ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2007年4月

新人材バンクのまやかし

太田述正コラム#1705(2007.3.26) <新人材バンクのまやかし>(2007.4.29公開) 1 始めに  現在の人材バンクについては、以前(太田述正コラム#1669で)触れたところですが、お化けメルマガのJMM […]

アバウトな話:消印所沢通信14

太田述正コラム#1748(2007.4.26)<消印所沢通信14:アバウトな話>  排水量はフネの重量……と,そんなふうに思っていた 時期もありました.  ついこないだ,調べて分かったんですが,実はそれでは 正解じゃない […]

控訴審結審

太田述正コラム#1746(2007.4.24) <控訴審結審>  本日私は、13時30分少し前、東京高裁の817法廷に入りました。入口には、裁 判長稲田龍樹、裁判官朝香紀久雄、足立謙三、高野(?)輝久とありました。  ( […]

バージニア工科大学乱射事件(続々)

太田述正コラム#1743(2007.4.22) <バージニア工科大学乱射事件(続々)>  (このコラムは、例外的にただちに公開します。なお、未公開コラムについても、原則として概要を太田掲示板(末尾参照)に掲載しているので […]

北朝鮮をいたぶる米国

太田述正コラム#1693(2007.3.16)<北朝鮮をいたぶる米国>(2007.4.15公開) 1 始めに  2月13日の6か国合意の第一弾、ヨンビョン(Yongbyon)の核施設の閉鎖を北朝鮮が約束通り60日以内に実 […]

英国のガーナ統治がもたらしたもの

太田述正コラム#1691(2007.3.14)<英国のガーナ統治がもたらしたもの>(2007.4.14公開) 1 始めに  比較的最近(コラム#1673、1677で)、「英国のインド統治がもたらしたもの」をとりあげたとこ […]

北朝鮮をいたぶる米国(続)

太田述正コラム#1729(2007.4.12)<北朝鮮をいたぶる米国(続)>  (これは、情報屋台用のコラムを兼ねています。) 1 始めに  私は、太田述正コラム#1693「北朝鮮をいたぶる米国」(近日公開)において、要 […]

古の文物を残す国日本

太田述正コラム#1688(2007.3.11)<古の文物を残す国日本>(2007.4.11公開) 1 現存する最古の印刷物  1966年に韓国の慶州の仏国寺の釈迦塔で発見された「無垢浄光大陀羅尼経」が、爾来、現存する世界 […]

慰安婦問題余話(その2)

太田述正コラム#1686(2007.3.9)<慰安婦問題余話(その2)>(2007.4.9公開) 4 つきつけられた選択  情報屋台で、元朝日新聞論説委員の高成田享氏が、私の慰安婦問題のコラムにも言及しつつ、「米議会で日 […]

慰安婦問題余話(その1)

太田述正コラム#1685(2007.3.8)<慰安婦問題余話(その1)>(2007.4.8公開) 1 始めに  このところ雑事で忙しいので、しばらく雑談をすることをお許し下さい。 2 たけくらべ  樋口一葉の『たけくらべ […]

米国の対イラン攻撃はない(その2

太田述正コラム#1680(2007.3.4)<米国の対イラン攻撃はない(その2)>(2007.4.5公開) 3 イラク主催の国際会議開催へ  (1)米国の方針変更  2月27日、ライス米国務長官は、イラク政府が主催すると […]

米国に過剰適応した日系人・フクヤマ

太田述正コラム#1718(2007.4.3)<米国に過剰適応した日系人・フクヤマ> 1 始めに  情報屋台の掲示板で行われているやり取り(太田掲示板に転載)を、私の投稿部分を中心に整理してみました。 2 フクヤマのコラム […]

北朝鮮のウラン濃縮計画?

太田述正コラム#1678(2007.3.2)<北朝鮮のウラン濃縮計画?>(2007.4.2公開) 1 始めに  先週、6か国協議の米国代表であるヒル(Christopher R. Hill)国務次官補はワシントンで、「北 […]