ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

「アングロサクソン」の記事一覧

イギリスと騎士道(その11)

太田述正コラム#4930(2011.8.14) <イギリスと騎士道(その11)>(2011.11.4公開)  『宮廷人』は、同時代のイギリスでは、騎士道の精神が非騎士たる指導層にも広まっていたというのに、(イギリスを除く […]

イギリスと騎士道(その2)

太田述正コラム#4912(2011.8.5) <イギリスと騎士道(その2)>(2011.10.26公開)  (2)始まり  「イギリスでは、物語は、劇的に異なる戦争のテクノロジーの衝突であったところの、ノルマン人による征 […]

イギリスと騎士道(その1)

太田述正コラム#4910(2011.8.4) <イギリスと騎士道(その1)>(2011.10.25公開) 1 始めに  私のコラムは、多かれ少なかれ、相互に関連しあっていますが、アングロサクソン論は中心的な位置の一つを占 […]

正義について(その3)

太田述正コラム#3626(2009.11.4) <正義について(その3)>(2009.12.12公開)   エ 道徳的(vituous)自由主義  このように、二つの現代自由主義の派は、そのあらゆる違いにもかかわらず、ロ […]

正義について(その1)

太田述正コラム#3622(2009.11.2) <正義について(その1)>(2009.12.10公開) 1 始めに  ハーバード大学の学部で、毎年、1,000人の学生が集まる超人気講義が本になり、米国(と部分的に英国)で […]

竹山道雄抄

太田述正コラム#2577(2008.5.29) <竹山道雄抄>(2008.11.30公開) 1 始めに  コラム#1019で、  「ナチスのホロコーストは、ポグロムのカトリック・プロテスタント版であると言えますし、共産主 […]

ヨーロッパ史序論習作紹介

太田述正コラム#2276(2008.1.2) <ヨーロッパ史序論習作紹介>(2008.7.16公開) 1 始めに  1997年に書いた私の小論、ヨーロッパ史序論(未完)が出てきたので、まだ習作的なレベルにとどまっている上 […]