ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2005年9月

中共に変化の兆し?(続)(その2)

太田述正コラム#884(2005.9.30) <中共に変化の兆し?(続)(その2)> 3 その他の変化の兆し (1)情報公開への小さな第一歩 9月12日に中共当局は、8月から天災による死者の数は国家機密扱いせず、速やかに […]

大英帝国論をめぐって(その1)

太田述正コラム#883(2005.9.30) <大英帝国論をめぐって(その1)>  (本篇は、9月28日に上梓しました。) 1 大英帝国を「離陸」させたアフリカ  (1)始めに  英領北米植民地は、奴隷制を維持するために […]

中共に変化の兆し?(続)(その1)

太田述正コラム#882(2005.9.29) <中共に変化の兆し?(続)(その1)>  (本篇は、コラム#861の続きです。) 1 始めに  そのつもりで目をこらすと、中共の変化の兆しがあちこちからかいま見えてきます。 […]

米国の第一の原罪再訪

太田述正コラム#881(2005.9.28) <米国の第一の原罪再訪> 1 始めに  米国の第一の原罪である黒人差別については、何度か(コラム#225、306等で)取り上げてきたところですが、このたび、ニール・ファーガソ […]

先の大戦万華鏡(その4)

太田述正コラム#880(2005.9.27) <先の大戦万華鏡(その4)>   イ どっちもどっちのアングロサクソンとドイツ  そもそも、ファシズムの淵源(roots)は少なからずアングロサクソンにある。  ヒトラーの夢 […]

先の大戦万華鏡(その3)

太田述正コラム#879(2005.9.26) <先の大戦万華鏡(その3)>  これが人種差別の産物であることについて、たまたま同じ場所で、同じ頃に、しかも一部同じ判事メンバーで行われた二つの軍法会議・・ただし一方の被告は […]

改めて郵政民営化について

太田述正コラム#878(2005.9.25) <改めて郵政民営化について> 1 始めに  自民党は、米国のエージェントであると同時に日本の官僚機構のエージェントであり、小泉首相は、このような自民党を少しも「ぶっこわし」て […]

先の大戦万華鏡(その2)

太田述正コラム#877(2005.9.24) <先の大戦万華鏡(その2)> 1939年9月1日のドイツのポーランド侵攻に対し、3日についに英仏がドイツに宣戦布告し、先の大戦が始まるのですが、8月23日に締結されたばかりの […]

先の大戦万華鏡(その1)

太田述正コラム#876(2005.9.23) <先の大戦万華鏡(その1)> 1 始めに  先の大戦は、アングロサクソンと日本が生来的な同盟関係にあるにもかかわらず、アングロサクソンは民主主義独裁のソ連並びに中国国民党や中 […]

「小さい政府」について(その2)

太田述正コラム#873(2005.9.20) <「小さい政府」について(その2)>  (本篇は、コラム#866の続きです。) 5 政府・自民党及び民主党批判  (1)疑問  以上見てきたように、現在の日本は「小さい政府」 […]

女性が変容させつつある英国

太田述正コラム#872(2005.9.20) <女性が変容させつつある英国> 1 英国女性のめざましい地位向上  このたび英国で明らかにされた調査結果によれば、英国の企業の女性管理職(manager)の数はこの10年間で […]

民主党新党首誕生

太田述正コラム#870(2005.9.18) <民主党新党首誕生>  (前回のコラム#689に大幅に手を入れてHPとブログに再掲載してあります。急用ができて推敲しないで上梓したため、ご迷惑をおかけしました。)  民主党が […]

ペルシャ帝国をどう見るか(その3)

太田述正コラム#869(2005.9.18) <ペルシャ帝国をどう見るか(その3)> アレキサンダー大王は、ギリシャ諸都市を征服した後、弱体化していたアケメネス朝ペルシャを前330年に滅ぼすが、アレキサンダーのやったこと […]

ペルシャ帝国をどう見るか(その2)

太田述正コラム#868(2005.9.17) <ペルシャ帝国をどう見るか(その2)> 3 新しい古代ペルシャ観  (1)古代ペルシャ展開催まで  この展覧会を企画したのは、大英博物館の古代近東部学芸員のカーチス(John […]

「小さい政府」について(その1)

太田述正コラム#866(2005.9.15) <「小さい政府」について(その1)> 1 始めに  コラム#475、853及び862(の(注1))で「小さい政府」という言葉を用いたところですが、現在の日本が「小さい政府」の […]

総選挙の結果について(その1)

太田述正コラム#864(2005.9.13) <総選挙の結果について(その1)>  (8月(11日)?9月(10日)のHPへの訪問者数は、25735人でした。過去最高の25565人(日数同じ)を抜いて三ヶ月ぶりに新記録を […]

中共の社会状況(その1)

太田述正コラム#863(2005.9.12) <中共の社会状況(その1)> 1 始めに コラム#861(中共に変化の兆し?)で、中共に政治的自由ないし人権面で前進の兆しが見える、と指摘したところですが、それは、胡錦涛や温 […]

郵政解散の意味(補論)(続x8)

太田述正コラム#862(2005.9.11) <郵政解散の意味(補論)(続x8)>  あまりにも長くなったので、このあたりで強引に結論に持っていくことにしましょう。  今回の総選挙は、日本を真に弥生化させるための、最後の […]

中共に変化の兆し?

太田述正コラム#861(2005.9.10) <中共に変化の兆し?> 1 始めに  9月6日、英国のブレア首相は訪問先の北京で、中共の政治的自由面や人権面での前進について、これまで二回中共を訪問した時に比べ、中共政府当局 […]

郵政解散の意味(補論)(続x7)

太田述正コラム#860(2005.9.10) <郵政解散の意味(補論)(続x7)>  なかなか結論に到達しなくて申し訳ありませんが、もう少しおつきあい下さい。  われわれが目にしている近代国家の国家機関は何のためにあるの […]

ローマ帝国の滅亡(その2)

太田述正コラム#859(2005.9.9) <ローマ帝国の滅亡(その2)>  このように、ヒーザーは、(西)ローマ帝国滅亡の原因として、(フン族とゲルマン人という)蛮族侵入説を主張すると同時に、ローマ帝国は大混乱の中で滅 […]

ローマ帝国の滅亡(その1)

太田述正コラム#858(2005.9.9) <ローマ帝国の滅亡(その1)> 1 始めに 以前(コラム#835で)、人口が減少し続けると文明が滅びるとして、その例としてギリシャと並んで(西)ローマ帝国の例を挙げましたが、そ […]

郵政解散の意味(補論)(続x6)

太田述正コラム#857(2005.9.8) <郵政解散の意味(補論)(続x6)>  まず、押さえておくべきは、プロの戦士であったアングロサクソンにとって経済活動は、戦士としての実益の追求を兼ねた趣味ないし暇つぶしに過ぎな […]

イラク戦争の前例探し(その4)

太田述正コラム#856(2005.9.8) <イラク戦争の前例探し(その4)>  6月21日付のワシントンポストと9月1日付のBBCは、イラク戦争(注6)とベトナム戦争(1964?72年)(注7)の類似性を指摘しています […]

カトリーナ米国を直撃す(続)(その2)

太田述正コラム#855(2005.9.7) <カトリーナ米国を直撃す(続)(その2)>  (2)対外的関与  もう一つの懸念は、イラク戦争等、対テロ戦争に米国の資源を投入しすぎていることが、今次大災害に際して迅速かつ適切 […]

郵政解散の意味(補論)(続x5)

太田述正コラム#854(2005.9.7) <郵政解散の意味(補論)(続x5)>  今から1900年以上前の1世紀末に、タキトゥスによって描写されたゲルマン人の特徴が、仮に5世紀にイギリスに移住・侵攻したゲルマン支族たる […]

カトリーナ米国を直撃す(続)(その1)

太田述正コラム#853(2005.9.6) <カトリーナ米国を直撃す(続)(その1)> 1 より根源的な批判へ  ニュー・オーリーンズに第三世界が現出したことは、より根源的な疑問の声を英米で生んでいます。  どうして米国 […]