ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2008年2月

セポイの反乱(特別編)

太田述正コラム#2030(2007.8.29) <セポイの反乱(特別編)>(2008.2.29公開) 1始めに  本篇は、「セポイの反乱」シリーズ(コラム#1769、1847)の特別編であり、この後もシリーズは続きます。 […]

あたごの事故狂騒曲

太田述正コラム#2393(2008.2.29) <あたごの事故狂騒曲> 1 始めに  防衛省をめぐる大問題だと言うのに、これまでまとまったコラム一つ書いていませんでしたが、雑誌「フォーラム21」に本件について寄稿すること […]

ホロコーストの真相

太田述正コラム#2026(2007.8.27) <ホロコーストの真相>(2008.2.27公開) 1 始めに  300万人も先の大戦後に不慮の死を遂げる羽目になったドイツ人が、戦時中に犯した最大の罪がユダヤ人大量虐殺、い […]

皆さんとディスカッション(続x74)

太田述正コラム#2389(2008.2.27) <皆さんとディスカッション(続x74)> <田吾作>  自殺(コラム#2387)に関する資料をお送りします。 若者は自殺の危険度が高い(常識のウソ277)  一般に、若者に […]

敗戦後のドイツ人の受難

太田述正コラム#2024(2007.8.26) <敗戦後のドイツ人の受難>(2008.2.26公開) 1 始めに  先の大戦敗戦後のドイツ人の受難は、日本人の受難の比ではありませんでした。  しかし、この事実を直視するこ […]

皆さんとディスカッション(続x73)

太田述正コラム#2387(2008.2.26) <皆さんとディスカッション(続x73)> <まこっちゃん> 23日午前のフジテレビの番組、見ました。  番組の最初からVTRで簡単な事故の様子の説明がされた後、太田さんが登 […]

原理主義的自由主義と精神疾患

太田述正コラム#2290-2(2008.1.9) <原理主義的自由主義と精神疾患>(2008.2.25公開) 1 始めに  ある本を今年に入ってから英ガーディアンの書評欄で取り上げたと思ったら、今度は著者自身にこの本につ […]

過去・現在・未来(続x3)

太田述正コラム#2383(2008.2.24) <過去・現在・未来(続x3)> 1 ミシュラン東京  「昨年11月ミシュランが初めて東京のレストランのガイドブックを出したが、このガイドブックによれば、パリ約2万店、ニュー […]

スペインの異端審問(その1)

太田述正コラム#2022(2007.8.25) <スペインの異端審問(その1)>(2008.2.24公開) 1 始めに  私が近現代史をアングロサクソン文明と欧州文明のせめぎあいととらえており、欧州文明の前駆はカトリック […]

皆さんとディスカッション(続x71)

太田述正コラム#2381(2008.2.23) <皆さんとディスカッション(続x71)> <チェ・ゲバラ>  イージス艦(あたご)の事件に関してですが、民主党の鳩山議員が石破防衛大臣に対して辞任を要求していますね。  こ […]

皆さんとディスカッション(続x70)

太田述正コラム#2379(2008.2.22) <皆さんとディスカッション(続x70)> <大>  多民族国家では単一民族国家に比べて民主主義が機能しにくいところがある、という風に太田さんの言葉(コラム#2377)を理解 […]

日本の若者達の劣化

太田述正コラム#2313(2008.1.21) <日本の若者達の劣化>(2008.2.22公開) 1 始めに  今時の若い者は、と年寄りはいつの時代でも、またどんな場所でも言い続けてきたわけですが、現在の日本の若者達をこ […]

皆さんとディスカッション(続x69)

太田述正コラム#2377(2008.2.21) <皆さんとディスカッション(続x69)> <大> コラム#2008を読みました。インドと民主主義のやつです。  インドが単一民族国家としての側面を持っているということは理解 […]

米国とは何か(続x3)

太田述正コラム#2010(2007.8.19) <米国とは何か(続x3)>(2008.2.21公開) 1 始めに  日本と違って英米の新聞の電子版は書評欄を公開しており、しかも書評は日本の新聞の書評よりはるかに長文で内容 […]

インドと民主主義(その2)

太田述正コラム#2008(2007.8.18) <インドと民主主義(その2)>(2008.2.20公開)  インドで民主主義が機能しているだなんてご冗談を、と言われそうなくらい、インドには暴力沙汰や紛争がつきものであるこ […]

皆さんとディスカッション(続x67)

太田述正コラム#2373(2008.2.19) <皆さんとディスカッション(続x67)> <みはる>  コラム#2372(2008.2.18)「日本論記事抄・後編(その3)」(未公開)を読みました。  仕事をしない官僚や […]

インドと民主主義(その1)

太田述正コラム#2006(2007.8.17) <インドと民主主義(その1)>(2008.2.19公開) 1 始めに  グレイ(John Gray)の、多民族からなる民主主義的国家でうまくいっている所の大部分は君主制を採 […]

日本論記事抄(その2)

太田述正コラム#2371(2008.2.18) <日本論記事抄(その2)>  (2)シェフ  ワシントンポストの外信部記者のハルデン(Blaine Harden)がとりあげているのは日本のシェフ達です。  彼の記事( h […]

台湾立法院選挙

太田述正コラム#2297(2008.1.13) <台湾立法院選挙>(2008.2.18公開) 1 台湾の立法院選挙についての新聞記事  (1)選挙結果  台湾の国会にあたる立法院の選挙が12日、投開票され、野党国民党が3 […]

皆さんとディスカッション(続x66)

太田述正コラム#2369(2008.2.17) <皆さんとディスカッション(続x66)> <太田>  コラム#2340で、ということは、月刊誌「自然と人間」2月号で、  沖縄の米海兵隊・・のグアム・・移転は変なのです。 […]

日本論記事抄(その1)

太田述正コラム#2367(2008.2.16) <日本論記事抄(その1)> 1 始めに  今年の1月末から現在まで、英米の新聞の電子版が日本の社会について、どんな記事を掲載しているかをご紹介し、私のコメントを付したいと思 […]

産業革命をめぐって(続)

太田述正コラム#1999(2007.8.14) <産業革命をめぐって(続)>(2008.2.16公開) 1 始めに  産業革命論については、過去に(コラム#1477、1489、1501、1515、1570、1586におい […]