■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 最新50 [PR]賢威テンプレート[PR]  

法と経済学

216 :ned massive:2023/02/16(木) 14:58:06 ID:0uM8Fwtb
残念ながらトルコ・シリア大地震の被害の甚大さは、地震自体のエネルギーの大きさが原因ではないようですね。完全に人災です。


以下の記事からは、腐敗した行政と利を貪るデベロッパーの存在が、手抜き工事や違法建築物の横行をもたらし、大地震の甚大な被害をもたらしたことが理解できます。

しかし利便性のためマンションの1階の柱を取り除くなど、ちょっと理解不能な阿Q性を感じます。

エルドアンの地震への対応によっては5月の大統領選に影響を与え、ウクライナ情勢にも若干の影響がありそうですね。



>焦点:「腐った建物」と骨抜き規制、トルコ地震で建物多数倒壊
「1万8000人以上が命を落とした1999年の地震の後にも、建築基準法の不備と汚職が被害を悪化させたとして多くの非難を浴びた。
あるトルコの大手新聞は当時、「またしても腐敗した建物、そして悪徳な建築業者による手抜き行為だ」と報じていた。
デベロッパーが基準法を守らない建築計画を行うことも常態化しており、腐敗した政治家や地方自治体の担当者がこうした違反に目をつむって賄賂を受け取っていることも多いとの批判もある。・・・原因がコストカットと欲深さにあることは容易に想像がつく。それ以外に説明のしようがない。どれだけ代償を払っても、成長しようとする文化なのだ」
https://jp.reuters.com/article/turkey-quake-rotten-buildings-idJPKBN2UQ02B

>トルコで活動する日本人建築士「起こるべくして起きた」
『「安全基準を満たさなくても一定の金額を払うことで建物の使用が認められる「恩赦」と呼ばれる制度が存在することや、施工前後のチェックが甘かったり、設計や建築に関わる技術者の経験が浅くても資格を取得できたりするなど不備が多い」と指摘しています。
・・・トルコ南部アダナの14階建ての高層マンションが倒壊した現場では、1階に入っていた店舗が無断で柱を取り除き、マンションの住民とトラブルになっていた
・・・近所に住む60代の男性は、「数年前に家具店が店内のスペースを広げるために柱を取り除き、住民が訴訟を起こしていた。裁判所が退避命令を出すべきだったが、地震によって多くの命が奪われた」』
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230215/k10013980751000.html

138KB
続きを読む

名前: E-mail(省略可)
READ.CGI - 0ch+ BBS 0.7.5 20220323
ぜろちゃんねるプラス