ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2007年10月

疲れたァー

太田述正コラム#2155(2007.10.31) <疲れたァー> 1 始めに  昨日はついにNHKが、東京新聞を見たと言って取材の電話をかけてきました。  「たかじん・・」と、本日の日本テレビのNTV Newsリアルタイ […]

守屋喚問とマスコミ

太田述正コラム#2154(2007.10.30) <守屋喚問とマスコミ> 1 始めに  本日は、朝日新聞社説と東京新聞の(私の)記事を見てズッコケました。  皆さん。日本のマスコミの水準はこの程度なのですぞ。 2 朝日新 […]

民主党の最大の弱点

太田述正コラム#2147(2007.10.26) <民主党の最大の弱点> 1 始めに  コラム#57は2002年に、民主党の機関誌「DJ民主」に掲載された拙稿を転載したものであり、コラム#58は、その直後に民主党のシンク […]

ミャンマー動く

太田述正コラム#2079(2007.9.22) <ミャンマー動く>(2007.10.25公開) 1 始めに  ミャンマーで反政府活動が活発化しており、山が動き出した感があります。 2 事の次第  ミャンマーでは、英領時代 […]

退行する米国(続x5)(その1)

太田述正コラム#2077(2007.9.21) <退行する米国(続x5)(その1)>(2007.10.23公開) 1 始めに  キリスト教原理主義であるブッシュに対するBoston Globe誌のコラムニストであるキャロ […]

防衛省不祥事

太田述正コラム#2126(2007.10.15) <防衛省不祥事>(2007.10.22公開)  (本篇は機微にわたるので、当分の間、完全に非公開にします。転載厳禁。) →その後の事態の変化に鑑み、前倒しで公開します(1 […]

退行する米国(続x4)

太田述正コラム#2075(2007.9.20) <退行する米国(続x4)>(2007.10.21公開) 1 始めに  今回はもう一人の経済学者、クルーグマン(Paul Krugman。1953年~)のブッシュ批判をとりあ […]

ベルギー解体へ?

太田述正コラム#2071(2007.9.18) <ベルギー解体へ?>(2007.10.19公開) 1 始めに  ベルギー(Belgium)というと皆さん何を思い出しますか。  フランダースの犬ですか、ブリュッセル(Bru […]

報道の自由「後進国」の日本・再訪(続)

太田述正コラム#2133(2007.10.19) <報道の自由「後進国」の日本・再訪(続)> <友人K2>  “報道の自由、広報の自由、情報開示の「後進国」の日本・・”についてため息の出るようなことが江戸川区の方で起こっ […]

ブッシュとイラン・北朝鮮の核問題

太田述正コラム#2131(2007.10.18) <ブッシュとイラン・北朝鮮の核問題> 1 始めに  ブッシュ大統領は17日の記者会見で、北朝鮮とイランに対する厳しい見解を表明しました。  それぞれをどう受け止めるか、私 […]

退行する米国(続x3)(その1)

太田述正コラム#2069(2007.9.17) <退行する米国(続x3)(その1)>(2007.10.18公開) 1 始めに  退行する米国シリーズでは、ブッシュの(日本にも関わる)ひどい演説の話から出発して米国のファシ […]

日本帝国の敗戦まで(その2)

太田述正コラム#2129(2007.10.17) <日本帝国の敗戦まで(その2)>  最後に当時の日本人達の、いたずらに昂揚していた戦意についてだ。  サイパン島が占領された時、何千人という日本の市民が、征服者たる米国の […]

米軍で要職を占める海軍将官

太田述正コラム#2067(2007.9.16) <米軍で要職を占める海軍将官>(2007.10.17公開) 1 始めに  このところ、米軍において、海軍の将官が要職を占める事例が目立っています。 2 要職を占める海軍将官 […]

日本帝国の敗戦まで(その1)

太田述正コラム#2127(2007.10.16) <日本帝国の敗戦まで(その1)> 1 始めに  英国の著名なジャーナリストにして歴史家であるヘースティングス(Max Hastings。1945年~)の『復讐の女神 […]

退行する米国(続々)(その3)

太田述正コラム#2065(2007.9.15) <退行する米国(続々)(その3)>(2007.10.16公開) <補注2> 1 始めに  ブッシュひいてはテキサス人の特異性を(コラム#2029で)指摘したところですが、こ […]

まるでダメなイタリア(その2)

太田述正コラム#2125(2007.10.15) <まるでダメなイタリア(その2)> (2)イタリア人の創出の夢が破れるまで  イタリア人の創出に向けてとられた方策は、ありとあらゆる相手を探し出しては戦いをふっかけること […]

退行する米国(続々)(その2)

太田述正コラム#2063(2007.9.14) <退行する米国(続々)(その2)>(2007.10.15公開) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー <バグってハニー>  <退行する米国 […]

退行する米国(続々)(その1)

太田述正コラム#2061(2007.9.13) <退行する米国(続々)(その1)>(2007.10.14公開) <補注1> 1 始めに  このシリーズで、原理主義的自由主義経済学に触れた箇所(コラム#2050)は、ナオミ […]

まるでダメなイタリア(その1)

太田述正コラム#2121(2007.10.13) <まるでダメなイタリア(その1)> 1 始めに  これまで、現代のイタリアを正面から取り上げたコラムは1回(ベルスコーニに関する#130)しかありません。  ことほどさよ […]

退行する米国(続)

太田述正コラム#2059(2007.9.12) <退行する米国(続)>(2007.10.13公開) 1 始めに  ブッシュ政権は、行政権一元化理論(Unitary Executive Theory)を信奉しているとされて […]