授の露骨な「学部間差別」・・・
 <リベラルアーツ、ひいては学術の軽視。↓>
 <例えば、>教養学部が戦後に発足した際、本郷で『優秀でない』と見なされた教授が送り込まれたという来歴がいまも影響している・・・
 <政治力・経済力の重視。↓>
 東大が’04年に独立行政法人になって以来、国からの補助金は削られ続けている。附属病院を抱え、カネを稼ぐことのできる医学部の教授がどんどん発言権を強めています。・・・
 法学部と工学部が、医学部が強くなりすぎないよう牽制をしている・・・
 工学部は、・・・企業からカネを引っ張って来られる。・・・圧倒的な人数を抱えているのも強い・・・
 <医学部と法学部という、いわば職業専門学校が大きな顔をしている。↓>
 法学部は歴史が古く、権威がある。東大は『赤門』と『正門』の2つの門がありますが、赤門の前に医学部が控え、正門の前には法学部がある。法学部には、医学部とともに東大を引っ張ってきたという自負がある・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/14467686/
 <試験秀才重視、学問業績軽視。(但し、官僚志望者達を若干なりとも引き留めるためには他に手段がないのも確か。)↓>
 「・・・「東大では3年生から専門教育が始まりますが、優秀な学生はその頃から教授や准教授などに目をかけられ、それとなく大学に残るよう告げられます。彼らは卒業後すぐに『助手』として研究室に入り、3年間で助手論文を書くのです。
 年に多くて10人程度、少ないと3~4人です。法学部は1学年400人強ですから、トップ1~2%の超エリートと言えます。彼らを『学士助手』と呼ぶ。博士課程をすっ飛ばして助手になるわけですから、いわば飛び級。・・・」
 <これだけは「健全」。↓>
 東大では、研究を脇に置いてメディアに出ることは一段低く見られがちです。
 それが影響したのか、<学士助手になったというのに、>御厨先生は、都立大学(当時)の教授などを歴任した後、法学部には戻らず、東大の先端科学技術研究センターという王道からはやや外れたポジションに就きました・・・
 <政治力・経済力の重視(上出)。↓>
 中には能力が高くないのに、人間関係のあやなどによって教授になってしまった人もいる。彼らは、もはや研究では大成できないとわかると、文科省にゴマをすったり、面倒な大学運営の事務仕事を担ったりして、大学組織の中での『出世』を目指します。
 東大教授の給料は年功序列で決まりますが、学部長になれば年収も上がるし、世間的には名声も得られます。だから実のところ、一般に偉いと思われている学部長の中には、研究者としては優秀でない人も少なくないのです・・・」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54825

<太田>(ツイッターより)

 「<前川氏を巡る照会>…議員がその信条や信念と異なる行政上のことについて担当部局に問い合わせ、照会するのはしごく当然だと思<う>。…」
http://blogos.com/article/285392/
 走り使い的に対応した文科省や逃げ回る池田議員は醜態だが、基本的にはこの論者の言う通り。
 特定の支持者の為の口利きこそ禁止を。

 「…「新たなゴミ」などなかったかもしれないのに、なぜ「ある」という前提で話を進めたのか。いったいどんな弱みを握られていたのか。…
 いずれにせよ、国が大幅値引きせざるをえなくなった背景に「安倍首相の特別な便宜」は見当たらない。…」
http://news.livedoor.com/article/detail/14471841/
 「内閣人事局に批判強まる=「官僚の忖度助長」-森友文書改ざん問題…」
http://news.livedoor.com/article/detail/14471803/
 よく考えて欲しい。
 官僚機構が、末端に至るまで、機構の頂点にいる政治家達の意向を忖度して裁量行政を行うのが日本の政治体制の卓越性なのに、属国状況の下、政治家達がアホばかりだから、この体制が機能障害を起こしてるんだよ。

<河童徒然>(同上)

 日本の官僚は大変だよね。
 政権への忖度をして裁量行政で日本国を導くためには、属国であるがために海の向こうの表・裏の支配権力の「意向」への忖度とのすり合わせをしなければならない。
 属国であることを容認している官僚の場合は特に巧妙に暗躍?・・・

<太田>

 関連記事だ。
 中身、読んでないが、見出しを見るだけで、この2本のコラムはどっちもゴミだ。
 なぜかは、もう分かるよね。↓

 「森友文書改竄事件は「強すぎる官邸」のひずみ–「逃げ場」のない官僚組織が不正を生む [池田 信夫]-・・・」
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?QQf_mTW_1qJ_sds
 「【磯山友幸の「政策ウラ読み」】公務員の「劣化」が蝕む民主主義の根幹–再発防止に向け「公務員制度改革」が急務だ・・・
 森友学園への国有地売却問題は、財務省の指示による決裁文書の書き換えが明らかになるという驚愕の展開となった。再発を防ぐには、「公務員制度改革」に再び本腰を入れて取り組むことが重要だ。・・・」
http://nkbp.jp/2u8NDdt

<太田>(ツイッターより)

 「トランプ米政権は…鉄鋼とアルミニウムに輸入制限を発動する。…
 EU…やカナダなど<には>…は関税の適用を一時的に猶予する一方、日本や中国には適用する。…
 トランプ…は…安倍晋三首相の名前を出しながら「各国(の首脳)は『米国をうまく利用してきた』とほくそ笑んでいる。
 そうした日々は終わりだ」と<述べ>…た。…」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28476380T20C18A3000000/?nf=1
 余りの正論に感激!
 トランプ、金魚の糞を装いつつ、宗主国搾取に勤しんできた属国日本を、熨斗付けて習ちゃんにくれてやる、と宣言。
 罵倒された国賊・逆臣代表の安倍チャン、それでもなお、訪米してトランプの尻の穴を舐めるつもりなんだろな。

<太田>

 関連記事だ。
 今回の対中「経済制裁」に関しては、米民主党も賛成していることに注意。↓

 Trump’s China tariffs get bipartisan support, reflecting widespread U.S. disillusionment with Beijing・・・
http://www.latimes.com/politics/la-na-pol-trump-china-tariffs-20180322-story.html

<太田>(ツイッターより)

 今度米国務長官になったボルトン
https://www.asahi.com/articles/ASL3R2JCVL3RUHBI00J.html?iref=comtop_8_02
は、戦時に強制収容所に送られた日系米人達への賠償に反対し、
https://en.wikipedia.org/wiki/John_R._Bolton
 オバマの広島訪問を「「恥ずべき謝罪の旅」と強く批判した」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3
人物だ。
 人種主義者トランプの米国第一主義に、心から敬意を表したい。

(訂正)米国務長官→安全保障担当補佐官

<太田>

 関連記事だ。
 対北攻撃をよってたかって思いとどまらされた腹いせを、トランプは、ポンペオとボルトンを使って、イスラエルにイラン核施設攻撃をやらせることで晴らそうとしている?↓

 It’s Time to Panic Now–John Bolton’s appointment as national security adviser puts us on a path to war.・・・
https://slate.com/news-and-politics/2018/03/john-bolton-named-national-security-advisor-its-time-to-panic-now.html

<七氏>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 あ~~面白すぎ。
 属国であることも、そして「安全保障感覚」も欠如した日本の政治家よ。
 あっぱれだな。↓

 「【G20】日本製品の適用除外も 世耕弘成経産相「かなり可能性が高い」2018.3.20 23:31・・・」
https://www.google.co.jp/amp/s/www.sankeibiz.jp/macro/amp/180320/mca1803202331017-a.htm

⇒この時節に、我らが無能・無気力外務省が、こんな赤面PR記事を撒いた。↓
 Friendship springs eternal–The U.S.-Japan partnership continues to bloom・・・
http://www.washingtonpost.com/sf/brand-connect/embassy-of-japan/friendship-springs-eternal/
 さてと、日本は、本件で、近い将来の新宗主国サマのご健闘に期待するほかなし?↓
 「中国、米に対抗関税を準備 豚肉などに最高25%・・・」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28476920T20C18A3MM0000/?nf=1
 <韓国は、日本と違って金魚の糞じゃない・・だからこそ対北でトランプの苦境を救った・・からこそ除外された、という見方もできるな。↓>
 「米国–鉄鋼輸入制限発動へ EUや韓国除外、日本は対象・・・」
https://mainichi.jp/articles/20180323/k00/00e/020/229000c (太田)

<psjFzXLE>(同上)

 コラム#9714のAくんのまとめを読みました。
http://otanew.jp/archives/9078002.html
 吉田松陰もAくん並みの天才だったのでしょうね。
 Aくんは旧帝大合格を量産しましたが、松蔭先生は明治の立役者をひとりで量産して。
 お釈迦様もきっとそうですね。
 舎利子に出会ったときは本当にうれしかったでしょうね、やっと話の通じる人に出会えて。(笑)
 Aくんはもしかすると、普通の人とコミュニケーションを取る能力を鍛えたくて、レベルの一段下がる高校へ通ったのかもしれませんね。

<UzPZUceE>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 「「あれはバクチだった」 “民進”“希望”合流のウラ側・・・」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3323816.html
 神津氏は前原氏を買っているのかねえ。

⇒いや、まともな安保政策を持った政治勢力の構築・結集を図ろうとした、と思ってあげようね。
 <石破前幹事長、ここで、自民と絶縁して、離党前科2犯になろうとしないんじゃ、終わりだよ。↓>
 「自民党–9条改憲案 「必要最小限度」削除 自衛隊明記、細田氏に一任・・・」
https://mainichi.jp/articles/20180323/ddm/001/010/165000c (太田)

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 並みA級程度じゃ、藤井六段に鎧袖一触。既に、全棋士中最強では。
 8冠まで待ってたらまともな大学に入れないから、高2末までに7冠とって、それを記念に将棋界を引退してくれるといいんだが・・。↓

 「藤井六段、16連勝! 超速の読み切りで来期・順位戦A級の糸谷八段も撃破/将棋・王座戦二次予選・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/14470364/ 
https://www.asahi.com/articles/ASL3N466RL3NPTFC00H.html?iref=comtop_list_cul_n01
 <実況を見落とした、終局場面。↓>
https://www.youtube.com/watch?v=7DEsoCperd4
 アユム氏のその場面の部分盤面による解説。↓
https://www.youtube.com/watch?v=FxBHIf5usBQ
 <中学生名士は大変ねー。↓>
 「藤井六段、小2時の「作詞ノート」晒される ラップ調に師匠も驚嘆、「やっぱり天才」・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/14473298/

 当然だろな。↓

 「大坂なおみ、セリーナ撃破を海外続々報道・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/14467591/

 さあ、それだけですむか。↓

 「貴乃花親方、告発取り下げ 弟子の暴行問題受け意向・・・」
http://www.sankei.com/sports/news/180323/spo1803230023-n1.html

 中共当局の日本文明総体継受戦略、未だ奏功せず。↓

 「安室奈美恵アジア公演で感じた「中国と日本」ファン文化の違い・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/14472634/

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <人民網より。
 まことに、毎度、日本のことをご心配戴き、恐縮。↓> 
 「日本、労働力不足で引越し料金が高騰 多くの人が「引越し難民」に・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0323/c94689-9440984.html
 <まことに、毎度、日本をご激励いただき、恐縮。↓>
 「日本開発のバックパック型ウェアラブルデバイスでジャンプ力2−3倍に・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0323/c95952-9441039.html
 <日中交流人士モノ。↓>
 「日本語を無料で教える80代の女性 雲南省・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0323/c94473-9440927.html
 <出藍の誉れ、よかったねー。↓>
 「中国が日本抜き国際特許の出願件数2位に 華為とZTEが1位2位・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0322/c95952-9440635.html
 <ここからはサーチナより。
 定番。↓>
 「日本では「落とした財布」が返ってくるというのは本当だ! しかも、届けてくれるなんて!・・・」
http://news.searchina.net/id/1655874?page=1
 <これもそう。↓>
 「一体中国人は「どれだけ日本が好きなのか」、訪日客がこんなに増えるなんて・・・」
http://news.searchina.net/id/1655890?page=1
 <これもまたそう。↓>
 「日本と中国の差が顕著に表れている場所、それは「農村だ」・・・」
http://news.searchina.net/id/1655903?page=1
 <これもまたまたそう。私の知らない所もあるわ。↓>
 「子連れ旅行にも、大人の旅にも最適! 東京近辺にはいろいろな「おもしろ博物館」がある・・・」
http://news.searchina.net/id/1655917?page=1
 <卓球だけは譲らんぞ、との鬼気迫る執念。↓>
 「何事!? 中国卓球代表の訓練基地に、伊藤美誠の「発言」ポスターがデカデカと貼り出される・・・」
http://news.searchina.net/id/1655812?page=1
 <高速鉄道でも強いこだわりが・・。↓>
 「事故やトラブル相次ぐ日本の鉄道、中国では「命が惜しかったら、乗るべきではない」との声も・・・」
http://news.searchina.net/id/1655821?page=1
 <でも、肝心な部分で、深い深いコンプレックスが・・。↓>
 「・・・日本人女性はなぜ中国人男性に嫁ぎたがらないのかについて分析する記事を掲載した。
 記事はまず、多くの中国人は「日本人女性と中国人男性は完璧な組み合わせ」でお似合いだと思っていると紹介。日本に住んでいる中国人男性の場合、日本人と結婚すると「天下一優しい女性」と「日本に滞在できる査証や資格」を同時に得ることができるので、日本人女性の人気がさらに高くなるとした。
 記事によると、在日中国人を対象にしたある調査では、この傾向が顕著に表れているという。日本人女性と結婚したい在日中国人男性は73%もいて、中国人女性と結婚したいと答えた16%を大きく上回った。逆に、日本人男性と結婚したいという在日中国人女性は35%で、中国人男性が良いと答えた人が37%だった。
 では、日本人女性と中国人男性の組み合わせは本当にゴールデンカップルなのだろうか。記事は、「想像とは違って」別れてしまうケースも少なくないと指摘。「中国人同士の結婚でも利益重視の婚姻は長続きしないが、文化や国籍が異なればなおのことだ」と論じている。そのうえで、中国人男性が結婚相手として人気がない理由を分析。それは主に「ファッションがダサい」、「ユーモアに欠けている」、「マナーが悪い」の3つであるとした。
 ユーモアについては、中国の何千年もの歴史にユーモアというものが少ないので、西洋風のユーモアに欠けているのは仕方がないことだと弁護。中国人男性は、金儲けや、仕事、家庭、マイホームなど、考えなければならないことが多すぎて、結婚の圧力も重くのしかかっているため、ユーモアを交えながら楽しく恋愛する余裕がないのだとした。
 さらに、痰吐きや列の割り込み、言葉使いなどマナーに問題があるのは事実で、それは中国人女性からも眉をひそめられているが、男というのは変われないと開き直った。」
http://news.searchina.net/id/1655837?page=1
 <中共農民を叱咤。↓>
 「まったく訳が分からない! コメの生産大国である中国はなぜ日本からコメを輸入するのか・・・」
http://news.searchina.net/id/1655869?page=1
 <ガス抜きやねん。↓>
 「日本の製造業はなぜ問題が多発するのか、それは「優等生」で居続けるためだ・・・」
http://news.searchina.net/id/1655878?page=1
 <ここからは、今日頭条記事以外の引用。
 でもやっぱり日本にはかなわないと脱帽。↓>
 「日本人で開発された「ゴミ箱ロボット」に驚く中国人・・・こんな萌えるロボット、初めてかも!・・・」
http://news.searchina.net/id/1655870?page=1
 <定番。↓>
 「日本嫌いだった人が日本に行って感動しがちな、日常社会で見られるさまざまな「配慮」・・・中国メディア・騰訊網・・・」
http://news.searchina.net/id/1655872?page=1

 頑張れ頑張れ、朝鮮日報ー。↓

 「【社説】李明博元大統領逮捕、典型的な標的捜査だ・・・
 検察は今現在の権力者には忠犬となるが、その権力者が力を失えばたちまち牙をむいてくる。・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/23/2018032301040.html
 「米中貿易戦争ついに開戦、韓国に迫り来る・・・米中のはざまで<の>・・・「選択の瞬間」・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/22/2018032203440.html

 そうだってさー。↓

 「米国研究結果:窓側座席に座ることで飛行機内感染率が低下・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0323/c94475-9440928.html

 ドイツ人の貯蓄強迫観念が解説されている。
 どうやら、ドイツ人が、地理的意味での欧州で最も信心深いことと関係してるらしいが、より根源的には、実存的不安感が強烈なんだろな。原因は30年戦争?↓

 ・・・German households save about 10 per cent of their disposable income, twice as much as the average EU or American. (In the UK, the savings rate was actually negative in 2016.) What’s more, the German savings rate is remarkably stable over time, unaffected by economic crises and interest rate changes. Home ownership, by contrast, is low by international standards. That helps explain why Germans tend to look at economic events exclusively from the perspective of the saver: when the European Central Bank keeps interest rates low, the tabloid press howls that Germany’s savers are being robbed. What low interest rates mean for home buyers, borrowers, investors, companies and the wider economy seems almost an afterthought・・・
 There is a Protestant tradition of saving and restraint. Virtuous behaviour means renunciation of present satisfaction.”The Berlin exhibition makes the case that Germans・・・
https://www.ft.com/content/c8772236-2b93-11e8-a34a-7e7563b0b0f4
—————————————————————–

太田述正コラム#9719(2018.3.23)
<眞壁仁『徳川後期の学問と政治』を読む(その26)>

→非公開

政治ブログランキング政治ブログ村ランキングコメント→防衛省OB掲示板