オフ会12月5日→申し込み ソーシャルメディア Rebatesお友達紹介キャンペーン

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

「映画評論」の記事一覧

映画評論62:オーケストラ!

太田述正コラム#10546(2019.5.10) <映画評論62:オーケストラ!>(2019.7.29公開) 1 始めに  引き続き、昨日は、かつて、短い予告編を何度かTVで見たことがある表記をAmazon Primeで […]

映画評論61:イコライザー

太田述正コラム#10544(2019.5.9) <映画評論61:イコライザー>(2019.7.28公開) 1 始めに  昨日、Amazon Primeで表記の映画を鑑賞しました。  タイトルからして娯楽映画ですし、見始め […]

映画評論56:ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男(その1)//三谷太一郎『日本の近代とは何であったか』を読む(その11)

太田述正コラム#10508(2019.4.21) <映画評論56:ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男(その1)//三谷太一郎『日本の近代とは何であったか』を読む(その11)>(2019.7.10公開) […]

映画評論52:否定と肯定(その1)

太田述正コラム#9545(2017.12.26) <映画評論52:否定と肯定(その1)>(2018.4.11公開) 1 始めに  本日はK.K作業がなくなったということもあり、ネットをチェックしたところ、(この表現が適切 […]

赤毛のアンを巡って(その2)

太田述正コラム#9083(2017.5.9) <赤毛のアンを巡って(その2)>(2017.8.23公開) 3 戦後日本女性知識人批判  戦後の日本の女性知識人達の元祖的存在と言えば、女性で初めて、東大教授になり<(注5) […]

映画評論48:君の名は。(その5)

太田述正コラム#8887(2017.1.31) <映画評論48:君の名は。(その5)>(2017.5.17公開)  その前に、どうして、(日本を除く)東アジア地域とは異なり、その他の地域では赤い糸伝説が生まれたり継受され […]

映画評論48:君の名は。(その4)

太田述正コラム#8885(2017.1.30) <映画評論48:君の名は。(その4)>(2017.5.16公開)  私は、高群逸枝の母系制論(コラム#8249)を念頭に置いて、日本の縄文時代、ひいては狩猟採集社会一般の男 […]

映画評論48:君の名は。(その2)

太田述正コラム#8881(2017.1.28) <映画評論48:君の名は。(その2)>(2017.5.14公開)  (2)普遍的セッティング  氷室竜介は、本作品は「恋人がなかなか会えないすれ違い」を描いた『君の名は』( […]

映画評論48:君の名は。(その1)

太田述正コラム#8879(2017.1.27) <映画評論48:君の名は。(その1)>(2017.5.13公開) 1 始めに  監督、脚本、原作が新海誠(注1)であるところの、日本映画、『君の名は。』については、映画を見 […]

映画評論45:ベイマックス(その6)

太田述正コラム#7520(2015.3.3) <映画評論45:ベイマックス(その6)>(2016.6.18公開) 3 米国人の日本観  既に、米国人の日本観についても、ロボットの話を通じて若干触れてはいますが、改めて、取 […]

映画評論45:ベイマックス(その2)

太田述正コラム#7512(2015.2.27) <映画評論45:ベイマックス(その2)>(2015.6.14公開) 今度は、ネット検索したのではなく、私がいつも読んでいる主要メディアの電子版でこのところ遭遇したロボット関 […]

映画評論41:永遠の0(その2)

太田述正コラム#6661(2013.12.28) <映画評論41:永遠の0(その2)>(2014.4.14公開)  (2)この映画で残念だった点  既に示唆しているように、この映画の出演者の中にも、この映画のテーマの理解 […]

映画評論41:永遠の0(その1)

太田述正コラム#6659(2013.12.27) <映画評論41:永遠の0(その1)>(2014.4.13公開) 1 始めに  私の映画鑑賞は、行き先はユナイテッド・シネマ豊洲、時期は年末、そして2本いっぺんに観る、と決 […]