ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2005年7月

天下り停止へ?(続)

太田述正コラム#809(2005.7.31) <天下り停止へ?(続)>  (本篇は、コラム#776の続きであり、7月27日に上梓しました。8月4日から12日まで旅行のためコラムの上梓ができないので、その前の上梓頻度を上げ […]

男女平等を考える(その1)

太田述正コラム#808(2005.7.30) <男女平等を考える(その1)>  (本篇の上梓は、7月27日です。)  コラム#751でデビューを飾った上田令子さんによるコラム第二弾を掲載します。              […]

生殖・セックス・オルガスム(その4)

太田述正コラム#807(2005.7.29) <生殖・セックス・オルガスム(その4)>    (本篇は、コラム#798の続きであり、7月26日に上梓しました。) 6 セックスレス時代へ  2000年のデータでは、日本の2 […]

「フランス」の近代への貢献(その2)

太田述正コラム#802(2005.7.24) <「フランス」の近代への貢献(その2)>  (8月4日から12日まで、旅行に出るので、その間はコラムの上梓はありません。9日まではインターネット環境も離れるので、4日?9日の […]

「フランス」の近代への貢献(その1)

太田述正コラム#801(2005.7.23) <「フランス」の近代への貢献(その1)> (本篇を上梓したのは、7月21日です。) 1 始めに 以前(コラム#27と454で)、「よかれあしかれ、世界の近現代の殆どすべてはイ […]

中共と鄭和(その2)

太田述正コラム#800(2005.7.22) <中共と鄭和(その2)>  (本篇は、7月20日に上梓しました。) 4 批判的感想  このように鄭和を政治的に利用することについては、中共内部の学者からでさえ、懸念の声があが […]

中共と鄭和(その1)

太田述正コラム#799(2005.7.21) <中共と鄭和(その1)> 1 始めに  中共は、共産主義を捨て去ってファシズムに乗り換えてからというもの、党の支那支配を継続するための新たなイデオロギーの構築に努めてきました […]

生殖・セックス・オルガスム(その3)

太田述正コラム#798(2005.7.20) <生殖・セックス・オルガスム(その3)>  以上申し上げてきたことを念頭に置いて、それぞれ世界の最先端を走っていると私が考えている英国、米国、日本の三つの国で、何が起こってい […]

靖国問題について(その2)

太田述正コラム#797(2005.7.19) <靖国問題について(その2)>  (本篇は、コラム#763(2005.6.23)の続きです。) 3 中共に対する反論  (1)反論  靖国神社は、日本の武力紛争相手国(または […]

生殖・セックス・オルガスム(その2)

太田述正コラム#796(2005.7.18) <生殖・セックス・オルガスム(その2)> 3 改めてアングロサクソンの結婚観について  このような、性科学の最新の成果(注4)に接すると、改めてイギリス人(アングロサクソン) […]

生殖・セックス・オルガスム(その1)

太田述正コラム#795(2005.7.17) <生殖・セックス・オルガスム(その1)> 1 始めに  何ともどぎついタイトルだとお思いになったかもしれませんが、シリアスな内容なのですぞ。  トランスヒューマニズムを論じた […]

欧州における歴史的瞬間(その9)

太田述正コラム#794(2005.7.16) <欧州における歴史的瞬間(その9)> (5)賞賛されたブレアと英国民  ア賞賛されたブレア このテロ事件以降、ブレア首相の支持率はむしろ上昇し、政府のこれまでの対テロ施策に及 […]

欧州における歴史的瞬間(その8)

太田述正コラム#793(2005.7.15) <欧州における歴史的瞬間(その8)>  今回の同時多発テロが、サミットがスコットランドで開かれている最中、かつ、ロンドンでの2012年のオリンピック開催が決まった直後、という […]

ロンドン自爆テロの衝撃

太田述正コラム#792(2005.7.14) <ロンドン自爆テロの衝撃> 1 始めに 「欧州における歴史的瞬間」シリーズの中でロンドン同時多発テロ事件を扱ってきましたが、英国で生まれ育ったイスラム教徒たる英国人による自爆 […]

欧州における歴史的瞬間(その7)

太田述正コラム#791(2005.7.14) <欧州における歴史的瞬間(その7)>  なお、今回の事件はアルカーイダ系が惹き起こしたものであることは、今回の事件のメッセージ性(後述)からもあきらかであると言えるでしょう。 […]

欧州における歴史的瞬間(その5)

太田述正コラム#789(2005.7.12) <欧州における歴史的瞬間(その5)> 5 ロンドン多発テロ事件について (1)事件の概要と犯人像  ア 事件の概要 私が、7日の夜(現地は午前)に事件の一方を聞いたときに思っ […]

欧州における歴史的瞬間(その4)

太田述正コラム#788(2005.7.11) <欧州における歴史的瞬間(その4)> 4 栄光に包まれた英国の天国と「地獄」  (1)サミット主催という天国  そもそも、今回のサミットは、G-8の首脳達の茶話会と化してしま […]

欧州における歴史的瞬間(その3)

太田述正コラム#787(2005.7.11) <欧州における歴史的瞬間(その3)> (4)オリンピック開催地がロンドンに そこへもってきて、2012年のオリンピック開催地として本命視されていたパリが、大どんでん返しでロン […]

欧州における歴史的瞬間(その2)

太田述正コラム#786(2005.7.10) <欧州における歴史的瞬間(その2)> 3 フランスの対英三連敗  (1)始めに  私が米国留学からの帰途、永遠の近未来都市といった趣のあるサンフランシスコから1976年のロン […]

似た者同士の日韓?(その3)

太田述正コラム#785(2005.7.9) <似た者同士の日韓?(その3)>  このように、死と生、という人間にとって最も根源的なところで、日本人と韓国人は極めて似通ってきているのですから、最近になって日本で韓流ブームが […]

欧州における歴史的瞬間(その1)

太田述正コラム#784(2005.7.8) <欧州における歴史的瞬間(その1)> 1 始めに  今、われわれは、欧州における歴史的瞬間に立ち会っています。  それがどういうことか、ご説明しましょう。  私はかねてより、人 […]

似た者同士の日韓?(その2)

太田述正コラム#783(2005.7.8) <似た者同士の日韓?(その2)>  この頃、日本の植民地であった朝鮮半島では、「身体髪膚父母よりこれ受く」という儒教的な規範から、いかなる自殺も厳しい批判の対象とされていました […]

似た者同士の日韓?(その1)

太田述正コラム#782(2005.7.7) <似た者同士の日韓?(その1)> 1 始めに  日本人と韓国人は、容貌以外にも良く似ているところが沢山あるだけではなく、近年ますます似通ってきています。他方、依然として大きく隔 […]

インドとは何か(その4)

太田述正コラム#781(2005.7.7) <インドとは何か(その4)>   ウ 目を覆う健康水準  インドの基礎医療は(これまたケララ州等一部を除いて)全く機能していません。  ずる休みのために基礎医療センター(pri […]

インドとは何か(その3)

太田述正コラム#780(2005.7.6) <インドとは何か(その3)> 3 インドの現状  (1)始めに  センが、独立後の自由・民主主義国家インドでは、英領インド帝国時代と違って餓死は根絶されたけれど、英領インド時代 […]

中共の経済高度成長?(その8)

太田述正コラム#779(2005.7.6) <中共の経済高度成長?(その8)> (本篇は、コラム#765の続きです。)  都市部における経済改革は、意外な場所から始まりました。  浙江(Zhejiang))省の省都、抗州 […]

インドとは何か(その2)

太田述正コラム#778(2005.7.5) <インドとは何か(その2)>  (3)英植民地統治  このような議論と寛容の伝統があったところに、英国の植民地になったことで英国の自由・民主主義の影響を受け、また、英国統治下の […]