ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2011年4月

皆さんとディスカッション(続x1188)

太田述正コラム#4716(2011.4.30) <皆さんとディスカッション(続x1188)> <太田>(ツイッターより)  <昨日日本時間の1600頃、>ウィリアム王子結婚の光景を見ようと、早くも世界中の人がアクセスして […]

日英同盟をめぐって(続)その4)

太田述正コラム#4542(2011.2.5) <日英同盟をめぐって(続)その4)>(2011.4.30公開)  「<地中海に派遣された帝国海軍の艦艇部隊についてだが、>フランス<艦艇部隊>の効率水準は間違いなく英国のそれ […]

皆さんとディスカッション(続x1186)

太田述正コラム#4712(2011.4.28) <皆さんとディスカッション(続x1186)> <太田>(ツイッターより)  連休中、一人題名のない音楽会は4回「開催」予定。ま、聴きたくない人は聴かなきゃいいだけだから許さ […]

皆さんとディスカッション(続x1185)

太田述正コラム#4710(2011.4.27) <皆さんとディスカッション(続x1185)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#4708に関し)「ロシア<が>・・・地震国のトルコの原発受注に(日本が受注予定だったの […]

皆さんとディスカッション(続x1184)

太田述正コラム#4708(2011.4.26) <皆さんとディスカッション(続x1184)> <太田>(ツイッターより)  <コラム#4706の>訂正:英国人だったのはチャーチルの母親であり、彼の妻はスコットランド貴族の […]

日英同盟をめぐって(その4)

太田述正コラム#4534(2011.2.1) <日英同盟をめぐって(その4)>(2011.4.26公開) <補記>  私は、東郷茂徳も全く評価していません。  彼は、太平洋戦争開戦時と終戦時の外相でしたが、開戦時には、対 […]

皆さんとディスカッション(続x1183)

太田述正コラム#4706(2011.4.25) <皆さんとディスカッション(続x1183)> <太田>(ツイッターより)  (コラム#4704に関し)五百籏頭真の専攻は「戦前史」というより「戦後史」とすべきだったな。いず […]

日英同盟をめぐって(その2)

太田述正コラム#4530(2011.1.30) <日英同盟をめぐって(その2)>(2011.4.24公開)) 3 村島滋「20世紀史の開幕と日英同盟–1895~1923年の日英関係」  「<日英>同盟締結とい […]

皆さんとディスカッション(続x1181)

太田述正コラム#4702(2011.4.23) <皆さんとディスカッション(続x1181)> <太田>(ツイッターより)  TVで「サウジ、高まる日本文化への関心」ってニュース見たけど、要するに日本のソフトパワーの背後に […]

日英同盟をめぐって(その1)

太田述正コラム#4528(2011.1.29) <日英同盟をめぐって(その1)>(2011.4.23公開) 1 始めに  XXXXさん提供の細谷千博 イアン・ニッシュ監修『日英交流史1600~2000 1政治・外交I』( […]

皆さんとディスカッション(続x1180)

太田述正コラム#4700(2011.4.22) <皆さんとディスカッション(続x1180)> <太田>(ツイッターより)  たまたま最近日本の戦前史関係のコラムばかり書いてるけど、僕の取り柄は、英国人、米国人、そして日本 […]

ワシントン体制の崩壊(その13)

太田述正コラム#4526(2011.1.28) <ワシントン体制の崩壊(その13)> 7 ウィリアム・R・プレイステッド「アメリカ海軍とオレンジ作戦計画」(麻田貞雄訳)  当時テキサス大学教授で恐らくは米国人であったプレ […]

皆さんとディスカッション(続x1179)

太田述正コラム#4698(2011.4.21) <皆さんとディスカッション(続x1179)> <太田>(ツイッターより)  防衛省は、米国防省同様、日本の脆弱性がどこにあるかを、武力侵略、自然災害、サイバー攻撃、経済ボイ […]

ワシントン体制の崩壊(その12)

太田述正コラム#4524(2011.1.27) <ワシントン体制の崩壊(その12)>(2011.4.21公開)  「1920年代および1930年代初頭に日本に在勤した大部分の外交官は、日本を東アジアの第二流国に格下げした […]

皆さんとディスカッション(続x1178)

太田述正コラム#4696(2011.4.20) <皆さんとディスカッション(続x1178)> <太田>(ツイッターより)  ミスラタへのEU地上部隊投入はそのプレゼンスを通じて同地の防衛を可能ならしめ、フランス軍地上要員 […]

ワシントン体制の崩壊(その11)

太田述正コラム#4522(2011.1.26) <ワシントン体制の崩壊(その11)>(2011.4.20公開)  「中国に幻滅を感じていく反面で、アメリカの政策担当者たちは日本の変化を喜ばしい驚きをもって見ていた。・・・ […]

皆さんとディスカッション(続x1177)

太田述正コラム#4694(2011.4.19) <皆さんとディスカッション(続x1177)> <太田>(ツイッター)  天安門広場の中国国立歴史博物館を設計したゲルカンをシュピーゲル誌がインタビュー記事でつるしあげている […]

ワシントン体制の崩壊(その10)

太田述正コラム#4520(2011.1.25) <ワシントン体制の崩壊(その10)>(2011.4.19公開) 6 チャールズ E・ニュウ「東アジアにおけるアメリカ外交官」(坂野潤治訳)  これは、なかなか面白い論文です […]

皆さんとディスカッション(続x1176)

太田述正コラム#4692(2011.4.18) <皆さんとディスカッション(続x1176)> <太田>(ツイッターより)  コラム#4690の訂正:今や、日本に与える宗主国米国の影響の方が、その逆より大きくなったとさ。→ […]

ワシントン体制の崩壊(その9)

太田述正コラム#4518(2011.1.24) <ワシントン体制の崩壊(その9)>(2011.4.18公開) 5 ウォルター・ラフィーバー「米国極東外交の主題–「競争対強調」か経済進出か–」(平野 […]

皆さんとディスカッション(続x1175)

太田述正コラム#4690(2011.4.17) <皆さんとディスカッション(続x1175)> <ΜεΜε>(「たった一人の反乱」より)  斉藤由貴他声優数名の悲しみよこんにちはは別の曲なのでは? <太田>  あっちゃ、そ […]

ワシントン体制の崩壊(その8)

太田述正コラム#4512(2011.1.21) <ワシントン体制の崩壊(その8)>(2010.4.17公開)  「芳沢公使<は、>ランプソン公使<に対して、>アメリカ人は「楽しみのために」中国にいるのだから、・・・<日英 […]

皆さんとディスカッション(続x1174)

太田述正コラム#4688(2011.4.16) <皆さんとディスカッション(続x1174)> <太田>  昨日のディスカッション、「工事中」の部分が残ってるまま、また、その他にも書き損じの部分をいくつか見逃した形でアップ […]

ワシントン体制の崩壊(その7)

太田述正コラム#4510(2011.1.20) <ワシントン体制の崩壊(その7)>(2011.4.16公開) 4 ジェームズ・B・クラウリー「日英協調への模索」(河合秀和訳)  この論文についても、ロイド・ガードナー論文 […]

皆さんとディスカッション(続x1173)

太田述正コラム#4686(2011.4.15) <皆さんとディスカッション(続x1173)> <ΜΕΜΕ>(「たった一人の反乱」より)  太田さん、極楽とんぼぶりは認めるけど、平時でも有事においてでもテロや敵国から積極的 […]

ワシントン体制の崩壊(その6)

太田述正コラム#4508(2011.1.19) <ワシントン体制の崩壊(その6)>(2011.4.15公開) 3 ロイド・ガードナー「極東国際政治と英米関係」(河合秀和訳)  もともとが散漫な論文であるのに加えて、河合の […]