ソーシャルメディア Rebatesお友達紹介キャンペーン

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

Month: 2009年1月

皆さんとディスカッション(続x383)

太田述正コラム#3065(2009.1.30) <皆さんとディスカッション(続x383)> <おーつか>  NATOの元大西洋軍最高司令官ジャック・シーハン将軍が、「英国はトライデント武装体系を放棄し、核軍縮で指導性を発 […]

部落・在日問題

太田述正コラム#2685(2008.7.23) <部落・在日問題>(2009.1.29公開) 1 始めに  太田述正×兵頭二十八『属国の防衛革命』(光人社)に掲載予定でゲラにも入っていた、部落・在日問題に触れた部分が、光 […]

皆さんとディスカッション(続x381)

太田述正コラム#3061(2009.1.28) <皆さんとディスカッション(続x381)> <太田>  最初に訂正です。  コラム#3056(未公開)で、「<人間の>女性の性器<で>・・興奮が起こらなかったのは、ボノボの […]

セックス中毒(その1)

太田述正コラム#2971(2008.12.13) <セックス中毒(その1)>(2009.1.28公開) 1 始めに  英米の高級紙にたびたび登場するけれど、日本の主要メディアでは、まずお目にかかったことがないのがセックス […]

皆さんとディスカッション(続x380)

太田述正コラム#3059(2009.1.27) <皆さんとディスカッション(続x380)> <コバ> ≫・・・情報も沢山あるし、最も進歩的であるはずの東京や大阪で何で自民系知事が幅利かしてるんだろ?(コバ)  東京や大阪 […]

皆さんとディスカッション(続x379)

太田述正コラム#3057(2009.1.26) <皆さんとディスカッション(続x379)> <AD>  初めてコメントさせていただきます。  私は若輩者の男子学生なのですが、太田先生の政治論に興味を持ち、ブログを拝見して […]

ムンバイでのテロ(続x3)

太田述正コラム#2969(2008.12.12) <ムンバイでのテロ(続x3)>(2009.1.26公開) 1 始めに  情勢が動いているので、引き続き、ムンバイでのテロについての最新状況をコラージュ風にとりあげます。 […]

皆さんとディスカッション(続x378)

太田述正コラム#3055(2009.1.25) <皆さんとディスカッション(続x378)> <大>  太田さん、ありがとうございました。  記事中の<ザカリアの>発言が間違いだらけだからだ<(コラム#3053)>ってこと […]

性科学の最新状況

太田述正コラム#2673(2008.7.17) <性科学の最新状況>(2009.1.25公開) 1 始めに  性科学の最新状況(ただし、2年ほど前の時点のものを含む)をご紹介しておきましょう。 2 判明したこと  (1) […]

皆さんとディスカッション(続x377)

太田述正コラム#3053(2009.1.24) <皆さんとディスカッション(続x377)> <michisuzu> ≫あなたは太田コラムの読者になる以前から、日本の政治の現状はひどい、政治家もひどいって思ってたんでしょう […]

ムンバイでのテロ(続々)(その3)

太田述正コラム#2967(2008.12.11) <ムンバイでのテロ(続々)(その3)>(2009.1.24公開)  「<・・・そもそも、パキスタン>当局は、ラスカレタイバのテロリスト達をそっとしてきた。これは、ジャイシ […]

皆さんとディスカッション(続x376)

太田述正コラム#3051(2009.1.23) <皆さんとディスカッション(続x376)> <Nelson> ≫内局キャリアによる、自分達の権限縮小を回避するためのマヌーバーの一つと見るべきかもしれません。≪(コラム#3 […]

皆さんとディスカッション(続x375)

太田述正コラム#3049(2009.1.22) <皆さんとディスカッション(続x375)> <Nelson> ≫おっしゃる通りですが、防衛出動とは、日本に対する外部からの武力攻撃が発生した事態または武力攻撃が発生する明白 […]

ハセガワとベーカーの本(その5)

太田述正コラム#2669(2008.7.15) <ハセガワとベーカーの本(その5)>(2009.1.21公開)  7月17日、ポツダム会議に出席すべく、ソ連の占領下にあったベルリン郊外のポツダムにいたトルーマン大統領に、 […]

皆さんとディスカッション(続x373)

太田述正コラム#3045(2009.1.20) <皆さんとディスカッション(続x373)> <VincentVega> ≫・・・大乗仏教がヘレニズム世界、ひいてはローマ、更には中世の欧州に若干なりとも影響を与えたとしても […]

皆さんとディスカッション(続x372)

太田述正コラム#3043(2009.1.19) <皆さんとディスカッション(続x372)> <唯我独尊>  週末のメール受信を休止している間にも連射砲のように「太田述正コラム」が届いていました(笑)。いつも有り難うござい […]

ハセガワとベーカーの本(その4)

太田述正コラム#2667(2008.7.14) <ハセガワとベーカーの本(その4)>(2009.1.19公開)  (ハセガワの本を「原爆投下とソ連の参戦」という第5章の直前のPP176まで読んだところですが、この本が翻訳 […]

ムンバイでのテロ(続)(その4)

太田述正コラム#2961(2008.12.8) <ムンバイでのテロ(続)(その4)>(2009.1.18公開)  英国人達の、かつての大英帝国海外領の華であったインド亜大陸への思い入れは、現在でも大変なものであります(注 […]

皆さんとディスカッション(続x370)

太田述正コラム#3039(2009.1.17) <皆さんとディスカッション(続x370)> <michisuzu> ≫・・・いくら腐っていても自民政治を辛抱強く手直ししつつ大枠で保守政治を支えて、本当の革命恐怖政治を遠ざ […]

皆さんとディスカッション(続x369)

太田述正コラム#3037(2009.1.16) <皆さんとディスカッション(続x369)> <KY>  <コラム#3035でのサヨクさんと太田さんのやりとりを読みました。>  では、何年外国に住んでも日本人をやめられない […]

ムンバイでのテロ(続)(その3)

太田述正コラム#2959(2008.12.7) <ムンバイでのテロ(続)(その3)>(2009.1.16公開)  さて、インド政府はいかなる姿勢なのでしょうか。  まず、一人だけ生き残って捕らえられたテロリストの(インド […]

皆さんとディスカッション(続x368)

太田述正コラム#3035(2009.1.15) <皆さんとディスカッション(続x368)> <ドイツゲーマー> コラム#3032(未公開)でのウォルザー(日本語ではウォルツァーと表記されることが多いです)の「至上緊急事態 […]

ハセガワとベーカーの本(その2)

太田述正コラム#2659(2008.7.10) <ハセガワとベーカーの本(その2)>(2009.1.15公開) 3 ベーカーの本を手にとって  何と言っても、びっくりするのは、巻末の注だけで、総頁数566頁中、92頁も占 […]

ムンバイでのテロ(特別篇)

太田述正コラム#2957(2008.12.6) <ムンバイでのテロ(特別篇)>(2009.1.14公開) 1 始めに  ムンバイのテロのテロリスト達が、ハイテクを駆使するとともに、覚醒剤を使っていたという話をしたいと思い […]

皆さんとディスカッション(続x366)

太田述正コラム#3031(2009.1.13) <皆さんとディスカッション(続x366)> <屋屋> ≫軍隊が国民の生命財産を守るなんてのは、(日本以外の)いかなる国においてもありえない発想なんですよ。≪(コラム#302 […]

皆さんとディスカッション(続x365)

太田述正コラム#3029(2009.1.12) <皆さんとディスカッション(続x365)> <FM>  ソウル大学教授の対日非難への太田さんのコメント<(コラム#3027)>や良し! 結局は対日コンプレックスでは…。   […]

関西にて(続)

太田述正コラム#2653(2008.7.7) <関西にて(続)>(2009.1.12公開) <太田>  本日、突発的な用件が入って、本来のコラムを書く時間がとれなくなってしまいました。  こんなことは極めてめずらしいので […]

皆さんとディスカッション(続x364)

太田述正コラム#3027(2009.1.11) <皆さんとディスカッション(続x364)> <文民>  宙水様、<太田さんを>馬鹿扱いする<(コラム#3023)>のは簡単だが、何が今後の日本にとって大事となるのかという部 […]

ムンバイでのテロ(続)(その2)

太田述正コラム#2953(2008.12.4) <ムンバイでのテロ(続)(その2)>(2009.1.11公開) <補注>  「・・・<インドの>イスラム教徒は、今や不可触賤民(Dalit)・・・よりもひどい状況にある。 […]

皆さんとディスカッション(続x363)

太田述正コラム#3025(2009.1.10) <皆さんとディスカッション(続x363)> <michisuzu>  ≫パレスチナ人が、紛争による解決以外の道を、考え始めてくれるようになるのを、期待するしかないのでしょう […]

ムンバイでのテロ(続)(その1)

太田述正コラム#2951(2008.12.3) <ムンバイでのテロ(続)(その1)>(2009.1.10公開) 1 始めに  ムンバイのテロをめぐるその後の議論をご紹介しましょう。 2 ムンバイのテロは世界の問題なのかイ […]

皆さんとディスカッション(続x362)

太田述正コラム#3023(2009.1.9) <皆さんとディスカッション(続x362)> <マソン> ≫自分達に「悲惨な状態」をもたらしたのはイスラエルではなく過激派である、という認識に、ガザ、ひいては(イスラエル居住者 […]

田母神問題と「諸君」

太田述正コラム#2949(2008.12.2) <田母神問題と「諸君」>(2009.1.9公開) 1 始めに  昨日、塩田潮氏による記事が掲載された「諸君」(2009年1月号)が送られてきたので、この記事を中心に同誌を斜 […]

皆さんとディスカッション(続x361)

太田述正コラム#3021(2009.1.8) <皆さんとディスカッション(続x361)> <太田>  昨年の「まぐまぐ大賞2008」にご参加した折、推薦・投票して下さった読者の方々からのコメントです、として、まぐまぐが以 […]

皆さんとディスカッション(続x360)

太田述正コラム#3019(2009.1.7) <皆さんとディスカッション(続x360)> <NT>  YSさん、そうですか(コラム#3003)、”盛イクド”読売に出ていた人、多分間違い無いと思います。  まだ生きているの […]

ムンバイでのテロ

太田述正コラム#2939(2008.11.27) <ムンバイでのテロ>(2009.1.7公開) 1 ムンバイでのテロ  11月26日の夜、インドの金融、経済、文化(「ボリウッド」映画等)の中心である(ボンベイ改め)ムンバ […]

皆さんとディスカッション(続x359)

太田述正コラム#3017(2009.1.6) <皆さんとディスカッション(続x359)> <遠江人>  すっかり遅れてしまいましたが、明けましておめでとうございます。  新春を迎え皆々様のご健康とご多幸をお祈り申し上げま […]

私の1つ目の人生

太田述正コラム#2651(2008.7.5) <私の1つ目の人生>(2009.1.6公開) 1 始めに  私自身について語るのをお許しいただきたいと思います。  私はこれまで59年余り生きてきましたが、既に2つ分の人生を […]

自省する米国(その2)

太田述正コラム#2937(2008.11.26) <自省する米国(その2)>(2009.1.5公開) 4 米国は有色人種差別的帝国主義国だった  ジョージ・ヘリング(George C. Herring)は、著書『植民地か […]

皆さんとディスカッション(続x358)

太田述正コラム#3015(2009.1.5) <皆さんとディスカッション(続x358)> <大>  <SFさん、>コラム#72は非公開なんですかね、お金にもう少し余裕ができたら読ませてもらいます。 <太田>  いや、公開 […]

皆さんとディスカッション(続x357)

太田述正コラム#3013(2009.1.4) <皆さんとディスカッション(続x357)> <TY>  僕は、○○県に住む受験シーズン真っただ中の中学生です。太田さんの存在は、「政治ブログ」で検索していたところ、偶然に見つ […]

自省する米国(その1)

太田述正コラム#2935(2008.11.25) <自省する米国(その1)>(2009.1.2公開) 1 始めに  対テロ戦争が思うに任せず、そこに金融危機が起こったこともあって、米国は自省の季節に入っています。  この […]

現在の金融危機と大恐慌の比較

太田述正コラム#2933(2008.11.24) <現在の金融危機と大恐慌の比較>(2009.1.1公開) 1 始めに  これから、現在の金融危機と戦前の大恐慌とを比較する議論がどんどんなされると思いますが、その皮切りに […]

皆さんとディスカッション(続x354)

太田述正コラム#3007(2009.1.1) <皆さんとディスカッション(続x354)> <コバ>  あけましておめでとうございます~。  さて、太田さんがコイズミ解散選挙をアングロサクソン化を問う選挙だと書かれていたと […]