ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

年別: 2005年

米国人の信心深さの原因

太田述正コラム#1024(2005.12.31) <米国人の信心深さの原因> 1 米国の人々の信心深さ  2002年の世論調査によれば、米国人の59%が宗教は重要だと考えているのに対し、カナダ人は30%、フランス人は11 […]

キリスト教と私(その4)

太田述正コラム#1023(2005.12.30) <キリスト教と私(その4)> (4)キリスト教と民主主義  キリスト教徒が多数を占め、あるいは少なくともその社会のリーダーの中にキリスト教徒が多い社会でないと、民主主義は […]

キリスト教と私(その3)

太田述正コラム#1022(2005.12.29) <キリスト教と私(その3)>  このようにカトリック教会は自己革新努力を行っている(注6)わけですが、プロテスタントの方に目を転じると、原理主義勢力が力を増してきており( […]

徒然なるままに(その6)

太田述正コラム#1021(2005.12.29) <徒然なるままに(その6)> 5 クリスマス(続き)  遠藤ゆうき(勇貴)君のお母さんからメールがあったので、転載します。  筆者のアイデンティティーを隠しようがないので […]

キリスト教と私(その2)

太田述正コラム#1020(2005.12.28) <キリスト教と私(その2)>  しかし、幸いにしてこのところ、キリスト教はその非寛容性から急速に脱却しつつあります。  カトリック教会は、1960年代初頭の第二バチカン会 […]

キリスト教と私(その1)

太田述正コラム#1019(2005.12.27) <キリスト教と私(その1)> 1 始めに  私のキリスト教との出会いは、カイロの小学校の宗教の時間に、選択で(イスラム教ではなく)キリスト教をとった時に遡ります(注1)。 […]

徒然なるままに(その5)

太田述正コラム#1018(2005.12.26) <徒然なるままに(その5)>  (オフ会を手伝ってもよいというお申し出がなかったので、私の事務所で下掲のとおりオフ会を開催することにしました。西武新宿線野方駅と西武池袋線 […]

徒然なるままに(その4)

太田述正コラム#1017(2005.12.25) <徒然なるままに(その4)> 4 クリスマス  クリスマスが来ると、カイロ時代の小4のクリスマスの朝を思い出します。  小3の時に小犬を下さいとサンタクロースに手紙に書い […]

韓国のキリスト教徒の功罪(その1)

太田述正コラム#1016(2005.12.24) <韓国のキリスト教徒の功罪(その1)> 1 始めに  台湾のキリスト教徒を取り上げたついでに、韓国のキリスト教徒の話もしておきましょう。  イラクで無惨な死を遂げた韓国人 […]

現在のイランを見て思うこと(その4)

太田述正コラム#1015(2005.12.23) <現在のイランを見て思うこと(その4)>  どうして、私が李登輝の「敬虔」なるキリスト教信仰をこれほど問題視するかと言うと、宗教的バイアスが往々にして人に不適切な言動を行 […]

応援メッセージ(続x3)

太田述正コラム#1014(2005.12.22) <応援メッセージ(続x3)>  (本篇は、コラム#1012の続きです。) 1 始めに 「第2回 まぐまぐBooksアワード」で、この「太田述正コラム」は、おかげさまで10 […]

応援メッセージ(続々)

太田述正コラム#1012(2005.12.21) <応援メッセージ(続々)>  (本篇は、コラム#1004の続きです。) 1 始めに 「第2回 まぐまぐBooksアワード」http://books.mag2.com/dy […]

応援メッセージ(続)

太田述正コラム#1004(2005.12.16) <応援メッセージ(続)>  (本篇は、コラム#998の続きです。) 1 始めに 「第2回 まぐまぐBooksアワード」http://books.mag2.com/dyna […]

日中関係の現状(その3)

太田述正コラム#1003(2005.12.16) <日中関係の現状(その3)> (「第2回 まぐまぐBooksアワード」の投票が、21日まで行われています。 http://books.mag2.com/dynamic/m […]

日中関係の現状(その2)

太田述正コラム#1002(2005.12.15) <日中関係の現状(その2)> (「第2回 まぐまぐBooksアワード」の投票が、21日まで行われています。 http://books.mag2.com/dynamic/m […]

日中関係の現状(その1)

太田述正コラム#1001(2005.12.15) <日中関係の現状(その1)> (「第2回 まぐまぐBooksアワード」の投票が、21日まで行われています。 http://books.mag2.com/dynamic/m […]

ロシアの人口動態と差別

太田述正コラム#999(2005.12.14) <ロシアの人口動態と差別> (「第2回 まぐまぐBooksアワード」の投票が、21日まで行われています。 http://books.mag2.com/dynamic/m/0 […]

応援メッセージ

太田述正コラム#998(2005.12.13) <応援メッセージ>  (今月10日までの一ヶ月間の、ホームページへの訪問者数及びブログへのアクセス数について、ホームページの掲示板の「お知らせ」に掲げましたので、ご覧下さい […]

ネオ儒教をめぐって(その1)

太田述正コラム#995(2005.12.11) <ネオ儒教をめぐって(その1)> 1 始めに  最近(コラム#951、954、957で)、中共の胡錦涛政権が、共産主義に代わる国家イデオロギーとして、儒教の近代版たるネオ儒 […]