ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2010年1月

映画評論0(その2)

太田述正コラム#3740(2009.12.31) <映画評論0(その2)>(2010.1.31公開)  [五について]  これについては私の見解は異なりますが、後で取り上げることにします。   (3)所見  越智先生の評 […]

映画評論0(その1)

太田述正コラム#3738(2009.12.30) <映画評論0(その1)>(2010.1.30公開) 1 始めに  2回の乗り換えが奇跡的なほどうまく行って、何とドアツードアで、ほぼ1時間ジャストで13時15分に豊洲のい […]

皆さんとディスカッション(続x728)

太田述正コラム#3797(2010.1.29) <皆さんとディスカッション(続x728)> <きよきよ>  またまた迅速なご回答ありがとうございました。  私の疑問に対する太田さんからの回答を拝見させていただきますと、私 […]

皆さんとディスカッション(続x727)

太田述正コラム#3795(2010.1.28) <皆さんとディスカッション(続x727)> <けいc。>  太田さんが日本に対する外国軍航空機による飽和攻撃を想定するのは愚かだろ?とご指摘されている清谷氏ですが、日本のシ […]

イギリス貴族(その2)

太田述正コラム#3533(2009.9.19) <イギリス貴族(その2)>(2010.1.28公開)  (3)17世紀以降  「・・・17世紀の内戦で、貴族達が貴族達(の時には同じ家族)と角突き合わせた。・・・  この内 […]

皆さんとディスカッション(続x726)

太田述正コラム#3793(2010.1.27) <皆さんとディスカッション(続x726)> <きよきよ>  先日は明確なご回答有難うございました。  拙い私のご質問にも迅速に、そして誠実にご回答くださいましたこと、 誠に […]

イギリス貴族(その1)

太田述正コラム#3529(2009.9.17) <イギリス貴族(その1)>(2010.1.27公開) 1 始めに  随分前に(コラム#92で)「イギリスには、言葉の本来の意味における階級制度は、いまだかって存在したことが […]

皆さんとディスカッション(続x725)

太田述正コラム#3791(2010.1.26) <皆さんとディスカッション(続x725)> <ΚΚββ>(「たった一人の反乱」より)  ・・・検察・警察(組織は違うが)に親しい友人がいるのなら、裏金のことを直接聞いてみな […]

縄文時代は男女平等?

太田述正コラム#3515(2009.9.10) <縄文時代は男女平等?>(2010.1.26公開) 1 始めに  「・・・少なくとも、条件が厳しく母親達が自分達の子供達を生かしておくこ とに髪を振り乱さなければならない、 […]

皆さんとディスカッション(続x724)

太田述正コラム#3789(2010.1.25) <皆さんとディスカッション(続x724)> <κκΒΒ>(「たった一人の反乱」より)  20日付の米紙ニューヨーク・タイムズが小沢疑惑を報じ、日本の検察の異様さと大マスコミ […]

チャーチルの第二次世界大戦(その3)

太田述正コラム#3513(2009.9.9) <チャーチルの第二次世界大戦(その3)>(2010.1.25公開) 4 ドイツ軍に対する劣等感  「・・・ヒットラーのドイツ軍が戦闘装置としては英国のそれよりもはるかにより効 […]

皆さんとディスカッション(続x723)

太田述正コラム#3787(2010.1.24) <皆さんとディスカッション(続x723)> <ΒΒΚΚ>(「たった一人の反乱」より)  ・・・早稲田クラスの大学にも太田氏のファンがいるんだな。<大学での>次回の<講義の> […]

チャーチルの第二次世界大戦(その2)

太田述正コラム#3511(2009.9.8) <チャーチルの第二次世界大戦(その2)>(2010.1.24公開) 3 チャーチルがよくやった点    「・・・他方、チャーチルは、先の大戦の勝敗に関わるような過ちは犯してい […]

皆さんとディスカッション(続x722)

太田述正コラム#3785(2010.1.23) <皆さんとディスカッション(続x722)> <太田>  「たった一人の反乱」は、三井環問題で引き続き盛り上がってるね。  ムヒヒッヒ。  その間、久しぶりに、一般サイトから […]

チャーチルの第二次世界大戦(その1)

太田述正コラム#3509(2009.9.7) <チャーチルの第二次世界大戦(その1)>(2010.1.23公開) 1 始めに  タイトルを見て、またかよと思われた方もおられるでしょうが、まあ、ドンマイドンマイ。  チェン […]

皆さんとディスカッション(続x721)

太田述正コラム#3783(2010.1.22) <皆さんとディスカッション(続x721)> <βιιβ>(「たった一人の反乱」より)  三井環氏がとって付けたような私憤から義憤への変節をみても、到底清廉潔白だとはおもって […]

第二次世界大戦前夜(その2)

太田述正コラム#3507(2009.9.6) <第二次世界大戦前夜(その2)>(2010.1.22公開) 4 独ソ不可侵条約  「・・・<1939年8月24日>の早朝、スターリン立ち会いの下で、モロトフ<ソ連外相>とリッ […]

皆さんとディスカッション(続x720)

太田述正コラム#3781(2010.1.21) <皆さんとディスカッション(続x720)> <ιββι>(「たった一人の反乱」より) ≫各省庁同様、警察や検察が裏金つくるのは、組織内で、 >あるいは組織外の人と飲み食いす […]

第二次世界大戦前夜(その1)

太田述正コラム#3505(2009.9.5) <第二次世界大戦前夜(その1)>(2010.1.21公開) 1 始めに  これまでのシリーズでは、先の大戦全体を描いた最新の本の紹介をしてきたわけですが、ずっと以前に(コラム […]

皆さんとディスカッション(続x719)

太田述正コラム#3779(2010.1.20) <皆さんとディスカッション(続x719)> <ιιββ>(「たった一人の反乱」より)  <コラム#3777でββΙΙサンの言ってることは>木を見て森を見ず・・・と云うか、そ […]

ローマ帝国の滅亡(続)(その4)

太田述正コラム#3487(2009.8.27) <ローマ帝国の滅亡(続)(その4)>(2010.1.20公開)  「・・・ローマ史に関する現在の通説では、ローマ帝国は、北アフリカ出身の有能な皇帝であるセプティミウス・セヴ […]

皆さんとディスカッション(続x718)

太田述正コラム#3777(2010.1.19) <皆さんとディスカッション(続x718)> <βΙΙβ>(「たった一人の反乱」より)  逮捕の理由が虚偽記載だけなら微罪でしょう。 ≫検察をマスゴミ、国民双方諸手を挙げて喜 […]

皆さんとディスカッション(続x717)

太田述正コラム#3775(2010.1.18) <皆さんとディスカッション(続x717)> <ΒιιΒ>(「たった一人の反乱」より)  小沢氏の事務所費や不動産購入の問題に絡んでゼネコンから裏金をもらってたとか派手に報道 […]

ローマ帝国の滅亡(続)(その2)

太田述正コラム#3483(2009.8.25) <ローマ帝国の滅亡(続)(その2)>(2010.1.18公開)  「・・・要は、この内部抗争が帝国を最終的に殺したのであって、蛮族達は、単に刑の執行者に過ぎなかった、<とい […]

皆さんとディスカッション(続x716)

太田述正コラム#3773(2010.1.17) <皆さんとディスカッション(続x716)> <ΒΒιι>(「たった一人の反乱」より)  googleが撤退することがかなり現実的になってきてるなぁ。  それよりもこの記事↓ […]

ローマ帝国の滅亡(続)(その1)

太田述正コラム#3481(2009.8.24) <ローマ帝国の滅亡(続)(その1)>(2010.1.17公開) 1 始めに  随分以前になりますが、「ローマ帝国の滅亡」シリーズ(コラム#858と859)で(西)ローマ帝国 […]

皆さんとディスカッション(続x715)

太田述正コラム#3771(2010.1.16) <皆さんとディスカッション(続x715)> <けいc。>  すいません、こちらが2008年のカナダ沿岸の衝突事故の衝突回数2回に関する正しいソースでした。↓  A spok […]

イギリス反逆史(外伝)(その2)

太田述正コラム#3479(2009.8.23) <イギリス反逆史(外伝)(その2)>(2010.1.16公開)  「・・・しかしながら、ウィルキスは、一般令状<が、令状の名宛人を特定しないことからそ>の違憲性<は免れない […]