ソーシャルメディア Rebatesお友達紹介キャンペーン

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

Month: 2008年11月

皆さんとディスカッション(続x322)

太田述正コラム#2944(2008.11.30) <皆さんとディスカッション(続x322)> <コバ>  インド同時テロについて思うのですが、米国が行っている「テロとの戦い」のおかげで、世界各国におけるテロの頻度は減少し […]

竹山道雄抄

太田述正コラム#2577(2008.5.29) <竹山道雄抄>(2008.11.30公開) 1 始めに  コラム#1019で、  「ナチスのホロコーストは、ポグロムのカトリック・プロテスタント版であると言えますし、共産主 […]

皆さんとディスカッション(続x321)

太田述正コラム#2942(2008.11.29) <皆さんとディスカッション(続x321)> <親衛隊員>    コラム #2846「ソ連における米国棄民(その2)」を読みました。  『脱出記』というノンフィクションがあ […]

顰蹙を買う米国(その1)

太田述正コラム#2850(2008.10.14) <顰蹙を買う米国(その1)>(2008.11.29公開) 1 始めに  危機において、個人にせよ、国家にせよ、その本質が露わになるとすれば、戦争がうまくいかず、しかも経済 […]

皆さんとディスカッション(続x320)

太田述正コラム#2940(2008.11.28) <皆さんとディスカッション(続x320)> <衆愚政治?>  音楽のコンクールは審査員の評価ですよ。  審査員が「良い」と言ったものだけが作品として優れているならば、どう […]

ソ連における米国棄民(その2)

太田述正コラム#2846(2008.10.12) <ソ連における米国棄民(その2)>(2008.11.27公開) (参考:バーナード・ショーの1931年の講話)  解説:ショーはソ連訪問から帰ったばかりだった。  「・・ […]

皆さんとディスカッション(続x319)

太田述正コラム#2938(2008.11.27) <皆さんとディスカッション(続x319)> <海驢>  遠江人さん、コラム#2924でのコメント有難うございました。  ご返信が遅くなりまして申し訳ありませんでした。(出 […]

皆さんとディスカッション(続x318)

太田述正コラム#2936(2008.11.26) <皆さんとディスカッション(続x318)> <びり江>  オースティンは原作も勿論良いですが、イギリス制作のドラマ版「エマ」や「高慢と偏見」も面白かったですよ。  BBC […]

ソ連における米国棄民(その1)

太田述正コラム#2844(2008.10.11) <ソ連における米国棄民(その1)>(2008.11.26公開) 1 始めに  米国は、もともとアングロサクソン文明に欧州文明が混淆したキメラ的文明の国であり、選民意識及び […]

皆さんとディスカッション(続x317)

太田述正コラム#2934(2008.11.25) <皆さんとディスカッション(続x317)> <ファン>  中山氏が「たかじんの~」に出演してたよ。来週は、田母神さんが出演するらしいよ! <太田>  日教組がお嫌いらしい […]

皆さんとディスカッション(続x316)

太田述正コラム#2932(2008.11.24) <皆さんとディスカッション(続x316)> <SK>  太田様、ご回答有り難うございます。  国籍法の改正に関してなにも発言がなくご存知じゃないのかなと思いメールを出しま […]

皆さんとディスカッション(続x315)

太田述正コラム#2930(2008.11.23) <皆さんとディスカッション(続x315)> <SK>  コラム#2928の麻生内閣の記述にも関連する事と思うのですが、麻生内閣がとんでもない法案を通そうとしております。 […]

皆さんとディスカッション(続x313)

太田述正コラム#2926(2008.11.21) <皆さんとディスカッション(続x313)> <知足常楽人>  いつも感心させられながら拝読しています。とくにアインシュタインの宗教観(コラム#2545)についての記述には […]

皆さんとディスカッション(続x312)

太田述正コラム#2924(2008.11.20) <皆さんとディスカッション(続x312)> <遠江人>  保守派はそれこそ左翼のことを何年にも渡ってボロクソに批判しているわけですが、私がした保守批判などそれに比べれば大 […]

ノーベル賞がとれない米国の小説家

太田述正コラム#2828(2008.10.3) <ノーベル賞がとれない米国の小説家>(2008.11.20公開) 1 始めに  昨日、コラム#2826で、表記に関する記事をご紹介したところですが、さっそく米国を中心にこれ […]

皆さんとディスカッション(続x311)

太田述正コラム#2922(2008.11.19) <皆さんとディスカッション(続x311)> <一読者>  遠江人さんへ。  貴方は、自分で書いていること(コラム#2920)の意味が解っているのかいな?  矢鱈に長い文字 […]

二つの記事をめぐって

太田述正コラム#2826(2008.10.2) <二つの記事をめぐって>(2008.11.19公開) 1 始めに  本日読んでおもしろかった記事を二つご紹介します。  本来なら、それぞれを掘り下げて、二つのコラムに仕立て […]

皆さんとディスカッション(続x310)

太田述正コラム#2920(2008.11.18) <皆さんとディスカッション(続x310)> <遠江人>  新著2冊の影響で徐々にマスコミへの露出が増えてきましたね。素晴らしいことです。  この調子で1年前の読者倍増現象 […]

米金融産業救済法案の否決

太田述正コラム#2822(2008.9.30) <米金融産業救済法案の否決>(2008.11.18公開) 1 始めに  米下院による米金融産業救済法案否決をめぐっての議論の一端をご紹介しておきましょう。 2 否決への非難 […]

オバマとマケインの初討論(続)

太田述正コラム#2820(2008.9.29) <オバマとマケインの初討論(続)>(2008.11.17公開) 1 始めに  表記について、もう少し続けましょう。 2 オバマとマケインのどちらが討論に勝ったか  (1)プ […]

皆さんとディスカッション(続x309)

太田述正コラム#2918(2008.11.17) <皆さんとディスカッション(続x309)> <55年体制> ≫太田さんの説明にもありましたが、太田さんの場合、敵は、吉田ドクトリン、及び、そのもとで国民をだましたまま利権 […]

タリバンとの秘密交渉

太田述正コラム#2818(2008.9.28) <タリバンとの秘密交渉>(2008.11.16公開) 1 始めに  このところ、連日のように英ガーディアン(系列のオブザーバー紙を含む)が特ダネを掲載しています。  本日は […]

皆さんとディスカッション(続x308)

太田述正コラム#2916(2008.11.16) <皆さんとディスカッション(続x308)> <Statesman>  私も<番組>拝見しました。  田母神氏は、司令官であるにもかかわらず、戦略も立てぬまま戦術も持たぬま […]

皆さんとディスカッション(続x307)

太田述正コラム#2914(2008.11.15) <皆さんとディスカッション(続x307)> <コバ>  福島民友に佐高信氏による評論が載っていました。  田母神論文に関して、最大の問題は自分に都合のいいところだけをつま […]

アインシュタインとイスラエル

太田述正コラム#2545(2008.5.13) <アインシュタインとイスラエル>(2008.11.15公開) 1 始めに  アインシュタインとイスラエルに関し、それぞれ興味深い記事を発見したので、ご紹介しましょう。 2  […]

皆さんとディスカッション(続x306)

太田述正コラム#2912(2008.11.14) <皆さんとディスカッション(続x306)> <サヨク> 誰も親を選べない。同様に故郷(国)を選べない。それが所与の条件だ。我々は好むと好まざるとに関わらずそこから始める以 […]

中共のある風刺小説をめぐって

太田述正コラム#2543(2008.5.12) <中共のある風刺小説をめぐって>(2008.11.14公開) 1 始めに  コラム#997で「北京大学の政治学の教官である59歳のJiang Rongが、彼の処女作である風 […]

皆さんとディスカッション(続x305)

太田述正コラム#2910(2008.11.13) <皆さんとディスカッション(続x305)> <コバ>  昨日朝のフジテレビ「とくダネ!」で太田さんのインタビュー放送してましたよ!  出演者はみな「シビリアンコントロール […]

オバマとマケインの初討論

太田述正コラム#2816(2008.9.27) <オバマとマケインの初討論>(2008.11.13公開) 1 始めに  9月26日、オバマとマケインの間で最初の討論が行われました。  今回はそのご紹介です。  (以下、 […]

当分なくなった対イラン攻撃

太田述正コラム#2814(2008.9.26) <当分なくなった対イラン攻撃>(2008.11.12公開) 1 始めに  イスラエルが米国に、イランの核施設爆撃の許可を求めたところ、拒否されていたことがこのたび明らかにな […]

皆さんとディスカッション(続x303)

太田述正コラム#2906(2008.11.11) <皆さんとディスカッション(続x303)> <海驢>  太田様、コラム#2902にて、さっそくご返答いただきましてありがとうございました。  補足のご説明をいただき、概ね […]

英国王位継承法改正へ?

太田述正コラム#2812(2008.9.25) <英国王位継承法改正へ?>(2008.11.11 公開) 1 始めに  もう一年以上、ほぼ完全に一日2篇のコラムの配信を続けていますが、吾ながらよく続いているなと思います。 […]

食と文化遺産をめぐって

太田述正コラム#2810(2008.9.24) <食と文化遺産をめぐって>(2008.11.10公開) 1 始めに  2003年に、パリに本部があるユネスコ(UNESCO=United Nations Education […]

皆さんとディスカッション(続x301)

太田述正コラム#2902(2008.11.9) <皆さんとディスカッション(続x301)> <海驢> ≫・・・今回は、いささか生煮えではあるけれど、初めて全体像についてメモをまとめてみた次第です。≪(コラム#2900 太 […]

夏休み中の記事より

太田述正コラム#2806(2008.9.22) <夏休み中の記事より>(2008.11.9公開) 1 始めに  ようやく少し時間ができたので、9月の第一週の夏休み中にダウンロードだけしてあったファイルを斜め読みしたところ […]

多すぎる大学生

太田述正コラム#2804(2008.9.21) <多すぎる大学生>(2008.11.8公開) 1 始めに  1994年に、ハーバード大学教授との共著で’The Bell Curve: Intelligence […]

皆さんとディスカッション(続x300)

太田述正コラム#2898(2008.11.7) <皆さんとディスカッション(続x300)> <コバ>  女性にとって愛のないセックスは苦痛以外のなにものでもない(太田コラム#1701)ならば、「愛」を女性に与えられる男性 […]

皆さんとディスカッション(続x299)

太田述正コラム#2896(2008.11.6) <皆さんとディスカッション(続x299)> <コバ>  守屋氏に実刑判決が出ましたが、ワーキングプアの自分としてはふざけんな、という気分にしかなれません(責任の最も重い政治 […]

性科学の最新状況(続々)

太田述正コラム#2800(2008.9.19) <性科学の最新状況(続々)>(2008.11.6公開)  コラム#2798中の「2 記事のあらまし」冒頭の、  「このたび、スウェーデンの研究者夫妻が、哺乳類の雄に、番(= […]

皆さんとディスカッション(続x298)

太田述正コラム#2894(2008.11.5) <皆さんとディスカッション(続x298)> <OS>  太田先生の田母神幕僚長批判は私には今ひとつわかりません。  前幕僚長がKYなのはわかります。また、職務を十分果たさな […]

皆さんとディスカッション(続x297)

太田述正コラム#2893(2008.11.5) <皆さんとディスカッション(続x297)> <michisuzu>  「そりゃ、日本の民主党の代表が小沢一郎なんですから。  太田氏:「米国があんた(小沢一郎)の数々の超弩 […]

皆さんとディスカッション(続x296)

太田述正コラム#2891(2008.11.4) <皆さんとディスカッション(続x296)> <moshika> ≫歴史家でもない、つまりは専門家でも何でもない田母神氏が、歴史認識で問題提起することにいかなる意味があるのか […]

性科学の最新状況(続)

太田述正コラム#2798(2008.9.18) <性科学の最新状況(続)>(2008.11.4公開) 1 始めに  コラム#2673で「愛とは、番う相手探しを、暫定的にせよ打ち切り、番うことそのものに専念させるために起き […]

皆さんとディスカッション(続x295)

太田述正コラム#2889(2008.11.3) <皆さんとディスカッション(続x295)> <bbkz> ≫典拠についてですが、小さい時、一応芸術家(ピアニスト)を目指したことがある私の体験に基づく議論をさせていただいて […]

マケインの逆襲(続)

太田述正コラム#2788(2008.9.13) <マケインの逆襲(続)>(2008.11.3公開) 1 始めに  ペイリン共和党副大統領候補が、TV単独インタビューに応じたところ、ブッシュ・ドクトリンについて問われて、そ […]

皆さんとディスカッション(続x294)

太田述正コラム#2888(2008.11.2) <皆さんとディスカッション(続x294)> <ロスマク>  何十年も小説を読んでないと広言されているところ(典拠省略)の貴方が、<コラム#2885でのように、>書評だけ読ん […]

マケインの逆襲(その2)

太田述正コラム#2786(2008.9.12) <マケインの逆襲(その2)>(2008.11.2公開) (脚注)  「豚に口紅をつけたって豚に変わりはない」という表現はそんなに古いものではない。  16世紀中期まで遡れる […]

マケインの逆襲(その1)

太田述正コラム#2784(2008.9.11) <マケインの逆襲(その1)>(2008.11.1公開) 1 始めに  米大統領選はオバマ当確と思っていたら、マケインが自分の副大統領候補としてペイリン(Sarah Loui […]

皆さんとディスカッション(続x293)

太田述正コラム#2885(2008.11.1) <皆さんとディスカッション(続x293)> <bbkz>  毎回毎回コメントどうもありがとうございます。  今回のやりとりにおいて核心となるのは、ビスマルクが用いた「Kun […]