太田述正コラム#9970(2018.7.27)
<皆さんとディスカッション(続x3781)>

<太田>(ツイッターより)

 「また幹部逮捕…川端容疑者は、…旧科学技術庁に入庁。…文科省の局長級のポストにあたる国際統括官…」
http://news.livedoor.com/article/detail/15067847/
 2001年に科学技術庁が文部省に吸収され文科省が発足した後、旧科技庁キャリア達が旧文部省キャリア達に汚染され、超有害物質化したか?
 大臣を含め、首脳陣総入れ替えだ。

<太田>

 関連記事だ。

 佐野太も川端和明も、やったことは古典的収賄だなあ。
 そう言えば、旧科技庁キャリアならぬ、旧文部省キャリアがやったのも古典的天下りだったが・・。
 古典落語じゃあるまいし・・。↓

 「・・・JAXAはホームページに「宇宙飛行士の講演依頼は大変難しい」と記載している。約半年前には講演依頼の受け付けを締め切り、審査した上で派遣の可否を決める。
 特捜部は講演を実現するために、川端容疑者が有利な扱いをした可能性があるとみている。・・・」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33467990W8A720C1CR8000/
 「東京医大で宇宙飛行士講演「どうやって呼んだ」・・・」
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180727-OYT1T50037.html?from=ytop_top
 「文科省汚職:前統括官、銀座の高級クラブなど数十回接待・・・一緒にオペラ鑑賞もしていた・・・」
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e6%96%87%e7%a7%91%e7%9c%81%e6%b1%9a%e8%81%b7%e5%89%8d%e7%b5%b1%e6%8b%ac%e5%ae%98%e3%80%81%e9%8a%80%e5%ba%a7%e3%81%ae%e9%ab%98%e7%b4%9a%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96%e3%81%aa%e3%81%a9%e6%95%b0%e5%8d%81%e5%9b%9e%e6%8e%a5%e5%be%85/ar-BBL778f?ocid=iehp
 「東京地検がJAXAを捜索 文科省出向幹部汚職事件で・・・」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180727/k10011551111000.html

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 英語媒体での「誤報」を巡る愉快なオハナシ。↓

 A Japanese city has been forced to clarify it is not in fact recruiting ninjas, following reports that it was facing a shortage of skilled assassins.・・・
https://www.bbc.com/news/world-asia-44964020

 ウー、よー分からん。↓

 「世界的に流行のダウンサイジングターボが日本車に少ないワケ・・・」
https://mainichi.jp/articles/20180727/ctp/00m/020/000000c

 こいつは、いいかも。↓

 「音に包まれる新感覚が気持ちいい首掛けスピーカー・・・」
http://www.asahi.com/and_bazaar/articles/SDI2018060197701.html?iref=comtop_list_andbazaar_n03

 要するに人間主義のメリットなんであるね。↓

 Why Having Sex Makes You Feel Better The Next Day, According to Science・・・
http://time.com/5344495/health-emotional-benefits-sex/

 トランプや安倍チャンを褒めてるかのような記事は止めてよ。↓

 「経済成長を加速させる米日、鈍化させる韓国・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/27/2018072700966.html
 <ワシントンポストもこう言っておられるだ。↓>
 The economy’s great. That doesn’t mean Trumponomics is.・・・
https://www.washingtonpost.com/opinions/the-economys-great-that-doesnt-mean-trumponomics-is/2018/07/26/2327dd6e-910c-11e8-bcd5-9d911c784c38_story.html?utm_term=.2380acce8ff0

 北朝鮮は、核保有の恒久化を目指し、着々。↓

 N.Korean Propaganda Machine Stresses Importance of Nukes・・・
http://english.chosun.com/site/data/html_dir/2018/07/26/2018072601145.html

 ワシントンポストが、大量に米・EU交渉関係記事を・・。↓

 <結局は、オバマ政権の時の方向の踏襲。
 (私は、前から、対日韓や対NFTAや対EU貿易戦争は、中共を蹴落とすための煙幕だろ、と言ってたよね。(太田))↓>
 ・・・Trump’s agreement this week with the European Union and a renegotiation earlier this year of a trade deal with South Korea bear similarities to deals that were in place or being negotiated before Trump took office・・・
 There does seem to be a lot of similarity in what Trump wants to achieve and what the TTIP tried to accomplish・・・
https://www.washingtonpost.com/business/economy/in-tentative-deal-with-eu-trump-touts-parts-of-global-trade-deals-he-once-rejected/2018/07/26/92b066e8-910b-11e8-8322-b5482bf5e0f5_story.html?utm_term=.40126d5fe5e6
 <ワシントンポストは、社説で、米国内諸産業の貿易戦争回避の声がトランプを動かした、と。(ウソだよ。(太田))↓>
https://www.washingtonpost.com/opinions/the-big-lesson-from-trumps-truce-on-trade-pushback-works/2018/07/26/c5b6ced8-9034-11e8-bcd5-9d911c784c38_story.html?utm_term=.be07c0a397e5
 <EU側が半信半疑なのも無理はないが、いずれにせよ、そんなに心配はいらないぜ。↓>
 Europeans are skeptical of trade truce with Trump・・・
https://www.washingtonpost.com/
 <いや、それどころか、トランプ、ひょっとして、オバマ政権の上を行く、完全自由貿易体制を志向しているのでは、とさ。(そりゃ、ちゃうでー。(太田))↓>
 Trump is using tariffs to advance a radical free-trade agenda・・・
https://www.washingtonpost.com/opinions/trump-may-end-up-being-one-of-the-greatest-free-trade-presidents-in-history/2018/07/26/6eb6e65e-90fc-11e8-8322-b5482bf5e0f5_story.html?utm_term=.357f9903257a

 単に、パワーを失ったロシアが、依然、影響力があるような印象を振りまくのに余念がないってだけだろ。↓

 Putin・・・’s goal isn’t to steal secrets but to destabilize America’s political system. ・・・
https://www.washingtonpost.com/opinions/this-is-not-your-grandfathers-kgb/2018/07/26/f8775c04-9118-11e8-b769-e3fff17f0689_story.html?utm_term=.d9e2fcf2e87f

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <人民網より。
 井戸堀った人モノ。↓>
 「岡崎嘉平太特別展、駐日中国大使らが出席・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0725/c94473-9484749.html
 <中共で、競い合う、日本文化とアングロサクソン文化。↓>
 「ディズニーアニメや日本アニメをテーマとした特別展が北京で初開催・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0725/c94473-9484553.html
 <これもや。↓>
 「安徽の田んぼに「ペッパピッグ」や「ハローキティ」が登場・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0726/c94475-9484989.html
 <いささか、冷遇だな、と思ったら・・。↓>
 「栗戦書氏が日本の衆院議長と会談・・・」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0726/c94474-9485008.html
 <既に、首相に会っていた。↓>
 「李克強総理が日本の衆院議長と会談・・・
http://j.people.com.cn/n3/2018/0725/c94474-9484555.html
 <日本を見倣う姿勢の本気度が尋常じゃないアルね。↓> 
 「・・・<日本の>「下流老人」の問題は高齢者だけの問題ではなく、国民全体が関係する切実な問題なのだ。もし、その問題を重視しなければ、親と子の二世代が共倒れになる危険があるほか、高齢者に敬意を示す伝統的な観念、ひいては命を尊重する価値観さえもが崩れ去ってしまう可能性がある。そうなると、主流消費グループの消費意欲が低下することにつながり、社会・経済の発展にも悪影響が及び、少子化が加速する主な原因となってしまう。
 日本では今、「自立できないのは恥ずかしいこと」という固定観念を捨て、社会保障の本当の意味や援助を申請するための基本知識を正しく理解し、さらに、自分の財産計画をしっかり立て、開放的な気持ちで積極的に社会活動に参加し、社会活動を通して多くの人とのつながりを作るというのが、定年後の貧しさに対処する効果的な方法であるということを理解できるよう高齢者をサポートする民間・社会組織が増えている。
 岡崎嘉平太特別展、駐日中国大使らが出席人生はいつか終わるものであるものの、若くて力がある間に一生懸命働き、退職してから最後まで人並みの生活ができるよう蓄えを作っておく必要がある。」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0726/c94475-9484932.html
 <ここからは、サーチナより。
 これもやー。↓>
 「中国メディア・東方網は・・・中国ではハイエンドなディスプレイの生産で急速に発展を遂げている一方で、依然として日本の存在なしには生産することができないとする記事を掲載した。
 記事は「・・・中国は、もはやハイエンドディスプレイ分野において誰からの制約も受けないと思う人もいるようだ。しかし、実際の生産過程において重要な設備の一部は、なおも輸入に頼る必要があるのだ」とした。
 そして、国産化できずに輸入に依存している設備の例として、真空蒸着機を挙げている。「表面的には日本のディスプレイ技術は落ちぶれたように見えるのだが、生産に必要なハイエンドの真空蒸着機はなおも独占状態にあるのだ。蒸着はOLEDの製造工程のカギであり、有機発光材料を均一にガラス基板に蒸着させる必要がある。有機材料は酸素や水の影響を受けやすいうえ、容易に汚染も起こることからその工程は非常に複雑であり、真空蒸着機がなければできないのだ」と説明している。
 記事はまた、この真空蒸着機の製造技術を把握しているのが日本の「農村」にある企業だと紹介。非常に小さい誤差で有機発光材料を蒸着させる技術を持つのは全世界でこの企業だけであるとした。一方でこの真空蒸着機は年間に10台程度しか出荷されないと説明、「中国企業はお金の問題で買えないことはない。しかし、今欲しいと思っても、先約が数多く入っていて最低2年は待たなければならないのだ」と伝えた。
 そのうえで、「各業界の発展には、その他の関連業界のサポートを必要とすることがある。ある業界でブレイクスルーを果たしても、関連業界でも同様に課題を克服しなければならないのだ。ゆえに、われわれは自らの進歩を誇大化することなく、さらに様々な分野で革新をお起こす必要がある」と結んでいる。」
http://news.searchina.net/id/1664084?page=1
 <はい、最後の一分以外は、大変よくまとめましたー。↓>
 「・・・中国メディアの快資訊はこのほど、多くの中国人にとっては日本という言葉を目にしたり、耳にしたりするだけで過去の戦争を連想し、不愉快になってしまうため、日本を正しく理解できていない人が多いと伝える一方、日本で7年にわたって生活した経験を持つという元留学生の見解としての日本の姿を紹介している。
 記事はまず、日本人の国民性について中国の成語である「己の欲せざる所は人に施すことなかれ」という言葉を用いて表現し、「日本人は他人に迷惑をかけないことを暗黙の了解として生きており、それゆえ社会には秩序がある」と紹介。日本人は相手がどのような人であろうと、礼節をもって接し、ルールを守って行動すると指摘し、こうした国民性だからこそ、日本を旅行で訪れた中国人旅行客は日本のサービスや日本人の親切さが特別印象に残るのだと論じた。
 さらに、日本社会は「平等」だと伝え、経済発展と同時に貧富の格差が拡大し続けている中国に比べると「日本は大多数の人が中流層にあたり、格差は小さい」と紹介。また、日本の子どもたちは中国のように勉強の圧力にさらされてはいないとし、スポーツに取り組んだり、習い事に熱中したりと、のびのびと生活していたのが印象的だったと伝えた。
 また記事は、京都など歴史ある都市では経済活動のために街の景観を破壊したりはせず、やはりルールと道徳のもとで商業活動を行なっていると伝え、こうした点からも日本人の責任感やルールの遵守精神が見て取れると指摘。多くの中国人は過去の戦争を理由に「日本は今も軍国主義がはびこっている」と考えがちだが、こうした考えは誤解であり、大多数の日本人は友好的だと伝えている。」
http://news.searchina.net/id/1664034?page=1
 <上の記事と同じく、そろそろ、戦争の時のこと、あげつらうのは止めなさい!↓>
 「・・・中国メディアの快資訊は・・・日本に定住している中国人が非常に多い理由に関する記事を掲載した。
 記事はまず、日本が中国人の好きな国外旅行先の1つになっていると指摘。最近の日中関係は比較的安定しており、日本製品の質が良いためにショッピングも日本旅行の目的の1つとなっている。記事は、それは否定しないが「定住するとなると話は別」だと指摘している。
 反日また愛国主義育を受けている中国人にとっては、多くの中国人が日本で定住しているという事実は、なかなか受け入れられないことなのだろう。では、なぜこれほど多くの中国人が日本に定住しているのだろうか。記事は、必ずしも彼らが皆好き好んで日本に定住しているわけではないと強調。留学生のために一時的に定住している人や、定住先として欧米を希望していたものの、ビザが取れず仕方なく日本に流れる人も増えているという。さらには稼ぐために先進国である日本に渡る人もいるとしている。
 しかし一部には、日本の生活が心地良くて好きなために日本に定住する人もいるとも指摘。整備されたインフラ、高い生活水準、清潔さ、日本人の礼儀正しさなどが魅力になっているのだろうと推測しているが、やはり賛同はできないと主張している。」
http://news.searchina.net/id/1664116?page=1
 <いずれにせよ、人間主義継受、まだまだやねー。↓>
 「中国メディア・東方網・・・記事は、「先日放送された台湾のリアリティ番組で、3組のスター夫婦がリアルな夫婦生活を披露した。結婚して日が浅い江宏傑・福原愛夫妻はまるでアイドルが出演するドラマのような甘い夫婦生活を見せ、多くの人を羨ましがらせた」と紹介した。番組では、福原と江が何度もキスをする様子が収められている・・・
 この番組の動画が日本のネット上で紹介されると、台湾や中国大陸の反応とは異なり、多くの日本のネットユーザーが嫌悪感を示したと説明。「小さいころから成長を見てきた福原愛のこんな様子を見たくない」といった感想が寄せられたとし、「地域によって、結婚に対する価値観や考え方が異なるようだ」と伝えている。
 中国のネットユーザーは、「とてもかわいらしい2人ではないか」、「この動画を見たけど、本当に甘くていいなと思う」など、2人のアツアツぶりを肯定的に捉える感想を残している。日本のネット上での反応については「日本人はもっと過激で直接的な内容を好むのかもしれない」、「変態的な番組を作る民族がそんなことを言う道理がどこにあるのか」との意見が寄せられた。また、「言ってしまえば、他人のラブラブっぷりに嫉妬しているのだ」とするユーザーもいた。
 一方で、「2人はちょっとやり過ぎだと思った」、「確かに見ていて痛い」という感想も。中国のネットユーザーの中にも、日本の一部ネット民と同じような感想を持った人がいたようだ。」
http://news.searchina.net/id/1664088?page=1
 <使いまわし記事かと思ったが、意外に新材料も。↓>
 「・・・中国メディアの百度は・・・この理由についてインド市場の特殊性が関係しているとする記事を掲載した。
 中国が受注を逃したことで、中国国内では不満の声や負け惜しみ的な意見が多く聞かれた。記事は、日本が破格の条件を出して中国人の手から高速鉄道計画を「奪った」としつつも、「多くの中国人は残念がっていない」と主張。むしろ、これから「喜劇のようなことが始まるのを知っている」のだという。
 では、どんな「喜劇のようなこと」が起きるのだろうか。記事は、日本が受注獲得後もずっと苦労続きであり、それはこれからも変わらないということのようだ。日印間では2023年開業で合意していたにもかかわらず、インド側が2022年8月開業を目指す方針を明らかにした経緯がある。理由は、「22年がインド独立75年の節目に当たる」という全く勝手な理由であり、日本には相談もなかったと主張した。
 さらに、インドは日本製の車両ではなくインド製を使いたいと言っているほか、土地の収用もここにきて多くの住民が反対しており、実際難航続きであると言えるだろう。記事は、インドというのは不可思議で複雑で進出するのは難しい市場だと分析。本来は民族も言葉も多様な国であるのに、英国が無理やり1つにまとめてしまった歴史があるからだと指摘している。
 ・・・それで記事は、「中国が結果的に高速鉄道計画に足を踏み入れなくて良かった」と締めくくっている」
http://news.searchina.net/id/1664046?page=1
 <同じく。↓>
 「・・・中国メディアの快資訊はこのほど、日本と中国では同じ寝台列車でも圧倒的な違いがあると伝え、「日本の寝台列車はまるで旅館のように快適なのに、中国の寝台列車は何か臭い」と伝えている。・・・」
http://news.searchina.net/id/1664101?page=1
 <過去を捨て去る点じゃ、朝鮮半島の方が徹底してる・・二度日本文明を捨て去った・・から、そう卑下することもないよ。↓>
 「・・・中国メディア快資訊は・・・「韓国や日本、ベトナムには世界文化遺産の認定を受けている中国発祥の文化があるのに、なぜ中国は認定を受けられないのか」と悔しさをあらわにする記事を掲載した。
 中国には非常に多くの世界遺産が存在するが、記事は中国で生まれた宮廷音楽である「雅楽」を例に挙げ、「中国で生まれて発展した後、韓国、日本、ベトナムに伝わっていった文化である」と主張。中国の雅楽の歴史は古く、中華民族に深い影響を及ぼしてきた音楽であると同時に、古代の政治にも関係する非常に重要な存在だと訴えた。
 しかし、残念なことに清朝が滅亡した後、宮廷で執り行われてきた祭儀も共に消滅し、皇帝から特別な待遇を受けて来た楽団も無くなったため「継承する者がいなくなってしまった」と嘆いた。
 一方で韓国に伝わった雅楽は独自の進化をとげ、2001年に国連により世界文化遺産に登録された。続いて、2003年にはベトナムの雅楽が認定を受け、2007年には日本の雅楽もユネスコ無形文化遺産に登録された。
 それぞれの国で独自に昇華した雅楽はそれぞれの国で継承されていることを認めつつも、「もともとは中国から伝えられた文化である」という事に悔しさをにじませた。さらに中国が文化遺産の登録をしたくても、「全てが消滅してしまっており、復興させようがない」のも非常に残念なことだと論じた。」
http://news.searchina.net/id/1664053?page=1
 <その韓国が、朝鮮日報だけじゃなく、日本に回帰中。↓>
 「韓国観光業界が脱中国依存へ、頼みの綱は・・・日本人・・・中国メディア・環球網・・・」
http://news.searchina.net/id/1664109?page=1
 <客観記事だが、どこの記事?↓>
 「・・・「日本の暑さは、経験したことのない人には想像できないものだ」と説明。遼寧省瀋陽市などに代表される中国北部では夏の炎天下に外出すると「体が焼ける」ような感覚になるのに対し、東京では集合住宅の2階から階段を下りて1階にあるコンビニでコーラを購入して部屋に戻るわずか3分間で、Tシャツがびっしょり濡れ、頭からは汗が噴き出して止まらないのだとした。
 記事は「7、8月の東京はこんな感じなのだ。それは『焼かれる』のではなく、熱気むんむんの蒸籠の中に閉じ込められるといった感覚なのである」と日本の暑さを形容。さらに「アニメの中でよく見かけるような爽やかな美しい夏はまやかし。現実の東京には存在しないのだ」と指摘した。」
http://news.searchina.net/id/1664059?page=1
 ≪記事そのものより、データが興味深い。↓>
 「年に20万人も子どもが失踪する中国・・・
 <日本の>2017年の略取誘拐事件の件数は72件・・・」
http://news.searchina.net/id/1664080?page=1
 <だそうですが、依然、買うモンあんましないねー。↓>
 「・・・中国メディア・東方網は・・・「日本の女性は中国にやって来るとどんな物を買って帰るのか」とする記事を掲載した。
 記事が、まず日本人女性の中国土産としてよく購入される品物として挙げたのは、シルク製品、チャイナドレス、中国団扇など、中国伝統の服飾品だ。「中国のシルクは世界的に非常に有名であり、シルクからは文化色豊かな服飾品が作られる。そこにはもちろんチャイナドレスも含まれている。そして、小さくも精巧に作られた丸い中国団扇は、日本人の伝統衣装である和服にもマッチするため、日本の女性にお土産として好まれている」と説明した。
 続いては、ジャスミン茶とお菓子である。記事は、中国には非常にたくさんの種類の茶葉があり、全国各地のお菓子もとてもバリエーションが豊かだと紹介。お茶の文化を非常に重んじる日本人は自然と中国茶にも興味を持ち、特にジャスミンの香りがするお茶が日本人女性に好まれるとした。また、ジャスミン茶に美容効果があることも、人気の要因だと伝えている。
 さらに、中国の国宝と称されるパンダ関連グッズも、日本の女子に好まれる土産物の1つになっていると指摘。」
http://news.searchina.net/id/1664081?page=1
 <デマだー。↓>
 「日本は人口対策で、高祖・劉邦のやり方・・・独身税・・・を模倣しようとしている?・・・中国メディア・東方網・・・」
http://news.searchina.net/id/1664083?page=1
———————————————————————–

太田述正コラム#9971(2018.7.27)
<井上寿一『戦争調査会–幻の政府文書を読み解く』を読む(その4)>

→非公開

政治ブログランキング政治ブログ村ランキングコメント→防衛省OB掲示板