ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2006年9月

タイのクーデター(その3)

太田述正コラム#1426(2006.9.30)<タイのクーデター(その3)>  (息子が中学受験をひかえていることから、本日、某大学附属中学の学校説明会に行ってきたのですが、教職員の皆さんのこの学校への熱い思いのほどがよ […]

「東京ローズ」の死

太田述正コラム#1425(2006.9.29)<「東京ローズ」の死> 1 始めに  かつて「東京ローズ(Tokyo Rose)」と呼ばれた、アイヴァ・イクコ(郁子)・トグリ(戸栗)・ダキノ(Iva Ikuko Togur […]

佐藤優の「自壊する帝国」

太田述正コラム#1424(2006.9.28)<佐藤優の「自壊する帝国」> 1 始めに  三冊目の本、佐藤優「自壊する帝国」(新潮社2006年5月)は、題名からソ連の崩壊過程を、佐藤の現場体験を生かしつつも、客観的かつ時 […]

安倍晋三について(その3)

太田述正コラム#1423(2006.9.27)<安倍晋三について(その3)>  (本篇は、コラム#1417の続きです。) 4 政策  私のコラムを昔から読んでおられない方には、なじみのない言葉で恐縮ですが、私は、昨9月2 […]

タイのクーデター(その2)

太田述正コラム#1422(2006.9.26)<タイのクーデター(その2)>  以前(コラム#1213で)タイのプミポン(Bhumibol Adulyadej)国王を高く評価したところですが、今回の同国王の姿勢を目の当た […]

信頼ゼロの中共社会

太田述正コラム#1421(2006.9.26)<信頼ゼロの中共社会>(有料→2007.3.25公開)) 1 始めに  東京外大名誉教授の岡田英弘氏は、「妻も敵なり–中国人の本能と情念」(クレスト社 1997年 […]

佐藤優の「国家の罠」(その2)

太田述正コラム#1420(2006.9.25)<佐藤優の「国家の罠」(その2)>  (誤解が無いように付言しておく。 橋本内閣以降の日本政府の基本方針は、4島とも日本に主権ありとロシアに認めさせた上で2島を先行して返還さ […]

佐藤優の「国家の罠」(その1)

太田述正コラム#1419(2006.9.24)<佐藤優の「国家の罠」(その1)> 1 始めに  読者の島田さんから寄贈された二冊目の本である、佐藤優(まさる。1960年??)「国家の罠――外務省のラスプーチンと呼ばれて」 […]

タイのクーデター(その1)

太田述正コラム#1418(2006.9.24)<タイのクーデター(その1)>  (太田述正コラムの購読者数が、有料化後の7月11日時点の1468名、8月11日時点の1462名から9月11日時点の1464名、と安定的推移を […]

安倍晋三について(その2)

太田述正コラム#1417(2006.9.23)<安倍晋三について(その2)> 3 本人  (1)始めに 晋三本人については、成蹊小・中・高校・大学という「地味な」学歴であること、米国の南カリフォルニア大学に「遊学」したこ […]

安倍晋三について(その1)

太田述正コラム#1416(2006.9.22)<安倍晋三について(その1)> 1 始めに  安倍晋三(1954年??)官房長官が自民党総裁に選出され、首相に就任することになりました。 彼に対しては、恐らく、今後このコラム […]

重村智計氏の本(その3)

太田述正コラム#1414(2006.9.21)<重村智計氏の本(その3)>  (前回書き忘れたが、国家安全保衛部幹部のミスターXは、同部が拉致被害者の管理を担当している(173頁)という点だけとっても、対日交渉責任者とし […]

重村智計氏の本(その2)

太田述正コラム#1413(2006.9.20)<重村智計氏の本(その2)> 3 首をかしげたその他の点  この本のサブテーマの一つは、「日本はいまや、・・<かつての>朝鮮半島や中国<のような>・・科挙の制度による中央集権 […]

重村智計氏の本(その1)

太田述正コラム#1412(2006.9.19)<重村智計氏の本(その1)> 1 始めに  日曜日に読者の島田さんから、彼が読んだばかりの重村智計氏の本1冊と佐藤優氏の本2冊の寄贈を受けたのですが、まず重村氏(かつて毎日新 […]

法王の反イスラム発言

太田述正コラム#1409(2006.9.16)<法王の反イスラム発言>(有料)(2007.3.4公開) 1 始めに  法王ベネディクト16世が出身のドイツに里帰りし、9月12日にかつて自分が神学教授をやっていたババリア地 […]

日本の学校教育の荒廃

太田述正コラム#1408(2006.9.15)<日本の学校教育の荒廃> 1 「世界に冠たる」日本の学校教育  7月の朝鮮日報電子版(日本語)に、同紙東京特派員の面白い記事が出ていました。 韓国企業等の東京駐在員が「日本で […]

北朝鮮「併合」間近の中共?

太田述正コラム#1401(2006.9.8)<北朝鮮「併合」間近の中共?> 1 始めに  三年前に私は(コラム#141、142で)、「北朝鮮は核開発を断念した、すなわち米国等に「降伏」した」とした上で、中共は、「北朝鮮が […]

ベスラン惨事の真相

太田述正コラム#1395(2006.9.2)<ベスラン惨事の真相> 1 始めに  米国政府のやることを陰謀論的に把握しようとするのは禁物ですが、ロシア政府のやることは、昔も今も陰謀だらけだと思った方がよい、と私は考えてい […]