ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2006年1月

解明されつつある人間の秘密(続)

太田述正コラム#1066(2006.1.31) <解明されつつある人間の秘密(続)>  (本篇は、コラム#932の続きです。) 1 人間の交尾期の謎解明さる 動物の中で、人間だけは雄はもとより、雌までも(自分の)交尾期が […]

オフ会の報告(その4)

太田述正コラム#1058(2006.1.24) <オフ会の報告(その4)>  1970年代の後半のことだが、海上自衛隊は、どうして護衛艦が必要なのだ、と野党が真面目に議論を吹きかけてきたら、とてももたないと心配し、有事に […]

オフ会の報告(その3)

太田述正コラム#1057(2006.1.23) <オフ会の報告(その3)>  (7)縄文モード・弥生モード  A氏が、「最近、普段余りお付き合いのない人々と話をする機会があったが、多くが心から日本は軍事力を持たず、戦争は […]

オフ会の報告(その2)

太田述正コラム#1056(2006.1.22) <オフ会の報告(その2)>  (前回のコラムの「てにをは」等を大幅に手を入れて、ブログ、そして本篇上梓と同時にホームページに再掲載しました。)  (3)日本の植民地統治   […]

オフ会の報告(その1)

太田述正コラム#1055(2006.1.22) <オフ会の報告(その1)> 1 始めに  21日のオフ会には、昼過ぎに急に仕事が入って来られなくなった1名を除き、5名が予定通り出席し、一次会(1400過ぎ?1830頃)、 […]

今年中にも対イラン攻撃か

太田述正コラム#1053(2006.1.20) <今年中にも対イラン攻撃か> 1 始めに  2004年10月24日付のコラム(#512)で、イスラエルによる「イランの核関連施設への攻撃必至か」と書きました。 イランが1月 […]

日独伊の「民主主義」と米国(その2)

太田述正コラム#1051(2006.1.19) <日独伊の「民主主義」と米国(その2)>  ドイツ帝国の議会は、大日本帝国憲法(以下、「旧憲法」という)下の日本の議会と違って、行政府が提出した法律の採否を議決するだけで、 […]

日独伊の「民主主義」と米国(その1)

太田述正コラム#1050(2006.1.19) <日独伊の「民主主義」と米国(その1)> 1 始めに  戦前の日本において民主主義が終戦まで機能していた、と拙著に記してからというもの、このことをこのコラムでも(コラム#3 […]

男女比率をめぐる諸問題(その2)

太田述正コラム#1048(2006.1.17) <男女比率をめぐる諸問題(その2)>  (メーリングリスト登録者数は、むしろ目減り気味だというのに、ブログへのアクセス数は、新記録を連日更新している、という不思議な状況が続 […]

男女比率をめぐる諸問題(その1)

太田述正コラム#1047(2006.1.16) <男女比率をめぐる諸問題(その1)>  (21日(土)の私の事務所でのオフ会出席希望者が、依然3?4名にとどまっています。遠慮されずに、手を挙げていただければ幸いです。なお […]