ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2013年4月

大英帝国論再々訪(その9)

太田述正コラム#5964(2013.1.13) <大英帝国論再々訪(その9)>(2013.4.30公開)   オ ダーウィン批判  「英帝国の<植民地に対する>「指揮統制」について記す際に、・・・彼は、情報収集としばしば […]

皆さんとディスカッション(続x1884)

太田述正コラム#6175(2013.4.29) <皆さんとディスカッション(続x1884)> <太田>(ツイッターより)  米国の2013年の最悪の仕事10選(最最悪は新聞記者)と最良の仕事10選(最最良は保険数理士)だ […]

大英帝国論再々訪(その8)

太田述正コラム#5962(2013.1.12) <大英帝国論再々訪(その8)>(2013.4.29公開)   エ 終焉  「1815年から1914年までの「帝国の世紀」の期間において帝国を可能にしたものは、「世界史上の偶 […]

皆さんとディスカッション(続x1883)

太田述正コラム#6173(2013.4.28) <皆さんとディスカッション(続x1883)> <太田>(ツイッターより)  「…韓国人の手で、侵略戦争に関与した日本の政治家や軍人、知識人を見つけだしたり、その悪行を暴いた […]

大英帝国論再々訪(その7)

太田述正コラム#5960(2013.1.11) <大英帝国論再々訪(その7)>(2013.4.28公開)  英国の沖合の位置、すなわち、欧州に近いけれどくっついてはおらず、地中海とアフリカから遠く離れてはおらず、スカンデ […]

大英帝国論再々訪(その6)

太田述正コラム#5958(2013.1.10) <大英帝国論再々訪(その6)>(2013.4.27公開)   ウ 成功の理由  「「英帝国主義の品質証明は、その手法、眺望(outlook)と目的(object)における異 […]

大英帝国論再々訪(その5)

太田述正コラム#5956(2013.1.9) <大英帝国論再々訪(その5)>(2013.4.26公開)   イ 多様性  「ダーウィンがはっきりさせたように、「英国の帝国のためのイデオロギー的マスタープラン」的な「帝国的 […]

皆さんとディスカッション(続x1880)

太田述正コラム#6167(2013.4.25) <皆さんとディスカッション(続x1880)> <コラム#6165の訂正>(ブログは訂正済)  それでは、その他の記事の紹介です。 の後に、下掲を挿入する。  選択肢を実行に […]

日進月歩の人間科学(続x28)

太田述正コラム#5954(2013.1.8) <日進月歩の人間科学(続x28)>(2013.4.25公開) 1 始めに  このところ、立て続けに、人間主義の基本に係る科学記事が載ったので、ご紹介しておきましょう。 2 共 […]

皆さんとディスカッション(続x1879)

太田述正コラム#6165(2013.4.24) <皆さんとディスカッション(続x1879)> <太田>(ツイッターより)  ボストンの事件の下手人のアニイの方の奥さんの写真が出てるね。  いい子だよ。  彼女は結婚してか […]

大英帝国論再々訪(その4)

太田述正コラム#5952(2013.1.7) <大英帝国論再々訪(その4)>(2013.4.24公開)   イ 大英帝国概観  「帝国の諸形態の遍在性にもかかわらず、この代物の英国自身のバージョンは、なかなかどうして瞠目 […]

皆さんとディスカッション(続x1877)

太田述正コラム#6161(2013.4.22) <皆さんとディスカッション(続x1877)> <太田>(ツイッターより)  兄弟は、昨年ダゲスタンの両親・・その2年前に米国から戻っていた・・を訪問し、父親が開こうとしてい […]

クルド人の国の誕生近し?(その2)

太田述正コラム#5948(2013.1.5) <クルド人の国の誕生近し?(その2)>(2013.4.22公開) 3 ロサンゼルスタイムスの記事  この私の疑問をほぼ氷解させてくれたのが、前掲のロサンゼルスタイムスの記事で […]

皆さんとディスカッション(続x1876)

太田述正コラム#6159(2013.4.21) <皆さんとディスカッション(続x1876)> <太田>(ツイッターより)  「米国は1980年代後半、日本に対して再処理と濃縮の権限を認めたが、韓国に対しては…強く反対して […]

クルド人の国の誕生近し?(その1)

太田述正コラム#5946(2013.1.4) <クルド人の国の誕生近し?(その1)>(2013.4.21公開) 1 始めに  私は、以前から、クルド問題がこのところ、大きな転換点を迎えつつあるという気がしつつも、その方向 […]

皆さんとディスカッション(続x1875)

太田述正コラム#6157(2013.4.20) <皆さんとディスカッション(続x1875)> <太田>(ツイッターより)  ボストン爆破事件の犯人はロシアのコーカサス地方出身の数年前に米国にやってきた26歳と19歳の兄弟 […]

大英帝国論再々訪(その2)

太田述正コラム#5944(2013.1.3) <大英帝国論再々訪(その2)>(2013.4.20公開)  (2)普遍的存在たる帝国  「・・・ダーウィンが主張するごとく、帝国<なるもの>は、英国独特のものでもなければ<地 […]

皆さんとディスカッション(続x1874)

太田述正コラム#6155(2013.4.19) <皆さんとディスカッション(続x1874)> <太田>(ツイッターより)  「AKB48中国姉妹グループ、ジェット・リーの娘が加入へ…インドネシア・ジャカルタを拠点とするJ […]

大英帝国論再々訪(その1)

太田述正コラム#5942(2013.1.2) <大英帝国論再々訪(その1)>(2013.4.19公開) 1 始めに  大英帝国論については、これまで何度も取り上げてきていますが、新刊のジョン・ダーウィン(John Dar […]

皆さんとディスカッション(続x1873)

太田述正コラム#6153(2013.4.18) <皆さんとディスカッション(続x1873)> <太田>(ツイッターより) 「日本は食品安全を重視する国であり、「日本産」は食品安全の代名詞となっている…」http://j. […]

日本の芸術について

太田述正コラム#5940(2013.1.1) <日本の芸術について>(2013.4.18公開) 1 始めに  『學士会会報』(No.898 2013-I)に掲載されていた、高階秀爾「歌の心・絵の心–芸術に見る […]

皆さんとディスカッション(続x1872)

太田述正コラム#6151(2013.4.17) <皆さんとディスカッション(続x1872)> <太田>(ツイッターより)  「「軍人は外国人と結婚してはならない」という規定を設けている国は多数あるが、…自衛隊員全員のうち […]