ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2009年11月

世界大恐慌と日米

太田述正コラム#3677(2009.11.30) <世界大恐慌と日米>  (投稿がほとんどなかったこと、紹介すべき記事も極めて少なかったことから、急遽、新たなコラムを書き上げました。) 1 始めに  コラム#3674(未 […]

米国の独立革命の意義

太田述正コラム#3375(2009.7.4) <米国の独立革命の意義>(2009.11.30公開) 1 始めに  米国が独立宣言を発した記念日の7月4日がやってきました。  ニューヨークタイムスにこの日だからこそ載った2 […]

皆さんとディスカッション(続x671)

太田述正コラム#3673(2009.11.28) <皆さんとディスカッション(続x671)> <けいc>  核心に迫る太田先生のコラムを読むのをいつも楽しみにしているものです。 ≫自衛隊の編成装備は「有事」を前提として定 […]

皆さんとディスカッション(続x670)

太田述正コラム#3671(2009.11.27) <皆さんとディスカッション(続x670)> <サヨク>  「『自分』」は存在するのか?」と問う主体として、すでに「自分」を前提にしてるように思えるタイトルですね(揚げ足取 […]

「自分」は存在するのか(その3)

太田述正コラム#3609(2009.10.27) <「自分」は存在するのか(その3)>(2009.11.27公開)  そこで、冒頭提起した、アーレントとゴールドヘーゲンのホロコースト解釈の違いですが、前者は人間の(その時 […]

皆さんとディスカッション(続x668)

太田述正コラム#3667(2009.11.25) <皆さんとディスカッション(続x668)> <ΒΔΒΔ>(「たった一人の反乱」より)  ところでニートでも何か力になれますか? <太田>  12月5日のオフ会に出てきたら […]

「自分」は存在するのか(その1)

太田述正コラム#3605(2009.10.25) <「自分」は存在するのか(その1)>(2009.11.25公開) 1 始めに  コラム#3599で、どちらもユダヤ系米国市民であるアーレントとゴールドヘーゲンのホロコース […]

皆さんとディスカッション(続x667)

太田述正コラム#3665(2009.11.24) <皆さんとディスカッション(続x667)> <ΔΒΔΒ>(「たった一人の反乱」より)  <アメリカ映画の大プロデューサーたるユダヤ人と言えば、>なぜスティーブン・スピルバ […]

皆さんとディスカッション(続x666)

太田述正コラム#3663(2009.11.23) <皆さんとディスカッション(続x666)> <元理髪師>  <コラム#3601「除去主義(その2)」を読み>ました。  ・・・無料マガジン読ませていただいております。あり […]

除去主義(その2)

太田述正コラム#3601(2009.10.23) <除去主義(その2)>(2009.11.23公開)  今度は、ゴールドヘーゲンへのインタビューからです。  「・・・政治体制の本性、その指導者達自身の本性が、<除去主義へ […]

皆さんとディスカッション(続x665)

太田述正コラム#3661(2009.11.22) <皆さんとディスカッション(続x665)> <FUKO>  改めて自分の訳文を見直してみると、ひどいですね。  英語を読むことと、実際に英語を日本語に書き直すことには大き […]

除去主義(その1)

太田述正コラム#3599(2009.10.22) <除去主義(その1)>(2009.11.22公開) 1 始めに  上梓されたばかりのダニエル・ジョナ・ゴールドヘーゲン(Daniel Jonah Goldhagen)の […]

ウェードの本をめぐって(その6)

太田述正コラム#3597(2009.10.21) <ウェードの本をめぐって(その6)>(2009.11.21公開) 3 人間の家畜化補論  「・・・私は古代神話を研究しているのだが、<ウェードによる>人間の自己家畜化は、 […]

皆さんとディスカッション(続x663)

太田述正コラム#3657(2009.11.20) <皆さんとディスカッション(続x663)> <木阿弥>  太田さん、・・・<コラム#3649で>丁寧なご回答をいただき、感謝申し上げます。  まず、ご紹介くださった琉球新 […]

ウェードの本をめぐって(その5)

太田述正コラム#3595(2009.10.20) <ウェードの本をめぐって(その5)>(2009.11.20公開)  (7)人間の家畜化  人間の諸種族の相互の敵意への情熱が減少してきている証拠は、後期旧石器時代の間に世 […]

皆さんとディスカッション(続x662)

太田述正コラム#3655(2009.11.19) <皆さんとディスカッション(続x662)> <太田>  元のミニまぐ読者への配信、統合後のシステムの出来が悪く、悪戦苦闘しています。(このコラムは、配信しないことにするの […]

ウェードの本をめぐって(その4)

太田述正コラム#3593(2009.10.19) <ウェードの本をめぐって(その4)>(2009.11.19公開)  (5)宗教  このようなふるまいは、ただ乗りをする者を探知して処罰するメカニズムが並行して生まれて初め […]

皆さんとディスカッション(続x661)

太田述正コラム#3653(2009.11.18) <皆さんとディスカッション(続x661)> <太田>  まぐまぐが、昨日から本日にかけて、まぐまぐ本体とミニまぐを統合したことに伴い、元ミニまぐ読者への配信がコラム2回分 […]

ウェードの本をめぐって(その3)

太田述正コラム#3591(2009.10.18) <ウェードの本をめぐって(その3)>(2009.11.18公開)  (3)戦争  ・・・チンパンジーと人間の社会は、もう一つの顕著な様相を共有している。  それは、自分と […]

皆さんとディスカッション(続x660)

太田述正コラム#3651(2009.11.17) <皆さんとディスカッション(続x660)> <べじたん> ≫40年位前、大学生の頃、御徒町の中田商会でボロボロに穴のあいたU.S. Armyの戦闘服を購入して数年間ほど普 […]

ウェードの本をめぐって(その2)

太田述正コラム#3589(2009.10.17) <ウェードの本をめぐって(その2)>(2009.11.17公開)  人間の歴史の長期にわたって、過剰な財産を所有することは、恐らく人々がより多くの子供達を育てることに資し […]

皆さんとディスカッション(続x659)

太田述正コラム#3649(2009.11.16) <皆さんとディスカッション(続x659)> <βΒΒβ>(「たった一人の反乱」より) ≫アクセルやクラッチを知らない人は滅多にいないだろうけど、さすがにキルスイッチはマイ […]

皆さんとディスカッション(続x658)

太田述正コラム#3647(2009.11.15) <皆さんとディスカッション(続x658)> <βΒΒβ>(「たった一人の反乱」より) ≫2ちゃんで本件についてイチャモンをつけたヒト≪(コラム#3645。太田)  俺だけ […]

民主主義が機能する条件(その3)

太田述正コラム#3585(2009.10.15) <民主主義が機能する条件(その3)>  (4)ホークスリーに対する批判  「・・・<このホークリー>の論文は、アフリカの一部、アフガニスタン、中東・・ロシアも次第にそうな […]