ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2014年11月

皆さんとディスカッション(続x2462)

太田述正コラム#7333(2014.11.30) <皆さんとディスカッション(続x2462)> <太田>(ツイッターより)  「…無人販売所がこんなに普通に受け入れられるのは、世界でも日本だけかもしれない。山形県の銀山温 […]

英米性革命(その6)

太田述正コラム#7120(2014.8.15) <英米性革命(その6)>(2014.11.30公開)  1960年代の性的許容性は、ジョン・アップダイク(John Updike)<(注36)>が、ニューイングランドのプロ […]

英米性革命(その5)

太田述正コラム#7118(2014.8.14) <英米性革命(その5)>(2014.11.29公開)  物言わぬ多数派(Silent Majority)の道徳的後見人たる、品位兵団(Legion of Decency)< […]

英米性革命(その4)

太田述正コラム#7116(2014.8.13) <英米性革命(その4)>(2014.11.28公開)  「もうたくさんだ(There’s been enough of that around)」、と彼は宣言し […]

皆さんとディスカッション(続x2459)

太田述正コラム#7327(2014.11.27) <皆さんとディスカッション(続x2459)> <太田>(ツイッターより)  「…俳優・高倉健が他界したというニュースが伝えられた<時>、中国政府は「われわれは彼の他界に哀 […]

皆さんとディスカッション(続x2458)

太田述正コラム#7325(2014.11.26) <皆さんとディスカッション(続x2458)> <太田>(ツイッターより)  「…シルクロードは歴史上、中国の海外進出の道だった。  中国は現在も、海外進出の道を求め続けて […]

皆さんとディスカッション(続x2457)

太田述正コラム#7323(2014.11.25) <皆さんとディスカッション(続x2457)> <太田>(ツイッターより)  「…中国が改革開放に舵を切り杜丘冬人<(高倉健)>と真由美<(中野良子)>が目に飛び込んできた […]

英米性革命(その3)

太田述正コラム#7110(2014.8.10) <英米性革命(その3)>(2014.11.25公開)  (2)本論  「騒々しい経口避妊薬後にしてフェミニスト前の時代は、個々の自由の闘士達の間でさえ、衝突と矛盾する諸力に […]

皆さんとディスカッション(続x2456)

太田述正コラム#7321(2014.11.24) <皆さんとディスカッション(続x2456)> <太田>(ツイッターより)  エルサレムに、イスラム教の「異端」たるスーフィーのインドにおける一派の、800年超も続いている […]

皆さんとディスカッション(続x2453)

太田述正コラム#7315(2014.11.21) <皆さんとディスカッション(続x2453)> <太田>(ツイッターより)  「…高倉さんは、暗殺されそうになる東京地検検事・杜丘冬人を演じ、その寡黙で男らしい姿が、改革開 […]

英米性革命(その1)

太田述正コラム#7102(2014.8.6) <英米性革命(その1)>(2014.11.21公開) 1 始めに  このところ、市民セミナーの準備を兼ねたコラムばかりを書き綴ってきましたが、ここで、私の息抜きを兼ね、何か月 […]

皆さんとディスカッション(続x2452)

太田述正コラム#7313(2014.11.20) <皆さんとディスカッション(続x2452)> <太田>(ツイッターより)  「…中国である程度の年配の大人になると、誰でも高倉健さんを知っている。  しかも憧れの大スター […]

中東イスラム世界の成り立ち(その11)

太田述正コラム#7100(2014.8.5) <中東イスラム世界の成り立ち(その11)>(2014.11.20公開)   ウ 欧州文明全面的継受    ・トルコ共和国  アラブ世界の話ではありませんが、ケマル・アタチュル […]

皆さんとディスカッション(続x2451)

太田述正コラム#7311(2014.11.19) <皆さんとディスカッション(続x2451)> <太田>(ツイッターより)  <昨夜、>21:00過ぎ現在、高倉健死去を本来の意味でのHPで報じていたのは、人民網、ガーディ […]

ロシア亜文明について(その6)

太田述正コラム#7098(2014.8.4) <ロシア亜文明について(その6)>(2014.11.19公開) 3 終わりに  ここで、もう一つ、私の首を傾げさせた、米国人によるコラムからの記述をご紹介しましょう。  「ク […]

ロシア亜文明について(その5)

太田述正コラム#7096(2014.8.3) <ロシア亜文明について(その5)>(2014.11.18公開)  プロト欧州文明回帰にあたってもう一つ障害となるのが、ソ連時代に宗教弾圧を行ったため、宗教が自然風化した欧州諸 […]

皆さんとディスカッション(続x2449)

太田述正コラム#7307(2014.11.17) <皆さんとディスカッション(続x2449)> <太田>(ツイッターより) 米英の高学歴芸能人19名が紹介されている。  この中には、知られ過ぎているからか、ジョディ・フォ […]

ロシア亜文明について(その4)

太田述正コラム#7094(2014.8.2) <ロシア亜文明について(その4)>(2014.11.17公開)  どうして、ロシアでは、農奴制が長く維持されたばかりか、その間、その徹底化が進行したのでしょうか。  「167 […]

皆さんとディスカッション(続x2448)

太田述正コラム#7305(2014.11.16) <皆さんとディスカッション(続x2448)> <コラム#7303の訂正>(ブログは訂正済) たりえたのか」 → 「どうしてインダス文明は農業文明だったのに人間主義的文明た […]

ロシア亜文明について(その3)

太田述正コラム#7092(2014.8.1) <ロシア亜文明について(その3)>(2014.11.16公開)  イヴァン3世は、具体的に、どのようにロシアに封建制を導入したのかを振り返っておきましょう。  「1484年か […]

皆さんとディスカッション(続x2447)

太田述正コラム#7303(2014.11.15) <皆さんとディスカッション(続x2447)> <太田>(ツイッターより)  「宮崎駿監督、辺野古新基地反対にメッセージ…「沖縄の非武装地域化こそ、東アジアの平和のために必 […]