ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2013年6月

皆さんとディスカッション(続x1945)

太田述正コラム#6297(2013.6.29) <皆さんとディスカッション(続x1945)> <太田>(ツイッターより)  クルム伊達がウィンブルドンで3回戦最高齢進出の偉業を達成したことをCNNが大きく取り上げている。 […]

愛について(その9)

太田述正コラム#6080(2013.3.12) <愛について(その9)>(2013.6.27公開)  (2)私の見解  私は、性愛は、動物としての人間の、自分の遺伝子をできるだけ良い番の相手を通じて残し、増やそうという利 […]

愛について(その8)

太田述正コラム#6078(2013.3.11) <愛について(その8)>(2013.6.26公開)   エ 「愛」に代わる言葉の貧困さ   ・empathy(共感/感情移入)  empathy(共感/感情移入)という言葉 […]

愛について(その7)

太田述正コラム#6076(2013.3.10) <愛について(その7)>(2013.6.25公開)   ウ 終点としての愛:キリスト教とプラトン主義における「愛」  表記については、何度かこのコラムで登場したことのある、 […]

皆さんとディスカッション(続x1940)

太田述正コラム#6287(2013.6.24) <皆さんとディスカッション(続x1940)> <太田>(ツイッターより)  スノーデンが香港からモスクワへ。  更にキューバ経由でベネズエラを目指すらしい。  香港当局はあ […]

愛について(その6)

太田述正コラム#6074(2013.3.9) <愛について(その6)>(2013.6.24公開)  (4)メイ批判  「メイは、(そんなものは愛ではないところの、)他人をコントロールするための所有欲的(possessiv […]

愛について(その5)

太田述正コラム#6072(2013.3.8) <愛について(その5)>(2013.6.23公開)  「<永続、無償、無私であるべきものとされているところの、現在の(異性)愛は、>在来的なキリスト教徒の信条たる無際限の(l […]

愛について(その4)

太田述正コラム#6070(2013.3.7) <愛について(その4)>(2013.6.22公開)  (3)メイが提唱する「愛」の概念  「<この本>にはただの一つもオリジナルな考えは含まれていないように見えるかもしれない […]

皆さんとディスカッション(続x1937)

太田述正コラム#6281(2013.6.21) <皆さんとディスカッション(続x1937)> <太田>(ツイッターより)  ギリシャで、古典ギリシャ時代の宗教(神々)を再び信仰しようとする人々が自称数十万人にも達してるん […]

米国の経済風土(その3)

太田述正コラム#6068(2013.3.6) <米国の経済風土(その3)>(2013.6.21公開) 3 プラサドに対する批判  「プラサドは、<ニューディール時代の>社会保障法(Social Security Act) […]

皆さんとディスカッション(続x1936)

太田述正コラム#6279(2013.6.20) <皆さんとディスカッション(続x1936)> <太田>(ツイッターより)  「…日本人の誇りを失うな<、>…国のために犠牲になった先人らをたたえ<よう、>…君たちは国のため […]

米国の経済風土(その2)

太田述正コラム#6066(2013.3.5) <米国の経済風土(その2)>(2013.6.20公開)  「プラサドは、<欧州と米国>の違いのよってきたるゆえんを、デフレの諸発作、及びそれと並行した巨大産業会社の成長に導い […]

米国の経済風土(その1)

太田述正コラム#6064(2013.3.4) <米国の経済風土(その1)>(2013.6.19公開) 1 始めに  コラム#6062で、米国は、「ITや宇宙航空等の先端産業・・・があげた利益を中産階級以下にまで均霑(tr […]

皆さんとディスカッション(続x1932)

太田述正コラム#6271(2013.6.16) <皆さんとディスカッション(続x1932)> <太田>(ツイッターより)  エルドアン首相の宥和的発言にもかかわらず、反エルドアン派はイスタンブールのゲジ公園の占拠を続ける […]