太田述正コラム#9854(2018.5.30)
<皆さんとディスカッション(続x3723)>

<太田>(ツイッターより)

 「それでも、米朝首脳会談は開かれるだろう」(コラム#9828(2018.5.17))⇒開かれそう。
 「<日大アメフト部の学生達>が、なぜ声があげないのか、あげられないのか…お分かりでしょ。」(コラム#9848(2018.5.27))⇒無内容な声明文
https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20180529_0126/ …)。
 的中が続いても全然オモロないわ。

 関東学連、反則タックルは指示されたものと認定し、監督と井上コーチを除名、ヘッドコーチを資格剥奪、宮川選手とチームは2018年度公式試合出場資格停止とした。
https://www.daily.co.jp/general/2018/05/29/0011306018.shtml
 でもこれ、要するに虚偽弁明を行ったことに対する処分であり、監督らが宮川証言を一切否定しなかったとすれば処分するのは困難だったと思うな。
 本日の「とくダネ」によれば、宮川選手以外の選手からは、彼が反則タックル指示を受けた、と証言する者は一人も出なかったらしいが、これは、この種の異常な圧力を選手にかける監督の指導のおかげで日本一になれたことで彼らが監督を尊敬しているってことだろう。
 よくスポーツは人生そのものだといわれ、受験はそうは言われないが、私見ではどちらも人生そのものじゃない。
 どちらも、一定の短い時間、火事場のバカ力を出して他人を蹴落とさなきゃ勝者にはなれないゲームながら、そんなゲームに一切関わることなく人生を送ることもできるからだ。
 この事件、面白い。

<太田>

 宮川選手は、事実上お咎めなしだ。
 監督が語ったことがあるように、彼による3回の反則については、その都度のヤードロスと最終的な強制退場によって、彼に係る処分が終わっているからだろう。
 彼以外の選手全員に軽いお咎めがあったのは、監督・ヘッドコーチ・井上コーチの虚偽弁明の虚偽性の暴露に誰一人協力しなかったことへの共同ペナルティーだろう。
 (事後的暴露さえすりゃ、許される、との暗黙の了解が双方間に存在?)↓

 「・・・宮川泰介選手には“条件付き”の2018年度シーズン終了(19年3月31日)までの「公式試合の資格出場停止」とすることが決まったと発表した。
 “条件”は以下の3点。(1)本件につき反省文にまとめて当連盟に提出すること(2)規律委員会との面談で再発の危険が払しょくされたことが確認されること(3)関東学連理事会での承認。このすべてがクリアとなると「出場資格停止」処分が解除されるとしている。・・・
  チームについても出場資格停止処分が解除される条件が決められている。(1)チームとして本件の原因究明を行い、それを踏まえて実効性のある再発防止作を策定・実施し、抜本的なチーム改革・組織改革を断行(2)その内容をチーム改善報告書として関東学連に提出(3)十分な改善がなされたことが検証委員会で確認され学連で、さらに学連理事会で承認されると出場資格停止は解除されるとされた。・・・」
https://www.msn.com/ja-jp/sports/news/%E6%97%A5%E5%A4%A7%E3%83%BB%E5%AE%AE%E5%B7%9D%E9%81%B8%E6%89%8B-%E9%96%A2%E6%9D%B1%E5%AD%A6%E9%80%A3%E3%80%8C%E5%BE%A9%E5%B8%B0%E3%81%AE%E5%8F%AF%E8%83%BD%E6%80%A7%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%8D%E2%80%9C%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E4%BB%98%E3%81%8D%E2%80%9D%E5%87%BA%E5%A0%B4%E5%81%9C%E6%AD%A2%E5%87%A6%E5%88%86%E3%81%AB/ar-AAxYvzN

私が本件について、このところ主張していることを理解するためにもぜひ読んで欲しい。↓
 
 <カネがからまなきゃ、and/or、制度化してなきゃ、お咎めなしってこと。↓>
 「・・・2009年のスーパーボウル覇者・セインツが危険タックルを奨励し、相手選手にけがを負わせたら、報奨金を支払っていたことが12年に判明した。DFコーチが指示し、相手が失神すると1500ドル(約12万円)、担架で運ばれると1000ドル(約8万円)などとけがの程度に応じて、金額が決められていた。・・・
 このときHFLは当該コーチに1年間の謹慎、チームに約4000万円の罰金を科している。・・・」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201805/CK2018053002000129.html

 その他の関連TV報道・記事だが、多過ぎるので、ほんの一部の一部だけ紹介しよう。↓
 <ノーコメント。↓>
 「日大アメフット処分…関東学連、バランス感覚に優れ理性的な判断・・・」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000024-dal-spo
 <内田監督の判断は正しい。しかし、監督が優しく、宮川選手を切り捨てられなかったのが「悲劇」を生んだってこと。↓>
 「・・・反則を犯した宮川選手に対し、指導者側の圧力が強まる“きっかけ”がQBをタックルできなかったプレーであることが判明。関東学連の森本啓司専務理事は「あるプレーでQBをタックルをできなかった理由で、練習をはずされた。(内田前監督が)『当該選手はやる気があるかないかわからない、そんな選手は出さない』と発言があった」と説明した。・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/14787176/
 <学生日本一になれたんだから、通じるのは明らか。↓>
 「追い込み指導、限界 「この時代には、もう通じない・・・
 <そんな方法はないさ。「主体的に・・・自分を追い込ませる」ことができる人間だけでチームが組めりゃいいワケだが、そうもいかないのが悩ましいのよね。↓>
 主体的に本人に自分を追い込ませるなど柔軟な対応が求められる・・・」
http://www.sankei.com/affairs/news/180529/afr1805290025-n1.html

<ImQrMn3E>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 「森友4000枚文書黒塗り剥がすと、稲田元防衛相の夫や二階幹事長の名前 財務省痛恨のミス・・・」
https://dot.asahi.com/wa/2018052900034.html

 わざとやろなあ。

⇒加計もそうやろな。↓
 「加計学園が“アポなし” 説明したいと愛媛県を訪問・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/14786238/
 <郷原ヤメ検、またも正論。↓>
 「加計学園「自治体騙し」自認文書で、「安倍政権側ストーリー」崩壊の危険・・・」
http://blogos.com/article/300613/ (太田)

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 タダでの棋譜の画面付きリアルタイム紹介はこのサイトだけだというのに、とにかく、名人戦の観戦者の少なさは衝撃的(1300人余)。
 藤井七段ブームはあってもプロ将棋そのものは、もう終わっている?↓
https://www.youtube.com/watch?v=diBxnUt2pts
 と、書いてる最中に、このサイト↑が、ついに、15:00頃、著作権侵害で削除された。
 劇的だったねえ。
 それにしても、削除要求がドワンゴからだったっちゅうのがどうしてなのかよく分からなかったけど・・。

 人間って、いや、生きることって、神秘だねえ。↓

 「04年岡山女児殺害–39歳 少女への執着 被害多数・・・」
https://mainichi.jp/articles/20180530/k00/00m/040/114000c

 そりゃそうなんだろうな。↓

 「以前は安静が常識だけど…心不全患者も運動を 専門家の指導で安全に・・・」
http://www.sankei.com/life/news/180529/lif1805290012-n1.html

 こちらは驚いた。↓

 「夢を思い出すにはビタミンB6が有効だった:研究結果・・・」
http://www.sankei.com/wired/news/180523/wir1805230001-n1.html

 米国から、韓国は蚊帳の外に置く宣言。
 (米側としても、北朝鮮との、世間に知られちゃはずかしーい合意を目指してるからねえ。)↓

 「米国が韓国に要請「非核化問題に深入りするな」・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/29/2018052900888.html
 <言われたい放題だねえ。↓>
 「北朝鮮メディア 韓日軍事情報協定の破棄要求・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/29/2018052902680.html

 習ちゃんは習ちゃんで、属国支援に大わらわ。↓

 「北朝鮮船「瀬取り」の疑い 中国船か 自衛隊機が確認 ・・・」
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e5%8c%97%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e8%88%b9%e3%80%8c%e7%80%ac%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%80%8d%e3%81%ae%e7%96%91%e3%81%84-%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e8%88%b9%e3%81%8b-%e8%87%aa%e8%a1%9b%e9%9a%8a%e6%a9%9f%e3%81%8c%e7%a2%ba%e8%aa%8d/ar-AAxXKLI?ocid=iehp
 N.Korean Ships Spotted Smuggling Oil from East China Sea・・・
http://english.chosun.com/site/data/html_dir/2018/05/30/2018053000988.html

 「敵性」露人また暗殺。懲りないプーチン。↓

 Russian journalist and Kremlin critic Arkady Babchenko shot dead in Kiev・・・https://www.theguardian.com/world/2018/may/29/russian-journalist-arkady-babchenko-shot-dead-in-kiev

下品な言葉遣いは、そろそろ、止めなくっちゃダメよ。↓

 「独島:日本の「歪曲前進基地」、隠岐に行ってみた–独島から157キロ離れた日本の領土…かつては違法操業漁船の出発地–「竹島 かえれ島と海」 大型看板から歴史館・石碑まで作って捏造・宣伝・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/30/2018053000943.html

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <開かれた人民網。↓>
 「人民網日本語版 ニュース翻訳者・編集者の募集・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0529/c94475-9465440.html
 <その人民網による、日中交流人士モノ。↓>
 「「風を追いかけて」重慶にやって来た風工学の専門家・田村幸雄教授・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0529/c94473-9465167.html
 <ここからは、サーチナより。
 適切な忠告だ。↓>
 「日本のお刺身がおいしかったからと言って、くれぐれも中国に帰ってマネしてはいけない!・・・中国メディア・東方網・・・」
http://news.searchina.net/id/1660200?page=1
 <定番化しつつある話題だが・・。↓>
 「・・・中国メディアの捜狐は・・・日本の引っ越し業者に関する記事を掲載した。「感心しないわけにはいかない」と称賛している。
 記事は、日本では引っ越し業者が非常に盛況で、専門の大きな会社があると紹介。世界一流のサービスを提供しており、質の高さは「変態の域に達している」と独特の表現で伝えた。
 次いで、簡単に日本の一般的な引っ越し業者の仕事を紹介した。まず、引っ越し希望者が業者に電話すると、業者が下見に訪れる。荷物の量と種類を確認し、プランの相談をして費用と引っ越しの日時を決める。
 後日、業者から段ボールとガムテープが送られてくるので客は自分で梱包をしておき、当日は業者がてきぱきと室内・室外の養生、大きな家具の梱包、運搬をしてくれると感心している。そのうえ、一旦引っ越し前の家に戻って掃除までしてくれるサービスや、単身者が利用する場合では作業員の性別を選べることや、盗聴器の有無を調べてくれるサービスもあるとも紹介している。さらには、ご近所へのあいさつ品まで用意してくれることもあるという。まさに至れり尽くせりだ。
 これというのも、日本では引っ越し業は競争が激しく、他とは異なるサービスで差別化を図る狙いもあるのだろう。記事は、日本では予算さえ十分あれば引っ越しも楽にできると紹介している」
http://news.searchina.net/id/1660207?page=1
 <日本へ行けキャンペーンもここまで来た。↓>
 「中国メディア・騰訊網は・・・日本のネットカフェを実際に見て、その設備の充実ぶりから何日も寝泊りする人がいることに納得したとする記事を掲載した。
 記事は「日本には、多くの人がネットカフェに泊まり込むという現象がある。われわれの印象では、ネットカフェはパソコンとイスがずらりと並んでいて、非常に雑然としているといった感じだ。徹夜をする人はいるが、何日も泊まり込むというのはあまり現実的ではない。しかし、日本のネットカフェは、神のような存在なのである」とした。
 そのうえで、「日本のネットカフェの多くは、完全に密閉された個室であり、ネットをする空間以外に客が睡眠をとる場所も存在する。個室は3平方メートルぐらいで、柔らかいマットが敷かれているので、疲れたら寝ることができるのだ。また、2人部屋や多人数部屋もあり、大勢で楽しむこともできる。公共スペースには、シャワーや洗濯機までありさえするのだ」と紹介している。
 さらに、漫画や雑誌が見放題であるほか、湯沸かしポットや電子レンジなど家庭用の家電製品が一通り揃っていると説明。ポストまで存在するネットカフェもあり、もうほとんどマンション状態であるとした。また、一部のネットカフェではセキュリティ面も充実しており、女性専用のフロアも用意されていると伝えた。
 記事は、「このようなネットカフェはめちゃくちゃ高いと思うかもしれない。しかし、日本の物価から考えると非常にリーズナブルなのだ。日本の宿泊代は高いので、日本旅行でお金を節約したいのであれば、ネットカフェで一夜を明かしてみてはどうだろうか。ただし、全てのネットカフェがこのような素晴らしい設備を持っているわけではないし、セキュリティ体制もまちまちだ。大切なのは、安全面で信頼できそうな店を選ぶことだ」としている。」
http://news.searchina.net/id/1660209?page=1
 <同じく。↓>
 「中国メディア・東方網は・・・「これが、私が日本を好きな30の理由だ」とする記事を掲載した。
 最初の10個は「環境が良く、空気がキレイ」、「路面が非常に清潔で、白い靴を履いていても簡単には汚れない」、「礼儀正しく秩序があり、自覚をもって列に並ぶ」、「コンビニがありとあらゆるサービスを提供している」、「トイレが無料なのに清潔で、ペーパーまで備え付けられている」、「寺社仏閣が多く、無料で参拝することができる」、「自動車が人に譲る」、「日本人は外でケンカすることが少なく、穏やか」、「街頭でティシュペーパーを配っている」とした。
 続いての10個は、「非常に多くのファッションスタイルがある」、「ズボンのポケットに財布を入れていても盗まれる心配がない」、「財布を落としても、高い確率で戻ってくる」、「化粧品が廉価でとても使いやすいうえ、安心」、「中国から近いので、子どもや高齢者でも安心」、「ショッピングセンターの子ども向けトイレの充実ぶりがすごい」、「寺社を含め、自由に撮影できる場所が多い」、「以前に比べてビザが取りやすくなった」、「短期滞在であれば、消費税の免税優遇が受けられる」、「銀聯カードが使えるうえ、割引サービスが得られる」となっている。
 そして、最後の10個は「おいしいものがたくさんある」、「何の憂慮もなくフグを食べることができる」、「無人の野菜販売所がたくさんあり、みんなちゃんとお金を入れていく」、「電車の時刻表が分単位で記載されている」、「電車やバスで、で車いすなど介助が必要な場合、事前に知らせておけばスムーズに利用できるよう準備をしてくれる」、「終電が中国より遅い」、「和服を着ることができる」、「海賊版やニセ札が少ない」、「年間を通して若い女性の生足を見ることができる」といった内容を挙げた。」
http://news.searchina.net/id/1660236?page=1
 <これもやん。↓>
 「あまり知られてないが・・・日本の「もつ鍋」は最高! すっかりハマってしまった・・・中国メディア・東方網・・・」
http://news.searchina.net/id/1660300?page=1
 <これまた、ほぼ同じく。↓>
 「中国メディア・騰訊網は・・・「どうして日本の中古ショップでの買い物を好む人がいるのか」とし、日本の中古ショップが中国人にとって魅力的な理由を紹介する記事を掲載した。
 記事は、「日本語の『中古』とは、セカンドハンドを意味する。中古品の売買は日本ではとても流行していて、どの街にもたくさんの中古ショップが存在する。その種類は、中古車、中古服、中古バッグ、中古靴など様々だ。そして、現在では多くのEC業者が日本の中古品を取り扱い始めており、日本の大手中古ショップも中国企業と提携している」と紹介した。
 そのうえで、「いつの間にやら身の回りの知人友人の間で日本の中古品を購入するのが流行りだしていた。しかし、どうして彼らは新しい物を買わないのか。中古品は清潔ではないと感じないのだろうか」と疑問を提起し、日本の中古ショップの特徴について解説している。
 まず、「日本人は信用を重んじており、ニセモノを販売すれば法律で厳しく罰せられる。それゆえ日本の中古ショップにニセモノはほとんど存在せず、しかも、各ショップには専門の鑑定師が控えているのである」とした。また、日本でブランド品文化が発展してすでに長い時間が経過していることから、ブランド品の中古ショップでは様々なブランドの様々な商品を手に入れることができるというポイントにも言及した。
 さらに、「中古というとキズ物というイメージを真っ先に持つかもしれないが、日本の中古は違う。大多数は8、9割がたの新しさをキープしており、中には新品同様のものもある」としたほか、ブランド品以外にも本や電子製品を取り扱う中古ショップもあることを伝えている。」
http://news.searchina.net/id/1660279?page=1
 <かなりの部分は定番だが・・。↓>
 「 中国メディアの快資訊は・・・日本を旅行で訪れたと思われる中国人の見解として、「大雨が降った後だというのに、日本の街中を走る車はどれも非常にきれいで、泥だらけになっている車は一切見られなかった」と伝えている。
 記事は、中国人にとって「洗車後に雨が降るのは気分が悪いこと」だと伝え、せっかく洗車してきれいになっても、雨が降った後に車を走らせると「泥だらけ」になってしまうと指摘。
 中国では都市部でも脇道のなかには未舗装の道路があったり、道路の排水がうまくいかずに大きな水溜りができていたりする場所も少なくないが、「日本では道路のほとんどが舗装されていて、汚水が溜まっている場所や泥水が流れ込むような場所はほとんどない」と伝え、「それゆえ日本では雨の後に車に乗っても、車が汚れることはないのだ」と伝えた。
 また、中国は大気汚染によって大気中に微小な物質が数多く含まれるほか、黄砂などの影響もあって、道路も埃っぽい。それゆえ、雨が降ると、やはり舗装された道路でも車に汚れが付着する原因となるのだが、記事は「日本は大気汚染も少なく、建設工事の現場でも防塵対策が行われている」と紹介し、路面に水溜りがなく、排水もしっかりと行われているため、「日本では雨が降っても、汚れることを懸念せずに車や自転車に乗ることができるのだ」と伝えている。」
http://news.searchina.net/id/1660261?page=1
 <定番。↓>
 「凄まじい臭いを発する中国の河川、それに比べて日本の環境はすばらしい・・・中国メディアの快資訊・・・」
http://news.searchina.net/id/1660219?page=1
 <これもだ。↓>
 「中国とは違う! 日本の農村は「農村と都市がちょうど良く融合している」・・・中国メディアの快資訊・・・」
http://news.searchina.net/id/1660265
 <これもまたそうだ。↓>
 「日本の幼稚園のココがすごい! 中国と違うこととは?・・・中国メディアの捜狐・・・」
http://news.searchina.net/id/1660303?page=1
 <説明が隔靴掻痒だが・・。↓>
 「日本で長年暮らしているが、「公衆の面前で喧嘩をしている日本人を見たことがない」・・・中国メディアの快資訊・・・」
http://news.searchina.net/id/1660259?page=1
 <初めて聞いた。↓>
 「・・・今日頭条は・・・60歳過ぎの日本人ベテランエンジニアが、11年かけて巨大なカブトムシメカを作りあげたことを紹介する記事を掲載した。
 記事は、「実際、最も遊び上手なのは子どもではなく、あれこれ動き回ることが好きな年配の『男の子』なのかもしれない。彼らは実際の行動をもって、世界に『童心に帰ることこそ最高の良薬である』ことを告げているのだ」としたうえで、60歳過ぎの日本人エンジニアが自らの趣味から11年の時間をかけて「超人アニメのモンスターみたいに巨大」なカブトムシメカを作ってしまったと紹介した。
 そして、「この巨大メカをみて、胸が熱くなりはしないか。そうだ、その原型はわれわれが小さい頃に追い掛け回したカブトムシなのである。もっとも、われわれが夢中になったカブトムシに比べるとはるかに巨大で、体長11メートル、重さ17トン、ディーゼルエンジンで動くというスペックではあるのだが」としている。
 また、その性能について「リモコンもしくは内部のコクピットから操縦が可能で、6本の脚により低速で爬行することができる。しかも、腹部のタイヤを使うと、自動車のように速く走ることもできるのだ。さらに、LEDのヘッドライトを取り付けたり、ツノの根元からはスモークを噴射することもできるのだ」と説明した。
 記事は「このような『カブトムシメカ』の登場は、物を作ることに対する姿勢とともに、日本社会におけるメカに対する豊かな想像力を示すものである。そして、カッコいい外形は多くの愛好者を引き付けるのだ。将来、人工知能を搭載したロボットとともに、このようなスマートなメカがどんどん出てくるかもしれない」と伝えている。」
http://news.searchina.net/id/1660262?page=1
 <ま、そんなところかな。↓>
 「・・・中国メディアの快資訊はこのほど、米国のQ&AサイトであるQuoraに対して韓国人が投稿したという質問と、寄せられた意見を紹介する記事を掲載した。
 その質問とは、「日本と韓国は同程度に発展した国なのに、中国人が日本だけ敬服するのはなぜか」というものだ。この質問に対し、中国人ネットユーザーからはどのような意見が寄せられたのだろうか。
 ある中国人は、「日本は経済的に発展を遂げても礼儀正しく謙虚で、独自の風格を終始保ってきたが、韓国人は経済成長を遂げた後、優越感や高慢な態度を示すようになった」と主張した。また、別の意見も日本と韓国の気質の違いを指摘し、「日本人は公共の場所で静かさを保ち礼儀正しいが、韓国人は中国人と同じく騒がしい」とし、韓国を見下しているのではなく、日本の文化や社会倫理のほうが好感を感じるのだと主張した。
 他には歴史的背景ゆえに中国人は日本人に好意を持てないが、「心のどこかで日本人を尊重している」という。なぜなら、日本はアジア各国の理想的なモデルと見られ、仕事への取り組み方や環境保護、価値観を追求する姿といった点で尊敬に値するからとした。しかし、韓国は独自のものを持たず「文化は中国を模倣し、経済は日本を模倣した」と主張する意見もあったと紹介した。」
http://news.searchina.net/id/1660289
———————————————————————-

太田述正コラム#9855(2018.5.30)
<眞壁仁『徳川後期の学問と政治』を読む(その83)>

→非公開

政治ブログランキング政治ブログ村ランキングコメント→防衛省OB掲示板