■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 最新50 賢威テンプレート[PR]  

統合幕僚監部

1 :管理人 ★:2018/12/19(水) 23:21:45 ID:kanrinin
防衛省OB太田述正の掲示板★2
https://www.ohtan.net/

315 :名無し@安全保障:2019/08/28(水) 16:58:11 ID:b+yzuNY/
太田述正コラム#10766(2019.8.28)<サンソム『西欧世界と日本』を読む(その2)>
スペイン領となったフィリピンが、南、東南、東アジアの中で唯一キリスト教国になった理由も、改めて不思議に思えてきました。(太田)

宗教学者の島田裕巳氏は以下の様に述べてます。

同じ時期に伝わっていながら、日本とフィリピンで対照的な結果になったのは、フィリピンには、イスラム教は伝わっていたものの、インドのヒンズー教や中国経由の仏教などの影響をほとんど受けていなかったことが影響している。日本では仏教や神道がキリスト教を阻む壁になったのだが、フィリピンにはそれにあたるものがなかった。

https://blogos.com/article/150184/


316 :名無し@安全保障:2019/08/28(水) 20:30:54 ID:uLqtSKXv
≫近現代は「どうして欧米時代になったのか?≪(コラム#10751。太田)
ディスカッションを見ていたら参加したくなりました。
本当に当てずっぽうですが、単純に"戦いが好き"だったから、他国を征服し、欧米時代になった、とかではないですよねぇ。。。

317 :太田述正:2019/08/28(水) 22:06:38 ID:wcrbNDmG
 「ヒンドゥー教の神話のうち代表的な文献は、二大叙事詩『マハーバーラタ』と『ラーマーヤナ』である。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E7%A5%9E%E8%A9%B1
ところ、「マハーバーラタ<は、>・・・2王族が・・・戦った18日間の大戦争の経緯を主題とした物語」
https://kotobank.jp/word/%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%BF-137069
で、その中に出てくる神の教えの核心は、「<主人公達の一人が>師・・・に弓引く戦争をためらってい<た時に、>、・・・ヴィシュヌ<神が行った、>・・・「道徳的義務を遂行する自分のダルマを果たすべきで、友人や知人の死で苦しんではならない。彼らは肉体の死によってその病んだ魂を純粋平和な世界へ開放することが出来るのだから」と<の>説<諭>」
https://ja.wikipedia.org/wik/%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%BF
です。
 また、「ラーマヤナ<は、>・・・王子が、誘拐された妻・・・を奪還すべく大軍を率いて、<他国>の王・・・に挑む姿を描いている。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%8 つまり、ヒンドゥー教ってのは、恐ろしく好戦的な宗教であり、信徒達に、戦士たれ、と教えたわけですが、ヒンドゥー教の諸王朝の一つとしてインド亜大陸統一すらできず、いわんや、インド亜大陸外に支配を及ぼすこともありませんでした。
 また、古典ギリシャのスパルタは、子供達に殺人や窃盗を実践させることを含む、好戦的な戦士に育て上げる、いわゆるスパルタ教育を行った
http://karapaia.com/archives/52259306.html
ことで有名ですが、「<ペロポネソス戦争の時に>ペロポネソス同盟の盟主となり、アテナイを破って一時期はギリシア世界に覇を唱え」、その後も、マケドニアに対する独立を維持したけれど、それだけのことで、ローマの軍門に下って独立を失っています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%BF
 つまり、「単純に"戦いが好き"だった」として、それ、ナンボのもんなのって話ですよ。


318 :K.K:2019/08/29(木) 07:36:45 ID:PJD6TjZE
≫近現代は「どうして欧米時代に<なったのか>?」なんだが、私がその理由として挙げる唯一つのものが一体何か、を、諸君あてて欲しい。…コロンブスの卵的な解答なのであてずっぽうで当たるかも。≪(コラム#10751)

 『西方志向』、嫌韓になぞらえて言うのであれば、『嫌東』
(東というのは、東洋ではなくて、単に方角的な東、東の隣人、ビザンチン・イスラム・ギリシア正教等のようなことだとしてください。)

 アングロサクソンはドーバーの向こう(概ね東方)を野蛮と思ってきたわけですよね。欧州はユーラシア大陸の西端に位置していますから、野蛮がやって来るとすれば東方からであることはアングロサクソンと同様であって、欧州人も嫌東だったのではないでしょうか。
 現にゲルマン人は概ね東からやって来ましたし、その西欧に定住したゲルマン人にしても、そもそも移動せざるを得なかったのは野蛮のせいであるし、ローマ化した後は、もと居た場所の"東"がさらに野蛮に見えたことだろうと思います。
 野蛮は南にも存在しましたが、北アフリカはイスラム教徒の勢力圏で、その本拠地は"東"でした。

 大田コラムを読んでいなくて、中共は野蛮と思っていて、韓国が嫌いという日本人を想定してください。この日本人に「日本列島を移動させられるとしたら、どちらの方角に移動させたい?」と尋ねたら、恐らくは「東」もしくは「東南」と答えると想像できますよね。もし、中国や韓国を介して石油を輸入していたとしたら、中国人や韓国人を介さないルートはないかな、とその日本人は考えたりするだろうと想像できますよね。仮に軍事的に中国と朝鮮半島を制圧できる能力があったとしても、征服なんかして中国人や韓国人の面倒を見るのはまっぴらごめん、と思うだろうと想像できますよね。
 地理的意味での欧州人が欧州外に出たのも上述の日本人と同じような論理、つまり西方志向/嫌東が理由だったのではないでしょうか。現に、大航海時代を開いたのは、"東"(この場合イスラム)に接することが一番多かったイベリア半島人でした。

 もう一度、嫌中・嫌韓の日本人を想定してください。この日本人にとって、中国や朝鮮半島を征服するつもりがなくても、中国や韓国に軍事的に劣ることは我慢が出来ないことだろうと想像できますよね。
 アングロサクソンと欧州が強くなった理由も同じような論理、野蛮が恒常的に東に存在し、西に移動して野蛮と距離を起きたいけれどそれは地理的に出来なかった、そして"東"に軍事的に劣るのは我慢がならないことだったから、つまり西方志向(だけれど移動できない)/嫌東だったからではないでしょうか。

 中国の西方は砂漠であって、人が通過しにくかったですから、中国人(漢民族)からすると野蛮がやって来るとすれば北からであって、中国人に方角に関して志向があったとすれば、南方志向だったということになると思います。
 ですから、仮に太平洋と大西洋の大きさが同じであっても、中国人がアメリカ大陸を発見できた可能性は低いということになると思います。

 仮に日本が嫌中華であったならば、アメリカ大陸を発見できた可能性は多少あったかもしれません。
 ユーラシア大陸の端に位置していなければ、方角に志向性は生じにくいですよね。ロシアは全方位に緩衝地帯を設けようとしてきましたし、イスラム教もほぼ全方位に広がりました。(イスラムが何らかの要因で南方志向であったならば、喜望峰を発見できたかもしれないと思います。)

 そういう次第で、欧米の時代になったのは、ユーラシア大陸西端の地理的意味での欧州人が、嫌東故に西方志向であり続けた為に、全方位戦略は取らず、それが米国人にも引き継がれたからではないかと思います。
(スペインは、大航海時代を開いて、最西端に位置するという地理的条件にも恵まれていたけれど、王家がハプスブルク家であったために、西方志向に徹しきれなかったように見えます。)

319 :太田述正:2019/08/29(木) 08:25:56 ID:3ur10MnE
>315 ご教示には感謝しますが、残念ながら、引用された部分だけしか筆者が書いてないのでは、判断のしようがないところ、それ以外の部分にざっと目を通した限りでは、(この筆者、かつてよく耳にした学者ですが、)論理が支離滅裂なので、引用された部分についても全く信頼性がないと思っていいでしょう。
どこが論理が支離滅裂なんですかって?
そんなことの説明に時間を費やす価値のある筆者ではあーりません。

320 :太田述正:2019/08/29(木) 09:00:51 ID:3ur10MnE
>318 ロシアは、『嫌東』だったからこそ、その東の「野蛮と距離を置きたい」と、東に向かって領土拡張、緩衝地帯拡張、を続けましたがねえ。

321 :K.K:2019/08/29(木) 09:23:35 ID:PJD6TjZE
野蛮の居るであろう東に領土拡張するということは、野蛮と距離を置くのではなく、野蛮に自分から近づいていることになってしまっていると思うのですが。

また、考えてみます。

322 :K.K:2019/08/31(土) 07:21:43 ID:ZtCNXXa3
≫近現代は「どうして欧米時代に<なったのか>?」なんだが、私がその理由として挙げる唯一つのものが一体何か、を、諸君あてて欲しい。…コロンブスの卵的な解答なのであてずっぽうで当たるかも。≪(コラム#10751)

 欧米一体論

 欧米と欧米が戦った場合、勝者は常に欧米ですよね。欧米は非欧米のロシアと日本には勝利したことになっていますから、欧米を一体とみなした場合は、近現代おいて欧米は常勝だったということになります。
 近現代は欧米の時代であったとするのは、欧米を一体とみなしているからに過ぎないように思えます。
 白人を一体とみなせば、「近現代はどうして白人の時代になったか?」という問も成立してしまいますよね。

 私自身は、近現代は欧米の時代だったのではなく、アングロサクソンの時代だったと思ってきましたし、思っていますし、それは大田コラムを読んだ結果なわけです。
 欧米一体論者に対して「困った人たち」的な評を加えてきた太田さんが、ここになって何故「欧米」という概念を持ち出してきたのか疑問に思いつつも、欧米の時代だったのだろうという仮定の下に考えてきましたが、欧米を一体と見做した場合のみ欧米の時代と言い得るというのが現時点での結論です。

323 :太田述正:2019/08/31(土) 10:41:30 ID:ujSCu7rn
 ロシアについては、かつて「欧州の外延」と呼んでいたところ、それは言葉の誤用だということに気付き、「欧州の延長」と言い換えていますが、要は、広義の欧州である、という認識で私はいます。
 ロシアは、基本的に、その歴史を通じて、欧州以上に欧州的存在たらんと欧州に憧憬の目を注ぎ続けてきたんですからね。
 (今頃気が付いたけれど、私、ロシア文明という言葉を使ってきたと思いますが、それ、余り適切でなかった、ということになりそうです。
 おお、なんてこった。
 言い換えるとしたら、どうすべきか。
 ロシア亜文明じゃ、朝鮮亜文明を思い出してしまい、さすがにロシアに失礼だし、第一、朝鮮亜文明みたいに、文明を乗り換えようとしてグジャグジャになってしまったってわけじゃないですしね。)
 とまれ、とにかく、欧米の時代、と私が言う「欧米」にはロシアも含まれる、とお考え下さい。
 他方、白人(コーカソイド)ということになると、その中には、トルコ人もペルシャ人もアラブ人もユダヤ人、等も入るけれど、彼らは、欧米の時代の欧米人の中には、いかなる意味でも入らないことは、直感的にお分かりになるでしょう。
 以上のような前提で、皆さんも、更にお考えいただければ、と思います。

324 :K.K:2019/08/31(土) 12:11:14 ID:ZtCNXXa3
太田さん、質問なのですが、人間主義視点から見た場合、近現代は欧米の時代ではないですよね。
太田さんの問いかけを言い換えると「〇〇の視点から見た場合、近現代は欧米の時代であるが、その〇〇とは何か?そしてそれは何故か?」という意味でしょうか?

325 :太田述正:2019/08/31(土) 13:37:31 ID:ujSCu7rn
19世紀後半〜20世紀前半には、ほぼ日本一国を除き、世界が欧米の植民地か保護国になっていた・・支那だって、例えば、その海関の長に英国人が就いていた
https://kotobank.jp/word/%E6%B5%B7%E9%96%A2-42196
ところの、英国の、或いは、英国が代表を務める欧米列強の、保護国(半植民地)でしたし、中南米諸国も英米共同の保護国だったと言っていいでしょう(典拠省略)・・わけですが、この時期が象徴する時代を、私は欧米の時代、と見ているわけです。
より端的に言えば、この時期には、世界を見渡すと、ほぼ、欧米以外、存在しなくなっていたわけですが、どうしたって、それ、欧米の時代を象徴する時期でしょう。

326 :K.K:2019/08/31(土) 14:08:22 ID:ZtCNXXa3
了解です。ありがとうございます。
「欧米」にロシアを入れるというので、簡単になったよな、更に難しくなったような…
また、考えてみます。

327 :K.K:2019/09/04(水) 08:56:52 ID:WWC2tORY
≫十字軍はヨーロッパ外での闘いでしたよ。≪(コラム#10777)

 とうことは、10世紀以前の出来事が原因と言うことになりますね。

≫その人間主義的なイギリスと、非人間主義的な欧州諸国が、それぞれの文明を維持しつつ、全球的かつ長期にわたる欧米の時代を招来できたのはどうしてか≪(同上)

≫というか、そもそも、ポルトガルやスペインが、日本ないしその周辺までやってきたからこそ、「仕方なく」秀吉達が、彼らに対抗するか(←私等の説ですが)対抗せずに「鎖国」するかを考え始めたわけですよね。この両者の違いは一体何なんだ≪(同上)

 ロシアの「モンゴルの軛」論から類推して、「遊牧民恐怖症(アッティラのトラウマ)」かな〜、というところです。

 日本の弥生人(渡来人)が何故日本列島にやって来たのかは分かりませんが、誰かに追われてやって来たと仮定した場合、その誰かは「農耕民」のハズですよね。
 そして「農耕民」は自分の土地を捨てるわけには行きませんから、一定の距離を逃げてしまえばそれ以上追ってこない可能性が高いですよね。弥生人(渡来人)の場合は、日本列島に逃げ込んでしまえば、一応は安心だったのだろうと思います。

 一方で欧米の支配層を形成したゲルマン人は、遊牧民であるフン族に追われて移動しましたよね。遊牧民に追われた場合、どこまで追ってくるか分からないですよね。実際にアッティラはかなり欧州深くにまで侵入して暴れましたよね。
 欧米人には「アッティラのトラウマ」があって、新たな逃げ場がないか知っておきたい、概知の土地に逃げる場合どちらの方向に逃げるのが良いか知っておきたい(十字軍は威力偵察?)、といったような心理が働いて来たのかな〜、というところです。

 上記で、日本と欧米の違い、日本には引きこもり戦略があるけれど、欧米には無いということは説明できるだろうと思います。
 ただ、太田さんがくれた他のヒント等を説明出来るかどうかまでは、まだ考えていないです。

328 :太田述正:2019/09/04(水) 10:25:57 ID:R7+7HJcd
 確かに、13世紀に、モンゴルにも、中欧まで攻め込まれています
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E4%BE%B5%E6%94%BB
からねえ。
 しかし、モンゴルを保護国化した1921年
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E5%9B%BD
に、ロシアは、ついに旧遊牧民地帯のほぼ全域を手中に収めたというのに、それ以降も、スターリン主義を錦の御旗にして拡張の機会をうかがい続けましたよね。
 また、イタリアに至っては、何と、1936年にエチオピアを併合しています
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E3%82%A8%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%94%E3%82%A2%E6%88%A6%E4%BA%89
よね。
 それだけではありません。
 第二次世界大戦以降だって、(日本がやらせたとはいえ、いそいそと、)米国がソ連(ロシア)との対抗に藉口して、全世界に軍事基地網を展開して、勢力圏拡大に努めましたよね。
 遊牧民の脅威が根絶されたというのに、それ以降も、欧米は全世界の完全支配を目指し続けたことになります。
 一体、それはどうしてなのか、と、問い直しましょうか。

329 :K.K:2019/09/04(水) 10:38:15 ID:WWC2tORY
遊牧民の驚異は鉄砲・大砲の登場で消えていたと言って良いので、苦しいなぁ〜と思っていたところです。
また、考えてみます。

330 :管理人 ★:2019/09/04(水) 20:32:20 ID:kanrinin
掲示板の暗号化で投稿が少し消えてしまいました。もういちど投稿して頂ければ幸いです。

331 :名無し@安全保障:2019/09/05(木) 00:19:09 ID:ikBnIC9q
欧米が世界中を植民地化した背景には、おそらく世界で初めて海を越えた植民地帝国を造ったフェニキアの存在が有ったのではないでしょうか。欧米はフェニキア文字(アルファベット)を使用している事からして、一般に考えられている以上の影響をフェニキアから受けていたとしても不思議は有りません。また、世界で初めて行われた競売は、フェニキア人が行った奴隷の競売であったという話も有りますし、これまた欧米に影響を与えた事例かもしれません。欧州が様々な要因で逼迫した結果として新天地を海外に求めようとした事自体も、それが成功する要因となった文化を有していたのも、それで説明可能ではないでしょうか。

翻って、日本が何故、欧米への対抗次元に留まり、自ら打って出て競争するに至らなかったのかを考えると、やはり、織田信長とその後継者の織田信忠が日本統一目前で滅ぼされてしまった事が大きな原因だと思います。織田家は日本のシーパワーの代表格である平氏の末裔を自称しており、港を押さえて、そこから生み出された富を武器に頭角を現しました。織田家が日本を統一した場合、シーパワーの商人気質から言って、市場を海外にまで広げようとするのは必然の流れだと考えます。そのための軍事力を持ち合わせているなら尚更です。その手法も織田家の成功体験を踏襲すれば、大帝国を築くことも十分可能であったでしょう。国内に於いて中央集権体制が作れそうだったこともプラスに働きます。その辺が、農民の出でランドパワー志向であり地方分権体制しか作れなかった豊臣秀吉との違いです。

332 :太田述正:2019/09/05(木) 07:11:18 ID:LBBERih3
フェニキア文字を「採用」したのは、インド・アーリア人を除く、ほぼ全てのッコーカソイド(印欧語族とセム語族)です。(煩雑になり過ぎるので典拠は略す。)
また、信長論はともかくとして、私は、秀吉は、あの時点で死んでいなければ、支那攻略に成功した可能性がある、と以前、指摘したことがありますよ。(コラム#省略)

333 :名無し@安全保障:2019/09/05(木) 13:28:59 ID:tPqL53ie
>大功績の栄西。↓

 「毎日お茶を飲み続けるだけで美肌になれる・・・」
https://news.infoseek.co.jp/article/allabout_38548/(太田述正コラム#10749)

ただし↓
ペットボトル茶は危険!発がん性の合成ビタミン大量含有、粗悪な中国製添加物も・・・合成ビタミンCはがんの元https://www.excite.co.jp/news/article/Bizjournal_mixi201606_post-6781/


334 :太田述正:2019/09/05(木) 14:07:30 ID:LBBERih3
私の場合は、茶葉にお湯を注いで飲んでるからセーフ。

335 :名無し@安全保障:2019/09/06(金) 22:46:06 ID:LBAzBmP5
米国人ら、清王朝が残した債務の返済を中国に要求=米誌

・・・報道によると、テネシー州で牧場を営むジョナ・ビアンコ(Jonna Bianco)氏は
債権者団体の代表を務めている。同氏は昨年8月、トランプ米大統領、ムニューシン
財務長官と面会した。

ビアンコ氏は、インフレや利子、賠償のコストなどを考量すれば、中国当局の返済金額は
1兆ドルを上回ると指摘した。同氏はトランプ政権に対して、清王朝が残した債券を米中
通商協議の一つの議題として中国側に提示してほしいと要求した。

同氏によれば、中国当局はこれらの債務について、1949年より前の中華民国政府が
責任を負うと主張する。ビアンコ氏は「この言い分は、当局が中国の主権の唯一の
継承者だとの主張と矛盾する」と批判した。

デューク大学の法学者は「法的にみれば、清王朝が残した債務は完全に合法だ」
との認識を示した・・・
https://www.epochtimes.jp/p/2019/09/46696.html

以前存在した国家の借金を引き継いだ例って他に有るのかしら?

336 :太田述正:2019/09/07(土) 06:01:35 ID:QZpVtGHF
ご自分でまずお調べを。

337 :K.K:2019/09/07(土) 07:16:30 ID:W9b/0+7k
≫近現代は「どうして欧米時代に<なったのか>?」なんだが、私がその理由として挙げる唯一つのものが一体何か、を、諸君あてて欲しい。…コロンブスの卵的な解答なのであてずっぽうで当たるかも。≪(コラム#10751)

 『ゲルマン性/海賊性』かな〜、というところです。

(以下、海賊という時に、山賊や盗賊の意味も含んでいるとしてください。また、海賊とは交易等も担う存在だとしてください。)

 ゲルマン人は、農耕と牧畜も営んでいたわけですが、それらに従事していたのは女性や老人であって、成人男子は狩猟に従事していたらしいわけですよね。そして、狩猟の対象が自然の動物から人間や他者の所有物に変化していたらしい、すなわち海賊行為に従事していたらしいわけですよね。

 ゲルマン人がイングランドや西欧に侵入して支配層を形成した後、農耕と牧畜に従事する人が女性と老人から先住民に変化しただけであって、ゲルマンを祖とする支配層の男子は海賊行為に従事し続けたと見ることが出来ないでしょうか。
 そして、近隣の国々が海賊性を有し続けていれば、海賊性を再注入されることになる為に、欧州のゲルマンを祖とする支配層はローマ化したとは言え、それは社会システム等の面のことであって、海賊行為が支配層の生業ということに変化は起こりにくかったのではないでしょうか。
 また、9世紀になってヴァイキング(ノルマン人)の活動が活発になりましたよね。このヴァイキングの活動によって、海賊性を再注入されたと見ることは出来ないでしょうか。 さらに、十字軍や北方十字軍というのは実態は海賊行為といっても良いものであって、十字軍や北方十字軍によって海賊性を自己再注入されたと見ることも出来ないでしょうか。

≫「1441年にはエンリケ航海王子の派遣した艦隊はモロッコ南部のリオ・デ・オロで上陸、初めてアフリカ人を捉え、奴隷として本国に連れ帰った。こうしてポルトガル人による黒人奴隷貿易が開始され、...
ところ、このエンリケらを突き動かしていたところのものは、一体何なのか、と問い直そうか。≪(コラム#10779)

 エンリケがやらせたことは、まさに海賊行為そのものに見えます。

 上記から、欧米のゲルマンを祖とする支配層は海賊を生業とすることを維持し続けた/続けられたと言うことが出来ないでしょうか。

 海賊性を有している人達が外に出ていく傾向があるというのは、ヴァイキングや倭寇の例から説明の必要はないと思います。
・ヴァイキングの航路
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0#/media/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Territories_and_Voyages_of_the_Vikings_blank.png

 欧米の支配層が海賊を生業とし続けたのではないかという仮説が正しいとして、
I.遊牧民(例:モンゴル)
II.農耕・牧畜民(例:中華王朝、ローマ帝国)
III.支配層は海賊、被支配層は農耕・牧畜(ゲルマン的社会)
という3つを比較して、最終的に優位に立つのはどれかと考えた場合、Iは自然に働きかけようとする意識が低い為、科学技術が発達しにくい点、及び、Iは移動を繰り返す為、社会システムが発達しにくい(結果、IIを支配した場合、IIに同化しやすい)点から、最終的にはIIとIIIの争いになるのではないかと思います。
 次に、IIとIIIを比較した場合、不正規戦争の手段を多く持っているであろうIIIの方が有利ではないかなと思います。

≫遊牧民の脅威が根絶されたというのに、それ以降も、欧米は全世界の完全支配を目指し続けたことになります。一体、それはどうしてなのか、と、問い直しましょうか。≪(同上)

 17世紀に小国のオランダが、短い期間ではありましたが、覇権国でした。海賊/山賊/盗賊の世界というのは小さな新参の勢力でも、覇権を握ることが可能な世界なのだろうと思います。
 海賊/山賊/盗賊の大元締めたる欧米(米ソ)は、他者が海賊/山賊/盗賊になる可能性を極力早期に発見・排除出来る体制にしたい、これが全世界の完全支配を目指し続けた理由の一つではないかなと思います。(←あくまで「一つ」であって、この部分は上手く説明出来ないです。ただ、欧米が全世界の完全支配を目指したと言っても、農耕・牧畜民的な支配を目指した訳ではないのではないかと思います。)

 欧米の社会というものを、ゲルマン社会由来の「支配層は海賊、被支配層は農耕・牧畜」の社会であったと見れば(つまり、ゲルマン性を維持したのはアングロサクソンだけでなく、アングロサクソンよりも部分的ではあるけれど、欧州もだと見れば)、近現代が欧米の時代になったことを説明出来るのではないかなと思うのですが...
(他の文明、イスラム文明や日本文明にも海賊は居ましたが、支配層の生業が海賊という訳ではなかったですから、欧米の場合とは今の場合異なると思います。)

338 :太田述正:2019/09/07(土) 07:47:18 ID:QZpVtGHF
この説の場合、ゲルマン人に関して、どうして「海賊」になったのか、また、どうして「海賊」のくせに、本拠地に戻らずに次々に本拠地を前方へ前方へと移動させていく連中が少なからず出現したのか、といったことが問題になりますね。

339 :すね〜く:2019/09/07(土) 08:18:25 ID:5v693zGN
太田さんが韓国による日本製工業製品の放射性物質検査強化についてしきりにタブーとおっしゃってますが、これは韓国にとってのタブーなんでしょうか?

僕は検査した結果、基準値以下しか出ず、日本=放射能で危険という図式が崩れてしまったらどうすんだろとは思ってるんですが。

公正かどうかはわからないですが、わざわざコストをかけて検査にご協力いただきありがとうとは思いましたが、どういったところがタブーなのかがわかりませんでした。

340 :K.K:2019/09/07(土) 08:21:26 ID:W9b/0+7k
どうして「海賊」になったかは、ゲルマン人が居住していた地域が高緯度の地域であって、農耕と牧畜のみでは大きな人口を養えなかったことが原因ではないかと思います。

ヴァイキング(ノルマン人)の例でわかるように、「海賊」というものが必ず本拠地に戻るわけではなく、時として遠方に入植することもある存在だと思うのですが。

341 :太田述正:2019/09/07(土) 08:35:58 ID:QZpVtGHF
>ヴァイキング(ノルマン人)の例でわかるように、「海賊」というものが必ず本拠地に戻るわけではなく、時として遠方に入植することもある存在だと思うのですが。

それは、本来の本拠地に比べて、「艇緯度の地域であって、濃厚と牧畜のみで<も>おおきな人口を養え」るようになったからだ、というわけですね。↓

>どうして「海賊」になったかは、ゲルマン人が居住していた地域が高緯度の地域であって、農耕と牧畜のみでは大きな人口を養えなかったことが原因ではないかと思います

だとしたら、入植できた時点で、「海賊」を廃業しちゃうのでは?

342 :K.K:2019/09/07(土) 08:40:01 ID:W9b/0+7k
入植先で、農耕・牧畜民を対象に海賊行為を続けてもおかしくないと思うのですが。

343 :太田述正:2019/09/07(土) 08:40:40 ID:QZpVtGHF
>339

単純な話であり、風評被害を引き起こすことを狙っているところの、弱い者(被災者/被災地)苛めである、と日本人一般が受けとめ、対韓感情を悪化させるだけの言動だからです。

344 :K.K:2019/09/07(土) 08:44:40 ID:W9b/0+7k
>>341
つまり、入力先でも「支配層は海賊、被支配層は農耕・牧畜」という社会を構築しようとしたとしても、何もおかしくはないと思うのですが。

345 :K.K:2019/09/07(土) 08:46:58 ID:W9b/0+7k
>>344
入力⇒入植、に読み替えてください。

346 :太田述正:2019/09/07(土) 08:52:59 ID:QZpVtGHF
>342

ということは、ゲルマン人にとっては、「海賊」行為は経済的な目的のためではなく、それ自体が自己目的化していた、ということになりそうですね。
興味深い説ではあります。

347 :K.K:2019/09/07(土) 09:44:04 ID:W9b/0+7k
>>346
「支配層は海賊、被支配層は農耕・牧畜」というゲルマン的社会が、他のあり方の社会より有利なのではないかということは既に述べています。この説が絶対に正しいとは言っていません。

私は太田さんの用意されている解答を知らないわけです。太田さんも、ここで解答を明かして、太田さんの解答の方が、より簡潔により多くのことを説明できると今ここで明かすことは出来ないわけです。ですから、オフ会の日の太田さんの解答を待ちたいと思います。

348 :太田述正:2019/09/07(土) 10:47:51 ID:QZpVtGHF
「オフ会の日の・・・解答を待」つのではなく、「より簡潔により多くのことを説明できる」説であることに加え、より、普遍的な言葉を用いた、そして、より巨視的な観点からの、説を、引き続き追求してみてください。

349 :komuro:2019/09/07(土) 22:38:40 ID:hbxD4Vhx
理由:欧米人が白人で、その多くが白人至上主義を共有していたから。
自分の利益を最大化するには相手に野蛮な行為をする必要があるが、その相手が自分達より劣等なら問題ないと考えた。

他の有色人種には、自身の肌の色が最上位というような思想は無い気がします。
そうなると、なぜ白人だけが白人至上主義を持つようになったかですが、私の中ではキリスト教由来としか思いつきません。
…という解答は、まだ無かった気がします。


350 :太田述正:2019/09/08(日) 06:43:48 ID:4v913j30
白人(コーカシアン)の中で、どうして(インド・アーリア人やペルシャ人やギリシャ人やローマ人やアラブ人やトルコ人ではなく)欧米人(アングロサクソンと欧州人)だけが「自分の利益を最大化」できたのかを問うているのですが・・。

351 :太田述正:2019/09/08(日) 06:49:16 ID:4v913j30
なお、前にも申し上げた通り、アングロサクソンは基本的に反キリスト教なので、キリスト教説は除かれます。
(ローマはキリスト教を国教化したけれど、その後、西部分が崩壊し、残った東部分も衰退の一途を辿りましたよ。)

352 :太田述正:2019/09/08(日) 10:04:55 ID:4v913j30
 また、私の想定する解答は、K.Kさんの提示したような新しい理論を全く必要としない・・だからこそ、あてずっぽうでもあたるかも、と申し上げています・・一方で、私の想定する解答の肝となる(間接的)史実は、私の今までのコラムの中ではまだ紹介したことがありません。
 ご参考まで。

353 :名無し@安全保障:2019/09/08(日) 18:38:55 ID:IimlwoGP
あてずっぽう
答え 個人主義

理由
・・・日本も中国も官僚統制国家であるため、上からの目線での一方的な教育で持てるIQが発揮されないため、ヨーロッパの後を追うハメになった過去がある。・・・http://www.asahi-net.or.jp/~pu4i-aok/cooldata4/child/iqj.htm

354 :太田述正:2019/09/08(日) 22:16:25 ID:4v913j30
イギリスは個人主義、欧州は階級主義、米国は裸の個人主義、という言い方を私はしてきたところであり(コラム#省略)、とりあえず、「個人主義」は今回の私の問いかけとは関係ありません。
他方、「理由」の方ですが、「官僚統制国家」による「・・・教育」なーんてヨタ話は忘れていただくとして、面白いのは、私の、件の問いかけを、この「理由」を援用して言い換えることができることです。
こうなります。
IQの高い東アジア人達でさえ、すんでのところで、その全員が完全植民地原住民へと貶められる寸前までIQの低い欧米人達によって追いつめられたくらい、欧米人の世界征服欲が凄まじかった・・依然凄まじい?・・理由は一体何か?・・です。

355 :K.K:2019/09/09(月) 06:11:01 ID:o5D/buoD
≫近現代は「どうして欧米時代に<なったのか>?」なんだが、私がその理由として挙げる唯一つのものが一体何か、を、諸君あてて欲しい。…コロンブスの卵的な解答なのであてずっぽうで当たるかも。≪(コラム#10751)

 解答:『人間らしさ』

仮説I:人間は生来的に人間主義的

 仮説Iが正しいとして、人間の生来的な特徴が人間主義だけとは限らないですよね。

仮説II:人間の生来的な生業は狩猟採集

 人間は長年狩猟採集に従事して来ましたから、仮説IIには一定の妥当性がありますよね。仮説を立てることに妥当性があると言っているだけで、仮説が正しいとは言っていません。

 今、仮説Iの意味では人間性を失った、つまり非人間主義的になってしまったけれど、仮説IIの意味では人間性を失わなかった、つまり狩猟採集を生業とし続けた人間を想定してください。
 この人間は、非人間主義的であるが故に、人間および人間の所有物も狩猟採集の対象にするであろうと容易に想像出来ますよね。人間および人間の所有物を狩猟採集の対象とする存在、それが海賊/山賊/盗賊ですよね。
 人間主義者は必要であるから人間主義を行っているのではなく、それが本来の姿であるから行っているのと同様に、今想定している人間も必要だから海賊/山賊/盗賊を行っているのではなく、それが本来の姿だから行っていることになる以上、「海賊/山賊/盗賊である必要がなくなったら、その時点以降、常識的には、彼らを「突き動か」さなくなりそうなので、」(コラム#10787)とは言い得ないことになりますよね。
 つまりは、仮説IIが正しければ、海賊/山賊/盗賊説でも、近現代が欧米の時代になったことを一応は説明しうることになって、それは仮説IIの意味で欧米人が『人間らしさ』を失わなかったからということになりますよね。

 今日、ここに書き込みをしているのは、海賊/山賊/盗賊説を再度主張することが目的ではありません。太田さんは、恐らくは仮説Iと同程度の普遍性のある仮説Aにたどり着いて、それを裏付ける間接的な史実を発見したということなのではないかと推測します。そして、近現代が欧米の時代になったのは、海賊/山賊/盗賊説の場合と同じように、その仮説Aの意味では欧米人が『人間らしさ』を失わなかったからではないかと推測します。この意味で、本日の解答を『人間らしさ』としてください。

(仮説II以外には、
仮説III:人間は生来的に移動と定住を不定期的に繰り返すもの
ぐらいしか思い浮かびませんでした。移動をする為には、狩猟採集がほぼ不可欠ですから、仮説IIと仮説IIIは、ほぼ同じ意味になってしまい、結果、海賊/山賊/盗賊説しか思い当たらないという状況です。)

356 :太田述正:2019/09/09(月) 08:27:42 ID:O8c6hJel
「唯一つのもの」は、私の過去コラムには出てこないということもあり、太田コラムだけを読んでいる人・・そんな人はいないでしょうが・・は、あてずっぽうでは、実は、最終的解答には絶対に到達できないんですよ。
いずれにせよ、海賊/山賊/盗賊説は、別の文脈でですが私の過去コラムに出てくるので最終的解答ではありえない、と、ご承知おきください。
しかし、最終的解答ならぬ、中間的解答なら、初歩的な世界史の知識があればあてずっぽうで誰でも到達できるのであって、私は、そんな解答で結構だと割り切っているんです。
なぜ、結構なのか?
その中間的解答にさえ到達できれば、ほんのちょっとネット・・但し、できれば英語のサイト・・にあたっただけで、最終的解答に比較的容易に到達できるからです。
もう一つは、この中間的解答こそ古今東西誰も指摘したことがないものであるのに対し、最終的解答の方は、別の文脈でですがずっと以前から周知のことだったようだからです。



357 :太田述正:2019/09/10(火) 07:18:07 ID:LeP31F/K
 皆さんの熱心さに応えて、出血大サービスのヒント集を。
 「欧米時代って、要するに〇の時代じゃないの」、の〇が中間的解答です。
 〇は短いです。
 皆さんが誰でも知っている、あの年(年代)、が私の頭に、高校生くらいの時からずっと蟠っていたことが、今年8月初頭における〇の「発見」に繋がり、ネットで英語サイトをちょっと調べる必要があったけれど、その直後の最終的解答である●を、私に見つけさせたのです。
 言うまでもなく、●は、「欧米時代になった原因は●」の●です。
 なお、●は〇と長さは同じくらいの長さで表現できるけれど、紛れをなくすためには、かなり長い言い回しが必要です。
 で、この際、本問いかけに対する解答の形を変更することにしたいと思います。
 今までは、〇でも●でも、どちらも正解にするつもりだったのですが、今後は、●だけを正解にします。
 とにかく、まずは、〇の解答を試みてください。
 それが私の想定する正解であれば、その旨公表します。
 但し、〇を解答しただけでは、もはや、正解者にはなりませんからね。
 もちろん、同時に●を解答してもらってもかまいませんが・・。。
 実は、〇さえ知れば、●はあてずっぽうでも解答できるようになりますよ。

358 :太田述正:2019/09/10(火) 07:22:07 ID:LeP31F/K
(訂正)
なお、●は〇と長さは同じくらい

なお、●は〇とは同じくらい

359 :K.K:2019/09/10(火) 12:34:26 ID:Yn2aez8A
»皆さんが誰でも知っている、あの年(年代)、が私の頭に、高校生くらいの時からずっと蟠っていたことが«

 欧州にロシアを含めるということですから、『あの年(年代)』というのは、『375年(民族移動時代)』以外にないですよね?
 次は、太田さんの頭の中に何が蟠っていたか、ですね。う〜ん

360 :太田述正:2019/09/10(火) 12:53:10 ID:LeP31F/K
違います。

361 :Andyの馬鹿:2019/09/10(火) 18:11:27 ID:rnX9E0GI
欧米時代って要するに大航海時代のことじゃないの
アジア・北アフリカとのSpice Trade とお茶(香辛料・ハーブ・薬物・アヘン)のためにインド洋(アフリカ経由・中東経由)ルート、コロンバスのアメリア大陸発見に始まるアメリカ・太平洋経由ルート、ロシアのシベリアルート経由の中国茶輸入ルートができた。モンゴル帝国の侵略から生き残った人間たちは中国由来の火薬・銃火器を学び、大航海時代に突入して世界を支配した。

362 :太田述正:2019/09/10(火) 19:21:51 ID:LeP31F/K
残念ながらペケ。
私が、欧米にアングロサクソンもロシアも含まれると言っていることをお忘れなく。
まずイギリスだが、確かに海路でこそあったけれど、ヘンリー7世が、ジョン・カボットに1496年に勅許状を与え、西方に向けて探検に送り出し、1509年までの間に、北米大陸の東北部を発見・調査させているが、
https://en.wikipedia.org/wiki/John_Cabot
これは、「香辛料・ハーブ・薬物・アヘン」交易ルートの開拓を意図したものではなかった。(上掲)
また、ロシアでは、海路ではなく陸路で、「コサックの首長イェルマークによりシベリア征服が進められ<、>イェルマークは1578年10月に東進を開始し、シビル・ハン国を攻撃、イェルマーク自身は途中戦死するものの、ついに1598年シビル・ハン国は滅亡した<ところ、>その後ロシア人は東進を続け、1636年にはコサックのイヴァン・モスクヴィチンがオホーツク海へ至り、ロシア人はシベリア横断を達成し<、>これ以後シベリアはロシア人の植民地となった」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%A2
わけだが、こちらは、大航海時代とはほぼ関係がなさそうだし、当然のことながら、「香辛料・ハーブ・薬物・アヘン」交易ルートの開拓を意図したものでは全くなく、毛皮交易を最大の目的としていたとされている。(上掲)
以上の、イギリスの公的営みやロシアの私的営みは、実行者に大変なリスクを冒させて行われたものであり、私は、この2国によるものも含め、彼らの真の動機が何か、を問いかけているんだな。



363 :太田述正:2019/09/10(火) 19:26:12 ID:LeP31F/K
>361 見落としてたけど、一応、ロシアにも言及されてたのね。
ま、私が書いたことは、基本的にそのままでいいけど・・。

364 :monta:2019/09/11(水) 02:49:24 ID:Jr9UU02z
太田さんのおっしゃる欧米時代とはルネサンス期の事ではないですかね、
その原動力は古代ギリシャ的なユートピアの探求では?

365 :monta:2019/09/11(水) 02:49:35 ID:Jr9UU02z
太田さんのおっしゃる欧米時代とはルネサンス期の事ではないですかね、
その原動力は古代ギリシャ的なユートピアの探求では?

366 :太田述正:2019/09/11(水) 07:06:32 ID:78Ligubt
なかなか興味深い説ですが、ルネサンスは、「古代ギリシア・ローマの学問・知識の復興を目指す文化運動がイタリアで興り、やがてヨーロッパ各国に波及した」もの
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B9 ※
であるところ、この「ヨーロッパ各国」中にロシアは登場すらせず、しかも、「ルネサンスを社会形態まで含めた総体的運動として捉えた場合、ルネサンスは本質的にイタリア固有の現象」(上掲)でしたからねえ。
また、「ユートピア・・・は、決して「自然のなかの夢幻郷」ではな<く、>人工的で、規則正しく、滞ることがなく、徹頭徹尾「合理的」な場所で<すが、>西ヨーロッパにおいてはこの模範はギリシャ社会を厳格に解釈したものに求められ<た>。・・・
 <そして、>16世紀にスペイン帝国が新大陸に入植した際に、・・・イエズス会は入植開始からパラグアイのグアラニー人を使って、モアの『ユートピア』に記されているとおりの生活を実現させる実験をイエズス会が追放される1767年まで行った。
また、初代ミチョアカン司教になるフランシスコ会修道士バスコ·デ·キロガは、モアの『ユートピア』に影響を受け、メキシコ市郊外に「サンタ・フェのオスピタル」と呼ばれる実験的セツルメントを構築した」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%94%E3%82%A2
ところ、この「『ユートピア』<の著者であるイギリス人の>トマス・モア(1478年 - 1535年)は<、>・・・メディチ家のプラトン・アカデミーの中心人物で・・・プラトンの著作を翻訳した・・・フィチーノの著作に影響を受け、<また、>・・・新約聖書をギリシア語から翻訳した・・・ネーデルラント<の>・・・エラスムス(1466年 - 1536年)・・・と交友を持った」(※)ことは確かです。
しかし、肝心のイギリス人自身の北米大陸入植においては、かかる言動は見られませんでしたし、いわんや、欧州とイギリスのアジア進出においては、(ロシアを含む)欧州側も含め、かかる言動は見られませんでしたよね。


367 :名無し@安全保障:2019/09/12(木) 20:41:49 ID:WBwMuer8
>事情がまるっきり違うっての!

日本国内と占領地では募集や運営に違いがあったという事?

368 :名無し@安全保障:2019/09/12(木) 22:49:35 ID:UOLN7Nbz
旭日旗が韓国に於いて国民的呪詛の対象と成ったのは、
2011年のサッカーアジアカップでの日韓戦で、奇誠庸選手が
日本に対して猿の真似をするパフォーマンスを行った件で、
これはFIFAが禁じている人種差別行為に当たるのではないか
との非難の声が上がり、それに対して奇誠庸選手が言い訳で、
観客席に旭日旗が有ったからという説明をしたのが始まりです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%87%E8%AA%A0%E5%BA%B8#%E7%8C%BF%E7%9C%9F%E4%BC%BC%E3%83%91%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%A8%92%E5%8B%95

殆ど生存者の居ない日本帝国時代の記憶が改竄されるのは理解
できますが、この事件が起こったのは8年前です。にも拘わらず、
韓国人が集団的記憶喪失状態に成っているのには驚かされます。
私が疑問に思うのは、大義だけでこの現象を説明できるのかと
いう事です。

369 :太田述正:2019/09/13(金) 06:46:52 ID:KkgwzTyX
 日本のカルトで戦前に生まれた生長の家にしても、戦後に生まれた幸福の科学にしても、日本的な習合的宗教文化を「大義」としてますよね。↓

 「生長の家は、神道や仏教、キリスト教、天理教、大本等諸宗教はその根本においては一致するという「万教帰一」という思想を主張・布教している。ただし、現総裁の雅宣が生長の家の経典を含む各宗教の聖典の原理主義的解釈を否定している」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E9%95%B7%E3%81%AE%E5%AE%B6
 「幸福の科学では、単純な一神教信仰ではなく、またフラットな形の多神教でもない。「多様な価値観を包摂しながらも、融合させ調和させてゆく」という立場をとっている。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6

 私が名づけたところの、文・カルト、と、私の言う「大義」との関係も、そういったもの・・「大義」がなければ生まれ得なかったもの・・だとご理解ください。

370 :太田述正:2019/09/13(金) 06:47:47 ID:KkgwzTyX
>367

 これを参照してください。↓

 「スマラン慰安所事件・・・」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%B3%E6%85%B0%E5%AE%89%E6%89%80%E4%BA%8B%E4%BB%B6


371 :名無し@安全保障:2019/09/13(金) 15:38:35 ID:FQ7uAL42
ハートウォーミング↓

14年前に、仙台駅でクレイマーさんを助けてくれたJR社員 https://www.huffingtonpost.jp/entry/judd-cramer-found-lifesaver_jp_5d74bab4e4b07521022ddb58

372 :名無し@安全保障:2019/09/13(金) 15:41:00 ID:FQ7uAL42
返信をするときはこっちの方が親切かも(半角)

>>367

373 :太田述正:2019/09/14(土) 13:01:20 ID:sM1VpvDH
>371

その程度で大感激する世界で育ったクレイマー氏がむしろ気の毒。
ハートウォーミングなのは、こういう記事。↓

 「来園者もびっくり!熊が檻の中で猫に遭遇した瞬間・・・」
https://www.giveitlove.com/bear-encounters-a-house-cat/?utm_source=tb&utm_medium=msn-edgedefaulthomepage-japan-tb&utm_term=%E3%83%8E%E3%83%A9%E7%8C%AB%E3%81%8C%E7%86%8A%E3%81%AE%E6%AA%BB%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AB%EF%BC%81%E7%86%8A%E3%81%AE%E5%8F%8D%E5%BF%9C%E3%81%AB%E9%A3%BC%E8%82%B2%E4%BF%82%E3%82%82%E3%81%B3%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A-https%3A%2F%2Fs3.amazonaws.com%2Fhivemedia-images%2Fcreatives%2Fytr%2Fytr1-tb_ob.jpg&utm_content=274825819&utm_campaign=2812318-tb&utm_source=tb


374 :太田述正:2019/09/14(土) 13:14:10 ID:sM1VpvDH
>372

どうやったら「こっちの方」になるのか知りたいね。

375 :名無し@安全保障:2019/09/15(日) 16:35:10 ID:DwdQP1rf
>>370
大きな軍紀違反でも誰も処罰されなかった
小田島董大佐への訴えがあったので軍が知らない事はあり得なかった
以上から憲兵がまともに機能していなかった
だからその他の占領地である中国人慰安婦も同じような境遇だったので
国内募集組と占領地募集組では待遇が違う別物という事ですか?

>>374
半角にしてシフトを押しつつ>が記載されているキーを打つ

376 :太田述正:2019/09/15(日) 18:24:23 ID:Ms1DAfhl
日本軍の負傷兵や捕虜を米軍等の兵士が殺害するという、もっと大きな軍機違反(違法行為)、すなわち重大犯罪、でも、たとえ知ったとしても米軍等が処罰なんかした試しはないんだからお互い様です。
但し、犯罪はあくまでも犯罪であり、公然と行われたわけじゃありません。
慰安婦について言えば、「占領地」では公然たる募集組だけじゃなく、非公然たる違法な強制従事組もいた、ということです。

377 :管理人 ★:2019/09/15(日) 18:50:27 ID:kanrinin
>>235

囲碁は記憶力と反応速度の戦いではないので女でも勝てる。
覚えゲーの将棋とチェスは勝てない。
https://twitter.com/key_poker/status/1172864069373530112
https://www.nihonkiin.or.jp/match_news/match_result/28_4.html

地と模様を超えるもの 趙治勲
https://amzn.to/2jWO7io

378 :名無し@安全保障:2019/09/15(日) 20:59:51 ID:1H9GhFmr
・・・香港社会の諸矛盾の筆頭は所得格差である。驚くべき数字だが、香港の『ジニ係数』たるや、0・539と、まるで中国なみである(中国は0・62)。
大学の門は狭く、受験競争は日本より激しく、たとえ一流企業に就職できても、これほどマンション価格が上昇すれば住宅取得も、そして結婚も難しくなる。人生に明るい展望が希薄となった。

ところが大陸からやってくる「太子党」のこどもたちは大学に裏口で入り、コネで企業にあっさりと就職し、カネにあかせて豪勢な生活を営んでいる。「特権階級のいいとこ取り」と映り、かれらは怨嗟の的となる。

すなわち植民地の宗主国が英国から中国に変わっただけではないか。若者達の怒りは深く堆積していた。
この点で旧世代の香港人の意識とは異なる。とくに1967年の香港暴動は反英国環状が爆発し、その背後で指令していたのは北京であり、周恩来が叛乱を支持していた。・・・
http://melma.com/backnumber_45206_6859622/

香港デモの一番の動機は、実は経済問題?

379 :太田述正:2019/09/15(日) 21:11:08 ID:Ms1DAfhl
確かに経済問題なんだけど、その原因はもっと単純。
遅れた中共と先進諸国との中継貿易で栄えた香港だが、中共の経済発展に伴い、もはや甘い汁は吸えなくなったってこと。(コラム#省略)

380 :komuro:2019/09/16(月) 14:18:07 ID:CatO4AUL
≫ X29パソコンで、今朝、ブルースクリーンになり、%も進行しないという初めての症状が出て、強制再起動をしました。≪(コラム#10803。太田)

ウチのPC(Win10pro 64bit)もここ1カ月くらい、不調になったり直ったりを繰り返しています。
ブルースクリーンは出ていませんが、Windows起動後にソフトが異様に遅くなったりしました。
それ以外では起動時のロゴが変わったり(これは戻った)、壁紙が変わったりしました。

そこで気になるのが WindowsUpdate です。
一昨日も「更新してシャットダウン」のメニューが出ました。最近だと4回目です。
マイクロソフトが変なアップデートをしているんじゃないかと、邪推しています。



381 :komuro:2019/09/16(月) 15:03:39 ID:CatO4AUL
>>377 山本さんへ
≫囲碁は記憶力と反応速度の戦いではないので女でも勝てる。≪(コラム#10803。山本)

上野愛咲美女流棋聖の活躍には、目を見張るものがありますね。
私が彼女を知ったのは2年前で、女流タイトル戦に登場したときだと思います。
先日のNHK杯では、聞き手の女性棋士から「不思議ちゃん」と言われていて、かなりおっとりした性格とのこと。

趙治勲先生の本はあのあと買って、全体を流し読みしました。
この本の中には「自分と違う考えのプレーヤーもいる」と書いてあり、他の棋士とはだいぶ違う感覚の持ち主だと感じました。
私が楽しめたのが、現代棋士についての評価です。
昔の見たこともない名人より、TVや雑誌にいつも登場する人の方が、治勲先生の考えが分かって良かったです。
ただ私の考え方が、治勲流になることは無さそうです。


382 :猫魔人:2019/09/17(火) 00:31:51 ID:woil7ZOl
太田さんは大学受験では、受験勉強の必要ない科目が複数あるのが
優秀な受験生とされ、(https://www.ohtan.net/blog/archives/13879

国語でさえ受験勉強が必要な学生は
1浪、2浪しちゃうとおっしゃっています。

https://www.ohtan.net/blog/archives/13941

東大ご出身の学力をもってすればそうなのかもしれませんが、
東大や早稲田の国語の問題を合格レベルにもっていくのはかなり
困難だと思いますが、その点どうなのでしょうか?

例として、早稲田は、一説には合格最低点が8割弱要求されるよう
で、特に、問題が難しい早稲田政経・法あたりで国語の合格点を採る
のはある種の才能が必要と思うのですが、どうなのですか?

(https://ameblo.jp/center90-waseda/entry-11988948324.html)

また、早稲田(特に政経)への併願成功率は、旧帝大合格レベルでも
厳しいようです。

典拠はこれ以上探しても見つかりませんでした。
その点、申し訳ございません。

https://matome.naver.jp/odai/2150428819307934301

383 :太田述正:2019/09/17(火) 06:32:07 ID:mDuDbE/v
 高レベル校の大学受験において、国語(現代国語)で良い得点をとるためには、(授業はもちろん受けているという前提でですが、)受験独特のテクニックを身に着けるための受験勉強が必要である、というご主張だとして、その理由が殆ど書かれていませんし、お示しの諸典拠を読んでも何も書かれていませんが・・。

384 :名無し@安全保障:2019/09/17(火) 19:10:07 ID:TOwXdjPg
決して貧困家庭ではなかった僕の子供時代の成績が悪かったのは、親から金の愚痴(車や家のローン)ばっかり聞かされてたからなんだろうか↓

ひろゆき氏「貧乏になった人は頭が悪くなる。不愉快でも事実として受け入れたほうが良い」・・・お金への欠乏が知能に与える影響は、やはり大きいことがわかりました。知能検査での正解率は、収穫後のほうが約25パーセントも高かったのです。この違いはIQに置き換えると9~10ポイント相当にもなります。http://blog.esuteru.com/archives/9380887.html

385 :太田述正:2019/09/17(火) 20:48:42 ID:mDuDbE/v
典拠で引用されている研究は、裸の資本主義社会である米国の研究者達によるところの、しかもどういうわけか経済学教授がからんで行われたためでしょうか、歪んでますね。
トンネリングって、原因はカネじゃなくって家庭内不和だってなんだっていいはずですよね。
いや、そもそも、試験に集中できない状況なら低い点数しかとれないなんて当たり前じゃないですか。

386 :ブルー:2019/09/19(木) 23:04:58 ID:qtfvbci6
このコラムを批判してみよ。

>アフリカやアジアを植民地にすることは、西欧の当時の法律ではすべて「合法」だったのですから。現在の「リベラル」な人権概念を過去に適用することによって、はじめて奴隷制度や植民地主義を批判できる

歴史批判と裁判を混同してる。

>自分がやっていないことには責任をとる必要はないし、勝手に責任をとってはならないのです。

これでは人員を管理する人間の責任を問えない。

387 :名無し@安全保障:2019/09/20(金) 00:07:29 ID:JRG1vZ8E
解答締め切られてしまいましたね

全く当てずっぽうですが、
北高 南低
これ屋内生活の長さと比例しませんかね
寒ければ家に籠り結果的に屋内での娯楽が発展しますね
サンドイッチ伯爵のようにゲームに興じるだけではなく
結果的に屋内できる娯楽=室内楽、クラシック音楽、科学、数学が発展したのではないでしょうか

388 :名無し@安全保障:2019/09/20(金) 02:30:44 ID:O5ZNuDF7
>>376
なるほど
公然と行わなければバレても摘発されないという状況下で
現地で違法な事業を行う場合は現地の人間を使う方が手っ取り早い
だから「外国人慰安婦=被害者」という図式なんすね

>このコラムを批判してみよ

法的な責任と道義的な責任を混同している
で良いのかな?

389 :388:2019/09/20(金) 03:05:16 ID:O5ZNuDF7
考えていて追加の疑問が出てきたのですけど
公然と行わなければ
というのは敵相手だからという心理が働いているからですよね?
だとするとフィリピン人やベトナム人の慰安婦は居ないか極端に少ないのですか?

390 :太田述正:2019/09/20(金) 08:05:23 ID:VSbHp/lo
https://www.ohtan.net/board/test/read.cgi/bbs/1545229300/387

への返信(>>387、と打ち込むのできないよー):

 クラシック音楽は、プロト欧州文明が生み出したものであり、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E9%9F%B3%E6%A5%BD
「北」の産物とは言えないでしょう。
 また、室外ゲームである近代スポーツは、その殆どが「北」のイギリスで生まれていますよ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2

391 :太田述正:2019/09/20(金) 09:17:37 ID:VSbHp/lo


https://www.ohtan.net/board/test/read.cgi/bbs/1545229300/389
への返信:

 いや、そうじゃなく、兵士達による違法行為を厳しく摘発し過ぎると、彼らの士気を損ねかねない、ということなんですよ。
 だから、敵国人だけじゃなく、現地人だって違法行為の対象たりえたわけです。

392 :名無し@安全保障:2019/09/21(土) 20:09:23 ID:6rcBIz0f
「文政府は韓国を『国家』ではなく『民族』という観念で運営している」
・・・ソガン大哲学科チェ教授・・・
https://sincereleeblog.com/2019/09/20/%E3%80%8C%E6%96%87%E6%94%BF%E5%BA%9C%E3%81%AF%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%82%92%E3%80%8E%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E3%80%8F%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%80%8E%E6%B0%91%E6%97%8F%E3%80%8F%E3%81%A8%E3%81%84/

韓国のイスラエル化?

393 :K.K:2019/09/22(日) 06:03:09 ID:2olHDi72
>>390 「>>387、と打ち込むのできないよー」

 [>>387]と半角で入力すれば良いだけです。

 IMEが日本語入力状態である場合は、
1.[Shift]キーを押したままにして、
2.[>]を2回押して、
3.[Shift]キーを押したままにするのをやめて、
4.[387]と入力して(←全角でも半角でもどちらでもOKです)
5.[F10]キーを押して、
6.[Enter]キーを押す
です。

394 :komuro:2019/09/22(日) 15:20:48 ID:VEvecl5N
東京オフ会、お疲れ様でした。

講演が始まる前に換気のために窓を開けていたら、近所の犬が吠え始めました。
どうやら我々の怪しい雰囲気を察したようです。犬に可愛そうなので、暫くしてから窓を閉めました。

太田さんが雑談の中で「最近は早寝早起きになったおかげで、寝酒を飲まなくなった。夜11時に寝て、朝6時に起きる」。
「それって早寝早起きじゃなくて 普通ですよ」と参加者からかなり突っ込みが入っていました。
「読者の医者から"酒は身体に毒ですよ"と言われて飲まなくなった」とのこと。

ちなみに太田さんは、記事にxxが身体に良い・悪いと書いてあると、割りとすんなり受け入れられるんですよね。
そういう思考転換の速さが太田コラムにもあって、読者がすぐに着いていけないのかな、と感じました。

私が夕食の弁当を買って戻って来たら、「カラオケでは現在の曲を歌いますか? それとも昔の曲ですか?」と聞かれました。
「昔の曲か、そのミュージシャンが演奏している現在の曲です」と答えると「男性はそうなんですよね」とのこと。
どうやら女性は最近の曲を歌うようで、男女差について話が盛り上がっていました。
他にも塾の講師をしたときの体験談や、会社の上司が女性のときの苦労話など。
やはり太田コラムの最終テーマは「男女差について」ですね。

差し入れの最中は、近所に相撲が好きな人がいて、升席のお土産として貰ったものです。
皮は行司軍配の形ですが、味はいたってフツーでした。

395 :太田述正:2019/09/22(日) 21:27:35 ID:ZJ724sH1
若干の勘違いが・・。

>「読者の医者から"酒は身体に毒ですよ"と言われて飲まなくなった」とのこと。

コラム#10637で、そう言われたけど、回数、量とも大して飲んでいないのでお目こぼしを、と、私、書いてますよ。
なお、私が早寝早起きになったのは、風呂場スピーカーを活用する目的で、夏場の夜シャワーを朝シャワーに切り替えたからだ、とも、コラム#10575で書いてまーす。

396 :太田述正:2019/09/22(日) 21:32:13 ID:ZJ724sH1
 で、昨日は舌足らずだったと反省していますが、私が、アルコール飲料を殆ど飲まなくなったのは、(私なりの)早寝早起きするようになった結果のようです。

397 :名無し@安全保障:2019/09/22(日) 22:03:48 ID:885aXjU/
軽度のアル中で、シアナマイド無しでは断酒できないの自分としては、自らの意思でコントロールできる人の事が羨ましいね。。。

座禅って効くのかしら?↓

 坐禅の目的として,@飲酒中心の生活という不規則
な生活習慣の改善,A坐禅によって体を調え,呼吸を
調え,心を調えることにより,心を落ち着かせ,身体
を健康にする,B瞑想の効用として,心と体にたまっ
たストレスが解放され深い休息とやすらぎが得られる.
今,直面している問題や出来事を乗り越えていく知識
と活力がわいてくる.人は瞑想により自分の心を知り
本来の自分自身を取り戻す事ができる.などが挙げら
れる.https://core.ac.uk/download/pdf/52204233.pdf


398 :太田述正:2019/09/23(月) 08:47:44 ID:1j9Tln91
 私は自分の意思でコントロールしようとした(アルコール飲料を控えようとした)わけじゃなく、意外にもアルコール飲料を殆ど欲しなくなったってだけのこと。
 座禅の効用については、「サマタ瞑想」and/or「座禅」、で検索して自分で調べて。

399 :猫魔人:2019/09/24(火) 01:23:28 ID:oplGGupD
まず、私の論旨が明快でない点申し訳ございません。

 論旨の明快さが重要である点を今後は気を付けます。

 次に、国語で良い点を取るには、受験独特のテクニックを身に着けるための受験勉強が必要である理由ですが、
その理由は、高レベル校の入試で出題される国語の選択肢問題は、筆者の主張が何なのか本当に理解していないと
解けない高レベルなものだからです。その筆者の主張を掴む方法が一筋縄ではいかず、消去法だけでは選択肢は切れませんし、
その方法が今一つ分からないです。

 好例として、現段階で東大京大一橋を除いて最も国語の合格最低点が高い(≒難しい)と思われる早稲田政経の2019年度
の問題の大問1を挙げます
(一橋と早稲田政経の問題のどちらが難しいかは議論が分かれるでしょうが、その点は今回取り上げません)。

http://www.toshin.com/sokuho/univ.php?univname=%C1%E1%B0%F0%C5%C4%C2%E7%B3%D8

(以上東進衛星予備校より。なお、問題に付した回答ですが、大問1に関しては、東進・河合塾・慶早進学塾すべての回答が
一致しているのを確認済みです)

 大問1では、問1は対比関係を手掛かりにすれあ、問2は古文の一般知識、問3は一般常識、及び問4も同じく
一般常識で解けます。
 問5は「無軍備論」を解釈すれば、とりあえず、軍事力を持たずに国政を行うべきという主張と軽く把握できれば、題意の
通り、その主張を最も「端的」にいうのが、「我衆一兵を」であるというのは理解できます。

 しかし、問6は、筆者の主張を真に理解しなければ、消去法だけでは回答不能です。
「この両極の間に巨大なリアリティをもって存在している民衆それ自体からである」の説明としては、
「ニ」「知識人は極論に陥ることを避けるために、民衆の存在をたえず念頭に置かねばならない」が回答とのことですが、
「民衆の存在をたえず念頭に置かねばならない」という筆者の主張を文中から見つけることができず、消去法で、
「ニ」を間違いと判断しました。
 そして、問6が問題とする傍線5の前段落に、「洋楽紳士の・・・積極的支持を・・・行ったのである。」
とあり、、洋楽紳士=知識人であることから、「ハ」「知識人の極論によって、現実をわきまえた生活人としての民衆を
納得させることはできない」
 が正解と判断しました。

 また、問7では、筆者の考えを答えされられますが、答えとしては「二」、
「筆者は、洋楽紳士の徹底した民主化論が、民衆の支持を得られなくなったことを、当然だと考えている」でしたが、
私の国語力では、5択中間違っているのは「イ」であり(「イ」と同旨の主張が文中に一切ない)、「イ」を消去法で
削除し、さらに、「ホ」、「筆者は、豪傑君の軍備拡張論を、議論の手順を無視した暴論として、言語道断だと考えている」
という主張について、傍線部4と同じ段落中に、「そこで豪傑君は、・・・になっている。」とあり、豪傑君が、
議論のプロセス(=@民主化論+A無軍備論)を無視してAのみを非難していることは、「軍人によくあったような論法」
であり、それは、つまり226事件の「問答無用」(論理を無視する)であると解釈しました。
 したがいまして、「ホ」こそ、筆者が言いたかった主張と判断しましたが、実際には「ニ」が正解でした。
 しかし、「ニ」が正解である根拠は私には不明でした。最終段落の前段落に
 「洋楽紳士の・・・民衆の側からの積極的支持をうることが出来なくなって行ったのである」という文が気になりましたが、
私には、この一文は客観的記述であるとしか思えませんでした。

(問8は、知識問題なので省略します。もっとも早大らしいかなりハイレベルな問題で、取りこぼしたら不合格が近づく
 のでしょうが)


 太田さんからすれば、早稲田政経の問題は標準的な問題だと思いますし、
洋楽紳士の無軍備論は欧州文明の病理に取りつかれた「ゴミ」だと思いますが、それはともかく、
高レベル校の国語の問題は、消去法だけでは日本語話者でも対応できません。この点は、私の国語力について、
何が不足しているのでしょうか?ご教授いただければと思います。

400 :太田述正:2019/09/24(火) 09:22:29 ID:BIPMTxKz
 立派な大学を卒業されているあなたが、今更、大学入試や入試問題にこだわる理由が私にはよく分かりませんが、お示しの問6、易しい設問だと私は思いますよ。
 問が引用している『この両極の間に巨大なリアリティをもって存在している民衆それ自体からである』の直前の文章は「この悲痛滑稽、過と不足だけしかなくなるという、その判断反省の出所は、矢張り、」であるところ、「その判断反省」を行う主体として想定されている人・・この文章を読んでいる人、ないしは読まされている人、でもある・・が「民衆」の一員であるのか否か、を考えればいいのです。
 (別の言い方をすれば、筆者の堀田善衛自身、自分を「民衆」の一員だと思っているのかどうか、です。)
 そのような人(≒堀田)、が「民衆」の一員ではないことは、『』内で「民衆」を客体視していることから明らかでしょう。
 それだけで、イロハは正解から除かれてしまいます。
 後は、二とホの二択ということになりますが、ホ的な趣旨の話は、文中に全く登場しないので、正解は二、ということに。

>私の国語力について、何が不足しているのでしょうか?

 しいて言えば、ですが、日本語では主語が省かれることが多いので、主語が何であるかを常に考えながら読むことでしょうかね。


401 :猫魔人:2019/09/24(火) 22:46:37 ID:oplGGupD
問六へのほれぼれするような回答ありがとうございました。

太田さんからすれば、問六は「簡単」なのかもしれませんが、私
にとっては目からうろこが出る解答でした。

しかも、その方法論の正体が、「主語が何かを常に考える」という
事であるのも、私には初耳でした。

たしかに、主語が何か特定するという手法が念頭にあれば、
ハイレベルな問題で、筆者その他登場人物の主張の選択肢問題で、
一見、主語が見当たらない選択肢を消去法で切らずに、主語の言い換え
を探せて正答が出せる可能性が出てきます。

大学入試にこだわる理由はたしかに今さらないのですが、わからないままやり残した課題として、ずっと難関大の国語の問題の回答手法が
疑問でした。

高校でも教わりませんでしたし、周りの同じ大学の人も分からず
じまいでおわっており、謎が解けて良かったです。

最後になりますが、太田さんは、優秀な受験生は受験勉強の必要
ない科目が複数ある学生とおっしゃっていましたが、太田さんの
ご解答を見るにつけ、たしかにと納得できました。

しかし、国語は、特に地方では、国語の高度な解法など
誰も教えてくれない可能性が高いと思いますから(私は太田さんの
主語を特定すべきというアドバイスは初耳でした)、太田さんと
異なり、国語は受験勉強の必要性が低い科目ではなく、国語こそ、
あまり知られていないテクニックを習得する必要性の高い科目である
と認識しました。

402 :太田述正:2019/09/25(水) 07:06:42 ID:zyhgecKG
 世界史の年号や化学の周期律表の覚え方なんてのが典型的な受験テクニックなんでしょうが、確かに問六がらみで私が述べたこと(α)も、受験テクニックということになるのかもしれません。
 しかし、仮に、αをさあ受験だと眦を決して身に着けようとしても、限られた時間で、国語の他の諸受験テクニックや同じく不得意な諸他教科の諸受験テクニックだって身に着けなければならないのですから、容易なことではないと思いますよ。
 基本的には、それまでの読書量がモノを言うのではないでしょうか。
 そもそも、たくさん読書する、読書できる、のは、著者や筆者の言いたいことが相当程度分かるので面白く感じるからこそなのであり、「相当程度分かる」ためには、αのようなことを既に身に着けている必要があります。
 この能力は、先天的なものであるような気がします。
 この先天的能力が欠けている場合は論外ですが、不十分な場合に、さあ受験だから、と、能力アップを図ろうとしても、世界史の年号等の受験テクニックを身に着けるのとは違って、本質的に極めて困難では?

403 :名無し@安全保障:2019/09/27(金) 18:36:39 ID:LpTqApZQ
>>391
憲兵が士気の低下を理由に軽い軍紀違反の見逃しならともかく
重い軍紀違反を見逃す理由にはならないのでは?
こんな事が士気の低下で正当化されるのなら、軍紀とは何のためにあるものなの?

404 :太田述正:2019/09/28(土) 06:35:37 ID:x26wFfd+
戦時下の兵士って、いつ死んでもおかしくない環境に置かれていて、自分自身もいつでも故意の殺人を(命令を受け、或いは自己防御のために)行わなきゃならないんだぜ。
彼らの規律を維持する側だって同じことだ。
だから、平時とは犯罪の軽重の観念だって自ずから変わらざるをえないだろな。
そういうことを含め、高度の知性を持ち合わせている日本人達は、戦争が大嫌いだからこそ、戦後、自国を属国に貶めてまでして、米国を国ごと雇ってに戦争を請け負わせてるわけだよ。




405 :名無し@安全保障:2019/09/29(日) 11:49:04 ID:M+ZEG1zS
ラグビーの盛り上がりに関してはアジア初開催を成功で終え、世界に競技を普及したいと思っている協会が良くも悪くも過剰に「盛って」いる可能性もありますがね。

日本国内ですらマイナー競技ですからね。↓

新潟工は「花園」に15年連続で出場している名門校だが、今春の新入部員は7人。稲垣の代は約30人だっただけに、樋口監督は「ラグビー部の存続さえ危うい」と学校のラグビーグラウンドの天然芝化を計画。https://www.nikkansports.com/sports/rugby/news/201909080000437.html


406 :komuro:2019/09/29(日) 16:28:56 ID:MkA6Kr4D
≫秋の夜、日本が勝ったWラグビーの対アイルランド戦、前半の途中から最後まで見たー。≪(コラム#10829。太田)

太田さんが NHK BS4k放送で、ヤマハのサウンドバーからサラウンド+重低音を出しながら、ビールを片手に歓声を上げる様子が目に浮かびました。
この間のオフ会で吠えていた近所の犬は、さぞかし迷惑したことでしょう。
次の試合も騒がしいと思うけど、日本のためだから勘弁してね。


407 :太田述正:2019/09/29(日) 17:24:39 ID:UohJHG0m
基本的に飲まなくなっている上、食事時に飲むことは従来からなかったので、アルコール飲料は抜きですよ。
ところで、私の見たのはNHKの1チャンネルだったのですが、そう言えば4K放送もやってたんですよね。
次回からは、そっちで見ることにします。
犬なんですが、私、犬の鳴き声をウチで聞いたことがないので、ちょっと不思議だなあと思っています。
これからは、時々、聞き耳を立ててみることにしましょう。

408 :ブルー:2019/09/29(日) 18:42:48 ID:jxOqNAQE
「バグダッドカフェ」は以前に1回だけ見て、主人公の共感能力が発揮されるシーンだけで、当時はその言葉を知りませんでしたけれども漠然と主人公が「人間(じんかん)主義者」であるがゆえに旅行先で出逢った人達との心の交流を結んでいってるんだ、と思い込んでいましたが、まさかそれとは真逆の人種主義に立脚した西欧中心主義的善導の戯画化的喜劇、という結論になるとは思っても見ませんでした。しかもそれが明らかであるとは。恐らく監督はそれの偽善性を風刺した訳ではなく、そうした事を背景にした心暖まる喜劇を作ったつもりなんでしょうね。でも音楽が好みにあってサウンド・トラックは今でもいいと思います。

韓国人の「ああ、余裕のあった、古き良き日本はもう存在しないのだとあらためて感じました。日本社会も韓国と同じように喘いでいて、韓国と同じように世論を外に向けさせないといけないのだなあと」といった嘆きは日本人には他者の事を考えない甘え、としか見えませんが、それこそが人間主義が無い国とある国の認識の違いというものなんでしょうね。

409 :名無し@安全保障:2019/09/29(日) 23:15:26 ID:3pDV8OzM
>>404
今の日本でも起訴猶予というものがあるから
見逃しは戦場のルールで起訴猶予処分になったというだけなのかな
そういう状況下で起訴するかどうかの決定権のある憲兵は大変なのだろうね
何でもかんでも不起訴だと軍隊組織が瓦解するし、何でも間でも起訴すると士気が低下する
高いセンスが求められる

410 :名無し@安全保障:2019/09/30(月) 20:47:09 ID:6gF/OYOC
久々の映画推薦。

『サウルの息子 』

推薦理由:「ゾンダーコマンド」を太田コラムで検索しても出てこなかったので、「せっかくなので」と思い、推薦。

映画の内容はwikiの情報量を上回るものではないけど、話のスジはあるし、演技も抑え気味なので太田さん向けだと思いますよ。

『サウルの息子』・・・2015年のハンガリー映画。第二次世界大戦中のアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所を舞台に、ゾンダーコマンドの囚人であるハンガリー人の男サウルに起きる一日半の出来事を描く。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%81%AF%E5%AD%90



411 :名無し@安全保障:2019/09/30(月) 20:51:53 ID:6gF/OYOC
訂正

wikiの情報を上回るものではない


「ゾンダーコマンド」のwikiの情報を上回るものではないhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89_(%E5%BC%B7%E5%88%B6%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80)

412 :太田述正:2019/10/01(火) 10:08:38 ID:mIpyqiuX
 199円(但し、アマゾンのカードで5%還元)で「レンタル」して、
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%81%AF%E5%AD%90-%E5%AD%97%E5%B9%95%E7%89%88-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%82%B6/dp/B01HQNLY0S/ref=sr_1_fkmr0_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=Prime+Video+%E6%A4%9C%E7%B4%A2+%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%81%AF%E5%AD%90&qid=1569891562&s=gateway&sr=8-1-fkmr0
X299パソコンで視聴するのが一番手軽みたいだけど、星が3.5だし、そこまでして、と躊躇中。

413 :名無し@安全保障:2019/10/02(水) 22:07:33 ID:uz2u9/qm
平沢進なんてどうですかねえ。

日本語の曲だけど海外からの評価が高いです。

Susumu Hirasawa - Parade
https://www.youtube.com/watch?v=APIKVLw1tT0

Susumu Hirasawa - The Girl In Byakkoya
https://www.youtube.com/watch?v=21JuYIPHMF8


414 :太田述正:2019/10/03(木) 08:16:37 ID:j0qMVlCV
なかなかのもんですねえ。

415 :名無し@安全保障:2019/10/03(木) 15:23:35 ID:e1K1u4Nr
ちょっとスライドが長いけど、
今、人気の歴史学者(?)のユヴァル・ノア・ハラリが提唱している
ホモ・デウスの感想を太田さんに聞きたいと思った。

https://note.mu/nogacchi/n/n0a09f10fa38e


311KB
続きを読む

名前: E-mail(省略可)
READ.CGI - 0ch+ BBS 0.7.4 20131106
ぜろちゃんねるプラス