ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2005年8月

岡田民主党敗れたり(その4)

太田述正コラム#845(2005.8.31) <岡田民主党敗れたり(その4)> 5 再度党首の質を問う  (1)始めに  民主党のマニフェストの検証を通じて明らかになったのは、岡田民主党代表には、先に言及したもの以外にも […]

郵政解散の意味(補論)(続x2)

太田述正コラム#844(2005.8.31) <郵政解散の意味(補論)(続x2)>  (4)結論  久方ぶりにこのような分野の論考にあたってみると、相変わらず、実証研究が断片的なものにとどまっていることと、理論化(数理経 […]

郵政解散の意味(補論)(続々)

太田述正コラム#843(2005.8.30) <郵政解散の意味(補論)(続々)> 3 長期雇用や系列を生かすメリット  (1)始めに  摺り合わせ生産については、ご異論がないようなので、長期雇用と系列(ケイレツ)について […]

郵政解散の意味(補論)(続)

太田述正コラム#842(2005.8.30) <郵政解散の意味(補論)(続)> 「私有自楽」さんより、コラム#834をコメントしたメールがあったので、ここに転載させていただくとともに、私の再コメントを、今回と次回の二回に […]

岡田民主党敗れたり(その3)

太田述正コラム#840(2005.8.29) <岡田民主党敗れたり(その3)> 4 私が民主党に投票を、と言えない理由  (1)マニフェストに欠缺あり  しかし、党首の質に問題があるだけなら、ふつつかな党首だけれど、そこ […]

米国に吸い込まれつつあるメキシコ

太田述正コラム#838(2005.8.28) <米国に吸い込まれつつあるメキシコ>  (本篇は、8月26日に上梓しました。) 1 始めに  メキシコで大変なことが起こっています。  それは一言で言えば、「親米に舵を切った […]

岡田民主党破れたり(その2)

太田述正コラム#837(2005.8.27) <岡田民主党破れたり(その2)>  (本篇は、8月25日に上梓しました。) 3 党首の質  (1)始めに  結論から先に言えば、岡田さんは参謀としてしか使い物にならない人物で […]

岡田民主党破れたり(その1)

太田述正コラム#836(2005.8.26) <岡田民主党破れたり(その1)> 1 始めに  このままでは今回の総選挙は、自民党が圧勝、民主党が惨敗、という結果になりそうです。  どうしてそんなことになったのか、いささか […]

人口減少時代の到来(その1)

太田述正コラム#835(2005.8.25) <人口減少時代の到来(その1)> 1 人口減少時代の到来  今年2月には、昨年10月1日現在の日本の推計人口が発表され、対前年度比で0.05%増えたけれど、男性は0.01%減 […]

郵政解散の意味(補論)

太田述正コラム#834(2005.8.24) <郵政解散の意味(補論)>  普段、私のHP(ohta@ohtan,net)の掲示板を読んでおられない方は、まず、以下のやりとりにざっと目を通していただく必要がありますが、既 […]

原爆投下と終戦(追補)(その4)

太田述正コラム#833(2005.8.23) <原爆投下と終戦(追補)(その4)>  この記事の内容の要点をご紹介しましょう。 まだ完全に歴史家の間で決着が付いたとは言えないが、原爆投下は必ずしも終戦を早めなかった可能性 […]

原爆投下と終戦(追補)(その3)

太田述正コラム#832(2005.8.23) <原爆投下と終戦(追補)(その3)>  (本篇は、形式的にはコラム#831の続きですが、実質的にはコラム#830の続きであり、8月21日に上梓しました。)   イ NYタイム […]

原爆投下と終戦(追補)(その2)

太田述正コラム#831(2005.8.22) <原爆投下と終戦(追補)(その2)>  (コラム#828を「(注12-2)」を挿入する等拡充してHPとブログに再掲載してあります。) <参考:戦略爆撃について> ここで、戦略 […]

原爆投下と終戦(追補)(その1)

太田述正コラム#830(2005.8.21) <原爆投下と終戦(追補)(その1)> 1 始めに  原爆投下60周年前後の仏米英のメディアの論調をご紹介し、それぞれに私の簡単なコメントを加えたいと思います(注1)。  (注 […]

郵政解散の意味(その2)

太田述正コラム#829(2005.8.20) <郵政解散の意味(その2)>  郵政民営化についても、マクロ的に見れば、日本の経済高度成長をもたらした日本型政治・経済体制を支えた柱の一つが「世界最大の銀行たる郵貯などがかき […]

イランの新大統領誕生(その6)

太田述正コラム#828(2005.8.19) <イランの新大統領誕生(その6)>  (本篇は、コラム#775の続きです。)  (3)その後の展開  いよいよ8月3日には、アフマディネジャドがイランの大統領に就任しました。 […]

郵政解散の意味(その1)

太田述正コラム#827(2005.8.18) <郵政解散の意味(その1)> 1 始めに 8月8日午後の参議院本会議で郵政民営化法案が否決されたのを受け、小泉首相は衆院を解散し、総選挙が、30日公示、9月11日投票で行われ […]

酷暑旅行記(その5)

太田述正コラム#826(2005.8.17) <酷暑旅行記(その5)>  (2)新薬師寺  そもそも、一年前に引き続き、奈良を訪れたのは、新薬師寺(http://nara.e-machi.ne.jp/tmpl/koder […]

酷暑旅行記(その4)

太田述正コラム#825(2005.8.16) <酷暑旅行記(その4)> その第二は、第一と関連しますが、大仏殿や大仏の創建時の色調は、当時も現在もグローバル・スタンダードであるところの絢爛豪華な色調(注13)であり、現在 […]

酷暑旅行記(その3)

太田述正コラム#824(2005.8.15) <酷暑旅行記(その3)> 3 奈良  (1)東大寺  8月4日には午後、東大寺を訪れました(注5)。 (以下、特に断っていない限りhttp://www.todaiji.or. […]

酷暑旅行記(その2)

太田述正コラム#823(2005.8.14) <酷暑旅行記(その2)> 2 愛・地球博  (1)始めに  10日の後半の半日、11日は夕刻までの丸一日、12日は前半の半日、愛・地球博を見学しました。  私にとっては、19 […]

酷暑旅行記(その1)

太田述正コラム#822(2005.8.13) <酷暑旅行記(その1)> 1 始めに  8月4日から12日まで夏休みをいただき、家族旅行をしてきましたが、その報告をさせていただきたいと思います。  行ったのは、奈良・飛鳥・ […]

原爆投下と終戦(その3)

田述正コラム#821(2005.8.12) <原爆投下と終戦(その3)>   (本篇は、8月3日に上梓しました。明4日から12日まで夏休みをとるので、コラム上梓頻度を増しています。)  二番目の理由は、日本本土への上陸作 […]

原爆投下と終戦(その2)

太田述正コラム#820(2005.8.11) <原爆投下と終戦(その2)>  (本篇は、8月3日に上梓しました。明4日から12日まで夏休みをとるので、コラム上梓頻度を増しています。) 3 スターリン論  ここでちょっと回 […]

原爆投下と終戦(その1)

太田述正コラム#819(2005.8.10) <原爆投下と終戦(その1)>  (本篇の上梓は8月2日です。4日から12日まで夏休みをとるため、上梓頻度を増しています。) 1 始めに  「英米の歴史学や社会学等人文・社会科 […]

不平等の病理(その2)

太田述正コラム#818(2005.8.9) <不平等の病理(その2)>  (本篇の上梓は8月1日です。4日から12日まで夏休みをとるので、上梓頻度を増しています。) 4 何が見えてくるか  (1)日本について    ア  […]

不平等の病理(その1)

太田述正コラム#817(2005.8.8) <不平等の病理(その1)>  (本篇の上梓は8月1日です。4日から12日まで夏休みをとるので、上梓頻度を増しています。) 1 始めに  英米の歴史学や社会学等人文・社会科学の動 […]

生殖・セックス・オルガスム(その6)

太田述正コラム#816(2005.8.7) <生殖・セックス・オルガスム(その6)>  (本篇は、7月31日に上梓しました。8月4日から12日まで夏休みをとるので、コラムの上梓頻度を増しています。なお、前回のコラム#81 […]

生殖・セックス・オルガスム(その5)

太田述正コラム#815(2005.8.6) <生殖・セックス・オルガスム(その5)>  (本篇はコラム#807の続きであり、7月30日に上梓しました。8月4日から8月12日まで夏休みをとるので上梓頻度を増しています。) […]