ソーシャルメディア Rebatesお友達紹介キャンペーン オフ会9月26日→申し込み

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

Month: 2013年11月

日支戦争をどう見るか(その25)

太田述正コラム#6391(2013.8.15) <日支戦争をどう見るか(その25)>(2013.11.30公開)  思いつくままに挙げるだけで、米国内で少数派の黒人、アメリカ先住民、それ以外の有色人種を迫害することで政権 […]

日支戦争をどう見るか(その24)

太田述正コラム#6389(2013.8.14) <日支戦争をどう見るか(その24)>(2013.11.29公開)  そのロシアで、現在、同性愛はどうなっているでしょうか。  「ソ連が倒れる数年前においても、同性愛者は収容 […]

皆さんとディスカッション(続x2096)

太田述正コラム#6600(2013.11.28) <皆さんとディスカッション(続x2096)> <5fc13Vgg>(「たった一人の反乱(避難所)」より) ≫日中双方とも恥ずかしー・・・チョイ頑張ってチョーダイ!・・・ザ […]

日支戦争をどう見るか(その22)

太田述正コラム#6385(2013.8.12) <日支戦争をどう見るか(その22)>(2013.11.27公開) 六 禁酒法  禁酒法については、何度か取り上げていますが、ローズベルト政権を語る際の枕として不可欠なので、 […]

皆さんとディスカッション(続x2094)

太田述正コラム#6596(2013.11.26) <皆さんとディスカッション(続x2094)> <太田>(ツイッターより)  英国のアマゾンで、一週間に4日、夜間、倉庫で、10時間半の勤務(休憩1時間)で11マイルも歩い […]

日支戦争をどう見るか(その20)

太田述正コラム#6381(2013.8.10) <日支戦争をどう見るか(その20)>(2013.11.25公開) 四 同性愛  米国におけるキリスト教原理主義とリベラルとの対立が欧米において拡大した形で展開されているのが […]

皆さんとディスカッション(続x2092)

太田述正コラム#6592(2013.11.24) <皆さんとディスカッション(続x2092)> <太田>(ツイッターより)  「…現在の状況は旧韓末に似ている。旧韓末の国際関係は西欧を中心に流れており(韓国はそうした)状 […]

日支戦争をどう見るか(その18)

太田述正コラム#6377(2013.8.8) <日支戦争をどう見るか(その18)>(2013.11.23公開)  –北部の偽善性–  「若干の学者達が主張しているように、実際には奴隷制は北部諸植民 […]

日支戦争をどう見るか(その16)

太田述正コラム#6373(2013.8.6) <日支戦争をどう見るか(その16)>(2013.11.21公開) 三 奴隷  奴隷問題については、何度も取り上げてきているところ、今回は、趣向を変えて、アレグラ・ディ・ボナヴ […]

日支戦争をどう見るか(その15)

太田述正コラム#6371(2013.8.5) <日支戦争をどう見るか(その15)>(2013.11.20公開) 二、動物保護  鯨類の話と重なる部分がありますが、動物保護の点で、米国での考え方がどれほど大きく変わりつつあ […]

皆さんとディスカッション(続x2087)

太田述正コラム#6582(2013.11.19) <皆さんとディスカッション(続x2087)> <太田>(ツイッターより)  「安倍首相は本当に「韓国は愚かな国」と言ったのか 前原氏「日本による集団的自衛権の行使は韓国に […]

日支戦争をどう見るか(その14)

太田述正コラム#6369(2013.8.4) <日支戦争をどう見るか(その14)>(2013.11.19公開)  これから例示として取り上げる諸事項は、それぞれシリーズに仕立てることができるくらい中身のあるものばかりであ […]

皆さんとディスカッション(続x2085)

太田述正コラム#6578(2013.11.17) <皆さんとディスカッション(続x2085)> <太田>(ツイッターより)  ガザの難民キャンプ出身の23歳の青年がカイロのTV新人発掘番組で優勝し、一躍世界中のアラブ人の […]

日支戦争をどう見るか(その12)

太田述正コラム#6365(2013.8.2) <日支戦争をどう見るか(その12)>(2013.11.17公開)  キリスト教は男性原理(女性差別)の宗教である(コラム#6360)のに対し、日本は女性原理(男女平等)の世界 […]

皆さんとディスカッション(続x2084)

太田述正コラム#6576(2013.11.16) <皆さんとディスカッション(続x2084)> <太田>(ツイッターより)  「…日本<の>…オタクが熱狂した怪獣・ロボット物やSF作品はハリウッド映画にも大きな影響を及ぼ […]

日支戦争をどう見るか(その11)

太田述正コラム#6363(2013.8.1) <日支戦争をどう見るか(その11)>(2013.11.16公開)  不肖私が、「ようやく日本についても分かりかけてきた<し>・・・、そのおかげで、支那や米国についても、一層理 […]

日支戦争をどう見るか(その10)

太田述正コラム#6361(2013.7.31) <日支戦争をどう見るか(その10)>(2013.11.15公開) 3 終わりに代えて–私が考えていること 最初に、関西オフ会の4日前に読み、私に大きなヒントをく […]

皆さんとディスカッション(続x2082)

太田述正コラム#6572(2013.11.14) <皆さんとディスカッション(続x2082)> <太田>(ツイッターより)  「日本を見る目、世界が馬鹿なのか…韓国が日本帝国主義によって受けた被害が他国よりはるかに大きい […]

日支戦争をどう見るか(その9)

太田述正コラム#6359(2013.7.30) <日支戦争をどう見るか(その9)>(2013.11.14公開)  (12)ラファティ吠える 最後に、ケヴィン・ラファティ(Kevin Rafferty)が、書評Hの中で、ミ […]

皆さんとディスカッション(続x2081)

太田述正コラム#6570(2013.11.13) <皆さんとディスカッション(続x2081)> <太田>  べじたんさん作成の太田FAQの中に、「米国が太平洋戦争以降に直接的間接的にアジアにもたらした死」という頁があって […]

2013.7.28オフ会次第(その2)

太田述正コラム#6357(2013.7.29) <2013.7.28オフ会次第(その2)>(2013.11.13公開)  神戸空港からこの会場に向かう途中に、鯨馬(ハンドルネーム)さんが、坂野潤治・田原総一朗による『大日 […]

皆さんとディスカッション(続x2080)

太田述正コラム#6568(2013.11.12) <皆さんとディスカッション(続x2080)> <太田>(ツイッターより)  「モーニング娘。道重さゆみ(24)<いわく、>… 今は恋愛も結婚もするつもりないです」と話した […]

2013.7.28オフ会次第(その1)

太田述正コラム#6355(2013.7.28) <2013.7.28オフ会次第(その1)>(2013.11.12公開) 1 始めに  14:00から、「神戸市立六甲道勤労市民センター」の会議室で予定通り一次会が始まり、飛 […]

日支戦争をどう見るか(その8)

太田述正コラム#6354(2013.7.27) <日支戦争をどう見るか(その8)>(2013.11.11公開)  (11)その後の支那  「国民党の共産党の軍隊が武器をおろして降伏することを拒否したことで、約50万人の日 […]

日支戦争をどう見るか(その7)

太田述正コラム#6352(2013.7.26) <日支戦争をどう見るか(その7)>(2013.11.10公開)  (9)ソ連 →ミター本人も、書評子達も殆んどソ連に触れていない、ということは、この本で殆んどソ連のことに触 […]

日支戦争をどう見るか(その6)

太田述正コラム#6350(2013.7.25) <日支戦争をどう見るか(その6)>(2013.11.9公開)  (8)米国  「米国は米国人達を毛沢東を間近で観察するために送りこんだ。  彼らは、ジャーナリストのエドガー […]

皆さんとディスカッション(続x2076)

太田述正コラム#6560(2013.11.8) <皆さんとディスカッション(続x2076)> <太田>(ツイッターより)  「…楽天の三木谷浩史さん、おかんむり。…<しかし、>安全面を重視したのは妥当だ。…」 http: […]

日支戦争をどう見るか(その5)

太田述正コラム#6348(2013.7.24) <日支戦争をどう見るか(その5)>(2013.11.8公開)  (6)汪兆銘  「我々は、<この本から、>殆んど注意を払われていないある人物について学ぶ。  その人物とは、 […]

皆さんとディスカッション(続x2075)

太田述正コラム#6558(2013.11.7) <皆さんとディスカッション(続x2075)> <太田>(ツイッターより)  「…日本による韓国への直接投資は今年に入って40%近く減少し、韓国を訪れる日本人観光客も昨年に比 […]

日支戦争をどう見るか(その4)

太田述正コラム#6346(2013.7.23) <日支戦争をどう見るか(その4)>(2013.11.7公開)  (5)毛沢東    「日本の侵攻がなかったとすれば、毛沢東が<最終的に、政権を奪取する形で>勝利を収めること […]

皆さんとディスカッション(続x2074)

太田述正コラム#6556(2013.11.6) <皆さんとディスカッション(続x2074)> <太田>(ツイッターより)  「…国際基準に合わせるというのがなかなかくせもので、こんども日本版NSC(安全保障会議)をつくろ […]

日支戦争をどう見るか(その3)

太田述正コラム#6344(2013.7.22) <日支戦争をどう見るか(その3)>(2013.11.6公開) →「経済的自給自足に向けての猛運動」たって、援蒋ルートの遮断により、米英からの支援物資が入らなくなったことのコ […]

皆さんとディスカッション(続x2073)

太田述正コラム#6554(2013.11.5) <皆さんとディスカッション(続x2073)> <コラム#6552の訂正>(ブログは訂正済) 「最終回はレベルを上げて・・・」の上を一行開けて下掲を挿入する。 かもめよりも遠 […]

日支戦争をどう見るか(その2)

太田述正コラム#6342(2013.7.21) <日支戦争をどう見るか(その2)>(2013.11.5公開)  (3)日支戦争総論  「<日支>戦争は、北方における一連の小競り合いで始まり、最初に空における、次いで地上に […]

皆さんとディスカッション(続x2072)

太田述正コラム#6552(2013.11.4) <皆さんとディスカッション(続x2072)> <太田>(ツイッターより)  東京観光で覚えておくべき11箇条がCNNの記事に書いてあった。  大体は当たり前の話だが、10番 […]

日支戦争をどう見るか(その1)

太田述正コラム#6340(2013.7.20) <日支戦争をどう見るか(その1)>(2013.11.4公開) 1 始めに  英国で上梓されたばかりのラナ・ミター(Rana Mitter)の『支那の日本との戦争 1937~ […]

皆さんとディスカッション(続x2071)

太田述正コラム#6550(2013.11.3) <皆さんとディスカッション(続x2071)> <太田>(ツイッターより)  「…韓国憲法裁判所の朴漢徹(パク・ハンチョル)所長… は「日本が憲法裁判に関する限り後進国に分類 […]