ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2010年2月

皆さんとディスカッション(続x758)

太田述正コラム#3857(2010.2.28) <皆さんとディスカッション(続x758)> <BERNIE>  オフ会参加者の皆様  昨日はお忙しい中、講演会以下のオフ会ににご参加いただき、誠にありがとうございました。 […]

東欧の解放(その2)

太田述正コラム#3648(2009.11.15) <東欧の解放(その2)>(2010.2.28公開)  (2)「連帯」牽引説  「・・・プレシャコフの本、 ‘There Is No Freedom Witho […]

皆さんとディスカッション(続x757)

太田述正コラム#3855(2010.2.27) <皆さんとディスカッション(続x757)> <太田>  以下↓は、2010.2.27「講演」の前説(まえせつ)です。  鳩山首相と小沢民主党幹事長には皆さん呆れておられるこ […]

アラブ世界論をめぐって

太田述正コラム#3800(2010.1.30) <アラブ世界論をめぐって>(2010.2.27公開) 1 始めに  アラブ世界論については、私自身、語り尽くした感があります。  このたび、米国で新しいアラブ世界論に関する […]

皆さんとディスカッション(続x756)

太田述正コラム#3853(2010.2.26) <皆さんとディスカッション(続x756)> <憂国の龍馬> ≫どうでもいいけど、法人仕分けしたら公務員が足りなくなるんじゃないんですか?≪(コラム#3849。文責・名無しさ […]

東欧の解放(その1)

太田述正コラム#3646(2009.11.14) <東欧の解放(その1)>(2010.2.26公開)) 1 始めに  1989年のソ連からの東欧の解放10周年にあたって、英米で行われている論議をこれまで累次取り上げてきて […]

皆さんとディスカッション(続x755)

太田述正コラム#3851(2010.2.25) <皆さんとディスカッション(続x755)> <ΞΒΒΞ>(「たった一人の反乱」より)  米軍がアフガニスタンで民間人を誤射等して殺した場合の損害賠償金額は1500ドルから2 […]

アラブの近現代史(その2)

太田述正コラム#3630(2009.11.6) <アラブの近現代史(その2)>(2010.2.25公開)   イ 欧州文明との再邂逅  「・・・ローガンは、<1798年の>ナポレオンのエジプト征服を解放という衣を纏った征 […]

皆さんとディスカッション(続x754)

太田述正コラム#3849(2010.2.24) <皆さんとディスカッション(続x754)> <文責・名無しさん>  どうでもいいけど、法人仕分けしたら公務員が足りなくなるんじゃないんですか? ≫61歳以降は新規採用者並み […]

アラブの近現代史(その1)

太田述正コラム#3628(2009.11.5) <アラブの近現代史(その1)>(2010.2.24公開) 1 始めに  アラブの近現代史について、評判の本が出たとなれば、ご紹介しないわけにはいきますまい。  その本とは、 […]

皆さんとディスカッション(続x753)

太田述正コラム#3847(2010.2.23) <皆さんとディスカッション(続x753)> <太田>  本日公開したコラム#3620の後半の分かりにくい部分にかなり手を入れたので、有料読者の皆さん、ご関心あらば、ブログを […]

キリスト教の歴史(その3)

太田述正コラム#3620(2009.11.1) <キリスト教の歴史(その3)>(2010.2.23公開)  (5)その他  「・・・マックロックは、18世紀のプロテスタントのリバイバリスト達(Revivalists)(注 […]

皆さんとディスカッション(続x752)

太田述正コラム#3845(2010.2.22) <皆さんとディスカッション(続x752)> <さるべ~じ> ≫その殺しのライセンスには、(これもどこの国の諜報機関でも)自国民の殺人が含まれている。≪(コラム#3843。太 […]

キリスト教の歴史(その2)

太田述正コラム#3618(2009.10.31) <キリスト教の歴史(その2)>(2010.2.22公開)  (3)キリスト教の始まりとその始まりから内包されていた矛盾  「・・・キリスト教は、<ローマ>皇帝タイタス(T […]

皆さんとディスカッション(続x750)

太田述正コラム#3841(2010.2.20) <皆さんとディスカッション(続x750)> <ΒνΒν>(「たった一人の反乱」より)  村山が<首相が自衛隊の最高指揮官であることを知らなかったという>って本当かぁ? <太 […]

英陸軍の近現代史(その3)

太田述正コラム#3563(2009.10.4) <英陸軍の近現代史(その3)>(2010.2.20公開)  (3)20世紀~  「・・・全面的な組織再編は、20世紀の最初の10年間にハルデーン(<Richard Burd […]

英陸軍の近現代史(その2)

太田述正コラム#3561(2009.10.3) <英陸軍の近現代史(その2)>(2010.2.19公開)  私は、拙著『防衛庁再生宣言』において、「清教徒革命に至る内戦の過程で、・・・英国王の統制下にあった・・・従来の傭 […]

皆さんとディスカッション(続x748)

太田述正コラム#3837(2010.2.18) <皆さんとディスカッション(続x748)> <後からすみません>  細野祐二氏の書いていることはよくわかりませんが、仮に、その結論「政治資金規正法違反に当たらない」が正しけ […]

英陸軍の近現代史(その1)

太田述正コラム#3559(2009.10.2) <英陸軍の近現代史(その1)>(2010.2.18公開) 1 始めに  騎兵士官についての歴史小説をこれまでに10篇上梓してきた英国のアラン・マリンソン(Allan Mal […]

3人の皇帝(その2)

太田述正コラム#3557(2009.10.1) <3人の皇帝(その2)>(2010.2.17公開) 3 ニコライ2世  「・・・カーターの練達なる描写において、ヴィクトリア女王は、近代世界の諸現実を殆ど把握できておらずと […]

3人の従兄弟の皇帝達(その1)

太田述正コラム#3555(2009.9.30) <3人の従兄弟の皇帝達(その1)>(2010.2.16公開) 1 始めに  「3人の従兄弟達と第一次世界大戦」(コラム#1893)を覚えておられるでしょうか。  読んでおら […]

米ICBMの父(その2)

太田述正コラム#3553(2009.9.29) <米ICBMの父(その2)>(2010.2.15公開)  (3)シュリーヴァーと関わった人々   ア カーティス・ルメイとジョン・F・ケネディ  「・・・無情なる(flin […]

皆さんとディスカッション(続x744)

太田述正コラム#3829(2010.2.14) <皆さんとディスカッション(続x744)> <βνβν>(「たった一人の反乱」より) ≫遺憾ながら、日本では、官僚=スペシャリストではないんだな。≪(コラム#3827。太田 […]

日進月歩の人間科学(続x11)

太田述正コラム#3768(2010.1.14) <日進月歩の人間科学(続x11)>(2010.2.14公開) 1 始めに  ニューヨークタイムスの健康問題担当編集者のバーバラ・ストローチ(Barbara Strauch) […]

皆さんとディスカッション(続x743)

太田述正コラム#3827(2010.2.13) <皆さんとディスカッション(続x743)> <ΒΒΝΝ>(「たった一人の反乱」より) ≫アングロサクソンとか欧州とか言うまでもなく、ダメに決まってるら。≪(コラム#3825 […]