ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2005年6月

イランの新大統領誕生(その4)

太田述正コラム#772(2005.6.30) <イランの新大統領誕生(その4)> そして、イランの人々のイスラム教シーア派原理主義化への熱情をこの上もなく煽ったのが、同時多発テロ後の米国の2001年のアフガニスタン侵攻と […]

イランの新大統領誕生(その3)

太田述正コラム#771(2005.6.30) <イランの新大統領誕生(その3)> その第一の元凶はイラン人が抱く誇大妄想狂的誇りです。 イラン人は、今から2,500年以上前の紀元前550年におけるキュロス(Cyrus)に […]

イランの新大統領誕生(その2)

太田述正コラム#770(2005.6.29) <イランの新大統領誕生(その2)> 3 なぜアフマディネジャドなのか  (1)表見的理由  それにしても、どうしてイラン国民はアフマディネジャドを選んだのでしょうか。  6月 […]

イランの新大統領誕生(その1)

太田述正コラム#769(2005.6.28) <イランの新大統領誕生(その1)> 1 始めに 改革派のハタミ(Mohamad Khatami)大統領の二期目の任期満了に伴うイラン大統領選の決選投票が24日投開票され、保守 […]

捕鯨(その3)

太田述正コラム#768(2005.6.27) <捕鯨(その3)> 「私はかねてから、イギリス文明と日本文明は、・・「多元主義と寛容の精神」<や>「社会・政治の基本構造(edifice)の安定を揺り動かすことなく、最も抜本 […]

捕鯨(その2)

太田述正コラム#767(2005.6.26) <捕鯨(その2)>  2000年に日本が、それまで南極海と太平洋でミンク(mink)クジラを対象に実施してきた調査捕鯨の鯨種を、マッコウ(sperm)クジラとニタリ(Bryd […]

捕鯨(その1)

太田述正コラム#766(2005.6.25) <捕鯨(その1)> 1 始めに  私は、学校の給食や家の食事で時折鯨のしぐれ煮やカツレツを食べて育った世代に属します。  学校では、日本では、捕鯨した鯨のほぼ全部位を、食用を […]

中共の経済高度成長?(その7)

太田述正コラム#765(2005.6.24) <中共の経済高度成長?(その7)>  トウ小平は最初から中共経済を資本主義化しようと考えていたわけではありません。  トウ小平がまずやったことは、トウ同様にしたたかに生き延び […]

中共の経済高度成長?(その6)

太田述正コラム#764(2005.6.24) <中共の経済高度成長?(その6)>  (本篇は22日に上梓した。)   イ 経済高度成長の秘密  トウ小平の下での中共の経済高度成長の秘密は何なのでしょうか。  基本的にはま […]

靖国問題について(その1)

太田述正コラム#763(2005.6.23) <靖国問題について(その1)> 1 始めに  以前(コラム#704で)靖国問題を取り上げたことがありますが、報道を見る限り、中共当局及び韓国政府と日本政府との間の靖国問題に関 […]

中共の経済高度成長?(その5)

太田述正コラム#762(2005.6.23) <中共の経済高度成長?(その5)>  (2)では支那はどうして最近高度成長しているのか   ア トウ小平という人間  最近の中共の高度経済成長の立役者は、1979年から死去す […]

没落する米国(追加)

太田述正コラム#761(2005.6.22) <没落する米国(追加)> (6)創造性ある人材の枯渇  昨年、四回にわたって「没落する米国」シリーズ(コラム#308、312、428、429)を書き、その没落要因として、(1 […]

中共の経済高度成長?(その4)

太田述正コラム#760(2005.6.21) <中共の経済高度成長?(その4)>  (本篇の上梓は、6月19日です。) 4 スタッドウェルの指摘  (1)どうして支那は停滞したのか   ア 支那の絶頂期として唐時代  大 […]

中共の経済高度成長?(その3)

太田述正コラム#759(2005.6.20) <中共の経済高度成長?(その3)>  (本篇は、6月18日に上梓しました。)  (2)政治的制約  ア 民主化と経済成長 以上の構造的制約論議が比較社会学者達によってなされて […]

中共の経済高度成長?(その2)

太田述正コラム#758(2005.6.19) <中共の経済高度成長?(その2)>  フランシス・フクヤマは、ヴェーバー流の文化論(文明論)は、より精緻な理論を構築できない学者が逃げ込むエセ科学である、と言って一刀両断に切 […]

ブッシュの脱北者との懇談

太田述正コラム#756(2005.6.17) <ブッシュの脱北者との懇談> 1 ブッシュの脱北者との懇談 ブッシュ米大統領は13日にホワイトハウスで朝鮮日報の記者である姜哲煥(Kang Chol-Hwan。1968??) […]

義和団の乱(その4)

太田述正コラム#755(2005.6.16) <義和団の乱(その4)>  もとより、舞台装置も整っていました。  英国とロシアは中央アジアを中心にグレート・ゲーム(Great Game)(コラム#100、725)を争って […]

義和団の乱(その3)

太田述正コラム#754(2005.6.15) <義和団の乱(その3)>   ウ 史上初の多国籍軍  義和団の乱に出動した8カ国の連合軍(注10)は、当時欧米で十字軍の再来だと言われたものですが、十字軍の当時はまだ近代主権 […]

義和団の乱(その1)

太田述正コラム#752(2005.6.13) <義和団の乱(その1)> 1 始めに 家内が上海への出張みやげに買ってきてくれた二冊の本のうち、義和団の乱(義和団事変、義和団事件、義和団起義、北清事変、The Boxer […]

私の経済政策(上田令子)

太田述正コラム#751(2005.6.12) <私の経済政策(上田令子)>  私の知人で、IT関連会社社員でかつ社会運動家でもある上田令子さんが、6/10夜に開催された東京青年会議所主催の公開討論会での発言メモとして準備 […]

アドバニ騒動に寄せて

太田述正コラム#749(2005.6.10) <アドバニ騒動に寄せて> 1 アドバニ騒動 インドの最大野党でヒンズー原理主義の流れを汲むBJP(Bharatiya Janata Party)のアドバニ(Lal Krish […]

トランスヒューマニズム(その3)

太田述正コラム#748(2005.6.9) <トランスヒューマニズム(その3)>  (本篇の上梓は6月7日です。なお、前回のコラム#747に「(注2-2)」を挿入して私のHPの時事コラム欄に再掲載してあります。) 4 ト […]

トランスヒューマニズム(その2)

太田述正コラム#747(2005.6.8) <トランスヒューマニズム(その2)>  (本篇は、上梓が6月6日であり、コラム#739の続きです。) 3 フクヤマ批判  (1)始めに  それでは、以上のようなフクヤマの主張に […]

厳しく再評価される毛沢東(その3)

太田述正コラム#746(2005.6.7) <厳しく再評価される毛沢東(その3)>  さて、そもそも共産党が長征で陝西省をめざしたのは、ソ連の近くを根拠地にして、ソ連の大規模な支援を得るためだったが、これに完全に成功した […]

厳しく再評価される毛沢東(その2)

太田述正コラム#745(2005.6.6) <厳しく再評価される毛沢東(その2)>  (2)その内容  この本の内容のさわりをご紹介しましょう。  毛沢東はヒットラーやスターリンに匹敵する悪党であり、この二人以上の惨害を […]

日本の死刑制度

太田述正コラム#743(2005.6.4) <日本の死刑制度> 1 始めに  以前から不思議でならないのは、戦後の日本において、憲法第9条墨守勢力・・あらゆる戦争に反対し、自衛隊の保持に反対する勢力・・が強大であったとい […]

EU憲法の仏蘭国民投票での否決

太田述正コラム#742(2005.6.3) <EU憲法の仏蘭国民投票での否決> 1 始めに  フランスで5月29日(日)とオランダで6月1日(水)に国民投票が行われましたが、どちらの国でも、EU憲法条約の批准が否決されて […]

軍事とアングロサクソン

太田述正コラム#741(2005.6.2) <軍事とアングロサクソン> (6月1日に発行されたメールマガジン、(財)貿易研修センター IIST WORLD FORUM メールマガジン 第86号 に掲載された拙稿(和文:h […]