ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2007年9月

退行する米国(続x5)(その2)

太田述正コラム#2095(2007.9.30) <退行する米国(続x5)(その2)>  (本篇は、形の上でコラム#2077の続きですが、実態は、コラム#2063の続きです。読者との対話だけで終わってしまったので、例外的に […]

ミャンマー動く(特別編)

太田述正コラム#2093(2007.9.29) <ミャンマー動く(特別編)> 1 始めに  少し、コーヒーブレイクと行きましょう。 2 ミャンマー最後の国王即位のいきさつ  1878年にミャンマーのミンドンミン(Mind […]

ミャンマー動く(続x3)(その1)

太田述正コラム#2091(2007.9.28) <ミャンマー動く(続x3)(その1)> 1 序に代えて・・長井さんの死  9月27日、ヤンゴンで日本人の映像ジャーナリストの長井健司さん(50)がミャンマー軍治安部隊の兵士 […]

銀河英雄伝説:消印所沢通信20

太田述正コラム#2090(2007.9.28) <銀河英雄伝説:消印所沢通信20>  それにしても,世情というものはヒーローに対して,何か 聖人的なものを求める傾向があるようで.  例えば朝青龍の問題も,突き詰めるとそう […]

イスラエル空軍機のシリア攻撃(続x4)

太田述正コラム#2088(2007.9.27) <イスラエル空軍機のシリア攻撃(続x4)> 1 始めに  イスラエル空軍機のシリア攻撃を踏まえて、ブッシュ政権が、本日(9月27日)から北京で再開される6か国協議にいかなる […]

第3の性(その2)

太田述正コラム#2018(2007.8.23) <第3の性(その2)>(2007.9.26公開) 3 ブラジル性転換手術無料化へ  8月15日、ブラジルの連邦裁判官達の委員会(panel)が、政府に対し、性転換手術を一般 […]

福田康夫体制を点検する(その2)

太田述正コラム#2086(2007.9.26) <福田康夫体制を点検する(その2)> 4 内閣  (1)布陣  25日に編成された福田内閣の布陣ですが、17閣僚のうち、安倍改造内閣とポストが変わらない再任は13閣僚にのぼ […]

新悪の枢軸をめぐって(続)

太田述正コラム#2084(2007.9.25) <新悪の枢軸をめぐって(続)> 1 始めに  イランのアフマドネジャド(Mahmoud Ahmadi-Nejad。本稿中では「アフマ」と呼ぶ)大統領が国連総会出席のために訪 […]

第3の性(その1)

太田述正コラム#2016(2007.8.22) <第3の性(その1)>(2007.9.25公開) 1 始めに  情報屋台のコラムニストの一人に性同一性障害者の杉山文野さんがいます。  杉山さんによれば、性同一性障害(Ge […]

福田康夫体制を点検する(その1)

太田述正コラム#2082(2007.9.24) <福田康夫体制を点検する(その1)> 1 始めに  福田康夫氏が自民党総裁・首相に就任する運びになりましたが、彼の率いる体制の布陣を点検してみましょう。 2 総裁・首相   […]

新悪の枢軸をめぐって

太田述正コラム#2080(2007.9.23) <新悪の枢軸をめぐって> 1 始めに  ブッシュ政権は、イラク・イラン・北朝鮮を悪の枢軸と呼びましたが、イラクのフセイン政権打倒後は、シリアがイラクに代わり、シリア・イラン […]

米国リベラルのサルコジ観

太田述正コラム#2014(2007.8.21) <米国リベラルのサルコジ観>(2007.9.23公開) 1 始めに  米国のリベラルがどうサルコジ新仏大統領を見ているか、ご紹介しましょう。  当然、これらは英国の指導層の […]

イスラエル空軍機のシリア攻撃(続x3)

太田述正コラム#2078(2007.9.22) <イスラエル空軍機のシリア攻撃(続x3)>  (本篇は、即時公開します。) 1 始めに  その後の英米のメディアによる、本件の報道内容を、私見を交えつつご紹介しておきましょ […]

死の差別化と交通事故

太田述正コラム#2012(2007.8.20) <死の差別化と交通事故>(2007.9.22公開) 1 始めに  本日、那覇空港で中華航空機の炎上事故がありました。  まだ、数名の行方不明者がいるとされていた段階(実際に […]

自民党総裁選挙(続)

太田述正コラム#2076(2007.9.21) <自民党総裁選挙(続)>  (本篇は即公開します。) 1 始めに  麻生太郎氏と福田康夫氏による総裁選をどう見るべきか、更に考えてみましょう。 2 総裁選をどう見るべきか […]

キリストの骨

太田述正コラム#1675(2007.2.27) <キリストの骨>(2007.9.21公開) 1 始めに  映画「タイタニック」で有名なジェームス・キャメロン監督が、ニューヨークで26日、3月4日にディスカバリーチャネル等 […]

イスラエル空軍機のシリア攻撃(続々)

太田述正コラム#2072(2007.9.19) <イスラエル空軍機のシリア攻撃(続々)>  (本篇は、即時公開します。) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  前回(コラム#2068 […]

パリの暗黒史とフランス

太田述正コラム#1664(2007.2.18) <パリの暗黒史とフランス>(2007.9.19公開) 1 始めに  昨年出版されたパリのロンドン大学分校で教鞭をとる英国人ハッセー(Andrew Hussey)によるPAR […]

米国の相対的衰退

太田述正コラム#2003(2007.8.16) <米国の相対的衰退>(2007.9.18公開) 1 始めに  タイトルを見て、また米国経済の相対的衰退の話かと思われた方が多いかもしれません。  そうではなくて、米国民の平 […]

丸山真男小論(その2)

太田述正コラム#1660(2007.2.15) <丸山真男小論(その2)>(2007.9.17公開) 3 私の丸山批判  (1)丸山の存在の大きさ  丸山真男は、私の東大法学部在籍当時、まだ法学部教授をしていましたが、病 […]

丸山真男小論(その1)

太田述正コラム#1658(2007.2.13) <丸山真男小論(その1)>(2007.9.17公開) 1 始めに  「昭和日本のイデオロギー」シリーズを書くために、大学時代に読んだ丸山真男の本を読み返していて、吉田茂に引 […]

イスラエル空軍機のシリア攻撃(続)

太田述正コラム#2068(2007.9.17) <イスラエル空軍機のシリア攻撃(続)>  (本篇は、即時公開します。) 1 始めに  イスラエル空軍が今月6日にシリア北部で行った空襲のターゲットについて、3つの説があると […]

海自艦艇インド洋派遣問題(その2)

太田述正コラム#2066(2007.9.16) <海自艦艇インド洋派遣問題(その2)>  実は、メルケル首相の本当の発言は、かなりニュアンスが違うのです。  彼女は、「もし日本が国際社会でより大きな役割を果たそうと思って […]