ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2011年8月

皆さんとディスカッション(続x1310)

太田述正コラム#4963(2011.8.31) <皆さんとディスカッション(続x1310)> <太田>(ツイッターより)  訂正。  南京事件の被害者数については「南京戦犯裁判の30万人説や東京裁判の20万人説」 htt […]

映画評論22:300(その4)

太田述正コラム#4800(2011.6.10) <映画評論22:300(その4)>(2011.8.31公開)  しばしばスパルタとは好敵手であるとともに、対蹠的な存在として描かれることの多いアテネを見てみましょう。  ま […]

皆さんとディスカッション(続x1309)

太田述正コラム#4961(2011.8.30) <皆さんとディスカッション(続x1309)> <μζζμ>(「たった一人の反乱」より)  野田オメ<デトウ>。  そもそも海江田とか何しに出てきたんだ?って感じだったけど。 […]

映画評論22:300(その3)

太田述正コラム#4798(2011.6.9) <映画評論22:300(その3)>(2011.8.30公開) 3 私のこの映画のストーリー批判  スパルタは、大まかに言えば、市民、解放奴隷のペリオイコイ(Perioikoi […]

皆さんとディスカッション(続x1308)

太田述正コラム#4959(2011.8.29) <皆さんとディスカッション(続x1308)> <太田>(ツイッターより)  要するに、イギリス(狭義)のエリート層が、大英帝国崩壊後、非人間主義的となり、それが非エリート層 […]

映画評論22:300(その2)

太田述正コラム#4796(2011.6.8) <映画評論22:300(その2)>(2011.8.29公開)  では、米英での批判にはどのようなものがあったのでしょうか。  私には、彼らの批判の大部分は、この映画がファシズ […]

皆さんとディスカッション(続x1307)

太田述正コラム#4957(2011.8.28) <皆さんとディスカッション(続x1307)> <太田>(ツイッターより)  ロンドン滞在中の1988年、大書店でイギリス議会制度の起源についての本を探していると店員に聞いた […]

映画評論22:300(その1)

太田述正コラム#4794(2011.6.7) <映画評論22:300(その1)>(2011.8.28公開) 1 始めに  若干時間的余裕ができてきたので、もともと、読者から評論をリクエストされていた映画を何本か借りようと […]

皆さんとディスカッション(続x1305)

太田述正コラム#4953(2011.8.26) <皆さんとディスカッション(続x1305)> <太田>(ツイッターより)  BBC見てると、トリポリのあらゆる年齢や階層の人々が流暢な英語・・米語じゃないよ・・で記者のイン […]

皆さんとディスカッション(続x1304)

太田述正コラム#4951(2011.8.25) <皆さんとディスカッション(続x1304)> <太田>(ツイッターより)  辛亥革命前後以降の支那の戦前史を振り返ると、それは言葉の本来の意味での日本の戦前史の一環であると […]

日本文化論の人間主義的批判(その2)

太田述正コラム#4786(2011.6.3) <日本文化論の人間主義的批判(その2)>(2011.8.24公開)  「昔、あなたのようにはるばる日本に来た一人の宣教師がいた。彼がある日、銅製の仏像の前で一心に合掌している […]

皆さんとディスカッション(続x1301)

太田述正コラム#4945(2011.8.22) <皆さんとディスカッション(続x1301)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#4782に関し)一人一人は複雑な思考ができても、集団としてはそうはいかない。  日本は […]

皆さんとディスカッション(続x1300)

太田述正コラム#4943(2011.8.21) <皆さんとディスカッション(続x1300)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#4941に関し)日本の高級ウィスキーが世界で定評を得るに至った背景には日本の気候と水質 […]

日進月歩の人間科学(続X21)

太田述正コラム#4780(2011.5.31) <日進月歩の人間科学(続X21)>(2011.8.21公開) 1 始めに  バイリンガルのメリットと、人間には楽観主義者が多いこと、についての記事をご紹介しましょう。  ど […]

皆さんとディスカッション(続x1298)

太田述正コラム#4939(2011.8.19) <皆さんとディスカッション(続x1298)> <太田>(ツイッターより)  次回(9月23日)の講演/オフ会のボクの話のテーマを思いつかない。  (自分の選挙の話の後半は、 […]

皆さんとディスカッション(続x1297)

太田述正コラム#4937(2011.8.18) <皆さんとディスカッション(続x1297)> <太田>(ツイッターより)  大英帝国崩壊後の、エリート層、ひいては非エリート層の堕落・劣化にもかかわらず、イギリスが表見的に […]

皆さんとディスカッション(続x1296)

太田述正コラム#4935(2011.8.17) <皆さんとディスカッション(続x1296)> <太田>(ツイッターより) (コラム#4772に関し)伊藤博文と言えば、改めて、その子孫の松本剛明外相のことが思い出されるね。 […]

皆さんとディスカッション(続x1295)

太田述正コラム#4933(2011.8.16) <皆さんとディスカッション(続x1295)> <太田>(ツイッターより)  8月15日がまた巡ってきた。  太田史観的なもので先の大戦が回顧されるようになる時は来るのだろう […]

『東京に暮す』を読む(その4)

太田述正コラム#4770(2011.5.26) <『東京に暮す』を読む(その4)>(2011.8.16公開)  「日本では、外国と違って、金持ちと貧乏人の間にあまり差がないことが多いのですが、生活スタイルもそうです。日本 […]

皆さんとディスカッション(続x1294)

太田述正コラム#4931(2011.8.15) <皆さんとディスカッション(続x1294)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#4929に関し)歴史と音楽特集みたいな「ディスカッション」になっちゃった。  お盆なの […]

『東京に暮す』を読む(その3)

太田述正コラム#4768(2011.5.25) <『東京に暮す』を読む(その3)>(2011.8.15公開)  「乗客・・・らは列に並んで自分の番を待つということをしないので、切符売り場や改札口では勝手に割り込んできます […]

皆さんとディスカッション(続x1293)

太田述正コラム#4929(2011.8.14) <皆さんとディスカッション(続x1293)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#4927に関し)ボクのフランス語歴については何度か話してるけど、ドイツ語は大学の教養課 […]

『東京に暮す』を読む(その2)

太田述正コラム#4766(2011.5.24) <『東京に暮す』を読む(その2)>(2011.8.14公開)  「私たち<外国人>が怒れば怒るほど、日本人はわかっていないのにわかったふりをし、できもしないのにあれこれと約 […]

皆さんとディスカッション(続x1292)

太田述正コラム#4927(2011.8.13) <皆さんとディスカッション(続x1292)> <太田>(ツイッターより)  コラムの騎士道のシリーズの関係で、今夜はアーサー王物語の世界に分け入っている。  少しずつ、カイ […]

『東京に暮す』を読む(その1)

太田述正コラム#4764(2011.5.23) <『東京に暮す』を読む(その1)>(2011.8.13公開) 1 始めに  オフ会の翌日から2日連続でヤボ用に巻き込まれ、相当疲れたこともあり、予定を変えて、しばらくの間、 […]

皆さんとディスカッション(続x1291)

太田述正コラム#4925(2011.8.12) <皆さんとディスカッション(続x1291)> <太田>(ツイッターより)  ボクのツイッターもお盆休みです・・ってワケないんだけど、パタっと投稿も来なくなっちゃったね。   […]

2011.5.21オフ会次第(続)

太田述正コラム#4762(2011.5.22) <2011.5.21オフ会次第(続)>(2011.8.12公開) Q:<中村秀樹氏の本の紹介(コラム#4759)についてだが、>法務次官と検察庁の関係はともかく、外務次官と […]

皆さんとディスカッション(続x1290)

太田述正コラム#4923(2011.8.11) <皆さんとディスカッション(続x1290)> <薬の理屈の追究者> ≫電力会社中、少なくとも九電だけは解体したくなるじゃないか。小沢をのさばらせてきた東北地方だけでなく、九 […]

2011.5.21オフ会次第

太田述正コラム#4760(2011.5.21) <2011.5.21オフ会次第>(2011.8.11公開) 1 始めに  案ずるより産むがごとし。  蓋をあけてみれば、1次会は11人(私を除く。以下同じ)、2次会は10人 […]

皆さんとディスカッション(続x1289)

太田述正コラム#4921(2011.8.10) <皆さんとディスカッション(続x1289)> <太田>(ツイッターより)  イギリスでの大暴動の原因は、サッチャリズムの後遺症としての貧富の差の拡大なのか、イスラム移民問題 […]

イアン・ニッシュかく語りき(その2)

太田述正コラム#4758(2011.5.20) <イアン・ニッシュかく語りき(その2)>(2011.8.10公開)  「朝鮮の将来という問題については、<当時の>英自由党政府の本能は、日本が唱えているところの大義である「 […]

皆さんとディスカッション(続x1288)

太田述正コラム#4919(2011.8.9) <皆さんとディスカッション(続x1288)> <太田>(ツイッターより)  空調機はかけてるんだけど、寝苦しくて目が覚めちゃったんで早朝から失礼。先月、今年の夏は蝉が鳴かない […]

皆さんとディスカッション(続x1287)

太田述正コラム#4917(2011.8.8) <皆さんとディスカッション(続x1287)> <太田>(ツイッターより)  木曜に警官が一人の男性を射殺したことがきっかけで、土曜にロンドンで暴動が起こり、数棟の建物と二階建 […]

戦前の英国の知日派(その4)

太田述正コラム#4754(2011.5.18) <戦前の英国の知日派(その4)>(2011.8.8公開)  戦後の話は、原則取り上げないのですが、例外的に取り上げましょう。  「1942年4月1日の理事会において・・・日 […]

皆さんとディスカッション(続x1286)

太田述正コラム#4915(2011.8.7) <皆さんとディスカッション(続x1286)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#4752に関し)日本人の身内同士で話す時の感覚で外国で日本について語ってしまいがちなのは […]

戦前の英国の知日派(その3)

太田述正コラム#4752(2011.5.17) <戦前の英国の知日派(その3)>(2011.8.7公開)  「1930年代になると、英国世論は日本の満州や中国への軍事行動に敵意を感じていたので、日本協会会員の親日的感情は […]

皆さんとディスカッション(続x1285)

太田述正コラム#4913(2011.8.6) <皆さんとディスカッション(続x1285)> <太田>(ツイッターより)  5月のカダフィの6男に引き続き、このたび7男がNATO軍の空爆で死亡したらしい。  (<5日190 […]

戦前の英国の知日派(その2)

太田述正コラム#4750(2011.5.16) <戦前の英国の知日派(その2)>(2011.8.6公開)  「1924年8月半ばに<ケネディ>一家は<シェルを退職して>英国に戻った。この時すでに武官として東京に派遣されて […]

皆さんとディスカッション(続x1284)

太田述正コラム#4911(2011.8.5) <皆さんとディスカッション(続x1284)> <太田>(ツイッターより)  有料読者向けに、(しばしば日本の武士道と対比されるところの)騎士道について書き始めているが、騎士道 […]

戦前の英国の知日派(その1)

太田述正コラム#4748(2011.5.15) <戦前の英国の知日派(その1)>(2011.8.5公開) 1 始めに  XXXXさん提供の、サー・ヒュー・コータッツィ&ゴードン・ダニエルズ編『英国と日本 架橋の人々』思文 […]

皆さんとディスカッション(続x1283)

太田述正コラム#4909(2011.8.4) <皆さんとディスカッション(続x1283)> <太田>(ツイッターより)  マイ・フェア・レディは、学者兼戯作者で社会運動家でもあったアイルランド人のバーナード・ショーが書い […]

皆さんとディスカッション(続x1282)

太田述正コラム#4907(2011.8.3) <皆さんとディスカッション(続x1282)> <太田>(ツイッターより)  世界映画史上の最も美しい俳優10人中の6位にアジアからただ一人、中共のチャン・ツィイー(章子怡)が […]

皆さんとディスカッション(続x1281)

太田述正コラム#4905(2011.8.2) <皆さんとディスカッション(続x1281)> <太田>(ツイッターより)  <一>昨日のつぶやきにひっかけて言えば、機械にも安全性の観点から完璧に近いものがあるんで困っちゃう […]

皆さんとディスカッション(続x1280)

太田述正コラム#4903(2011.8.1) <皆さんとディスカッション(続x1280)> <ιΖιΖ>(「たった一人の反乱」より)  太田さんは制度を見直して改革すればいずれは原発をちゃんと管理できるようになると考えて […]