ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2003年12月

現代日本の越し方行く末(その1)

太田述正コラム#0218(2003.12.31)<現代日本の越し方行く末(その1)> (日本政府は、沈黙(コラム#217)を破り、「住民投票や新憲法制定に関する陳水扁総統の発言が「中台関係をいたずらに緊張させる結果になっ […]

台湾海峡波高し?(その2)

太田述正コラム#0217(2003.12.26)<台湾海峡波高し?(その2)> (例によって、コラム#216に若干の訂正等を加えてあります。ホームページ(http://www.ohtan.net)の時事コラム欄をご覧くだ […]

台湾海峡波高し?(その1)

太田述正コラム#0216(2003.12.25)<台湾海峡波高し?(その1)> 1始めに 私は、国際情勢分析については、結論に確信が得られるまで待ってから分析結果を公表することにしていおり、幸い、今までの分析はおおむね的 […]

天皇家の歴史観(その2)

太田述正コラム#0215(2003.12.24)<天皇家の歴史観(その2)>  (前回のコラムで、「日支事変」は「支那事変」(当時の日本政府による正式名称)に改めました。なお、後で気がつきましたが、「上海事変」ならぬ「上 […]

天皇家の歴史観(その1)

太田述正コラム#0214(2003.12.23)<天皇家の歴史観(その1)>  天皇陛下は、70歳の誕生日を前にして、記者団のインタビューに臨まれ、まず過去70年間を振り返り 、「この70年の間には、多くの悲しい出来事が […]

ニール・ファーガソン(その3)

太田述正コラム#0209(2003.12.17)<ニール・ファーガソン(その3)> 5 現代世界  世界の現時点における最大の問題は、英帝国に叛旗を翻したという独立の経緯からしても帝国主義を毛嫌いするため、米国が覇権国で […]

ニール・ファーガソン(その2)

太田述正コラム#0208(2003.12.16)<ニール・ファーガソン(その2)> 3 Imperial Understretch (自由、民主主義及び法の支配を信奉する)覇権国たるかつての英国を没落させ、(やはり自由、 […]

ニール・ファーガソン(その1)

太田述正コラム#0207(2003.12.15)<ニール・ファーガソン(その1)>  今回は、日本で著書がまだ全く翻訳されておらず、殆ど紹介もされていませんが、英米では大変な評判になっているスコットランド出身の新進気鋭の […]

毛沢東と周恩来

太田述正コラム#0204(2003.12.9)<毛沢東と周恩来> 中国共産党は既に1980年に、大躍進政策や文化大革命を推進したという毛沢東の深刻な過ちに照らし、毛沢東は7割正しく3割誤っていたという評価を打ち出していま […]

日本の植民地統治(その2)

太田述正コラム#0201(2003.12.2)<日本の植民地統治(その2)>  今回は、ケーススタディーとしてフィリピンをとり上げます。 フィリピンは米国の旧植民地であっただけでなく、先の大戦中三年間日本に占領された経験 […]

台湾は「独立」できるか?(続x3)

太田述正コラム#0200(2003.12.1)<台湾は「独立」できるか?(続x3)>  その後、台湾では「独立」にむけて大きな進展がありました。 公民投票法(Referendum Law=国民投票法(日本語))(注8)の […]