ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2007年11月

皆さんとディスカッション(続x9)

太田述正コラム#2205(2007.11.30) <皆さんとディスカッション(続x9)> <曹>  太田さんの定年制度についての考え方をお聞かせ下さい。  平均寿命80年の時代に、約20才で働き出し約60才で定年を迎え、 […]

皆さんとディスカッション(続x8)

太田述正コラム#2203(2007.11.29) <皆さんとディスカッション(続x8)> <遠江人> >この関連で皆さんにお考えいただきたいのは、死刑の存廃論です。  なるほど、太田さんがこのコラムで読者に喚起したかった […]

スターリン(その3)

太田述正コラム#1779(2007.5.24)  <スターリン(その3)>(2007.11.27公開) 4 独裁者スターリンの謎に迫る  以上見てきたように、スターリンには二面性があるわけだが、果たして知性・感性溢れる家 […]

皆さんとディスカッション(続x6)

太田述正コラム#2197(2007.11.26) <皆さんとディスカッション(続x6)> <お琴> >この一ヶ月余り、これほど声高に政府・自民党批判、就中額賀さん批判をテレビ等で唱えている私に、脅迫電話やメールどころか、 […]

皆さんとディスカッション(続x5)

太田述正コラム#2195(2007.11.25) <皆さんとディスカッション(続x5)> <一身内>  こんな記事が出てました。  しかしまあ、最近はなかなか忙しいですね。  あまり無理はしないように、ご自愛ください。 […]

雑感(続々)

太田述正コラム#2193(2007.11.24) <雑感(続々)> 1 1万円札論争  コラム#2191で私が冗談半分で1万円札を拾った話をしたところ、意外なことに掲示板上で活発な議論が戦わされています。  ネチズン・・ […]

南北戦争後の米国

太田述正コラム#1776(2007.5.22) <南北戦争後の米国>(2007.11.24公開) 1 始めに  Niftyのオンライン辞書をひくと、米国の金ピカの時代(Gilded Age。1873年にマーク・トゥエイン […]

中台軍事バランスの変化をめぐって

太田述正コラム#2136(2007.10.20) <中台軍事バランスの変化をめぐって>(2007.11.23公開) 1 始めに  中共が急速に台湾・米国との劣勢だった軍事バランスを改善しつつあります。  ところが米国は腰 […]

頑張ろう(続)

太田述正コラム#2191(2007.11.23) <頑張ろう(続)> 1 始めに <太田>  昨日早朝、自宅から最寄り駅に向かう途中、道路に1万円が落ちていて拾いました。もちろんネコババするつもりだったけど、やはり良心が […]

有色人種差別の国・米国

太田述正コラム#2134(2007.10.19) <有色人種差別の国・米国>(2007.11.22公開) 1 始めに  米国における有色人種差別の最たるものは黒人差別ですが、今回とりあげるのはそれ以外の有色人種差別のうち […]

人種別知能指数比較(その1)

太田述正コラム#2185(2007.11.19) <人種別知能指数比較(その1)> 1 始めに    人種ごとに平均知能指数(IQ)が異なるという話は、以前(コラム#538で)「「人種」のIQを、データの得られている範囲 […]

報道の自由「後進国」の日本・再訪

太田述正コラム#2132(2007.10.18) <報道の自由「後進国」の日本・再訪>(2007.11.19公開) 1 報道の自由「後進国」日本  2005年11月7日付のコラム#936、「報道の自由「後進国」日本」を覚 […]

セポイの反乱(その1)

太田述正コラム#1769(2007.5.15) <セポイの反乱(その1)>(2007.11.18公開) 1 始めに  セポイの反乱をとりあげた、英国人歴史家・紀行作家・ジャーナリストであるダリンプル(William Da […]

皆さんとディスカッション(続x4)

太田述正コラム#2181(2007.11.16) <皆さんとディスカッション(続x4)> <遠江人 > 1 新しく読者になられたみなさんへ – アングロサクソン論のすすめ 今回の防衛省不祥事の件で、新しく太田 […]

集団自決問題と沖縄(その2)

太田述正コラム#2122(2007.10.13) <集団自決問題と沖縄(その2)>(2007.11.16公開) 3 EU的枠組みの下での沖縄独立を  (1)過去の経緯  朝鮮日報の前出コラムによれば、「<約10年前には、 […]

日本の恥部

太田述正コラム#2177(2007.11.14) <日本の恥部>  (本篇は、本日発売の「FORUM21」138号 (11月15日)の巻頭言・閻魔帳に掲載された拙文です。)  防衛省の前事務次官の守屋・・入庁同期なので、 […]