ソーシャルメディア Rebatesお友達紹介キャンペーン オフ会9月26日→申し込み

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

「ユダヤ教」の記事一覧

キブツの終わり

太田述正コラム#1671(2007.2.24)<キブツの終わり>(2007.3.26公開) 1 始めに  イスラエルの最も古いキブツ(kibbutz)であるデガニア(Degania。1909年設立)が、先週、平等主義を捨 […]

ユダヤ人あれこれ

太田述正コラム#1465(2006.10.24)<ユダヤ人あれこれ>  (深刻な話題が続いたので、このあたりで一服しましょう。) 1 ユダヤ人の優秀さ  今年もユダヤ人からノーベル賞受賞者が出ました。 米スタンフォード大 […]

ユダの福音書(続)(その1)

<ユダの福音書(続)(その1)>   (本篇は、コラム#1169の続きです。) 1 始めに  ユダの福音書の発表以来、様々な議論が続いています。  ユダの福音書発見以来、それがカネ目当ての古物商達の思惑で、長期 […]

ユダの福音書

太田述正コラム#1169(2006.4.7) <ユダの福音書> 1 始めに   今般、米国ナショナル ジオグラフィック協会は、エジプトの砂漠の洞窟で1978年に見つかった約1700年前(220??340年頃)のパピルス文 […]

米国とユダヤ人(その3)

太田述正コラム#0487(2004.9.29)<米国とユダヤ人(その3)> 4 最近の米国ユダヤ人事情  ユダヤ人が大いに力を貸した公民権運動が成功し、これに加えてその後アファーマティブ・アクション(積極的差別是正措置) […]

米国とユダヤ人(その2)

太田述正コラム#0486(2004.9.28)<米国とユダヤ人(その2)> 2 米国のユダヤ人人口世界一へ  初期においては、米国におけるキリスト教原理主義とリベラリズムの戦いの帰趨は予断を許しませんでした。 しかしユダ […]

米国とユダヤ人(その1)

太田述正コラム#0485(2004.9.27)<米国とユダヤ人(その1)> 1 ユダヤ人の到来  現在ユダヤ人の町とも言われるニューヨークにユダヤ人が初めて到着したのは偶然によってでした。 ブラジルを一時オランダが(異端 […]

イギリスとユダヤ人(その3)

太田述正コラム#0480(2004.9.22)<イギリスとユダヤ人(その3)> 3 イギリスとユダヤ人の二回目の邂逅  1655年に、アムステルダムのユダヤ教のラビがイギリスのクロムウェルの政府にユダヤ人のイギリス復帰の […]

イギリスとユダヤ人(その1)

太田述正コラム#0478(2004.9.20)<イギリスとユダヤ人(その1)>  世界に天才民族があるとすれば、それはアングロサクソンとユダヤ人で決まりでしょう。 その両民族の英国における邂逅の歴史をふりかえり、その上で […]