ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2011年6月

皆さんとディスカッション(続x1247)

太田述正コラム#4835(2011.6.28) <皆さんとディスカッション(続x1247)> <太田>(ツイッターより)  古賀君の天下り批判とは直接関係はないが、事務次官の廃止が仮に彼の持論だとすれば、その点もボクが違 […]

再び日本の戦間期について(その2)

太田述正コラム#4671(2011.4.7) <再び日本の戦間期について(その2)>(2011.6.28公開)  「<1920年代半ばにおいても、>日英・・・両国の双方で同盟の良い時代を懐かしむ人びとが残っていたし、中国 […]

皆さんとディスカッション(続x1246)

太田述正コラム#4833(2011.6.27) <皆さんとディスカッション(続x1246)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#4831に関し)「エッチな物語」→「ありきたりのラブ・ロマンス」。  よく英文を読んだ […]

皆さんとディスカッション(続x1245)

太田述正コラム#4831(2011.6.26) <皆さんとディスカッション(続x1245)> <太田>(ツイッターより)  必要に迫られて5つの主要ブラウザを全部使う羽目に陥っているボク。  その最大の切実な理由は当面明 […]

先の大戦時に腐っても鯛であった英国

太田述正コラム#4667(2011.4.5) <先の大戦時に腐っても鯛であった英国>(2011.6.26公開) 1 始めに  「権威」あるガーディアンとファイナンシャルタイムスが、それぞれ書評でとりあげたというのに、英国 […]

皆さんとディスカッション(続x1244)

太田述正コラム#4829(2011.6.25) <皆さんとディスカッション(続x1244)> <太田>  厳密に言うと、タイトルは「過去・現在・未来」にすべきだが、表記のままにした。 <太田>(ツイッターより)  ネット […]

再びガンディーについて(その5)

太田述正コラム#4665(2011.4.4) <再びガンディーについて(その5)>(2011.6.25公開)  (4)失格政治家  「1914年にガンディーはインドに戻り、自治を目指しての闘争に自分自身を投じた。  しば […]

再びガンディーについて(その4)

太田述正コラム#4663(2011.4.3) <再びガンディーについて(その4)>(2011.6.24公開)  (3)ガンディーの差別意識    ア 人種  「ガンディーは、すぐに<南アの>ナタール(Natal)州のイン […]

皆さんとディスカッション(続x1241)

太田述正コラム#4823(2011.6.22) <皆さんとディスカッション(続x1241)> <太田>(ツイッターより)  将棋名人戦最終局が昨日から本日にかけて指されていて、私も中継等を通じてフォローしているが、2日制 […]

皆さんとディスカッション(続x1240)

太田述正コラム#4821(2011.6.21) <皆さんとディスカッション(続x1240)> <太田>(ツイッターより) 当コラムでは西山審議官をとりあげたことがなかったが、その経歴からして、保安院・広報/国会対策・電力 […]

皆さんとディスカッション(続x1239)

太田述正コラム#4819(2011.6.20) <皆さんとディスカッション(続x1239)> <太田>(ツイッターより)  現在のNHK大河ドラマ、女性主人公ってのは結構だが、音楽も含めて物足らないねえ。  そもそも、戦 […]

ロシア革命と日本(その12)

太田述正コラム#4655(2011.3.30) <ロシア革命と日本(その12)>(2011.6.20公開)  「<他方、戦後の米国においては、従来の考え方(=米国の従来の通説的史観≒ソ連のかつての公定史観)を基本的に踏襲 […]

皆さんとディスカッション(続x1238)

太田述正コラム#4817(2011.6.19) <皆さんとディスカッション(続x1238)> <太田>(ツイッターより)  「ディスカッション」では簡単には紹介できない材料が本日までに随分たまった。  有料読者向けコラム […]

皆さんとディスカッション(続x1237)

太田述正コラム#4815(2011.6.18) <皆さんとディスカッション(続x1237)> <太田>(ツイッターより)  役所を飛び出した2001年からの10年間で防衛問題の方は若干の前進があったけど、女性問題の方はほ […]

皆さんとディスカッション(続x1236)

太田述正コラム#4813(2011.6.17) <皆さんとディスカッション(続x1236)> <太田>(ツイッターより)  縄文人、あるいは広く東アジア人は、ネアンデルタール人的なものと混血していない純粋なホモ・サピエン […]

ロシア革命と日本(その9)

太田述正コラム#4649(2011.3.27) <ロシア革命と日本(その9)>(2011.6.17公開)  「11月3日の山県との会談において、<原敬>は語っていた。  「人民は何時とはなく国外の空気に感染し居れば、煽動 […]

皆さんとディスカッション(続x1235)

太田述正コラム#4811(2011.6.16) <皆さんとディスカッション(続x1235)> <太田>(ツイッターより)  『抱擁』を鑑賞した。これはフィクションだが、不倫がテーマの映画という点では、実話をベースにしたと […]

ロシア革命と日本(その8)

太田述正コラム#4647(2011.3.26) <ロシア革命と日本(その8)>(2011.6.16公開)  (いきつもどりつする、細谷のこの本の構成から、以下、時計の針が過去に巻き戻されます。部分的に今まで紹介してきた部 […]

皆さんとディスカッション(続x1234)

太田述正コラム#4809(2011.6.15) <皆さんとディスカッション(続x1234)> <太田>(ツイッターより)  映画がらみで、この数日、18世紀後半から20世紀初頭にかけてのイギリスにおける魅力的な女性達の活 […]

ロシア革命と日本(その7)

太田述正コラム#4645(2011.3.25) <ロシア革命と日本(その7)>(2011.6.15公開)  「<ところが、1919年>8月末、アメリカ政府が正式に決定した処置は、強硬な言葉で抗議の意思表示を日本側に伝達し […]