ソーシャルメディア Rebatesお友達紹介キャンペーン

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

Year: 2012年

皆さんとディスカッション(続x1530)

太田述正コラム#5435(2012.4.22) <皆さんとディスカッション(続x1530)> <太田>(ツイッターより)  背の高い著名女性27選だ。  ミシェル・ウィーやヴィーナスやシャラポワってこんなに高かったんだね […]

ダニエル・カーネマンの世界(その4)

太田述正コラム#5218(2012.1.5) <ダニエル・カーネマンの世界(その4)>(2012.4.22公開)  希望は我々の精神を安きに置き、ストレスを低め、身体的健康を増進させる。  心臓疾患の患者達を調査した研究 […]

皆さんとディスカッション(続x1528)

太田述正コラム#5431(2012.4.20) <皆さんとディスカッション(続x1528)> <太田>(ツイッターより)  昨年初めには日本の一部上場企業の外国人CEOは4人いたが、今は、日産のゴーン1人のみだって。 h […]

皆さんとディスカッション(続x1527)

太田述正コラム#5429(2012.4.19) <皆さんとディスカッション(続x1527)> <太田>(ツイッターより)  「世界の研究機関ランキング<は>…東京大は16位。昨年の13位、一昨年の11位からさらに後退した […]

阿部泰隆論文を読む(その4)

太田述正コラム#5210(2011.1.1) <阿部泰隆論文を読む(その4)>(2012.4.18公開)  さて、阿部は、件の海幕内部文書について、「一読してわかるとおり、内容<は>無茶苦茶である。<この>文書の一頁目の […]

皆さんとディスカッション(続x1524)

太田述正コラム#5423(2012.4.16) <皆さんとディスカッション(続x1524)> <太田>(ツイッターより)  BBCからそのCDへの賞を授与された、ポーランド系ハンガリー人たる、今をときめくピアニスト ht […]

皆さんとディスカッション(続x1523)

太田述正コラム#5421(2012.4.15) <皆さんとディスカッション(続x1523)> <太田>(ツイッターより)  いくら我が「母校」のスタンフォード大のアメフトの選手をヨイショしてくれている映像とはいえ、単に体 […]

阿部泰隆論文を読む(その3)

太田述正コラム#5204(2011.12.29) <阿部泰隆論文を読む(その3)>(2012.4.15公開)  自民党政権が最後に決めたところの、防衛省中央組織の背広組と制服組の混成化という、私が2001年に拙著『防衛庁 […]

皆さんとディスカッション(続x1522)

太田述正コラム#5419(2012.4.14) <皆さんとディスカッション(続x1522)> <太田>(ツイッターより)  米国の、最も知能が高い(高かった)俳優10選だ。  あのラマー嬢(コラム#5129)が入ってるの […]

阿部泰隆論文を読む(その2)

太田述正コラム#5198(2011.12.26) <阿部泰隆論文を読む(その2)>(2012.4.12公開)  そんなことより、論文の中身が大事だろうと言われるかもしれませんが、こういう手抜きが行われている論文は、中身だ […]

皆さんとディスカッション(続x1518)

太田述正コラム#5411(2012.4.10) <皆さんとディスカッション(続x1518)> <太田>(ツイッターより)  昨年3月、リビア「革命」のさなか、カダフィ・シンパのならず者達に輪姦された、とトリポリのホテルに […]

韓国・台湾をどう防衛するか

太田述正コラム#5194(2011.12.24) <韓国・台湾をどう防衛するか>(2012.4.10公開) 1 始めに  米フォーリン・ポリシー誌の電子版に韓国の防衛と台湾の防衛についての論考の紹介がなされていた htt […]

皆さんとディスカッション(続x1517)

太田述正コラム#5409(2012.4.9) <皆さんとディスカッション(続x1517)> <太田>(ツイッターより)  タイタニック号が沈んでいく様子が図解されている。  また、海底に横たわる同号の残骸「ツアー」の映像 […]

皆さんとディスカッション(続x1516)

太田述正コラム#5407(2012.4.8) <皆さんとディスカッション(続x1516)> <太田>(ツイッターより)  カシミールの印パの停戦ライン北端の高度6千数百mのサイチェン氷河地区にあるパキスタン軍基地が雪崩に […]

阿部泰隆論文を読む(その1)

太田述正コラム#5190(2011.12.22) <阿部泰隆論文を読む(その1)>(2012.4.8公開) 1 始めに  フリンジドピンクさんが引用した、阿部泰隆「国家賠償法上の求償権の不行使からみた行政の組織的腐敗と解 […]

田中上奏文(その10)

太田述正コラム#5188(2011.12.21) <田中上奏文(その10)>(2012.4.7公開)  「<前出の>バランタインが、戦犯起訴状公表後の1945年5月に日本を訪れ、国際検察局と接触し<ている。>  ・・・国 […]

皆さんとディスカッション(続x1514)

太田述正コラム#5403(2012.4.6) <皆さんとディスカッション(続x1514)> <太田>(ツイッターより)  マスターズが開かれているオーガスタのゴルフクラブ会員になれるのは男性だけだが、マスターズのスポンサ […]

欧州嫌悪を剥き出しにするイギリス

太田述正コラム#5186(2011.12.20) <欧州嫌悪を剥き出しにするイギリス>(2012.4.6公開) 1 始めに  金融危機を契機に英国を除くEU全体と英国の間の亀裂が改めて露呈しつつありますが、ドイツのシュピ […]

皆さんとディスカッション(続x1513)

太田述正コラム#5401(2012.4.5) <皆さんとディスカッション(続x1513)> <太田>(ツイッターより)  マネーゲームに興ずる金融界や無責任だが強力なマスコミ等に蟠踞して政府を自在に操り、道徳観念を持たず […]

田中上奏文(その9)

太田述正コラム#5184(2011.12.19) <田中上奏文(その9)>(2012.4.5公開)  「<東京裁判の>起訴状は1928<(昭和3)>年1月1日を起点としており、降伏文書に調印した1945年9月2日までを対 […]

田中上奏文(その8)

太田述正コラム#5182(2011.12.18) <田中上奏文(その8)>(2012.4.4公開)  「幣原喜重郎内閣の成立に際してGHQは、1945年10月に幣原の個人調書を作成した。そこに含まれたGHQのメモによると […]

皆さんとディスカッション(続x1511)

太田述正コラム#5397(2012.4.3) <皆さんとディスカッション(続x1511)> <太田>(ツイッターより)  黙示録の本がネタの僕のコラム・シリーズ(未公開)に係る新書評を発見。  その投稿欄を一瞥したけど、 […]

田中上奏文(その7)

太田述正コラム#5180(2011.12.17) <田中上奏文(その7)>(2012.4.3公開)  「それでは日本外務省は、「田中上奏文」の流布にどう対応したのか。・・・  <1931年1月、>上村伸一<(注11)>南 […]

田中上奏文(その6)

太田述正コラム#5178(2011.12.16) <田中上奏文(その6)>(2012.4.2公開)  「第二に、中国で「田中上奏文」が浸透した遠因として、田中内閣に対するイメージを指摘すべきであろう。概して中国では、満州 […]

皆さんとディスカッション(続x1509)

太田述正コラム#5393(2012.4.1) <皆さんとディスカッション(続x1509)> <太田>(ツイッターより)  北極熊の故クヌートの異母妹がドイツの動物園でお披露目だ。  やっぱ美少女である。 http://e […]

田中上奏文(その5)

太田述正コラム#5176(2011.12.15) <田中上奏文(その5)>(2012.4.1公開) 3 Bより  「「田中上奏文」の内容は、東方会議に依拠した中国への侵略計画だった。なかでも著名なのは、次のくだりである。 […]

皆さんとディスカッション(続x1508)

太田述正コラム#5391(2012.3.31) <皆さんとディスカッション(続x1508)> <太田>(ツイッターより)  「…日本の男尊女卑の思想は深刻で、男性は社会において主導的な地位を占め続けている。女性に媚びる< […]

田中上奏文(その4)

太田述正コラム#5174(2011.12.14) <田中上奏文(その4)>(2012.3.31公開)  「キャプラの宣伝映画「なぜ戦うのか」シリーズで注目すべきは、1944年の作品『バトル・オブ・チャイナ』であろう。『バ […]

皆さんとディスカッション(続x1507)

太田述正コラム#5389(2012.3.30) <皆さんとディスカッション(続x1507)> <太田>(ツイッターより)  人民網、久しぶりにきれいどころを繰り出し、といったところだが、みんな何かが足んないと思うなあ。 […]

田中上奏文(その3)

太田述正コラム#5172(2011.12.13) <田中上奏文(その3)>(2012.3.30公開)  「蒋介石は・・・1939年1月22日・・・中国の必勝を講じた。このなかで蒋介石は、「ひそかに日本で定められた非公開の […]

皆さんとディスカッション(続x1506)

太田述正コラム#5387(2012.3.29) <皆さんとディスカッション(続x1506)> <太田>(ツイッターより)  インドネシアの大衆歌謡Dangdutがどんどん俗悪になってきているとして、大衆とイスラム教のお歴 […]

田中上奏文(その2)

太田述正コラム#5170(2011.12.12) <田中上奏文(その2)>(2012.3.29公開)  「<満州問題を審議した1932年>11月21日の<国際>連盟でまず演説したのは松岡<洋右>であり、松岡はリットン報告 […]

田中上奏文(その1)

太田述正コラム#5168(2011.12.11) <田中上奏文(その1)>(2012.3.28公開) 1 始めに  XXXXさん提供の、服部龍二「満州事変後の日中宣伝外交とアメリカ–「田中上奏文」を中心として […]

大英帝国論再訪(その2)

太田述正コラム#5166(2011.12.10) <大英帝国論再訪(その2)>(2012.3.27公開)  (3)批判的証言  「彼がビルマでの警察官としての職を辞してから2年後の1929年、ジョージ・オーウェル(Geo […]

大英帝国論再訪(その1)

太田述正コラム#5164(2011.12.9) <大英帝国論再訪(その1)>(2012.3.26公開) 1 始めに  書評類だけでは具体的な蛮行の事例が余り拾えなかったのですが、リチャード・ゴット(Richard Got […]

映画評論32:初恋のきた道(その3)

太田述正コラム#5160(2011.12.7) <映画評論32:初恋のきた道(その3)>(2012.3.24公開) ところで、率直に認めなければならないのは、米国におけるこの映画の評論においても、糸井のそれと同工異曲の部 […]

皆さんとディスカッション(続x1500)

太田述正コラム#5375(2012.3.23) <皆さんとディスカッション(続x1500)> <太田>(ツイッターより)  ボストンの飼い猫が、19階から45~60m落ちて擦り傷程度で助かった。  猫ってこういう状況では […]

皆さんとディスカッション(続x1499)

太田述正コラム#5373(2012.3.22) <皆さんとディスカッション(続x1499)> <太田>(ツイッターより)  「昔の衣装姿の美人たち」の第二弾。  この10人中まあ美人なのは2、3、5、7の4人でこのうち歴 […]

映画評論32:初恋のきた道(その1)

太田述正コラム#5156(2011.12.5) <映画評論32:初恋のきた道(その1)>(2012.3.22公開) 1 始めに  『ニュルンベルグ軍事裁判』の映画評シリーズの途中ですが、『初恋のきた道』(原題:我的父親母 […]

皆さんとディスカッション(続x1498)

太田述正コラム#5371(2012.3.21) <皆さんとディスカッション(続x1498)> <太田>(ツイッターより)  「6-7人の副総参謀長がいる<が、>…総参謀部副総参謀長が、故・金総書記の喪中にセクハラ事件を起 […]

皆さんとディスカッション(続x1497)

太田述正コラム#5369(2012.3.20) <皆さんとディスカッション(続x1497)> <太田>(ツイッターより)  1942年5月、英軍部がフランスのヴィシー政権に軍事援助を行う決定を下していた。  チャーチル首 […]

皆さんとディスカッション(続x1495)

太田述正コラム#5365(2012.3.18) <皆さんとディスカッション(続x1495)> <太田>(ツイッターより)  例のコーニーの映像をつくって全世界でセンセーションを引き起こした男性が、素っ裸で大通りを走った、 […]

皆さんとディスカッション(続x1494)

太田述正コラム#5363(2012.3.17) <皆さんとディスカッション(続x1494)> <太田>(ツイッターより)  「<中共で>「どんな職業に就いている人が最も幸福か」との問いについて、「国家公務員」と答えた人が […]

皆さんとディスカッション(続x1493)

太田述正コラム#5361(2012.3.16) <皆さんとディスカッション(続x1493)> <太田>(ツイッターより)  シリアで、ホムス「陥落」前に体制側の人々によって虐殺されたスンニ派一家のうち、一人の子供だけが救 […]

皆さんとディスカッション(続x1491)

太田述正コラム#5357(2012.3.14) <皆さんとディスカッション(続x1491)> <太田>(ツイッターより)  電子楽器の祖テルミンの発明者たる、ロシアの物理学者テルミンの数奇な一生が紹介されている。  テル […]

皆さんとディスカッション(続x1490)

太田述正コラム#5355(2012.3.13) <皆さんとディスカッション(続x1490)> <太田>(ツイッターより)  シリアの反体制派への武器を供給しているレバノン居住の聖職者の映像だ。  前から指摘してるように宗 […]

皆さんとディスカッション(続x1489)

太田述正コラム#5353(2012.3.12) <皆さんとディスカッション(続x1489)> <太田>(ツイッターより)  「イランや朝鮮の遅い歩みを見てみるといい。…既存の原発を廃止すれば…核技術でのリードは保証できな […]

世界殺戮史に思う(その12)

太田述正コラム#5134(2011.11.24) <世界殺戮史に思う(その12)>(2012.3.11公開)  ピンカー自身は、この本をめぐるインタビューで、この問題について、以下のように述べています。  「私は、共産主 […]

皆さんとディスカッション(続x1487)

太田述正コラム#5349(2012.3.10) <皆さんとディスカッション(続x1487)> <太田>(ツイッターより)  3.11から1年。世界のメディアもそれにちなんだ話を取り上げている。  このBBCの記事(映像付 […]

世界殺戮史に思う(その11)

太田述正コラム#5132(2011.11.23) <世界殺戮史に思う(その11)>(2012.3.10公開) ⇒以上を総括すると、上位20件の殺戮事件中、ざっくりした分類ですが、支那関係が6、モンゴル関係が2(チムールも […]

皆さんとディスカッション(続x1486)

太田述正コラム#5347(2012.3.9) <皆さんとディスカッション(続x1486)> <太田>(ツイッターより)  シリアの石油副大臣がアサド政権を非難して辞任した。  チュニジア、エジプト、リビアの騒擾時に起こっ […]

世界殺戮史に思う(その10)

太田述正コラム#5130(2011.11.22) <世界殺戮史に思う(その10)>(2012.3.9公開)  「レオポルドのコントロール下にあった期間における死者数の様々な推定にはかなり差がある。  自由国の統治の始まり […]

皆さんとディスカッション(続x1485)

太田述正コラム#5345(2012.3.8) <皆さんとディスカッション(続x1485)> <太田>(ツイッターより)    「昨年9月…日本は情報収集衛星「光学4号機」<を>打ち上げ<た。>…分解能は0.6メートル<で […]

世界殺戮史に思う(その9)

太田述正コラム#5128(2011.11.21) <世界殺戮史に思う(その9)>(2012.3.8公開)  (17)ヨセフ・スターリン(Joseph Stalin)(20C 専 20 ?%)  これについては、過去何度も […]

皆さんとディスカッション(続x1484)

太田述正コラム#5343(2012.3.7) <皆さんとディスカッション(続x1484)> <太田>(ツイッターより)  グリーの田中良和が、フェースブックの創始者に比肩する若手全球的インターネット企業経営者として、CN […]

皆さんとディスカッション(続x1483)

太田述正コラム#5341(2012.3.6) <皆さんとディスカッション(続x1483)> <太田>(ツイッターより)  東京名所50選が載ってる。 ボクの行ったことのない所どころか、知らない所が一杯出てくるね。  その […]

世界殺戮史に思う(その7)

太田述正コラム#5124(2011.11.19) <世界殺戮史に思う(その7)>(2012.3.6公開)  (11)第二次世界大戦(Second World War)(1939~45年 戦 66 2.6%)  これについ […]

皆さんとディスカッション(続x1482)

太田述正コラム#5339(2012.3.5) <皆さんとディスカッション(続x1482)> <太田>(ツイッターより)  今までスカンディナヴィアの植物は、氷河期が終わった9000年前にまでしか遡れないと考えられてきたが […]

世界殺戮史に思う(その6)

太田述正コラム#5122(2011.11.18) <世界殺戮史に思う(その6)>(2012.3.5公開)  (9)大西洋奴隷貿易(Atlantic Slave Trade)(15C~19C 抑 16 ?%)  これが9位 […]

皆さんとディスカッション(続x1481)

太田述正コラム#5337(2012.3.4) <皆さんとディスカッション(続x1481)> <太田>(ツイッターより)  「アジアで最も影響力のある女性企業家…50人に…中国出身者が12人…次いでインド(8人)、シンガポ […]