ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2005年4月

米単独開戦前夜(?)の朝鮮半島(その1)

太田述正コラム#708(2005.4.30)<米単独開戦前夜(?)の朝鮮半島(その1)> 1 始めに  このシリーズで取り上げるのは最新の朝鮮半島情勢です。 タイトルだけから言えば、「風雲急を告げる北東アジア情勢」(未完 […]

日中対話用メモ(その3)

太田述正コラム#707(2005.4.29)<日中対話用メモ(その3)>    イ 歴史認識問題総論 十年一日のごとく中共は、「「歴史を鑑(かがみ)として未来へ向かう」は、中日両国関係を処理する基本 […]

日中対話用メモ(その2)

太田述正コラム#705(2005.4.27)<日中対話用メモ(その2)>   それにしても自分の耳を疑いました。 本日(27日)王毅駐日中共大使は、講演の中で、靖国神社参拝に関する「紳士協定」が日中 […]

日中対話用メモ(その1)

太田述正コラム#704(2005.4.26)<日中対話用メモ(その1)>   (24日夜にメーリングリスト登録者数が1225名と、新記録を達成し、12月末から四ヶ月間に及んだ長期低迷期をようやく脱し […]

新法王評をめぐって

太田述正コラム#701(2005.4.23)<新法王評をめぐって>   (近隣の国の話を続けて書いていたら、メーリングリスト登録者数が急速に回復して1219名になりました。新記録達成まで後6名です。申し訳ないが […]

イラク移行政府の陣容(その2)

太田述正コラム#685(2005.4.9)<イラク移行政府の陣容(その2)>   (前回のコラム#684に大幅に加筆訂正してHPに再掲載してあります。)  (3)コメント タラバニ氏のこれまでの72年の生涯を振 […]

パキスタン(その6)

太田述正コラム#683(2005.4.7)<パキスタン(その6)>   (3)経済 しかしながら、パキスタン軍とこれを支える米国だけで、パキスタンの空中分解が避けられるものではありません。 ムシャラフ政権は、さ […]

パキスタン(その5)

太田述正コラム#682(2005.4.6)<パキスタン(その5)>   これに加えてパキスタンは、インド亜大陸のすべてのイスラム教徒の母国としての「国のかたち」に執着し、「世俗国家」インドと対峙してきたのですか […]

パキスタン(その4)

太田述正コラム#681(2005.4.5)<パキスタン(その4)>    イ バロチスタン イラン及びアフガニスタンと長い国境で接するバロチスタンは、人口は657万しかありませんが、8つの地域の中で一番広く、そ […]

パキスタン(その3)

太田述正コラム#680(2005.4.4)<パキスタン(その3)>  4 地域間の対立  (1)パキスタンの各地域と言語 遠心力の第三は、これが一番深刻だという見方もありますが、「地域間の対立」です。 パキスタ […]

パキスタン(その2)

太田述正コラム#679(2005.4.3)<パキスタン(その2)>   以上が、パキスタンを引き裂く三つの遠心力の第一、「混迷する国のかたち」です。 遠心力の第二は、「宗教をめぐる争い」です。 3 宗教をめぐる […]

日本の国連安保理常任理事国入り?

太田述正コラム#678(2005.4.2)<日本の国連安保理常任理事国入り?>  1 始めに  日本が国連安保理の常任理事国入りの希望を初めて表明したのは1970年でしたが、国連分担金第三位のドイツが第二位の日 […]