ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2006年3月

ペシミズム溢れる米国(その4)

太田述正コラム#1154(2006.3.30) <ペシミズム溢れる米国(その4)>  (2)フクヤマの主張  フクヤマは、ネオコン主義(neoconservatism)の変質こそ、米帝国の没落をもたらしかねない諸悪の根源 […]

イスラムの病弊(その2)

太田述正コラム#1153(2006.3.30) <イスラムの病弊(その2)> 3 サウディでの話  (1)大胆な発言  英国のチャールス皇太子夫妻は、エジプト訪問の後、26日までの三日間サウディを訪問しました。  そのサ […]

ビル・エモット・日本・日本経済

太田述正コラム#1152(2006.3.29) <ビル・エモット・日本・日本経済> 1 始めに バブル絶頂期の1990年に日本で出版され、日本のバブルの原因・崩壊とそれに続く長期低迷を予測したビル・エモット(Bill E […]

米国の経済・社会の現状

太田述正コラム#1151(2006.3.29) <米国の経済・社会の現状> 1 始めに   「ペシミズム溢れる米国」シリーズを補完する意味で、ワシントンポストに掲載された米国の経済に関する論説と米国の社会に関する書評を、 […]

イスラムの病弊(その1)

太田述正コラム#1150(2006.3.28) <イスラムの病弊(その1)> 1 始めに  現代イスラムの病弊に関わる話題を二つ提供しましょう。  アフガニスタンでの、イスラム教からキリスト教に改宗した男性に対する裁判の […]

ペシミズム溢れる米国(その3)

太田述正コラム#1148(2006.3.27) <ペシミズム溢れる米国(その3)>  またジョンソンは、メーカーの集約化が進んだ結果、米国には現在、主要な武器メーカーとしては、ボーイング・ロッキードマーチン・ノースロップ […]

冷戦の復活?(その2)

太田述正コラム#1146(2006.3.26) <冷戦の復活?(その2)> <その後の経過>  米国防省の報告書について、ロシアの海外諜報機関である対外情報局(Russian Foreign Intelligence S […]

ペシミズム溢れる米国(その2)

太田述正コラム#1145(2006.3.26) <ペシミズム溢れる米国(その2)>  フィリップスは、ローマ・スペイン・オランダ・英国という4つの帝国が絶頂期に達し衰亡を始めた時の共通の6つの兆候を指摘します。  それは […]

冷戦の復活?(その1)

太田述正コラム#1143(2006.3.25) <冷戦の復活?(その1)> 1 始めに  米露関係が少なくとも米側から見て、急速に悪化しつつあります。あたかもかつての米ソ冷戦時代へと逆戻りした感があります(注1)。  ( […]

またもフランスにおける暴動

太田述正コラム#1139(2006.3.23) <またもフランスにおける暴動> 1 始めに  「フランスにおける暴動」というシリーズ(コラム#944、945、947、952、953、955、956、958?963、967 […]

ブッシュ三題噺(その9)

太田述正コラム#1135(2006.3.21) <ブッシュ三題噺(その9)>  (本篇は、コラム#1130の続きです。)  1998年9月に当時のクリントン(Bill Clinton)米大統領とエリツィン(Boris Y […]

WBC・米韓での反響(その3)

太田述正コラム#1133(2006.3.19) <WBC・米韓での反響(その3)> ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ――その後の米国メディアと朝鮮日報の報道ぶり― […]

WBC・米韓での反響(その2)

太田述正コラム#1132(2006.3.18) <WBC・米韓での反響(その2)> 4 米国での反響に関して思うこと  国際法の発展・普及や最近の各種グローバルスタンダードの設定・普及はアングロサクソン、就中米国の専売特 […]

WBC・米韓での反響(その1)

太田述正コラム#1131(2006.3.18) <WBC・米韓での反響> 1 始めに  熱烈な野球ファンとは言えない私ですが、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で韓国大活躍、米国決勝トーナメント進出ならず、日本 […]

ブッシュ三題噺(その8)

太田述正コラム#1130(2006.3.17) <ブッシュ三題噺(その8)>  (本篇は、コラム#1116の続きです。ただし、必ずしも読み返す必要はありません。) 4 インドとの原子力協力協定締結  (1)始めに  イン […]

無惨なるかな日本(その8

太田述正コラム#1129(2006.3.17) <無惨なるかな日本(その8)> ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― <補足> 「陸海空軍ともに一律に大なたを振るわれた中で […]

無惨なるかな日本(その7)

太田述正コラム#1128(2006.3.16) <無惨なるかな日本(その7)>  在日米軍再編に係る日本側経費負担総額は3兆円とも言われています(http://www.nikkei.co.jp/news/main/200 […]

中共のお国自慢

太田述正コラム#1126(2006.3.15) <中共のお国自慢> 1 始めに  中共政府は、ナショナリズムをかきたてることで、引き続き共産党支配を維持しようとしているわけですが、そのために、お国自慢の種を探し求めていま […]

無惨なるかな日本(その5)

太田述正コラム#1125(2006.3.15) <無惨なるかな日本(その5)>  これは、戦時においては、軍団を超えるレベルにおいてすら、司令部が隷下戦闘部隊から遠く離れている齟齬を来す、ということを示しています。いわん […]

人格は仲間集団で形成される?(その3)

太田述正コラム#1124(2006.3.14) <人格は仲間集団で形成される?(その3)> 3 学説の完成へ  以上だけでも、私事にわたるが、私が中学生時代から大学二年生までくらいの間、ノイローゼ気味であったのは、四日市 […]

無惨なるかな日本(その4)

太田述正コラム#1123(2006.3.14) <無惨なるかな日本(その4)> 3 在日米軍再編のおろかしさ  (1)序に代えて・・BSE問題への違和感  ドバイの会社による米国の港湾管理問題で露呈したのが米国民の国家安 […]