太田述正コラム#10026(2018.8.24)
<皆さんとディスカッション(続x3809)>

<太田>(ツイッターより)

 「航空自衛隊に初の女性戦闘機パイロットが24日、誕生する。…」
http://news.livedoor.com/article/detail/15198822/
 防衛庁(当時)の人事制度担当課長の時、全職域を女性自衛官に開放したんだが、全配置開放とまではいかなかっただけに、感慨深い。
 高い能力が求められる、養成に多額の経費を要する配置でもあり、御健闘を祈る。

<蕉門>(同上)

 すごい。すごいこと。

<薬の理屈の追究者>

 –知的凋落と詐欺商法–

≫・・・日本の科学は壊滅へ?≪(コラム#10024。太田)

 総人口が減少しているのに、百万人当たりの博士号取得者数の減少ですから。
 この知的凋落は恐ろしい。そして、貧すれば鈍する状態の大学と詐欺<的>商法に加担するマスコミ。↓

 「「粉末の水素水」発売 食べ物などに混ぜて利用
 8/22(水) 7:54配信 岐阜新聞Web
 新商品「ハイドロエッグ水素パウダー」を紹介する中村隆春社長(左から3人目)ら=21日、東京都千代田区、TKPガーデンシティ御茶ノ水
 ミネラルウオーター製造販売の奥長良川名水(岐阜県関市)は21日、水素水を粉末にした新商品「ハイドロエッグ水素パウダー」の販売を始めた。水素が持続的に発生発生し、無味無臭であるのが特徴。味に影響を及ぼさないため、飲み物のほか、食べ物などに混ぜて利用できる。年間1万箱の売り上げを目指す。
 新商品は岐阜大、東京工科大との共同研究により開発した。同社が2010年から販売している清涼飲料水「逃げない水素水36」を凍結乾燥して粉末化したもの。
 一般的な水素水は開封後に水素が抜けてしまうが、逃げない水素水は独自の製造技術で水素を内から発生させ続ける。
 粉末化してもその機能を保持しており、水に溶溶かすと48時間以上水素が発生するという。
 この日、東京都内で会見した中村隆春社長は「日本でで唯一の商品として、世界に愛される商品にしていきたい」とアピールした。
 1箱30包入り(1包3グラム)で、価格は8400円(税別)。同社8400円(税別)。同社オンラインショップなどで購入できる。
.
岐阜新聞社」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-0006742700067427-gifuweb-l21

<JWAEckaf>

 <豊丘時竹さんのコメント(コラム#10023)についてだが、>横断歩道で歩行者が待機している場合は車両は一旦停止しないと違反になるのでは?
 茨城県は治外法権なのか?

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 小沢一郎、流れ流れ、生き恥晒しつつ、今や旧自民党極左って趣なのね。
 玉城氏はその子分。
 しかし、こんな候補者でも、当選して欲しいな。↓
 
 「玉城氏、出馬要請受諾の意向表明 沖縄県知事選・・・」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018082301001446.html

 15年前のインタビューだが、OLを経て映画スターのOLって、東大の事務職員だったのね。
 合掌。↓

 「追悼・菅井きん92歳 生前語った「シワ一本ギャラのもと」の映画人生 ~脇役一筋、老け役一筋 黒澤明から伊丹十三までを語る~ – 菅井きん・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/15198822/

 これで疑問は全部解けたが・・。↓

 「小室圭さん・・・食事代も含めれば年間200万円以上、3年間で少なくとも600万円以上の生活費がかかるはずです。学費は奨学金でまかなえますが、法律事務所が援助する生活費は貸与になったそうです。つまり3年後には佳代さんの元婚約者X氏からの借金約400万円と合わせて、1千万円以上の負債を抱えることになる・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/15202194/

 日本の女性による、日本の女性差別を糾弾するコラムだが、ホント、困ったもんだ。
 日本の男性差別こそ問題だというのに・・。↓

 A Tokyo Medical School Rigged Exam Results to Favor Men. But Japan’s Sexism Problem Runs Even Deeper・・・
http://time.com/5374353/japan-sexism-me-too/

 覚えておこ。↓

 「・・・急なケガなどで食品用のラップフィルム以外に手元に何もないときに、傷を保護する応急処置として使うことまでは・・・否定しない<が、>・・・その場合は、24時間以内に医療機関を受診したほうがよい。食品用ラップは水や水蒸気を通さず、吸水力もないため、・・・傷の保護としては許容できるが、治療の目的で使うべきでは<ない>・・・」
https://www.asahi.com/articles/ASL834VY4L83UBQU015.html?iref=comtop_list_api_f01

 それなら、牛肉はほぼ毒って言わなきゃならなくなるが、いずれにせよ、この前、スーパーで半額セールやってた時買わなくよかった。
 でも、その後半額セールで買った、イカ墨瓶詰、食材が揃ったら、ぜひ生かしたいね。↓

 「「ココナッツオイルは純粋な毒」とハーバード大学教授が発言・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/15198638/

 へー。↓

 Scientists Discover New ‘Micro-organ’ Hiding in Our Immune System・・・
 Researchers from Australia’s Garvan Institute of Medical Research identified a structure that “remembers” past infections and vaccinations—and is filled with immune cells of many kinds which respond to pathogens that the body has encountered before.・・・
https://www.newsweek.com/scientists-discover-new-micro-organ-hiding-our-immune-system-1086757

 イスラム教そのものを根絶しない限り、イスラム教過激派・・タリバンを含む・・を打ち負かすことはできないさ。↓

 The Taliban doesn’t need peace. It’s winning.・・・
https://www.washingtonpost.com/opinions/global-opinions/the-taliban-doesnt-need-peace-its-winning/2018/08/23/ba9eba18-a585-11e8-a656-943eefab5daf_story.html?utm_term=.8aabddf8624e

 御苦労なこっちゃ。↓

 Mike Pompeo faces a moment of truth on North Korea・・・
https://www.washingtonpost.com/opinions/global-opinions/mike-pompeo-faces-a-moment-of-truth-on-north-korea/2018/08/23/16c02230-a713-11e8-97ce-cc9042272f07_story.html?utm_term=.6644e1b55c8f

 中共官民の日本礼賛(日本文明総体継受)記事群だ。↓

 <定番だが、新たな(間違った)主張も。↓>
 「・・・中国メディアの快資訊はこのほど、「日本と中国は同じ米食文化を持つのに、日本の子どもたちのほうが中国人の子どもよりも体が強いのはなぜか」と疑問を投げかける記事を掲載し、日中の子どもたちについて比較している。・・・
 記事は「体格が良い」あるいは「健康で体が強い」と主張する理由として、日本は非常に小さい島国で、天然資源に乏しく、自然災害が頻発する国であるゆえ、子どもが幼い時から「普段から警戒を怠らないように教えているのではないか」と主張。・・・そのほかにも日本の保護者は子どもが外で遊ぶことを歓迎し、学校でも運動会や球技大会などが行われており、子どもたちの体は徐々に鍛えられていると紹介した。
 一方、中国の子どもたちについては、「学校では知識を詰め込む授業ばかりが行われていることや、放課後や週末には塾に通ったりし、体を動かす時間すらない」と指摘。さらに、さらに子どもも自由時間があってもスマートフォンでゲームをすることが一般的であり、運動には全く興味がないことを紹介し、こうした運動を行う機会やスポーツに親しむ機会の有無が日本と中国の子どもの体格や健康さに影響しているのではないかと論じている。」
http://news.searchina.net/id/1665887?page=1 
 <定番だが説明が新しい。↓>
 「・・・中国メディアの快資訊は・・・日系車は品質が高く、燃費が良いために一般消費者には支持されているとしながらも、「タクシーにはあまり採用されていない」ことを指摘し、その真相を考察する記事を掲載した。
 質、燃費共に良い日系車だが、中国のタクシー市場では日系車以外の車が採用されることが多い。その理由として記事は、日系車は中国でタクシーに多く採用されているフォルクスワーゲン(VW)やヒュンダイと比較すると「価格が高い」と指摘。また、中国のタクシー業界でも伝統的に採用されてきたメーカーがあるため、日系メーカーが新たに市場に食い込むのが難しくなっていると指摘した。
 多くの中国人は日系車を支持しており、実際に街中では様々な日系車を見かけることができるが、タクシーとなると中国ならではの事情も関わってくる。たとえば、上海市のタクシーは個人タクシーを除けばVW一色と言えるが、これはVWが上海汽車と合弁で上海VWとして上海を拠点に事業を展開していることも大きく関わっている。また、ヒュンダイも北京市に拠点を置き、北京現代として事業を行っていることもあって、北京市では現代がタクシーとして大きなシェアを獲得しているのだ。」
http://news.searchina.net/id/1665935?page=1
 <最近、定番化。↓>
 「中国人は不動産に振り回されすぎ! 割安で買える日本人が羨ましい・・・中国メディアの快資訊・・・」
http://news.searchina.net/id/1665907?page=1
 <自衛隊言及部分・・褒め過ぎ・・を除いて定番。↓>
 「日本の発展ぶり、実はわれわれの想像を遥かに超えるものだった!・・・中国メディア・東方網・・・
 日本の軍事力についても言及。「日本は戦後ずっと米国の保護下におり、自らの力は持っていないと思ってきたが、それは誤解だった。まず日本の軍人(自衛官)はモラルが非常に高く、身体能力だけでなく文化水準も非常に高い。そして、装備もみな世界で最先端のものなのだ」と伝えている。」
http://news.searchina.net/id/1665927?page=1
 <これぞ定番。↓>
 「結局、日本の自動車はどんな消費者に適しているのか?・・・中国メディア・東方網・・・」
http://news.searchina.net/id/1665914?page=1
 <日本の温泉に行けと習ちゃん指令?↓>
 「中国メディア・東方網は・・・「日本には3000カ所近い温泉・・・、温泉旅館となると8万<軒>・・・があるにもかかわらず、どうしてもっと多くの中国人観光客がやってこないのか」とする記事を掲載した。・・・
 記事によれば、中国の人びとは日本人が考えているよりも「みんなで裸で温泉に入る」ことに対して強い抵抗を持っているようだ。記事は「日本人が温泉に入る際には水着はおろかタオルも身に着けず、全裸となる。これには中国の若い女性は『そんなことできない』と叫んで恥ずかしがり、敬遠するのだ」とした。
 また、「みんなで裸になるのが嫌であれば、個別の温泉がある部屋に宿泊すればいいじゃないか」とする人がいるが、そのような部屋は非常に値段が高いのであると指摘。」
http://news.searchina.net/id/1665908?page=1
 <そりゃ、愛社会心教育であって愛国心教育じゃないさ。だって、そういう教育を受けた日本人の大部分が属国で事足れりとしてるじゃん。↓>
 「・・・中国メディアの快資訊は・・・日本は「不愛国主義」教育を採用していると主張する記事を掲載した。
 まず記事は、中国の愛国主義教育について紹介。学校で愛国的なスローガンを暗記させ、愛国的な文章を学ばせ、自分の命を国に捧げると宣誓させる「形式的な愛国主義」だと分析した。しかし、日本では子どもに政治的な考えを持たせることはなく、国歌斉唱も強要せず、「お国のために」という中国でよく聞くフレーズも一切教科書に出てこないと紹介し、これが「不愛国主義だ」とした。
 記事の中国人筆者は中学を卒業後に日本へ留学し、その後18年間ずっと日本に住んでいるため、身をもって日中の教育の違いを感じているようだ。自身の経験から、日本の方法こそ「実質的な愛国教育」であり、日本人は世界で最も国を愛している国民だと主張。中国の愛国教育は「つめこみ式」で、愛国がぼんやりとした概念になっていると指摘した。
 では、日本は「愛国」という言葉は使わずにどうやって愛国を教えているのだろうか。例えば、ある学校では毎月社会見学があり、環境保護などを学んでいると紹介。ゴミ処理センターを見学し、どうやって山のようなごみが真っ白な紙やその他の生活用品になるのかを見て学ぶという。また、自然保護区で働く人からは、樹齢100年の樹木をどうやって保護するか、なぜ保護する必要があるかを学び、スーパーの見学ではどうやって食の安全を守っているのか、浄水場を見学して蛇口からそのまま水が飲めるのはなぜかなどを学ぶと紹介。それらはすべて身の回りの人を愛し、地域を愛し、ひいては国を愛する愛国心につながると主張した。」
http://news.searchina.net/id/1665911?page=1
 <それ、一定年齢以上の日本人が抱いている、阿Qイメージに近いんじゃないの?↓>
 「・・・中国メディアの快資訊はこのほど、欧米の日本研究専門家の見解として、「日本ではすでに中国人に対して一定のイメージが形成されている」と伝えつつ、それはまるで「醜い中国人」という書籍の影響を受けたかのようだと伝えている。
 記事が紹介している「日本人が抱く中国人のイメージ」とは、「中国人は違法なことに手を染める傾向にあり、法律を守らない」、「列に割り込むなど、中国人はルールを守りたがらない」、「中国人は話し好きで、声も大きい」といったものだ。
 もちろん、すべての日本人がこのようなイメージを抱いているわけではないが、記事はこうしたイメージは「醜い中国人」という書籍の影響を大きく受けたものではないかと考察した。「醜い中国人」とは中国生まれで共産党政権後に台湾に渡った柏楊氏の著書であり、日本語にも翻訳されたものを指しているが、日本人が抱くイメージはこの書籍にある中国人像に似ているというのが記事の主張だ。」
http://news.searchina.net/id/1665858?page=1
 <一時占領していたところの旧敵国領土のイオー・ジマ やら、原爆投下の戦争犯罪人のハリー・S・トルーマンなんて名前を空母に付ける米国
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E6%B5%B7%E8%BB%8D%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%AF%8D%E8%89%A6%E4%B8%80%E8%A6%A7
なんかと比べろっての。↓>
 「・・・中国メディアの快資訊は・・・新イージス艦の命名で日本は中国と韓国を怒らせているとする記事を掲載した。ネット上では、「中国に対する侮辱」との声もあるという。
 イージス艦の命名に関しては、海上自衛隊には一定の規則性があり、いずれも山の名前から付けられている。これまで「こんごう」、「きりしま」、「みょうこう」、「ちょうかい」、「あたご」、「あしがら」と命名されてきた。旧日本海軍および海自で採用された艦名が採用される可能性が高く、候補の中でも「よしの」は有力候補であるが、「いずも」、「かが」と並んで中国侵略の主力とされた軍艦名であるため、中国の反感は免れないだろう。
 事実、記事では強い調子で日本を非難している。戦後の対応をめぐって中国は何かと日本とドイツとを比較するが、ドイツではナチスの服装や思想、鍵十字の使用などがいずれも法律で禁止されているのに対し、日本では今でも旭日旗を使用していることも、中国の感情を逆なでしていると記事は批判した。
 また、これまでも艦艇の命名をめぐって中国は反発してきたことを記事は指摘。ヘリ空母とも言われる護衛艦の「いずも」や「かが」は、いずれも中国侵略主力と目された軍艦名の踏襲であり、日本には艦艇命名のルールがあるとはいえ、戦争被害国の気持ちを考えていないと苦言を呈した。また、これは日本の「軍国主義への回帰」とも取れ、危険な傾向であると危機感を示している。」
http://news.searchina.net/id/1665868?page=1
 <よかったねー、と一応言っておこう。↓>
 「・・・中国メディアの快資訊・・・記事は初めて中国を旅行したという、ある日本人のコメントを紹介している。訪中する前は「不安な気持ちで一杯だった」という。なぜなら「中国はとても広く、地域によっては閉鎖的な人がいるのではないか。ましてや自分は日本人だ」と、中国に対して恐いイメージを抱いていたと伝える一方、実際に中国を訪れて見て「すべては要らぬ心配だった」と、全く見方が変化したと述べたことを紹介。この日本人は道で困っている時に、見知らぬ中国人に助けられ、「中国人は善良で友好的だ」と感じたと伝えた。
 こうした日本人の評価をもとに、記事は中国では街中で銃を突き付けられるようなことはないし、アフリカのような貧困も見られないので、「アジアのなかでは治安が良い国と言っても過言ではない。また外国人観光客に対しても偏見を抱かず、友好的だ」と主張した。
 そして、「世界的に見ても治安が良いとされる国で暮らす日本人が中国を訪れ、中国の治安を評価しているのであれば、きっと日本以外の他の国でも見方が変化しているのではないか」と期待を示した。」
http://news.searchina.net/id/1665881?page=1
—————————————————————-

太田述正コラム#10027(2018.8.24)
<井上寿一『戦争調査会–幻の政府文書を読み解く』を読む(その31)>

→非公開

政治ブログランキング政治ブログ村ランキングコメント→防衛省OB掲示板