ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2008年4月

再び防衛問題について

太田述正コラム#2518(2008.4.30) <再び防衛問題について> 1 始めに  日本のメディアは防衛問題を取り上げなくなってしまいましたが、産経新聞が本日、森本敏氏のコラムを「主張」欄に掲載しました。  このコラ […]

イギリスと欧州・日本と米国(その1)

太田述正コラム#2444(2008.3.24) <イギリスと欧州・日本と米国(その1)>(2008.4.30公開) 1 始めに  今回は、まだきちんと検証していない憾みはあるのですが、歴史の大きな変化にわれわれは遭遇して […]

チベット騒擾(続x9)

太田述正コラム#2516(2008.4.29) <チベット騒擾(続x9)> 1 始めに  聖火リレーを通じて、最も対中世論が変わったのは韓国です。  朝鮮日報の論説・記事を通じてこのことを見てみましょう。 2 韓国の対中 […]

皆さんとディスカッション(続x125)

太田述正コラム#2515(2008.4.29) <皆さんとディスカッション(続x125)> <MS>  コラム#2514(未公開)を読みました。 そもそも中華は対外的な広報活動をする気がないのではないでしょうか。  対外 […]

台湾総統選挙

太田述正コラム#2442(2008.3.23) <台湾総統選挙>(2008.4.28公開) 1 始めに  野党国民党の馬英九候補が与党民進党の謝長廷候補を、投票率76%で投じられた17,321,622有効票のうち7,65 […]

皆さんとディスカッション(続x123)

太田述正コラム#2511(2008.4.27) <皆さんとディスカッション(続x123)> <コバ>  竹中氏を評価してた太田さんのコラムがあったような・・。気のせいかも?(コラム#2508参照) <太田>  確かに「竹 […]

チベット騒擾(続x4)

太田述正コラム#2439(2008.3.22) <チベット騒擾(続x4)>(2008.4.27公開) 1 ダライラマの政治家としての無能さ  ニューヨークタイムスが、ダライラマの元首としての、つまりは政治家としての無能さ […]

チベット騒擾(続x3)

太田述正コラム#2437(2008.3.21) <チベット騒擾(続x3)>(2008.4.26公開) 1 部分的にホントのことを言い始めた中共政府  中共の国営通信社の新華社(Xinhua)は、官憲は殺傷性のある武器を使 […]

皆さんとディスカッション(続x122)

太田述正コラム#2509(2008.4.26) <皆さんとディスカッション(続x122)> <KAZU>  コラム#2505で太田さんの正直な学生時代の情報公開を読み、さらに言論を信頼・支持する気持ちになりました。(うそ […]

チベット騒擾(続々)

太田述正コラム#2435(2008.3.20) <チベット騒擾(続々)>(2008.4.25公開) 1 チベットの範囲  「甘粛省甘南チベット族自治州で15日からチベット族による暴動が起き、政府庁舎や学校が襲撃され、商店 […]

チベット騒擾(続)

太田述正コラム#2433(2008.3.19) <チベット騒擾(続)>(2008.4.24公開) 1 始めに  意外にチベット騒擾の英米での報道は盛り上がっていませんね。  昨年のミャンマーの騒擾の時と違って、歴史を振り […]

チベット騒擾

太田述正コラム#2430(2008.3.18) <チベット騒擾>(2008.4.23公開) 1 始めに  日本の宗主国たる米国が金融不安に襲われ、日本の最大の貿易相手国であり、19世紀に存在していた帝国で唯一残っている中 […]

皆さんとディスカッション(続x120)

太田述正コラム#2503(2008.4.23) <皆さんとディスカッション(続x120)> <ケンスケ2>  コラム#2116「魔女狩り(その2)」を読みました。  資本主義の力が,中性的社会秩序を崩壊させ始めたとき、中 […]

魔女狩り(その2)

太田述正コラム#2116(2007.10.10) <魔女狩り(その2)>(2008.4.22公開) 3 最後の魔女狩り  正式の裁判で行われた魔女狩りによる処刑の最後のケースは1782年にスイスの片田舎の町で起こりました […]

皆さんとディスカッション(続x119)

太田述正コラム#2501(2008.4.22) <皆さんとディスカッション(続x119)> <雅> コラム#2439の西国立身論に対してご丁寧なご返事ありがとうございます。  中村正直氏が翻訳された「自由之理」を読み忘れ […]

皆さんとディスカッション(続x118)

太田述正コラム#2499(2008.4.21) <皆さんとディスカッション(続x118)> <なべやき>  コラム#2410、#2412を読みました。 いつかルーズヴェルトや、トルーマンの記事をお願いします。  例えばニ […]

魔女狩り(その1)

太田述正コラム#2114(2007.10.9) <魔女狩り(その1)>(2008.4.21公開) 1 魔女狩り  欧州やイギリス(含む英北米植民地)で魔女狩りが最も盛んに行われたのは1450年頃から1700年頃にかけてで […]

皆さんとディスカッション(続x117)

太田述正コラム#2497(2008.4.20) <皆さんとディスカッション(続x117)> <MS> ≫英米における、欧米以外の歴史家ないし歴史書についての研究水準が低い、というわけではない・・・。それは例えば、支那最初 […]

完全なスパイ(その2)

太田述正コラム#2112(2007.10.8) <完全なスパイ(その2)>(2008.4.20公開) 3 オーストリア人  (1)スパイとしての業績  次に、第二次世界大戦当時に、ドイツの科学雑誌Springer Ver […]

完全なスパイ(その1)

太田述正コラム#2110(2007.10.7) <完全なスパイ(その1)>(2008.4.19公開) 1 始めに  ゾルゲや尾崎のように、刑死した有能なスパイもいれば、人生をまっとうした有能なスパイもいます。  今回は、 […]

皆さんとディスカッション(続x116)

太田述正コラム#2495(2008.4.19) <皆さんとディスカッション(続x116)> <クコ> ≫「宗教に」の部分がそれじゃ説明できないでしょう。≪(コラム#2493)  でも極右はキリスト教勢力と相性がいいですよ […]

健在なり朝鮮日報

太田述正コラム#2426(2008.3.16) <健在なり朝鮮日報>(2008.4.18公開) 1 始めに  朝鮮日報が親日的であることについては、朝鮮日報という言葉がタイトルに入っているコラム#1160、1206~12 […]

買春で辞職したNY州知事

太田述正コラム#2424(2008.3.15) <買春で辞職したNY州知事>(2008.4.17公開) 1 始めに  その一週間前にニューヨークタイムスの特ダネで買春をしていたことを報じられた、米ニューヨーク州知事のスピ […]

皆さんとディスカッション(続x114)

太田述正コラム#2491(2008.4.17) <皆さんとディスカッション(続x114)> <鎌倉人>  コラム#2410、2412「先の大戦正戦論から脱する米国」シリーズを読みました。 ≫第二次世界大戦についてのノンフ […]

ギリシャ文明の起源(その2)

太田述正コラム#2108(2007.10.6) <ギリシャ文明の起源(その2)>(2008.4.16公開)  最新の研究で分かってきたことは以下の通りです。  フェニキア人は平和的な人々であり、造船に長け、紀元前2,50 […]

皆さんとディスカッション(続x113)

太田述正コラム#2489(2008.4.16) <皆さんとディスカッション(続x113)> <ケンスケ2>  コラム#2487を読みました。  欧米諸国は、常に日本と中国の内より強力になりそうな方の国を、いろいろと問題を […]

チベット騒擾(続x7)

太田述正コラム#2487(2008.4.15) <チベット騒擾(続x7)> 1 始めに  どうして中共の漢人大衆も反中国共産党人士を含む漢人エリートも、更には海外居住の漢人ディアスポラまで、世界のチベット世論に強く反発し […]