ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2013年3月

皆さんとディスカッション(続x1852)

太田述正コラム#6111(2013.3.28) <皆さんとディスカッション(続x1852)> <太田>(ツイッターより)  今度は手堅いヨイショ記事→「日本の病院広告はシンプル 「完治保障」のフレーズなし…」 http: […]

近現代における支那と世界(その6)

太田述正コラム#5896(2012.12.10) <近現代における支那と世界(その6)>(2013.3.27公開)  (7)支那について  「・・・ウェスタドが到達した結論は次の通りだ。  「支那は文化であり国家であり、 […]

皆さんとディスカッション(続x1850)

太田述正コラム#6107(2013.3.26) <皆さんとディスカッション(続x1850)> <太田>(ツイッターより)  「…北朝鮮が天安爆沈事件や延坪島砲撃事件のような大規模な局地的挑発に及んだ場合、…支援・指揮勢力 […]

近現代における支那と世界(その5)

太田述正コラム#5894(2012.12.9) <近現代における支那と世界(その5)>(2013.3.26公開)  (6)中共の今後  「・・・ウェスタドは、中共が、国際介入からエネルギー資源に至るあらゆる政策において支 […]

近現代における支那と世界(その4)

太田述正コラム#5892(2012.12.8) <近現代における支那と世界(その4)>(2013.3.25公開)  (4)中国国民党の評価  「・・・支那は、何十年にもわたって、米国と中共自身双方によって描かれてきたよう […]

皆さんとディスカッション(続x1848)

太田述正コラム#6103(2013.3.24) <皆さんとディスカッション(続x1848)> <太田>(ツイッターより)  「…伊東氏の…プリツカー賞…受賞で日本の建築界は…米国と並び、プリツカー賞受賞者の最多輩出国とな […]

近現代における支那と世界(その2)

太田述正コラム#5888(2012.12.6) <近現代における支那と世界(その2)>(2013.3.23公開)  (3)帝国主義諸国との関係  「・・・阿片と宣教師達のかなたを眺めやり、ウェスタドは、19世紀の支那に及 […]

皆さんとディスカッション(続x1845)

太田述正コラム#6097(2013.3.21) <皆さんとディスカッション(続x1845)> <太田>(ツイッターより)  「日本には奇妙な資格が満載 芸能人も「資格マニア」…日本人は、何かひとつの事柄に夢中になりやすい […]

欧米政治思想史(その4)

太田述正コラム#5884(2012.12.4) <欧米政治思想史(その4)>(2013.3.21公開)  1937年に米国の学者のジョージ・サバイン(George Sabine)<(注4)>は、パイオニア的な政治理論史を […]

欧米政治思想史(その3)

太田述正コラム#5882(2012.12.3) <欧米政治思想史(その3)>(2013.3.20公開)  (4)その他  「・・・ライアンは、アテネとローマの自由(freedom)の概念の決定的な違いは、前者が「、ローマ […]

皆さんとディスカッション(続x1843)

太田述正コラム#6093(2013.3.19) <皆さんとディスカッション(続x1843)> <コラム#6091の訂正>(ブログは訂正済) このプリツカー(ハーヴァード大MA、 → この記事の中に登場する、ご褒美で次期商 […]

欧米政治思想史(その2)

太田述正コラム#5880(2012.12.2) <欧米政治思想史(その2)>(2013.3.19公開)  (2)プラトン  「・・・彼のプラトンについての記述は、「ペロポネソス戦争の終期においてアテネの民主制に短期間置き […]

皆さんとディスカッション(続x1842)

太田述正コラム#6091(2013.3.18) <皆さんとディスカッション(続x1842)> <太田>(ツイッターより) 「 建築界のノーベル賞といわれ…る米プリツカー賞<を>…伊東豊雄氏(71)が<受賞>。…」 htt […]

ジェファーソンの醜さ(続x2)

太田述正コラム#5878(2012.12.1) <ジェファーソンの醜さ(続x2)>(2013.3.18公開) 1 始めに  コラム#5850で、「NYタイムスとCSMは、ウィーンセックの方の本の書評を掲載していません。N […]

陸軍中野学校終戦秘史(その9)

太田述正コラム#5874(2012.11.29) <陸軍中野学校終戦秘史(その9)>(2013.3.16公開)  「ジャワでも、ベトナムの武器騒動に似た騒ぎがあった。・・・スカルノ<(注19)>、ハッタ<(注20)>など […]