ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

年別: 2013年

皆さんとディスカッション(続x2129)

太田述正コラム#6666(2013.12.31) <皆さんとディスカッション(続x2129)> <太田>(ツイッターより)  昼の話が人民網に載ってたがこれが滅法面白い。  「習近平総書記が北京視察 列に並んで昼食に包子 […]

啓蒙主義と人間主義(その5)

太田述正コラム#6453(2013.9.15) <啓蒙主義と人間主義(その5)>(2013.12.31公開)    –イギリス的啓蒙主義–    「啓蒙主義の偉大な業績は、人類の絆の修復であった、 […]

啓蒙主義と人間主義(その4)

太田述正コラム#6451(2013.9.14) <啓蒙主義と人間主義(その4)>(2013.12.30公開)  (6)パグデンの啓蒙主義論   ア 総論 「アダム・スミスは、人類の歴史の中で最も重要な二つの出来事はアメリ […]

皆さんとディスカッション(続x2127)

太田述正コラム#6662(2013.12.29) <皆さんとディスカッション(続x2127)> <太田>(ツイッターより)  「…首相周辺が「靖国参拝を決断するダメ押し」と証言するのが、小銃の銃弾提供をめぐる韓国の反応だ […]

啓蒙主義と人間主義(その3)

太田述正コラム#6449(2013.9.13) <啓蒙主義と人間主義(その3)>(2013.12.29公開)  「気が付いていないかもしれないが、18世紀の欧州における、いわゆる「啓蒙主義」を巡って小さな戦争が猛威を振る […]

皆さんとディスカッション(続x2126)

太田述正コラム#6660(2013.12.28) <皆さんとディスカッション(続x2126)> <太田>(ツイッターより)  「…日本という船はすでにかじを切った。われわれには日本によるこの方向転換で被害を受けず、後に「 […]

啓蒙主義と人間主義(その2)

太田述正コラム#6447(2013.9.12) <啓蒙主義と人間主義(その2)>(2013.12.28公開)  (4)啓蒙主義批判  「カントによる勝ち誇った宣言のわずか20年後、ヘーゲルは、フランス革命のギロチンと血腥 […]

皆さんとディスカッション(続x2125)

太田述正コラム#6658(2013.12.27) <皆さんとディスカッション(続x2125)> <太田>(ツイッターより)  「米政権「失望している」 首相靖国参拝で異例の批判声明…その上で「首相の過去への反省と日本の平 […]

啓蒙主義と人間主義(その1)

太田述正コラム#6445(2013.9.11) <啓蒙主義と人間主義(その1)>(2013.12.27公開) 1 始めに  「駄作歴史学史書の効用」シリーズ(コラム#2454、2456、2458、2461)でさんざんコケ […]

皆さんとディスカッション(続x2124)

太田述正コラム#6656(2013.12.26) <皆さんとディスカッション(続x2124)> <コラム#6652の訂正>(ブログは訂正済) 最初の「<名無しさん@安全保障>」と「 いや、でも米韓相互防衛条約も米比相互防 […]

改めて尖閣問題について(その4)

太田述正コラム#6442(2013.9.11) <改めて尖閣問題について(その4)>(2013.12.26公開)  (4)明代の『湘西紀行』『東西洋考』『盟鴎堂集』  「<表記史料>によると、・・・1616年・・・日本か […]

皆さんとディスカッション(続x2123)

太田述正コラム#6654(2013.12.25) <皆さんとディスカッション(続x2123)> <太田>(ツイッターより)  「…女性向けAV、カリスマ男優写真集、官能小説新レーベル続々誕生…性への貪欲さは男女で逆転しつ […]

改めて尖閣問題について(その3)

太田述正コラム#6441(2013.9.9) <改めて尖閣問題について(その3)>(2013.12.25公開)  (2)郭汝霖著『石泉山房文集』(1561年)  「『石泉山房文集』<の中に>・・・郭汝霖が・・・<琉球から […]

改めて尖閣問題について(その2)

太田述正コラム#6439(2013.9.8) <改めて尖閣問題について(その2)>(2013.12.24公開)  「尖閣の漢文史料はほとんどみな明国及び清国側の著述である。尖閣は日本と琉球との間の島ではなく、琉球と明清と […]

改めて尖閣問題について(その1)

太田述正コラム#6437(2013.9.7) <改めて尖閣問題について(その1)>(2013.12.23公開) 1 始めに  何度か申し上げているように、日本が抱える、尖閣問題のような領土問題に関しては、古文書を引き合い […]

日支戦争をどう見るか(その44)

太田述正コラム#6435(2013.9.6) <日支戦争をどう見るか(その44)>(2013.12.22公開)  (5)英国の位置づけ  今まで縷々述べてきた、日支戦争/太平洋戦争の構図の中に一度も登場しなかった英国につ […]

皆さんとディスカッション(続x2119)

太田述正コラム#6646(2013.12.21) <皆さんとディスカッション(続x2119)> <太田>(ツイッターより)  「…5000万円というのは、僕たち個人の感覚ではもちろんとても大きい額だが、政治や経済の世界で […]

日支戦争をどう見るか(その43)

太田述正コラム#6433(2013.9.5) <日支戦争をどう見るか(その43)>(2013.12.21公開)  (五)ミターによる「批判」  「ディコッターは、恐怖でもって次第に民衆を従属へと追い込んで行った<中共の> […]

日支戦争をどう見るか(その42)

太田述正コラム#6431(2013.9.4) <日支戦争をどう見るか(その42)>(2013.12.20公開)  「<1958年から始まる大躍進政策より前の>死亡者数の正確な数字についての公式に明らかにされたもの(その弁 […]

皆さんとディスカッション(続x2117)

太田述正コラム#6642(2013.12.19) <皆さんとディスカッション(続x2117)> <太田>(ツイッターより)  「尖閣周辺「日米合同で哨戒せよ」 元米国防次官補ら提言 「南シナ海でも防空圏認めるな」…」 h […]

日支戦争をどう見るか(その41)

太田述正コラム#6429(2013.9.3) <日支戦争をどう見るか(その41)>(2013.12.19公開)  (三)国共内戦  「<国共内戦>の年々においては、中国国民党の無神経さ(callousness)は中国共産 […]

皆さんとディスカッション(続x2116)

太田述正コラム#6640(2013.12.18) <皆さんとディスカッション(続x2116)> <太田>(ツイッターより)  <昨>日でもって毎年恒例の二つの忘年会が終わり、後は、年賀状を出し、本格的な年の瀬を迎えること […]

日支戦争をどう見るか(その40)

太田述正コラム#6427(2013.9.2) <日支戦争をどう見るか(その40)>(2013.12.18公開)  (4)日本の敗戦がただちにもたらしたもの–中共地獄の成立 一、序  日支戦争・太平洋戦争におい […]

皆さんとディスカッション(続x2115)

太田述正コラム#6638(2013.12.17) <皆さんとディスカッション(続x2115)> <太田>(ツイッターより)  本日はこれかね。  「…世界屈指の経済発展国である日本の政府と全社会は近年、本国の文化遺産の保 […]

対シリア武力行使に法的根拠ありや?

太田述正コラム#6425(2013.9.1) <対シリア武力行使に法的根拠ありや?>(2013.12.17公開) 1 始めに  オバマ大統領は、初めて、行政府として対シリア武力行使を決め、しかし、議会にその判断を諮ること […]

皆さんとディスカッション(続x2114)

太田述正コラム#6636(2013.12.16) <皆さんとディスカッション(続x2114)> <太田>(ツイッターより)  「…韓国人は、日本・中国・米国の軍拡競争によって「100年前の韓半島」が再来するのではと恐れな […]

日支戦争をどう見るか(その39)

太田述正コラム#6423(2013.8.31) <日支戦争をどう見るか(その39)>(2013.12.16公開) <脚注:米国が太平洋戦争以降に直接的間接的にアジアにもたらした死>  これに関するものとして、読者のべじた […]