ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2010年7月

皆さんとディスカッション(続x909)

太田述正コラム#4163(2010.7.31) <皆さんとディスカッション(続x909)> <takahashi>(「たった一人の反乱」より)  「悪い人も時にはいいことをする。いいひとも時には悪いことをする。」池波正太 […]

パール・バック(その3)

太田述正コラム#3936(2010.4.8) <パール・バック(その3)>(2010.7.31公開)  (3)『大地』以降  「・・・バックの小説群が劇的な成功を収めたことが彼女の人生を変えた。  彼女は、自分の本の<新 […]

皆さんとディスカッション(続x908)

太田述正コラム#4161(2010.7.30) <皆さんとディスカッション(続x908)> <MK>  ・・・けだし、本コラム<(#4158。未公開)は>痛快でした。 ≫私に言わせれば、イギリス人は、日本と同様主体的に、 […]

日進月歩の人間科学(続X14)

太田述正コラム#4102(2010.6.30) <日進月歩の人間科学(続X14)>(2010.7.30公開) 1 始めに  引き続き、表記をお送りします。  昨日は米ニューヨークタイムスでしたが、科学記事、とりわけ人間科 […]

皆さんとディスカッション(続x907)

太田述正コラム#4159(2010.7.29) <皆さんとディスカッション(続x907)> <宮里>  <前回の東京での>オフ会<でのやりとり>の補足。 ≫(もっとも、本土だって、地方に関しては似たようなものだが・・。 […]

日進月歩の人間科学(続X13)

太田述正コラム#4100(2010.6.29) <日進月歩の人間科学(続X13)>(2010.7.29公開) 1 始めに  久しぶりに表記をお送りしましょう。  上の空の効用の話と、脳と性格の話です。 2 上の空の効用 […]

2010.6.26東京オフ会次第(その2)

太田述正コラム#4098(2010.6.28) <2010.6.26東京オフ会次第(その2)>(2010.7.28公開) 3 そのほか、「講演」で語ったこと  細かくなるので、「講演」原稿では書きわけなかったが、「コモン […]

皆さんとディスカッション(続x905)

太田述正コラム#4155(2010.7.27) <皆さんとディスカッション(続x905)> <太田>(ツイッターより) (コラム#4153に関し)「右」の産経新聞や読売新聞には困ったもんだ。  なお、コラム#4135で紹 […]

パール・バック(その2)

太田述正コラム#3934(2010.4.7) <パール・バック(その2)>(2010.7.27公開)  「・・・ディケンズは、・・・私の身内の人々とのほとんど唯一の接点(access)だった。私は彼の主宰するパーティーに […]

皆さんとディスカッション(続x904)

太田述正コラム#4153(2010.7.26) <皆さんとディスカッション(続x904)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#4151に関し)現在の政治的イッシューを理解するためには、少なくとも日本及び日本と関係の […]

2010.6.26東京オフ会次第(その1)

太田述正コラム#4094(2010.6.26) <2010.6.26東京オフ会次第(その1)>(2010.7.26公開) 1 「講演」の最初に語る予定のこと  本日は、四日市時代とスタンフォードから帰国した頃の知己が出席 […]

皆さんとディスカッション(続x903)

太田述正コラム#4151(2010.7.25) <皆さんとディスカッション(続x903)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#4149に関し)熱心な読者諸公のおかげで常勤所員一人の総合研究所みたいになってきたな。 […]

パール・バック(その1)

太田述正コラム#3932(2010.4.6) <パール・バック(その1)>(2010.7.25公開) 1 始めに  私と接点があったパール・バック(Pearl S. Buck。1892~1973年)については、これまで何 […]

皆さんとディスカッション(続x902)

太田述正コラム#4149(2010.7.24) <皆さんとディスカッション(続x902)> <太田>(ツイッターより) (コラム#4147に関し)中西輝政の縄文・弥生論の中身、もうちょっと詳しく誰か教えてくれない?    […]

カルタゴ(その3)

太田述正コラム#3930(2010.4.5) <カルタゴ(その3)>(2010.7.24公開)  「・・・カルタゴの艦隊は地中海を睥睨し、カルタゴは交易、及びシチリア、サルディニア、キプロスに植民地を設けたことで豊かにな […]

皆さんとディスカッション(続x901)

太田述正コラム#4147(2010.7.23) <皆さんとディスカッション(続x901)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#4145に関し)ホッブス的社会にはイスラムが入り込みやすそうだ。  じゃ、どうしてインド […]

皆さんとディスカッション(続x900)

太田述正コラム#4145(2010.7.22) <皆さんとディスカッション(続x900)> <親衛隊員> >(コラム#4141に関し)どうして日本の戦前の昭和史をおどろおどろしく見る人、とりわけ軍部、就中陸軍を悪玉視する […]

皆さんとディスカッション(続x899)

太田述正コラム#4143(2010.7.21) <皆さんとディスカッション(続x899)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#4141に関し)どうして日本の戦前の昭和史をおどろおどろしく見る人、とりわけ軍部、就中陸 […]

皆さんとディスカッション(続x898)

太田述正コラム#4141(2010.7.20) <皆さんとディスカッション(続x898)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#4082に関し)これは英国の話なのか、アングロサクソン世界の話なのか、日本にはどの程度あ […]

皆さんとディスカッション(続x897)

太田述正コラム#4139(2010.7.19) <皆さんとディスカッション(続x897)> <唯我独尊> >哨戒艦「天安」沈没事件(コラム#4137)  先日、キューバのカストロ前議長がTVに出演し熱弁をふるっています。 […]

カルタゴ(その2)

太田述正コラム#3928(2010.4.4) <カルタゴ(その2)>(2010.7.19公開)  <そうではないとする学者もいるが、>これは、カルタゴ対ギリシャ陣営の直接的な紛争では決してなかった。  そもそも、シラクサ […]

皆さんとディスカッション(続x896)

太田述正コラム#4137(2010.7.18) <皆さんとディスカッション(続x896)> <太田>(ツイッターより)  どうして、本丸である日本の属国性そのものを問題にせず、周辺的なことばかりに目を奪われるのだろうか。 […]

カルタゴ(その1)

太田述正コラム#3926(2010.4.3) <カルタゴ(その1)>(2010.7.18公開) 1 始めに  カルタゴ(Carthage)についての新著が出たとなれば、ご紹介しない手はありません。  リチャード・マイルズ […]

皆さんとディスカッション(続x895)

太田述正コラム#4135(2010.7.17) <皆さんとディスカッション(続x895)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#4133に関し)「<いわゆる戦争責任について、>そういう言葉のアヤについては、・・・文学 […]

皆さんとディスカッション(続x894)

太田述正コラム#4133(2010.7.16) <皆さんとディスカッション(続x894)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#4131に関し)日本は自分で属国になったということを押さえておかないと、現在の日本の政治 […]