ソーシャルメディア Rebatesお友達紹介キャンペーン オフ会9月26日→申し込み

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

Year: 2012年

大英帝国再論(その13)

太田述正コラム#5328(2012.2.28) <大英帝国再論(その13)>(2012.6.14公開) 結局、イラクは、ガートルート・ベル(とウィンストン・チャーチル)の気まぐれによるところの、クルド地区を分離せず、しか […]

皆さんとディスカッション(続x1574)

太田述正コラム#5534(2012.6.13) <皆さんとディスカッション(続x1574)> <太田>(ツイッターより)  精子のテロメア・・染色体末端を保護する役目をもつ・・は加齢とともに長くなっていき、それが子供に遺 […]

大英帝国再論(その12)

太田述正コラム#5324(2012.2.26) <大英帝国再論(その12)>(2012.6.12公開) <追記>  「・・・オマール・ハッサン・アル=バシール<スーダン>大統領は、シリアのバシャール・アル=アサドより恐ら […]

皆さんとディスカッション(続x1572)

太田述正コラム#5530(2012.6.11) <皆さんとディスカッション(続x1572)> <CYQqNQkV0>(「たった一人の反乱」より) この(国会の)原子力発電所事故調査委員会のメンバーに安全保障の専門家がいな […]

大英帝国再論(その11)

太田述正コラム#5322(2012.2.25) <大英帝国再論(その11)>(2012.6.11公開)    ・スーダンにいる南スーダン人  「・・・両国は国籍に関することについても決着をつけなければならない。  最初の […]

皆さんとディスカッション(続x1571)

太田述正コラム#5528(2012.6.10) <皆さんとディスカッション(続x1571)> <太田>(ツイッターより)  「日本の国家イメージが世界一であるワケ…中国は思いあがってうぬぼれたり、逆に極端に自分を過小評価 […]

大英帝国再論(その10)

太田述正コラム#5320(2012.2.24) <大英帝国再論(その10)>(2012.6.10公開) <追記>  「・・・ナイジェリア東北部の都市のマイドゥグ(Maidugu)の小学校が攻撃を受けた。  複数の教室に夜 […]

皆さんとディスカッション(続x1570)

太田述正コラム#5526(2012.6.9) <皆さんとディスカッション(続x1570)> <7KdEotXz0> ≫「・・・しかし、もちろん、大英帝国がもたらした良いことが一つある。それは我々に、イートン、ケンブリッジ […]

大英帝国再論(その9)

太田述正コラム#5318(2012.2.23) <大英帝国再論(その9)>(2012.6.9公開)  私が、ここまで、ほとんどコメントらしいコメントを付してこなかったことに奇異の念を抱かれた方もおられると思いますが、クワ […]

皆さんとディスカッション(続x1569)

太田述正コラム#5524(2012.6.8) <皆さんとディスカッション(続x1569)> <TA>  引っ越し等、お疲れ様です。最近のコラム「私の現在の事情」シリーズも面白い(面白がるのも不謹慎でしょうが・・・)ですが […]

米国の憂うべき現状

太田述正コラム#5316(2012.2.22) <米国の憂うべき現状>(2012.6.8公開) 1 始めに  本日、米フォーリンポリシー誌電子版に掲載されたコラム http://www.foreignpolicy.com […]

皆さんとディスカッション(続x1568)

太田述正コラム#5522(2012.6.7) <皆さんとディスカッション(続x1568)> <太田>(ツイッターより)  現在、ドイツがイスラエルに輸出している最新在来型潜水艦は18日間連続潜航できるんだね。  在来型潜 […]

大英帝国再論(その8)

太田述正コラム#5314(2012.2.21) <大英帝国再論(その8)>(2012.6.7公開)  別の書評からも、かなり重複はあるが、引用しておきましょう。  「・・・事実及び論理的諸仮定からして、「この世界の不安定 […]

大英帝国再論(その7)

太田述正コラム#5312(2012.2.20) <大英帝国再論(その7)>(2012.6.6公開)  「・・・現地における個々の行政官達に大権(extraordinary power)を与えつつ、大英帝国の全球にわたる5 […]

大英帝国再論(その6)

太田述正コラム#5310(2012.2.19) <大英帝国再論(その6)>  英国の若干の人々にとっては、大英帝国は、民族的な「他者」を統治することというより、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、及びカナダの同 […]

大英帝国再論(その4)

太田述正コラム#5306(2012.2.17) <大英帝国再論(その4)>(2012.6.4公開)  「・・・ナイジェリアのルガード卿は、・・・「最も熱烈な帝国主義者の多くと同様、想念に耽ることに疑念を持っていたところの […]

皆さんとディスカッション(続x1566)

太田述正コラム#5516(2012.6.3) <皆さんとディスカッション(続x1566)> <太田>  公開にあたって、大英帝国再論(その4)を飛ばしちゃってましたね。  明日公開します。 <太田>(ツイッターより)   […]

大英帝国再論(その5)

太田述正コラム#5308(2012.2.18) <大英帝国再論(その5)>(2012.6.3公開)  「・・・要するに、大英帝国の地上におけるエージェント達に自治が与えられ過ぎていたのだ。  「<その結果、>役人達が一つ […]

大英帝国再論(その3)

太田述正コラム#5304(2012.2.16) <大英帝国再論(その3)>(2012.6.1公開)  (6)ナイジェリア  「・・・社会的背景がビアフラ戦争<(注16)>の時も一定の役割を演じた。  分離運動の指導者であ […]

大英帝国再論(その2)

太田述正コラム#5302(2012.2.15) <大英帝国再論(その2)>(2012.5.31公開)  (3)スーダン  「・・・スーダンは、征服された後、「共同統治国(condominium)」と呼ばれた。  英国とエ […]

大英帝国再論(その1)

太田述正コラム#5300(2012.2.14) <大英帝国再論(その1)>(2012.5.30公開) 1 始めに  昨年の8月に既に書評が出て、その一部をコラム(#4929)で紹介したことがある、クワシ・クワルテング(K […]

皆さんとディスカッション(続x1564)

太田述正コラム#5509(2012.5.29) <皆さんとディスカッション(続x1564)> <太田>(ツイッターより)  <昨深夜、>オフ会幹事団(在京)とのミニオフ会から帰還。  二度もオフ会を流したことの罪滅ぼしと […]

ロジャー・ウィリアムズ(その6)

太田述正コラム#5298(2012.2.13) <ロジャー・ウィリアムズ(その6)>(2012.5.29公開)  こんな米国では、宗教がらみの問題が政争の主要争点になるのはめずらしいことではありません。  現在、侃侃諤々 […]

ロジャー・ウィリアムズ(その5)

太田述正コラム#5296(2012.2.12) <ロジャー・ウィリアムズ(その5)>(2012.5.28公開) <脚注:17世紀北米英領植民地におけるインディアン>  1636年、1月にマサチューセッツ湾植民地当局に逮捕 […]

皆さんとディスカッション(続x1562)

太田述正コラム#5505(2012.5.27) <皆さんとディスカッション(続x1562)> <太田>(ツイッターより)  囚人は、TV持ち込み可、服は自由、部屋の鍵は各自が持つ、看守も平服で非武装、食事は豪華メニューか […]

ロジャー・ウィリアムズ(その4)

太田述正コラム#5294(2012.2.11) <ロジャー・ウィリアムズ(その4)>(2012.5.27公開)  こういったこみいった事情から、ウィリアムズは、聖書に書かれていること全てについて誤りのない解釈をすることな […]

ロジャー・ウィリアムズ(その3)

太田述正コラム#5292(2012.2.10) <ロジャー・ウィリアムズ(その3)>(2012.5.26公開)  (5)ウィリアムズの思想  「・・・バリーは、<ウィリアムズの>これらの信条が、当時いかに物議をかもすもの […]

皆さんとディスカッション(続x1559)

太田述正コラム#5499(2012.5.24) <皆さんとディスカッション(続x1559)> <太田>  「プラン」(コラム#5497)で忙しくって、こんな時間になっちゃいました。  携帯で本コラムを読まれている方、深夜 […]

モサデグ・チャーチル・米国

太田述正コラム#5286(2012.2.7) <モサデグ・チャーチル・米国>(2012.5.23公開) 1 始めに  クリストファー・ド=ベレーグ(Christopher de Bellaigue)の、近く発売になる & […]

皆さんとディスカッション(続x1557)

太田述正コラム#5495(2012.5.22) <皆さんとディスカッション(続x1557)> <太田>(ツイッターより)  「フェイスブックの…創業者…ザッカーバーグ最高経営責任者は…中国系のプリシラ・チャンさんと結婚し […]

皆さんとディスカッション(続x1556)

太田述正コラム#5493(2012.5.21) <皆さんとディスカッション(続x1556)> <太田>(ツイッターより)  先般やむをえず中止させていただいた、次回オフ会を、6月30日(土)に同じ内容で開催しますので、ふ […]

皆さんとディスカッション(続x1555)

太田述正コラム#5491(2012.5.20) <皆さんとディスカッション(続x1555)> <太田>(ツイッターより)  陳光誠とその家族が、現在、北京空港から米国のニューアーク空港に民航機で向かっている。 http: […]

皆さんとディスカッション(続x1554)

太田述正コラム#5489(2012.5.19) <皆さんとディスカッション(続x1554)> <太田>  よんどころのない事情で、まことに忙しいのですが、幸か不幸か、紹介すべき記事が少ないので助かっています。 <太田>( […]

皆さんとディスカッション(続x1553)

太田述正コラム#5487(2012.5.18) <皆さんとディスカッション(続x1553)> <太田>  まことに申し訳ないのですが、いずれ明らかにするところの、よんどころのない事情で、26日のオフ会は中止にさせていただ […]

皆さんとディスカッション(続x1551)

太田述正コラム#5483(2012.5.16) <皆さんとディスカッション(続x1551)> <太田>(ツイッターより)  「米下院軍事委員会が、韓国に戦術核兵器を再配備することを盛り込んだ「国防授権法改正案」を可決した […]

皆さんとディスカッション(続x1550)

太田述正コラム#5481(2012.5.15) <皆さんとディスカッション(続x1550)> <太田>(ツイッターより)  「「最も美しい女性教師」<が>生徒かばい車に轢かれ両足切断…先生は…クラス担任としての職務を優先 […]

皆さんとディスカッション(続x1549)

太田述正コラム#5479(2012.5.14) <皆さんとディスカッション(続x1549)> <太田>(ツイッターより)  ドイツでは、ジムやサウナの着替え室で男は全く前を隠さないし、女性従業員が入ってきても平気なことに […]

第一次性革命はあったのか(その4)

太田述正コラム#5268(2012.1.29) <第一次性革命はあったのか(その4)>(2012.5.14公開)  ダボイワラは、放蕩者の文学を読むことに時間を費やし過ぎて、16~18世紀の英語圏の世界で最も大量の出版物 […]

皆さんとディスカッション(続x1548)

太田述正コラム#5477(2012.5.13) <皆さんとディスカッション(続x1548)> <太田>(ツイッターより)  英国で過ごした1988年、僕が住んだのはロンドンの南西の郊外のキングストンの英陸軍官舎だった。 […]

第一次性革命はあったのか(その3)

太田述正コラム#5266(2012.1.28) <第一次性革命はあったのか(その3)>(2012.5.13公開) 4 批判一辺倒の書評  「・・・ダボイワラの典拠は、びっちりと100頁にわたって印刷されているが、それらの […]

過去・現在・未来(続X38)

太田述正コラム#5475(2012.5.12) <過去・現在・未来(続X38)> <太田>(ツイッターより)  「…中国で育った…父が中国人、母が日本人の…ハーフのひとりの女の子が、日本の映画界でトップスターに上り詰める […]

第一次性革命はあったのか(その2)

太田述正コラム#5264(2012.1.27) <第一次性革命はあったのか(その2)>(2012.5.12公開) 3 批判も織り込んだ書評  「・・・近代物理学の基礎がアイザック・ニュートンによって敷かれたとすれば、色欲 […]

皆さんとディスカッション(続x1547)

太田述正コラム#5473(2012.5.11) <皆さんとディスカッション(続x1547)> <太田>(ツイッターより)  ウクライナのヤルタの動物園で生まれたホワイトタイガーの赤ちゃん4匹(うち一匹はアルビノ)の動画だ […]

鄭和・明・米国

太田述正コラム#5262(2012.1.26) <鄭和・明・米国>(2012.5.11公開) 1 始めに  アジアタイムスに、シンガポールの東南アジア研究所(Institute of Southeast Asian St […]

第一次性革命はあったのか(その1)

太田述正コラム#5260(2012.1.25) <第一次性革命はあったのか(その1)>(2012.5.10公開) 1 始めに  「イギリス史とロシア史が共鳴した瞬間」シリーズを書き綴っていて、何となく陰陰滅滅たる気分にな […]

皆さんとディスカッション(続x1545)

太田述正コラム#5469(2012.5.9) <皆さんとディスカッション(続x1545)> <太田>(ツイッターより)  我々の脳は変化に反応するが無変化には順応し反応しなくなるように進化してきた。  だから、親指と人差 […]

皆さんとディスカッション(続x1544)

太田述正コラム#5467(2012.5.8) <皆さんとディスカッション(続x1544)> <太田>(ツイッターより)  日本で生涯未婚率が高いのは先進国としての豊かさの表れ。  じゃ、日本の女性の生涯未婚率が男性より低 […]

皆さんとディスカッション(続x1542)

太田述正コラム#5463(2012.5.6) <皆さんとディスカッション(続x1542)> <太田>(ツイッターより)  ピアニストのデイム内田光子に、ブラームス、ストラヴィンスキー、ドミンゴ、バレンボイムらに授与されて […]

スチュアート王族の歴史(その3)

太田述正コラム#5246(2012.1.19) <スチュアート王族の歴史(その3)>(2012.5.6公開)  (4)イングランド/英国王時代  「知的に秀でていて、恐らくはその曾祖父の、スコットランドのルネッサンスを喚 […]

皆さんとディスカッション(続x1541)

太田述正コラム#5461(2012.5.5) <皆さんとディスカッション(続x1541)> <太田>(ツイッターより)  カルタヘナでの醜聞事件の「主役」の売春婦の尊顔が拝めるよ。  $800で契約⇒$30しか払わず⇒モ […]

スチュアート王族の歴史(その2)

太田述正コラム#5244(2012.1.18) <スチュアート王族の歴史(その2)>(2012.5.5公開)  (2)プロローグ  「・・・スチュアート一家は、11世紀にノルマンディの霧雨の中から出現したように、そして、 […]

皆さんとディスカッション(続x1540)

太田述正コラム#5459(2012.5.4) <皆さんとディスカッション(続x1540)> <太田>(ツイッターより)  「…性格のよい社員の給与は協調性のない社員の給与を下回り、特に男性社員の場合その傾向が顕著である… […]

皆さんとディスカッション(続x1539)

太田述正コラム#5457(2012.5.3) <皆さんとディスカッション(続x1539)> <太田>(ツイッターより)  陳光誠、北京の米大使館を出て病院へ。  また、妻子と再会へ。  中共当局の全面敗北くさいな。 ht […]

皆さんとディスカッション(続x1538)

太田述正コラム#5455(2012.5.2) <皆さんとディスカッション(続x1538)> <太田>(ツイッターより)  バイリンガルは、老人性痴呆症にかかりにくい等、様々な面で優れていることが分かっているが、雑音の中で […]

皆さんとディスカッション(続x1537)

太田述正コラム#5453(2012.5.1) <皆さんとディスカッション(続x1537)> <太田>(ツイッターより)  「…温家宝は…アウシュビッツ強制収容所跡地…の博物館を見学し…虐殺された犠牲者を追悼し、献花を行っ […]

過去・現在・未来(続X37)

太田述正コラム#5451(2012.4.30) <過去・現在・未来(続X37)> <太田>(ツイッターより)  色を表す単語は、人類史上、どこでも、黒と白→赤→緑→黄(、又は黄→緑)→青、の順序で出現したのだそうで、例え […]

ビスマルク(その6)

太田述正コラム#5234(2012.1.13) <ビスマルク(その6)>(2012.4.30公開) 8 ビスマルクの遺産  (1)ウィルヘルム2世とヒットラーによるビスマルクの遺産の蕩尽  「・・・1930年代初期のドイ […]

ビスマルク(その5)

太田述正コラム#5232(2012.1.12) <ビスマルク(その5)>(2012.4.29公開) 7 ビスマルクとユダヤ人 「・・・ビスマルクが同時代人であるカール・マルクスと、嘲りを政治的武器として愛用したという点と […]

ビスマルク(その4)

太田述正コラム#5230(2012.1.11) <ビスマルク(その4)>(2012.4.28公開) 6 ビスマルクによる権力の掌握と維持  「オットー・フォン・ビスマルクがプロイセンの首相になったのは1862年9月だった […]

ビスマルク(その3)

太田述正コラム#5228(2012.1.10) <ビスマルク(その3)>(2012.4.27公開) 5 ビスマルクの事績  「1862年の夏に、オットー・フォン・ビスマルクはプロイセンの首相に任命された。  それまでに彼 […]

皆さんとディスカッション(続x1533)

太田述正コラム#5443(2012.4.26) <皆さんとディスカッション(続x1533)> <太田>(ツイッターより)  イスラエル軍のトップが、イランは核兵器保有には踏み切らないだろうと語り、イランの指導層は理性的な […]

ビスマルク(その2)

太田述正コラム#5226(2012.1.9) <ビスマルク(その2)>(2012.4.26公開) 4 ビスマルクの人となり  「・・・ビスマルクの政治的上昇は、ステインバーグが呼ぶところの「君主的意思(sovereign […]

皆さんとディスカッション(続x1532)

太田述正コラム#5441(2012.4.25) <皆さんとディスカッション(続x1532)> <コラム#5437の訂正>(ブログは訂正済) タイガー・ウッド→タイガー・ウッズ 集団字形権→集団的自衛権 「国内に停泊中の公 […]

ビスマルク(その1)

太田述正コラム#5224(2012.1.8) <ビスマルク(その1)>(2012.4.25公開) 1 始めに 昨年の3月に初めてジョナサン・ステインバーグ(Jonathan Steinberg)の ‘Bism […]

過去・現在・未来(続X36)

太田述正コラム#5439(2012.4.24) <過去・現在・未来(続X36)> <太田>(ツイッターより)  元ストリッパーだった有名人特集だ。  ガガやブラッド・ピットまで登場させられてるのはちょっと気の毒だけど・・ […]

ダニエル・カーネマンの世界(その6)

太田述正コラム#5222(2012.1.7) <ダニエル・カーネマンの世界(その6)>(2012.4.24公開)  (5)その他  「・・・「最も良く知られ、最も議論のある」実験が、彼とツヴェルスキーが一緒にやった「リン […]

皆さんとディスカッション(続x1531)

太田述正コラム#5437(2012.4.23) <皆さんとディスカッション(続x1531)> <太田>(ツイッターより)  天井裏から内壁と外壁の隙間に落っこちてしまってた子猫が壁を破って救助された瞬間の映像だ。 htt […]