ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

年別: 2011年

過去・現在・未来(続X32)

太田述正コラム#5207(2011.12.31) <過去・現在・未来(続X32)> <太田>(ツイッターより)  たまには数少ない女性読者にもサービスしなくっちゃね。史上最もセクシーな<男性>映画俳優107選だ。 htt […]

歴代の駐日英国大使(その6)

太田述正コラム#5044(2011.10.10) <歴代の駐日英国大使(その6)>(2011.12.31公開)  「クライヴ・・・の日本にたいする警戒心は一段と深まるばかりであった。ことに日本軍部が中国北部の自治と同地域 […]

皆さんとディスカッション(続x1420)

太田述正コラム#5205(2011.12.30) <皆さんとディスカッション(続x1420)> <太田>(ツイッターより) 我らが人民網が、北京公演を行っている北朝鮮の劇団の主演女優(美人だ!)を紹介している。 http […]

歴代の駐日英国大使(その5)

太田述正コラム#5042(2011.10.9) <歴代の駐日英国大使(その5)>(2011.12.30公開)  「クライヴが・・・着任したとき日英関係はきわめて厳しい局面を迎えていた。<一つは、>日本が、中国にたいする欧 […]

皆さんとディスカッション(続x1419)

太田述正コラム#5203(2011.12.29) <皆さんとディスカッション(続x1419)> <太田>(ツイッターより)  ケーブルテレビでNHK大河ドラマ『毛利元就』(1997年)のリバイバル一挙放映をちらちらとみて […]

歴代の駐日英国大使(その4)

太田述正コラム#5040(2011.10.8) <歴代の駐日英国大使(その4)>(2011.12.29公開)  「<リンドリーは、>日本の行動を外部世界が批判するのは、日本国内の世論を陸海軍寄りに強めるだけだろう。頑固な […]

歴代の駐日英国大使(その3)

太田述正コラム#5038(2011.10.7) <歴代の駐日英国大使(その3)>(2011.12.28公開) 5 後藤春美<(コラム#4952)> 「サー・ジョン・ティリー 駐日大使 1926~31年」  「サー・ジョン […]

皆さんとディスカッション(続x1417)

太田述正コラム#5199(2011.12.27) <皆さんとディスカッション(続x1417)> <太田>(ツイッターより)  英語のできる人はぜひアサドの奥さんのアスマについてのこの記事を読んで欲しいね。 http:// […]

歴代の駐日英国大使(その2)

太田述正コラム#5036(2011.10.6) <歴代の駐日英国大使(その2)>(2011.12.27公開) 4 ピーター・ロウ 「サー・ウィリアム・カニンガム・グリーン 駐日大使 1912~19年」(筆者は、マンチェス […]

歴代の駐日英国大使(その1)

太田述正コラム#5034(2011.10.5) <歴代の駐日英国大使(その1)>(2011.12.26公開) 1 始めに  引き続き、XXXXさん提供の、今度は、サー・ヒュー・コータッチ編著『歴代の駐日英国大使』(文眞堂 […]

皆さんとディスカッション(続x1415)

太田述正コラム#5195(2011.12.25) <皆さんとディスカッション(続x1415)> <太田>(ツイッターより)  インドの詩聖タゴールと、彼が偶然出会うこととなった、約30歳年下のアルゼンチンの女性作家との熱 […]

戦間期日本人の対独意識(その19)

太田述正コラム#5032(2011.10.4) <戦間期日本人の対独意識(その19)>(2011.12.25公開)  「<次に、>馬場恒吾のナチス・ドイツ批判<についてである。>  馬場恒吾<(注65)>(1875-19 […]

戦間期日本人の対独意識(その18)

太田述正コラム#5030(2011.10.3) <戦間期日本人の対独意識(その18)>(2011.12.24公開)  「コミンテルンの殲滅を目標として掲げ、8月に第一回防共戦士養成講習会を開催したばかりであった大日本防共 […]

皆さんとディスカッション(続x1413)

太田述正コラム#5191(2011.12.23) <皆さんとディスカッション(続x1413)> <太田>(ツイッターより)  <昨>日も第二の私小説が新しい頁を開いた。  どうして今まで日本の民事司法制度批判がほとんどな […]

戦間期日本人の対独意識(その17)

太田述正コラム#5028(2011.10.2) <戦間期日本人の対独意識(その17)>(2011.12.23公開)  「しかし、1937年7月に盧溝橋事件が勃発し日中戦争に突入すると、国内では日独防共協定が見直されるよう […]

戦間期日本人の対独意識(その16)

太田述正コラム#5026(2011.10.1) <戦間期日本人の対独意識(その16)>(2011.12.22公開)  「1936年11月の日独防共協定締結により、前述してきたような状況は変化を見せる。協定自体には批判が少 […]

映画評論27:ボー・ジェスト

太田述正コラム#5024(2011.9.30) <映画評論27:ボー・ジェスト>(2011.12.21公開) 1 始めに  ボー・ジェスト(BEAU GESTE。1939年)は、軍人経験のある英国のP・C・レン(Perc […]

戦間期日本人の対独意識(その15)

太田述正コラム#5022(2011.9.29) <戦間期日本人の対独意識(その15)>(2011.12.20公開)  「<次は、>ヒトラー漫画問題<についてだ。>・・・  1935年5月、ドイツ大使館から外務省に、漫画雑 […]

皆さんとディスカッション(続x1409)

太田述正コラム#5183(2011.12.19) <皆さんとディスカッション(続x1409)> <太田>(ツイッターより)  「反体制派、劇作家、政治家、ヴァーツラフ・ハーヴェル<元チェコスロヴァキア/チェコ>大統領、7 […]

戦間期日本人の対独意識(その14)

太田述正コラム#5020(2011.9.28) <戦間期日本人の対独意識(その14)>(2011.12.19公開)  「<次は、>『わが闘争』日本語版への考察<だ。>・・・  <この本は、>1925年に第1巻が出版された […]

皆さんとディスカッション(続x1408)

太田述正コラム#5181(2011.12.18) <皆さんとディスカッション(続x1408)> <太田>(ツイッターより)  ボクは自称社会人類学者だけど、時々観察対象の社会を変革したくなっちゃう自称革命家でもあるという […]

戦間期日本人の対独意識(その13)

太田述正コラム#5018(2011.9.27) <戦間期日本人の対独意識(その13)>(2011.12.18公開)  「緒方は・・回想で、同盟に反対出来なかつた理由について、「事前に一切の報道と論議は禁ぜられ、発表と同時 […]

皆さんとディスカッション(続x1407)

太田述正コラム#5179(2011.12.17) <皆さんとディスカッション(続x1407)> <太田>(ツイッターより)  太田コラムに何度も登場した、英国生まれの米評論家のクリストファー・ヒッチェンスが癌との戦いを経 […]

戦間期日本人の対独意識(その12)

太田述正コラム#5016(2011.9.26) <戦間期日本人の対独意識(その12)>(2011.12.17公開)  「ドイツの「快進撃」は、日本国民にイギリス敗北という希望を抱かせた一方で、恐怖感、警戒感を与えるもので […]

過去・現在・未来(続X31)

太田述正コラム#5177(2011.12.16) <過去・現在・未来(続X31)> <太田>(ツイッターより)  英国教会のニュージーランド・オークランドの教会が、「あわれなヨセフ。神のなさることはキツイ。(神がマリアを […]