ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2006年4月

古の枢軸の時代に学ぶ中共(その2)

太田述正コラム#1210(2006.4.30) <古の枢軸の時代に学ぶ中共(その2)> 3 遠大な構想 私は昨年、胡錦涛政権は、支那の顔をした共産主義の新バージョンとして、儒教的なイデオロギーの構築を図っているのではない […]

ネパールの危機

太田述正コラム#1209(2006.4.30) <ネパールの危機> 1 始めに  ネパール王制が存続の危機に立たされています。  どうしてそんなことになったのかをふりかえってみましょう。 2 ネパールの危機  1769年 […]

戦う朝鮮日報(その3)

太田述正コラム#1208(2006.4.29) <戦う朝鮮日報(その3)> 4 対米外交  「<ブッシュ大統領と>の面会で加藤良三駐米日本大使が同席した一方、・・駐米韓国大使の姿は見あたらなかった。・・<また、>27日米 […]

戦う朝鮮日報(その2)

太田述正コラム#1207(2006.4.29) <戦う朝鮮日報(その2)> 3 対北朝鮮外交  「木曜にブッシュ米大統領は、北朝鮮に拉致され、キム・ヨンナムと結婚したとされる横田めぐみさんの母親とスターリン主義の国から脱 […]

戦う朝鮮日報(その1)

太田述正コラム#1206(2006.4.28) <戦う朝鮮日報(その1)>  (本篇は、4月29日に上梓しました。) 1 始めに  先般(コラム#1194??96、1199で)、竹島をめぐる海洋調査問題の報道を通して私が […]

古の枢軸の時代に学ぶ中共(その1)

太田述正コラム#1205(2006.4.28) <古の枢軸の時代に学ぶ中共(その1)> 1 胡錦涛の八栄八恥 中共の胡錦涛国家主席は、3月中旬に、国政助言機関たる人民政治協商会議で、若者や共産党幹部らの新たな道徳規範とし […]

古の枢軸の時代を振り返って(その2)

太田述正コラム#1204(2006.4.27) <古の枢軸の時代を振り返って(その2)>  ギリシャだけは、他の地域とは若干様相を異にしていた。  枢軸の時代のギリシャにおいては、精神的・哲学的覚醒も見られたが、人類の第 […]

英国の政治家の質の高さ

太田述正コラム#1202(2006.4.25) <英国の政治家の質の高さ> 1 始めに  英国の政治の先進性について、改めて振り返ってみることにしました。  登場するのはグラッドストーンとチャーチルです。 2 グラッドス […]

緊迫化する竹島問題(その4)

太田述正コラム#1199(2006.4.23) <緊迫化する竹島問題(その4)> 5 交渉妥結 竹島周辺での海洋調査問題で、日本側が今回の調査を取りやめ、韓国側は6月の国際水路機関(IHO)の国際会議で竹島周辺の海底地形 […]

創価学会のこと(その2)

太田述正コラム#1198(2006.4.22) <創価学会のこと(その2)>  他方、乙骨氏等が言いたいことは、池田大作創価学会名誉会長のかつての、「日本をみれば自民党、社会党、創価学会の三国志なんだ。共産党なんか問題で […]

創価学会のこと(その1)

太田述正コラム#1197(2006.4.21) <創価学会のこと(その1)> 1 始めに  このところ、創価学会のことを改めて色々考えさせられています。  小さい時から宗教嫌いの私でしたが、当初の私の創価学会観は、それほ […]

緊迫化する竹島問題(その3)

太田述正コラム#1196(2006.4.21) <緊迫化する竹島問題(その3)> ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― <最新情勢>  韓国側からは、韓国の外交通商第1次官 […]

緊迫化する竹島問題(その2)

太田述正コラム#1195(2006.4.20) <緊迫化する竹島問題(その2)> ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― <最新情勢>  本件で日本政府は、谷内正太郎外務事務 […]

緊迫化する竹島問題(その1)

太田述正コラム#1194(2006.4.20) <緊迫化する竹島問題(その1)> 1 始めに 日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)周辺を含む排他的経済水域(EEZ)・・竹島の北方から若狭湾沖、能登半島の西方を結 […]

よみがえる米帝国主義論(その2)

太田述正コラム#1193(2006.4.19) <よみがえる米帝国主義論(その2)>  先の大戦後、米国がソ連を敵視したのは、ソ連が資本主義を否定する共産主義勢力の総元締めであると考えられたからであり、対ソ冷戦は、米国の […]

よみがえる米帝国主義論(その1)

太田述正コラム#1192(2006.4.19) <よみがえる米帝国主義論(その1)> 1 始めに  日本を含め、世界の左翼の間では、かつて米帝国主義批判論が当たり前のように語られていました。  最近米国で上梓された、キン […]

ユダの福音書(続)(その1)

<ユダの福音書(続)(その1)>   (本篇は、コラム#1169の続きです。) 1 始めに  ユダの福音書の発表以来、様々な議論が続いています。  ユダの福音書発見以来、それがカネ目当ての古物商達の思惑で、長期 […]

女性差別論と女性差別批判論(その2)

太田述正コラム#1183(2006.4.14) <女性差別論と女性差別批判論(その2)>  ヒルシは、女性差別の究極形態、女性に対する大量の物理的虐待・・彼女に言わせればホロコーストないし女性殺し(gendercide) […]

女性差別論と女性差別批判論(その1)

太田述正コラム#1181(2006.4.13) <女性差別論と女性差別批判論(その1)> 1 始めに  男女の性差には、(一)生物学的な差(平均的な身長(体重)/膂力・平均寿命等の差)、(二)天才と魯鈍の多寡、(三)平均 […]