太田述正コラム#9844(2018.5.25)
<皆さんとディスカッション(続x3718)>

<太田>(ツイッター/Mixiより)

 2年半前に、官庁不祥事問題専門家として、産経新聞の、次いで朝日の記者の勉強的取材を受け、中共の対日戦略の話もしたが、本日は、16:00過ぎから18:30頃まで、毎日の記者の取材を受け、中共の対日戦略、天皇の戦前史・靖国神社・自衛隊観、江戸時代≒現在論、日本や邦字紙の暗い将来、等の話もした。

<太田>

 関係記事だ。
 脳軟化症家畜達、飼育主(米国サマ)の武器を更に大量買いするとともに駐留軍経費をもっと負担することで、主のゴキゲンを直していただこうってのね。↓

 「防衛費「対GDP比2%」明記 自民防衛大綱提言の全容判明 F35Bや多用途運用母艦導入も・・・」
http://www.sankei.com/politics/news/180525/plt1805250004-n1.html
 <ご参考まで。↓>
 「在韓米軍への韓国の費用支援、在日米軍への日本の支援より高水準・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/24/2018052404134.html

<TSY>

 ホワイトハウスのwebページに掲載されたTrumpのKim Jong-unあての書簡を読みました。
https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/letter-chairman-kim-jong-un/

 Trumpの北朝鮮に武力攻撃をしかけるという宣言と僕には読めました。
 文章の末尾、一番の内容強調位置に
This missed opportunity is a truly sad moment in history.
とあります。
 これは北朝鮮米国対談はしないという意志の別表現に読めます。
 数行上に「気が変わったら云々」という条件がありますが、これは単なる飾りに読めます。
 また中段には
You talk about your nuclear capabilities, but ours are so massive and powerful
とあります。
 もし平和的交渉を続けるとしたら、1度会談を受諾した後に(会談など考えられなかった2018年3月以前ならともかく)こんなぶしつけな言い方はしないと思います。
 会談は打ち切り、核兵器と具体名をだしての威嚇。
 そこには武力攻撃への意図があるとしか僕には考えられません(米国の外交文章を読んだ経験が乏しいので、まったく自信はないのですが、この書簡の担当役人がものすごく文章が下手で、こんな無礼な言い方をしてしまう、なんてことがありえるものなのでしょうか)。
 太平洋戦争開戦直前の『ハルノート』は日本の交渉担当者にとって、その内容が今までの日米交渉の文脈を断ち切るような米国エゴむき出しの条件だったと読んだことがあります。
 60年をへて、同じ事が繰り返されているような気がしてなりません。
 太田さんの、ご見解をお伺いしたいと思い、筆をとりました。

<太田>(ツイッターより)

 「トランプ…米朝首脳会談の中止を通告…」
https://twitter.com/WhiteHouse/status/999647796218269697
 「北朝鮮、首脳会談巡る問い合わせにここ数日応答せず…」
https://news.infoseek.co.jp/topics/24reutersJAPAN_KCN1IP2SZ/
 中止させたのは習ちゃん/正恩坊やであってトランプじゃない。
 核保有を禁じる国際法はないから、もはや、米国は北を武力攻撃できない。
 トランプ敗北。

<太田>

 関連記事だ。

 <金正恩への言及部分は完全に誤り。↓>
 「・・・南北首脳会談を米朝首脳会談につなげるものと位置付け、ひたすら米朝の仲介者に徹した文氏が、窮地に追い込まれた金正恩氏同様、大きな衝撃を受けたことは必至だ。・・・」
https://news.infoseek.co.jp/article/sankein_wor1805250003/
 <「正恩氏は約束実行しつつ会談を取りやめた」が正しい。↓>
 「プーチン大統領「正恩氏は約束実行、米国が取りやめた」・・・」
https://www.asahi.com/articles/ASL5T21STL5TUHBI001.html?iref=comtop_8_03
 <「予想通りとはいえ、トランプ自身のために遺憾なことだ」が正しい。↓>
 「北朝鮮第1外務次官「予想外で非常に遺憾」米に再考促す
https://www.asahi.com/articles/ASL5T2QVXL5TUHBI00H.html?iref=comtop_8_02
 <今までの「交渉」経緯がまとめられている。↓>
http://www.bbc.com/news/world-asia-44247860
 <トランプが正恩に送ったレターは、文字通り、トランプ自身が一字一句口述筆記させたもの。↓>
 ・・・Trump personally dictated each word of the letter, a senior administration official later told reporters, reinforcing the notion of a president unbound as ever to the rules and norms of governance. ・・・
https://www.theguardian.com/us-news/2018/may/24/trump-cancel-north-korea-summit-chaos
 <転機は、ボルトン補佐官発言だったと考えざるをえない。↓>
 ・・・The key factor may be new National Security Adviser John Bolton, not Beijing.・・・
http://www.newsweek.com/donald-trump-kim-jong-un-north-korea-summit-john-bolton-944022
 <トランプに元々批判的という点を割り引かなきゃいけないが、ワシントンポスト(系を含む)もNYタイムスも、概ね、トランプ敗北説。↓>
 Art of the Fail・・・
https://slate.com/news-and-politics/2018/05/north-korea-summit-in-calling-off-meeting-with-kim-jong-un-trump-again-shows-his-lack-of-skill-as-a-negotiator.html
  Trump fell for Kim Jong Un’s bait-and-switch・・・
https://www.washingtonpost.com/opinions/global-opinions/trumps-risky-breakup-letter-to-kim-jong-un/2018/05/24/9fe957bc-5f87-11e8-9ee3-49d6d4814c4c_story.html?utm_term=.a2a867fb890f
 How Trump Got Outplayed on North Korea・・・
https://www.nytimes.com/2018/05/24/opinion/trump-kim-north-korea-summit-letter.html?action=click&pgtype=Homepage&clickSource=story-heading&module=opinion-c-col-left-region&region=opinion-c-col-left-region&WT.nav=opinion-c-col-left-region
 <改めて、対北軍事攻撃オプションを取れない理由を詳細に説明している。余計な話まで書きすぎてるが・・。↓>
 Think Military Strikes Could Stop North Korea? Try It and See.・・・
https://www.nytimes.com/interactive/2018/05/24/opinion/north-korea-trump-military-strikes.html?action=click&pgtype=Homepage&clickSource=story-heading&module=opinion-c-col-left-region&region=opinion-c-col-left-region&WT.nav=opinion-c-col-left-region
 <北朝鮮は余裕しゃくしゃく。↓>
 North Korea Says It Will Give Trump ‘Time and Opportunity’ to Reconsider・・・
https://www.nytimes.com/2018/05/24/world/asia/north-korea-trump-reconsider.html?hp&action=click&pgtype=Homepage&clickSource=story-heading&module=b-lede-package-region&region=top-news&WT.nav=top-news
 <中共と北朝鮮が一体であることに、いまだに気づいていない。↓>
 Canceling of Trump-Kim Meeting Shakes Asia but Could Help China・・・
https://www.nytimes.com/2018/05/24/world/asia/trump-xi-jinping-north-korea.html?rref=collection%2Fsectioncollection%2Fworld&action=click&contentCollection=world&region=rank&module=package&version=highlights&contentPlacement=2&pgtype=sectionfront

<gwJ39NC4>

≫僕に代わって、その説明を試みて頂戴。≪(コラム#9842。太田)

 国の根幹たる安全保障を放置していれば政治家がまず腐り、それを支える官僚の質も落ち省庁全体のレベルが低下するのは必然であり、果ては大学の長や民間企業の長すらまともな人物が重要なポストにいなくなる。
 よってマスコミが重要視せねばならないのは防衛省、財務省、日大の順。
 マスコミの追求の仕方ではいつになっても問題は解決しない。

<太田>

 ハーイ。

<AfhZsIGi>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

≫「反則タックル問題で日大内部から“反旗”…教職員組合が理事長と学長宛て声明文…」・・・「あす記者会見へ アメフト反則行為の日大選手…」・・・厳しすぎる言い方かもしれないが、鼠達が船が沈没するのが不可避となった状況下で一斉に逃げ出しただけに見えるな。≪(コラム#9838。太田)

 流石、太田さんですね。
 日大のことをよく知っている人間からしたら、日大でアメフトやっている人間って、金持ちの鼠の子供ばっかりだから、本当に悪いことを悪いことと感じないようなやばい奴が多い!中にはいい奴もいるけど一握りですよ。

⇒関連記事だ。
 <引っ込め。司直と鼠達におまかせあれ。↓>
 「【アメフット】スポーツ庁が日大を聴取 関学大に再回答も指示否定変えず・・・」
http://www.sankei.com/affairs/news/180525/afr1805250005-n1.html
 <ほら、また鼠達が・・。↓>
 「【アメフット】日大アメフット部父母会が緊急会合 会長、日大対応に「憤りを覚えた」・・・」
http://www.sankei.com/sports/news/180525/spo1805250005-n1.html 
 <鼠になる気配すらないこの人はエライのかも。↓>
 「日大会見の司会者は元記者 集まったマスコミは“若造”に見えた?・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/14764483/
 <日大関係者以外からも鼠達が?↓>
 「【アメフット】関東学連の監督会 「現状では日大と試合できない」・・・」 
http://www.sankei.com/sports/news/180524/spo1805240038-n1.html
 <まことにもって、その通り。↓>
 「若狭勝氏が「とくダネ!」で悪質タックル問題見解・・・」
http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01805259258.html?iref=comtop_list_andm_f02

<globalyst>

≫<これもだ。↓>
「急増・・・この5年で従事者が15倍以上に増えた日本の職業とは?・・・特殊清掃業・・・中国メディア・東方網・・・」≪(コラム#9826。太田)

 これは、東方網を引用する2018.05.16のサーチナの記事ですが、同様の記事をたまたま2018.05.16の紙ベースの日中新聞(人民日報日本版の抜粋?)で見つけました。
 この日中新聞の記事は毎日新聞を引用しているので、ネットで検索すると、
 「東方網の記事も日中新聞の記事も毎日新聞2018.05.13の下記記事・・・」
https://mainichi.jp/articles/20180514/k00/00m/040/049000c
を元ネタにしているみたいです。

<豊丘時竹>(2018.5.23)http://d.hatena.ne.jp/toyotoki11/20180523

 –自民党からは内部告発者が出ないと嘆く太田さん–

 ・・・トップからコピペしたが、赤字から先の部分がコピペの目的部分である。自民党が沈没するとは、国民も思ってないのだろう。太田述正さんにはそれが残念なのだろう。
URL;https://www.ohtan.net/blog/archives/10557

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 これが事実だとすりゃ、やっぱ、詰将棋と将棋は別物ってことに・・。
 それにしても、どーしてぽんぽこが登場しない?↓

 「藤井聡太七段の終盤の読みは将棋ソフトを上回る?・・・」
https://fujiisouta.xyz/souta-soft.html
 <ついでだが、これもオモシロかった。↓>
 「第一回 将棋界20代の逆襲・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/14761408/

 カワイソー。↓

 「渡辺謙、離婚した南果歩への財産分与は10億円近くか・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/14764954/

 時間かかったなー。
 次は、消えたマレーシア航空機事件の「解決」を!↓

 「ウクライナ東部で2014年に起きたマレーシア航空機撃墜を捜査している合同捜査チームは24日、同機を撃ち落としたミサイルは、ロシア西部クルスクのロシア陸軍第53対空ロケット旅団からウクライナ側に持ち込まれたと公表した。・・・」
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e3%83%9f%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%ab%e6%8c%81%e3%81%a1%e8%be%bc%e3%81%bf%e9%83%a8%e9%9a%8a%e5%85%ac%e8%a1%a8-%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e6%a9%9f%e6%92%83%e5%a2%9c%e3%81%a7%e6%8d%9c%e6%9f%bb%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0/ar-AAxKwTZ?ocid=ientp

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <人民網より。
 まっこと深いであるー。↓>
 「・・・顔の表情が豊かな欧米のキャラクターと異なり、日本のキャラクターは無表情のものが多い。緊張する人間関係に疲れた現代の日本人は、表情のないキャラクターと一緒にいることでよりリラックスできる。なぜならまるで自分をすべて受け止めてくれたような気持ちになるからだ。
ここ数年の日本のアイドルをみてみても、たとえばAKB48の総選挙で1位になった指原莉乃などは、ひと際美しいというタイプのアイドルではないが、人々に親しみやすさを感じさせ、個性的な魅力を備えている。日本人がキャラクターに求めるのもほぼこれと大差ないと言える。日本のキャラクターは一見してとても美しいとは言えないばかりか、むしろ不恰好であったりするが、その普通さがかえって人気の秘訣となっている。
次々誕生するキャラクターは心理的に大きなストレスを抱えている日本人にとって、心のマッサージのような役割を果たしている。1980年代以降、日本では「カワイイ文化」が盛んになっており、日本のポップカルチャーは世界へも徐々に広がり、漫画アニメのキャラクターは重要な文化のベクターとなっている。かつての「カワイイ文化」のほとんどが若い人々のものだったとすれば、21世紀の「新生カワイイ文化」はその「カワイイ」が及ぼす範囲をさらに広げているといえるだろう。」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0524/c94689-9463677.html
 <★これだけ日本に通暁している習ちゃんが、渾身の力を込めて日本に「独立」を訴えている。太田コラム愛読者ならもちろん、それ以外の通りすがりの読者も、すべからく、記事全文を熟読スベシ。↓>
 「トランプ大統領が追加関税で日本を除外しないのはなぜ・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0524/c94476-9463672.html
 <広義の日中交流人士モノ2篇。↓>
 「アリババが日本の事業者に新小売り戦略を紹介 カンファレンスで質問殺到・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0524/c94473-9463835.html
 「映画ドラえもん のび太の宝島」が6月1日に中国公開決定・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0525/c206603-9463897.html
 <ここからは、サーチナより。今回も、今日頭条記事の引用なし。編集方針が改まったか?
 こそばゆい。ホントにホント?↓>
 「中国メディア・環球網は・・・「中国人に影響を与え続けている日本のソフトパワー」について紹介する文章を掲載した。
 文章は、「ソフトパワーは国の総合力の一部だ。ソフトパワーの発展はハードパワーの発展というベースがあってのもので、ハード面が強いからこそ自国の文化を伝える力がさらに強くなり、より優れた文化コンテンツが生み出され、他国の国民を引き付けることができるのだ」としたうえで、中国に影響を与え続けている日本のソフトパワーを3つ紹介した。
 まず、「日本のアニメは世界的に非常に大きな影響力を持っている。日本のアニメ産業は世界のアニメ産業の半分以上を占めている。これはとても大きな数字であり、日本アニメは世界のアニメ分野において絶対的な発言権と影響力を持っているのである」とした。
 次に、「日本の映画も世界的に大きな影響力を持っている。日本を代表する黒澤明監督は、世界の多くの映画監督にとっての目標であると言える。黒澤氏の映画は現実から出発し、社会の問題をあぶり出し、内的、外的な原因を分析しており、とても大きなリアリティを持っている」と説明している。
 そして最後に、「日本の音楽も多くの人から愛されている。東西を問わず、小野リサの曲はみんな聞いたことがあるはずだ。そして、日本の音楽が広く伝わる理由は、旋律が非常に美しく、日本語が分からなかったとしても楽に聞け、堪能することができることにある。また、日本の文学もアジアをはじめとする多くの人に愛されており、世界の文学にも大きな貢献を果たしている」と紹介した。」
http://news.searchina.net/id/1659923
 <韓国車に触れている部分を除き、定番。↓>
 「中国車のエンジン技術は日系車と韓国車に「どれだけ遅れているのだろうか」・・・中国メディアの慧聡汽車配件網・・・」
http://news.searchina.net/id/1659926?page=1
 <匠論の定番。↓>
 「中国の産業が日本に及ばないのは「中国人はすぐにお金にならない仕事が嫌いだから」・・・中国メディアの快資訊・・・」
http://news.searchina.net/id/1659971?page=1
 <ほぼ定番。↓>
 「日本をGDPだけで判断すると「情勢を大きく見誤る」・・・中国メディアの快資訊・・・」
http://news.searchina.net/id/1659976?page=1
 <これも、時々出てくる定番。↓>
 「日本の電車に乗ったら、中学生が静かに本を読みだして驚いた!・・・中国メディア・東方網・・・」
http://news.searchina.net/id/1659994?page=1
 <客観記事。そんな風に見えるわけね。↓>
 「中国メディア・騰訊網は・・・日本でタクシー配車アプリが規制されている理由について解説する記事を掲載した。
 記事は、「日本はタクシー業界が非常に発展している国であり、東京や大阪などの大都市にはタクシーがあふれている。しかし一方で、中国では当たり前のように利用されているタクシー配車アプリが日本では使えない。なぜなら、日本社会には法律という大きなハードルがあるからだ」とした。
 そのうえで、日本でタクシー配車アプリに規制がかかる理由について、「最大の原因は、公平な市場競争の原則を破壊するからだ。配車サービスに加盟費を支払ったタクシー会社は大いに儲かるが、加盟しなかった企業は客が減る。そしてまた、個人経営である個人タクシーの運転手は加盟費を払わないことで死活問題に直面する。これが、公平な競争を妨げるとみなされるのだ」と説明した。
 また、2つ目の理由として、営業資格のない「白タク」の横行を招く可能性があること、3つ目の理由として乗客が白タクと認識しないで乗車し、事故や事件などのトラブルに巻き込まれるといったリスクが生じるうえ、乗客が然るべき賠償を得られないなど、乗客の利益が損なわれる可能性があることを指摘している。
 そして記事は、「日本人の頭はかなり固く、『市場か法律か』といった場合には、往々にして法律を選ぶ。日本人にとって法律は神聖なものなのだ。『ルールでダメなものはダメ』というのが日本人の判断基準であり、この基準が新しいものの誕生を妨げ、社会をより保守的にしている部分がある。一方で、社会全体は秩序が保たれ、国民の利益もしっかり守られるのだ」と説明。中国で急速に普及した配車サービスが日本で浸透しない状況からは「日中両国で社会心理、利益と法律との関係に対する考え方が異なることがうかがえる」と論じた。」
http://news.searchina.net/id/1660003?page=1
 <前にもこんな記事あったような気がするが・・。敬意を持った客観記事。↓>
 「日本の街にはどうしてこんなにかわいい「マスコット」があふれている?・・・中国メディア・環球時報・・・」
http://news.searchina.net/id/1659937?page=1
 <フッフッフッ。↓>
 「・・・日本橋が高速道路の陰に隠れてしまってから55年が経過した今、上を通る高速道路を地中に通す計画<で、>・・・たった1キロを地下化するのに20年!? 中国ネットが驚きと嘆息・・・」
http://news.searchina.net/id/1660009?page=1
 <小せえ、小せえ。↓>
 「新幹線の台車亀裂問題、最大の受益者は「中国」だ・・・中国メディアの快資訊・・・」
http://news.searchina.net/id/1659951?page=1
 <さあ、どうなりますか・・。↓>
 「・・・中国メディアの海疆論壇・・・記事は、シンガポールとマレーシアを結ぶ高速鉄道は「マレーシア単独ですべてを決められるわけではない」としたほか、マレーシアにとって中国は最大の貿易相手国であり、ナジブ前首相が中国企業と行ってきたことをマハティール氏がすべてひっくり返すことも不可能だと主張。マレーシアの政権交代は中国にとっては確かに「大きな変化」であるとしながらも、極端に恐れおののく必要はないと主張している。」
http://news.searchina.net/id/1659972?page=1
 <その通り。↓>
 「中国人が日本で買い物をする理由・・・中国メディアの快資訊・・・記事は、日本の製品の質が良いだけでなく、「日本人の商売が上手」だからだと指摘した。」
http://news.searchina.net/id/1659974?page=1
 <なかなかよろしい。↓>
 「中国メディアの快資訊は・・・「もし日本が沈没したら、押し寄せる日本人難民を中国は受けれるべきか否か」と疑問を投げかける記事を掲載した。
 この話題は中国のネット上で話題となっているテーマで、仮説にすぎないものの、今の中国人が日本人に対して抱いている感情を自ら問うものとなっているようだ。それで記事は「もし大量の日本人難民が中国に助けを求めて来た場合にどのような反応をすべきだろうか」と問いかけた。
 記事は、「率直なところ、多くの中国人の心の中で大きな葛藤が生じるだろう」としている。なぜなら、中国には「中華民族が伝承してきた伝統の美徳があり、心の深い部分には善良さがあるから」と分析した。過去の歴史的背景ゆえに日本を快く思っていなくとも、非常事態で助けを必要としているなら、人道的な行為として「日本人を助けるだろう」としている。
 また、中国の教育では、日本が軍国主義にあった時代に多くの侵略行為があったと教えられるが、「これは現在の日本人の思うとこではないゆえにその当時の恨みを現在に引きずってはいけない」と理性的な考え方も示した。」
http://news.searchina.net/id/1660012?page=1
———————————————————————

太田述正コラム#9845(2018.5.25)
<眞壁仁『徳川後期の学問と政治』を読む(その78)>

→非公開

政治ブログランキング政治ブログ村ランキングコメント→防衛省OB掲示板